福重ファイターズ

西区福重小学校を拠点として活動しているドッジボールチームです

新規部員募集中です!気軽に練習見学、体験入部に来てください!

監督のブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加
福重ファイターズの活動内容を書き込みます。

ブログ一覧

6月16日 リーグ対抗戦 福重F

6月16日(日)は,福岡市民体育館で開催された「第14回 福岡リーグ対抗戦ドッジボール大会」に出場しました。

主催の福岡県ドッジボール同好会さん
ドッジボール審判競技員の皆さん
対戦頂いたチームの皆さん
ありがとうございました。

昨年度は,九電記念体育館で開催されていた今大会も,九電記念体育館の閉館に伴い,今回は初の「福岡市民体育館」での開催となりました。

事前に主催者から,施設内の駐車台数が1台と制限があった事もあり,今回の移動は,地下鉄です。(九州内の大会では,初の公共機関での移動です)

いつもの車での移動と違い,どこかテンション高めの子ども達!

たまには,こういう移動も良いですね。

【結果】 参加 15チーム
第1位 柳川フィフティーンさん
第2位 畝刈マリンウェーブさん
第3位 福重ファイターズ

【福重Fの結果】
○予選 2勝1分1負 2位(Aリーグ 5チーム中)

○トーナメント
・1回戦 千早っ子クラブさん戦  10-5  勝

・2回戦 下原ニュースターズさん戦  8-7  勝

・準決勝 柳川フィフティーンさん戦 6-11 負

・3位決定戦 有住NewStarsさん戦  7-4  勝

第3位 久しぶりの上位入賞です。

嬉しい反面。

試合内容が,あまり良いものではない。
課題を多く持ち帰るものになりました。

さて,今大会の福重Fは,参加者は14名の全部員が参加です。

でも,1名が前日の練習でケガをしてベンチ。
更に,1名が予選での試合中に足を痛めてベンチと12名ギリギリでの試合です。

今大会を振り返ると,朝のみんなのモチベーションの低さ(全員ではないです)がそのまま試合内容に繋がったように感じます。

朝の開会式では,早めに観客席からコートにおりた子ども達が,一番最後に整列している。

更に,会場に入る前には,入り口で挨拶することなく整列しようとして,自分から叱られる場面があった。

こういう事は,今まで大会に来て,初めての事です。

自分自身,出来る事が当たり前に思っていただけに,改めて考えさせられるものになりました。

確かに,子ども達は,会場に入る前に下靴と上靴を履きかえたり,下靴の置き場所を探すのに時間がかかったのかもしれない。

会場に入ろうとしたら既に整列していたので,入った子ども達から挨拶もせずに,慌てて走ろうとしたのかもしれない。

これが,みんなにとって初の大会なら,どうして良いのかが分からずに焦ってしまい,このような状況になってしまった。

それなら,仕方ないかと思う所もあるかもしれない。

でも,そうではないよね!

今,福重Fには,新規部員も入り,大会の経験が少ない子ども達はいるものの殆どが昨年度からいる子ども達です。

これまで何度も大会に出場し,挨拶,礼儀の大切さを皆で理解し行動してきたはず。

部員には,開会式終了後,挨拶,礼儀の大切さについて話をした。

みんな,改めて考えてみようね!

礼儀,挨拶は,何事においてのスタートである事を理解してほしい。
大切にしてほしいです。

今回の様に,いつも出来ていることが,慌てたりして出来なかった。

それは,なぜ?

みんなの中で,どこか「気の緩み」があったからじゃない!?

自分は,そんな「気の緩み」が,今大会での試合内容に出ていたように感じます。

特に予選では,プレーやコンビネーションの歯車がかみ合わない部分が随所に出ていた。

それは,全員ではない!
良いプレーも沢山あった。

でも,少数の子ども達の気持ちや一つの行動が,チーム全体の雰囲気や行動に繋がって行ったのをプレーしていたみんななら感じたはずです。

予選では,試合後に何度も指導者から注意され,その都度,部員達は,子ども達のミーティングを繰り返しています。

しかし,一気に切り替える事は難しい事です。

歯車の食い違いを治すのは,そう簡単にはいかないです。

子ども達は,何度も同じミスを繰り返しています。

でも,予選終了前には,予選最初の試合に比べて少しずつながらもリズム感のあるものになってきたように感じるようになってきています。

トーナメントに入り,試合に向かう気持ちが前へ向いているのを感じられるようにはなってきた。

しかし,予選からの悪いリズムや簡単に相手チームにチャンスを与える場面は随所に出ています。

どの試合も僅差ながらも,久しぶりの上位入賞となりました。
(準決勝では,一方的に相手チームのリズムで完敗ですが・・)

今大会では,試合に向かう気持ちの大切さ。
モチベーションの大切さがどう試合に繋がっていくのかを,みんなが実感したはずです。

何の為に,大会があるのか?
その大会では,何を「目的」にしているのか?

それを一人ひとりが思い,チャレンジしなければ,モチベーションを持って大会を迎え,終える事が出来ないはずです。

そういうモチベーションを高めた大会であれば,結果がどうであったとしても,自分にとって,チームにとって,今出せる「10の力」にチャレンジ出来たはずです。

でも,ただ会場に来て,試合をしているのであれば,そういう行動はできないはずです。

いつもいう事です。
○ 常に,一人ひとりが「目標」を持ちチャレンジする事。

○ チームの「目的」を全員が理解し,全員でそれに向かいチャレンジする事。

大切にしてほしいです

PS
めっきり暑くなってきましたが,夜などは寒さを感じる日もあります。

練習、大会では,着替えや上着を持ってくるなど,自己管理お願いします。

また,最近ケガ人が増えてきました。

いつも以上に準備運動、クールダウンをしっかりやるように,何事においても集中するようにして体調管理には気をつけてくださいね

ケガをして辛いのは,本人。

でも,聞く度に自分が,それを回避出来なかったのか?

あの時に声をかけていたらケガしてなかったのでは?など

反省ばかりが続きます

開会式! 試合はここから始まっているよ
大会主催者、審判員さん
試合できる事、応援してくれる保護者など
感謝すること! は当たり前のこと。
それを表すのは『大きな挨拶』です
聴く姿勢!向かう気持ち!
があれば綺麗な整列になるはずです
上位入賞 おめでとう (^^♪
地下鉄での移動、たまには良いです !(^^)!

6月9日 筑紫グランプリ2019 福重F

6月9日(日)は、篠栗町民体育館にて『筑紫グランプリ2019』が開催されました。

主催は、福重Fが所属している『筑紫リーグ』です。

参加頂いたチームの皆さん
ドッジボール審判競技員の皆さん
ありがとうございました。

そして、筑紫リーグの皆さん
事前準備から企画、実行まで、本当にお疲れ様でした。

【参加 16チーム】
○ 招待チーム (8チーム)
・ 有住NEWSTARSさん
・ 飯倉シャイニングキッズさん
・ スクラムくまもとさん
・ シュネル鍋島さん
・ 鳥飼オリオンズさん
・ 大蛇キッズさん
・ 鳴見台ドッジ☆スピリッツさん
・ 一撃さん

○ 筑紫リーグ (8チーム)
・ うめちゃんズさん
・ あいあいモンキーズさん
・ 安徳フェニックスさん
・ 金武ワンピースさん
・ 福岡タートルズさん
・ 福津フェニックスさん
・ レッドファイヤーズ志免西さん
・ 福重ファイターズ

【結果】
○ グランプリリーグ
(予選 2リーグの上位4チーム : 計8チーム)

第1位 飯倉シャイニングキッズさん
第2位 あいあいモンキーズさん
第3位 スクラムくまもとさん

○ チャレンジリーグ
(予選2リーグの下位4チーム : 計8チーム)

第1位 鳥飼オリオンズさん
第2位 金武ワンピースさん
第3位 大蛇キッズさん

予選は,Aリーグ,Bリーグの2リーグで行われ(各リーグ 8チームの総当たり戦)

各リーグの上位4チームの計8チーム(4チーム×2リーグ=8チーム)が,「グランプリトーナメント」に進出

各リーグの5位~8位 4チームの計8チームが「チャレンジトーナメント」に進出です。

【福重Fの結果】
予選  Bリーグ  4勝 0分 3負  4位 (8チーム中)

ギリギリの4位で、トーナメントでは、グランプリリーグに進出です。

トーナメント1回戦
対戦相手は,飯倉シャイニングさん

開始早々から,相手チームのリズムで試合が進み完敗です。

もっと、格上のチームにがむしゃらにチャレンジしてほしかったのが本音です。

今大会の福重Fは、
予選から、リズムがつくれない。
マイボールを、キープできない。

練習でしてきた事をチャレンジできないなど課題ばかりを持ち帰るようになりました。

試合の内容以前に、試合に向かう気持ちの足りなさが動きや雰囲気の悪さに繋がっている。

それが,試合結果になっているのは当たり前のことです。

今大会では、子ども達は,体力、気持ち(試合に向かう)、試合の流れ(リズム)など沢山の足りないものを経験したはずです。

その貴重な経験を振り返り、どうチャレンジしていくか?

それは、まず1人ひとりの気持ちです。
しっかりと振り返ってほしいです。

いつも言うこと。
思う事は誰でもできる。
『はい』の返事は誰でもできる。

でも,思っているだけで,やろうと『チャレンジ』しなければ,一歩も前へ進むことはできないよ!

それなら,ただ,そこで立ち止まっているだけしかない。

ミスを繰り返し,振り返り,チャレンジする。この繰り返しです。

100%完璧な事は絶対にないです。

でも、あるのは、自分の『10の力』にチャレンジすることです。

みんなには,無限の可能性がある。

その可能性をいかすのも,そうでないのも。

一人ひとりの気持ち,チャレンジしかないです。

自分は,チャレンジする時に一番の壁は,「一人ひとりの気持ち」だと思う。

自分に負けない「強い気持ち」で,「自分を信じて」チャレンジしてほしいです。

さて,今期メンバー(14名,新規部員5名含む)になり約1カ月が過ぎました。

5月は,運動会など学校行事が毎週あり,今大会が3週間ぶりの対外戦となりました。

練習だけでは得られない経験は,対外戦を通じて経験することが多い。

だからこそ、沢山の事を、経験させてあげたい。

でも,この時期は仕方ないです。
学校,校区行事が最優先です。

これから,一つひとつ経験していけば良いです。

新規部員にとっては,約1カ月が過ぎ,ドッジの厳しさが少しずつながら分かってきたように思います。

まずは、体力,集中力の必要性を感じているはずです。

リズムが早く,まだまだ動きについてこれなかったり,ボールを怖がったりすることもある。

でもそれは当たり前の事です。

誰もが,初めはそうです。

一つひとつ,一緒にクリアしていけば良いからね。

最後に、100% 完璧はない!
ミスをする事が何よりも大切な事です!

でも、振り返り、チャレンジしなければ、そのミスは、同じ事を繰り返す失敗。

しかし、チャレンジすれば、可能性をあげるミスになるはずです

開会式!
今期メンバーの『絆』

どこまで、みんなの『絆』が高まるのか?

その為には、自分に負けない『強い気持ち』
遠慮しないで『自分を出し切る』ことだと思うよ (^_-)-☆

5月18、19日 福重F

5月18日(土)から19日(日)の福重Fは,
18日(土)練習試合
19日(日)BBQ交流会を行いました。

【5月18日(土)】
三日月小学校体育館で開催された「Team紅羽さん」主催の練習試合に参加です。

主催のTeam紅羽さん
三日月ブラックドラゴンさん
対戦頂いたチームの皆さん
ありがとうございました。

【参加 6チーム】
○ Team紅羽さん
○ 三日月ブラックドラゴンさん
○ シュネル鍋島さん
○ スクラムくまもとさん
○ 福岡タートルズさん
○ 福重ファイターズ

佐賀県,熊本県,福岡県チームが参加です。

普段対戦する機会が少ない他県チームの皆さん。

各チームのリズム感には,良い刺激をもらいました。

福重Fは課題を沢山持ち帰る事になったのは,当たり前の事です。

沢山の有意義な経験をさせて頂き,ありがとうございました。

さて,試合形式は,予選 2クールを行い,その順位によりトーナメント戦が行われます。

そのトーナメント戦です。
予選1,2位は,トーナメント1回戦で対戦し,その勝敗により組み合わせの山が決まるという内容です。

自分としては初経験。
楽しそうやと感心するとともに,次回,福重Fでも主催の時にはやってみたいなと思った次第です。

【福重Fの試合結果】
○予選 2位
○トーナメント 2位

結果だけをみれば,良さそうな感じがします。でも,内容は課題ばかりです。

特に悪いのは,
・マイボールをキープできないところ
・相手チーム名で試合しているところ

部員達は,この言葉の意味は理解できているはずです。

単純な2つの言葉だけど,その中には,

・単純なプレーや個人プレーになっていなかったですか?
・自チームの外野の動きや相手チームのカット,アタッカーなどの動きが見えていましたか?
・自チームの内野,外野との話し合いや連携が図れていましたか,自分だけがわかっているだけで,やろうとしていましたか?など

更には,
・試合に向かう気持ちは,強気でしたか?(諦めはなかったですか?)
・チーム内での声だし,声かけが出来ていましたか?
・一人ひとりが目標をもち「全力疾走」でチャレンジできていましたか?など

一人ひとりの考えや感じる所も違うので,それ以上の事もあるはずです。

自分から言いたい事は,
・ 何も目標を持たずにコートに立つな!
・「全力疾走」する事を諦めるならコートに立つな!

考え,ミスして。
チャレンジしてほしいという事です。

そうでなければ,自分達が持っている可能性を,自分で無駄にしているだけ。

そんな状況で試合をしているようであらば,今練習試合を振り返ることさえ出来ないはずです!

自分がいつも言う言葉。
「振り返れ! チャレンジしろ!」

これも,目標をもち全力疾走でチャレンジしている子どもとそうでない子どもとでは,

・試合前の「向かう気持ち」
・試合後の「振り返る気持ち」は全然違ってくるはずです。

一人ひとりが,自分の「目標」をもち,練習や練習試合,大会,どんな場面でも「全力疾走」でチャレンジしてほしいです。

話は,変わるけど。
今練習試合では,新規部員には,常にボールが集まっていました。

特に,試合終了前やVポイントゲームでのアウトは,本人達も悔しさを持ったはずです。
(持っていてほしいです)

ボールが集まってくるのは当たり前の事です。

誰もが初めはそうです!

誰もが初めは何度もアウトになる。
アウトになっても,外野からパスばかりして,内野に戻る事が出来ない。

そんな状況が続くのは当たり前の事です。
今は,それで良いです。

だけど,切り替わる瞬間(スイッチを押す瞬間)があります。

それは,多くの事を経験する事。
そして,周りに遠慮しないで,自分の性格が出てきた時です。

この経験が,みんなを一つひとつ成長するキッカケに繋がっていきます。

でも,ここで「怖い」など感じたら,この経験がムダなものになるからね!

キャッチボールできちんと捕れるなら,キャッチは出来るよ!

自信をもつこと。
自分に負けない「強い気持ち」をもって自分にチャレンジしてほしいです。

一緒にチャレンジしていこうね!
分からない事があれば,何でも聞いてほしいです。

・目標 とは: 
1人ひとりが,性格,体力,技術など違うはず。
だから持っている「目標」も違います。

自分の「目標」は,みんなに合わせることは必要ないです。

自分だけの「目標」にチャレンジしてください。

大切なのは,初めから「高い目標」を持つのではなく,自分が達成したい「目の前」の目標をもつこと。

高い目標をもっても,一気に達成する事は,できない。

まずは目の前の目標を達成する事からです

・全力疾走でチャレンジするとは:
自分の「目標」が決まったのなら,それに向かう事。

それは,「全力疾走でチャレンジする」事になるはず!

確かに,チャレンジをやり続けることは,難しいことです。(逆に,諦める方は,簡単なことです)

でも,自分が決めた「目標」ならミスを恐れずに,諦めない強い気持ちをもってチャレンジしてほしいです(ミスは沢山しろ!)

*みんな(従来部員)はこれまで,いくつもの目標にチャレンジしてきたよ!

例えば,誰もが入部して直ぐの頃は,ランニングやアップ練習がきつくて,靴ひもを何度も結びなおしたり,トイレに行ったりしながら,その場から逃げてはいなかった?

しかし,今はどう?
そんな行動している?

それは,自分の中で諦めるという気持ちから,「まだまだやれる」という気もちに変わって取り組んできたからこそ今があるんじゃない。

みんなは,そんな「目の前の目標」という壁を一つひとつ超えてきたからだよ!

ゴールはないです!
常に目の前に「壁」はある。

みんなで,ミスを繰り返しながら,その壁に,これからチャレンジしていってほしいものです。

キツそうな仲間がいたら,みんなで『まだまだやれるよ!』と声をかけてあげてほしい。

そんなチームになってほしいです

PS
練習試合で子ども達に言うこと。

同じチームと何度も対戦できる練習試合は,一人ひとりのチャレンジの場です。

それを予選クールで,どれだけチャレンジ出来たのか?

それが,トーナメントで活かせるものになる。

活かせられないのなら,大会で出来るはずがないよね

【5月19日(日) BBQ交流会】
今期初の交流会として,小戸公園でBBQ交流会を行いました。

保護者,指導者の皆さん
準備,企画,朝早い時間からの場所取りなど,本当にありがとうございました。

5月に部員が揃い,練習や試合では,一緒に行動しているものの,まだまだチームになっていないです。

今回のように,ドッジから少し離れての交流会は,子ども達の新たな面を発見できたり,更に子ども達同士が仲良くなってくれていました。

これを機会に,みんなが仲良く!
チームの団結が強くなったら嬉しいです。

今期のモットーは「元気で! 仲良く!」です。

さて,BBQ会場の小戸公園は,会場前が海。

集合時間,直ぐに子ども達は,海に入りびしょ濡れ状況で帰ってくる。

BBQでお腹が落ち着いたら,トランプ,公園で遊び。

更に,ドッジボールで中当てしている(どこでもドッジです)

途中には,スイカ割り。

10:00から日が暮れるまでしっかり遊びました。(曇り空でしたが,雨が降らなくて良かったです)

みんなにとって,良い交流会,思い出に残る1日になったはずです。

自分は,凄く楽しかったです。

みんな、ありがとう

おやじ 頑張っています (^^♪
マシュマロに夢中です!

これが美味しい😋
スイカ割り!
食べたら、遊べ!!

なぜ!? ドッジボールをもって遊んでいるの?
くもり空だったけど、雨降らなくて良かったです!

今期メンバー! (1名 休みです)
保護者と一緒!

めちゃ楽しかったです (^^♪
保護者代表!

Happy Birthday
もっと、もっと、手を突き上げろ (^_-)-☆

5月11日、12日 福重F

5月11日(土),12日(日)の福重Fです。

【5月11日(土)】
新年号の「令和」を迎え、チームとしても5月から部員数が揃いスタート地点に立つ事が出来ました。

新たな気持ちでスタートするように願いを込めて,練習前に『愛宕神社』に安全祈願、必勝祈願の参拝に行かせて頂きました。

愛宕神社の参拝は,室見川のランニングで愛宕神社に行き,参拝後は,ランニングで学校まで帰り,練習を行うスタイルです。

今回も,同様のスタイルですが,新規部員にとっては,初経験!

かなり,きつかったと思うけど,全員が完走です。

でも,帰りランニングの際には,足がつったと言って歩く子どももいましたけどね・・

これから、暑い日を迎えます。

みんな、ケガのないように、一つひとつの事に、自分達の『目的』に向けてチャレンジしてほしいです。

その前に,しっかり基本と体力強化をしていこうね!

【5月12日(日)】
篠栗町民体育館で開催された『筑紫リーグ 第2回定期戦』に参加しました。

今回は,ゲスト 3チームを迎え10チームの参加となりました。
○  ゲスト  3チーム
・一撃さん
・A・T Vipersさん
・クローズ蒲池さん

○ 筑紫リーグ  7チーム

今回、当番チームの安徳フェニックスさん
対戦頂いたチームの皆さん
ドッジボール審判競技員の皆さん
ありがとうございました。

試合形式は,いつもの事。
・午前:ジュニア戦(筑紫リーグ加入チームのみ)
・午後:シニア戦(ゲストチームを入れた10チーム)で行われました。

午前の,ジュニア戦では,人数が足りない福重Fは,うめちゃんズさん,福津フェニックスさんとの合同チームで参加です。

初めて一緒にチームとしてプレーした子ども達で,初めは,遠慮しがちなところもありましたが,直ぐに仲良くなっています。

試合内容も,良いプレーが盛りだくさんでした。

結果は,3位
おめでとう!

普段,試合に出る機会が少ないジュニアにとっては,凄く有意義な経験になったはずです。

福重Fは,このジュニア戦で3年生の「もとや」が公式戦デビューです。

アウトになることも多かったけど,初キャッチ,初アタックを決めてくれました。

「もとや」にとってのスタート!
これから沢山の事を経験していこうね

○ シニア戦
午後からは,シニア戦です。

【結果】
第1位 あいあいモンキーズさん
第2位 福岡タートルズさん
第3位 金武ワンピースさん

【福重Fの結果】
○ 予選   7勝  2分  0負  1位
○ トーナメント  7位で今大会が終わりました。

予選を1位で通過し,シード枠をとりながらも,1回戦で敗退。

それも, 単純なミス(パスミスでのボールデッドや手投げのストレートアタックなど)の繰り返しで相手チームにチャンスを与え,自分達のリズムが全然とれない。

そんな気持ちでトーナメントのコートに立つのなら,この結果は、当たり前の事です。

今、福重Fは、新規部員が入り、今までと違ったリズムでスタートしています!

新規部員や低学年のカバーする事に気がいってしまいミスをしてしまったり

周りを遠慮してしまいパスばかりを続けてしまうなど,色々な事を経験しながら一人ひとりが新しいチャレンジをしているはずです。

特に,新規部員達にとっては,全てが初経験!どうしたら良いのか?
分からない事ばかりだと思う。

みんなが考えて,ミスをしてチャレンジする事は、凄く貴重な経験です。

しかし,そんな時こそ大切な事は、経験してきた部員の行動だと思う!

自分は、聞きたいです。

みんなは、今、昨年経験した事を覚えている。

昨年、先輩達と一緒に行動し、「目的」に向かった思い。

その中では,苦労した事や嬉しかった事など、多くの事を経験してきたはずです。

でも,今,そんな経験した事を,新規部員の前で口に出したり,行動に移している事が出来ている?

自分から見たら、今、そんな行動は、あまり見えないように感じる。

それより、従来部員と新規部員が同じレベルになっているようにしか思えないです。

そうなら、新規部員に、福重Fって、どんなチームなのか?

どんな『目的』を持って行動しているのか?

それを分からないままに,練習し試合をしていると思わない。

それは,従来部員も同じです。

目標・目的を持たずに,ただ練習したり試合をする。

それでは,本人が,第1にチャレンジすべき「10の力」に何の挑戦もせずに,その時を過ごしているだけだよね!

時間がもったいないと思わん!

時間はリセットできないよ。
なら,どうするべきなのか?

自分の目標を持ち,チームの目的を持ち。
それにチャレンジすることじゃないかと思う。

その為にも,今まで、皆んなが経験してきた事を行動に出すべきじゃない!

自分が思った事を行動に出してほしい。
その行動には、間違った事もあるかもしれない。

でも、正解は何もないです。

そうなら、自分が思った事にチャレンジしてほしいです。

ミスを繰り返してほしいです。

その中で、自分達の道を見つけ出してほしいです。

もう一度言うけど。
正解はないからね!

そして,ゴールもないよ!
ゴールがあるのなら,「10の力」に達したらおしまいだよね!でも,そうじゃないよね。

そこに達したら次の「10の力」にチャレンジがあるはずです。

自分が,そう思ったのなら、行動に出せ。
自分に負けない『強い気持ち』でチャレンジしてほしいです。

それが、監督の思いです。

従来部員が、今、何をしなければならないのか?

今、考えるべきかな!
考えて,行動に出してほしいです。

そして、新規部員初め,一人ひとりが、何を「目的」にしていくのか。

今大会を振り返ってほしいです。

今大会の結果は,良い経験になったはずです。

今,福重Fは,守る必要はない。

どのチームに対しても,チャレンジしていけば良いんだからね

PS
練習や試合で,○○が痛い,きつい,限界です!と口に出す部員がいる。

そんな時,自分が言うこと。

きついなど口に出してしまった。
その瞬間に,自分自身に負けていることになる。

その瞬間に,動きも気持ちも一気に落ち込んでいくよ!

そんな時ほど「まだまだやれる」という気持ちもってほしい。
声に出してほしいです。

そして,もし近くにきつそうな子どもがいたのなら「まだまだやれるよ!」

そんな,声かけをしてほしいです。

そんな,チームになってほしいです

愛宕神社参拝、往復の室見川ランニング
愛宕神社 階段のぼり
絵馬の奉納させて頂きました
愛宕神社にて
福重ファイターズの『F』
みんなで、2019 福重Fです!

4月27日~ GW 福重F

5月連休は、『平成』から『令和』へ新時代の幕開けになりました。

時代の節目のGW、福重Fは、3大会、1練習試合に参加させて頂きました。

主催者の皆さん

対戦いただいたチームの皆さん

ドッジボール審判競技員の皆さん

ありがとうございました。

〇 平成31年4月27日(土) 好好杯(バナナモンキーズさん主催)

・場所 : 太宰府市総合体育館

・参加 : 12チーム

・結果 :

 第1位 福岡タートルズさん

 第2位 福重ファイターズ

 第3位 リッキーズさん

第4位 原田WINGSさん

・福重Fの結果

予選 8勝0分3負 4位、トーナメント 2位

* ふうた、せいま、りおんのデビュー戦(今大会から、12名での出場が出来ました)

〇 平成31年4月28日(日) 筑紫リーグ定期戦(うめちゃんズさん主催)

・場所 : 弥永小学校体育館

・参加 : 8チーム

・結果 :

 第1位 福岡タートルズさん

 第2位 あいあいモンキーズさん

 第3位 レッドファイヤーズ志免西さん

 第4位 福重ファイターズ

・福重Fの結果

予選 5勝0分5負 4位、トーナメント 4位

〇 令和元年 5月3日(金) 原田WINGSさん主催練習試合

・ 場所 : 宇美町立住民福祉センター

・ 参加 : 7チーム

・ 福重Fの結果 : 予選 6勝0分7負

* 福重Fの参加者 : 10名(1名ケガでベンチ、マイナス3)

〇 令和元年 5月4日(土) 第17回 小学生ドッジボール大会 筑後杯

(大蛇キッズさん主催)

・ 場所 : 大牟田市民体育館

・ 参加 : 46チーム

・ 結果 :

 第1位 スクラムくまもとさん

 第2位 あいあいモンキーズさん

 第3位 飯倉シャイニングキッズさん

 第4位 大蛇キッズさん

・ 福重Fの結果

予選(Bリーグ) 1勝1分1負 3位

トーナメント ベスト8

* 福重Fの参加者 : 12名(1名ケガでベンチ、マイナス1)

全 47試合 26勝 1分 20負と数多くの試合をさせて頂きました。

その中では、沢山の刺激、課題をもらったのは当たり前のことです。

特に、新規部員のみんなにとっては、公式ドッジが初めての経験。

厳しさを感じてくれたんじゃないかと思います。

この経験を、一人ひとりがどう感じ、振り返ってくれるのか。

それは、これからのみんなにとって凄く大切な事です。

改めて、呼んで頂いたチームの皆さん、対戦いただいたチームの皆さん、ジャッジして頂いたドッジボール審判競技員の皆さんに感謝です。

子ども達、保護者、指導者の皆さん

引率を始め、温かい応援、見守りありがとうございました。

さて、福重Fも連休1週間前の練習試合(4/21 東朽網ライジングサンさん主催)では、部員数 10名だったのが、現在 14名になり、約1か月遅れのスタート地点になりました。

この連休で全員にドッジの試合を経験させてあげたかったですが、帰省などで達成できなかった事やケガして試合に出場できなかった事は悔いが残りますが、これから経験していこうね!

部員が増えたことで、フォーメーションの見直しや新規部員にドッジの基礎やルールを教えながらの公式大会となりました。

当たり前のこと、ライン、リズムの狂いは随所にある。

個人プレーや単純なミスが多い。

声も小さいし、集中力、覇気もない。

自分達から、リズムを崩し、ボールを渡してしまう。

そんな状況では、簡単に相手チームにチャンスを与えている場面が多く、完全に歯車が噛み合っていない。

でも、一つひとつの経験をする中で、新規部員を始めとして、子ども達は一つひとつ成長したように思います。

そして、一緒に行動する中で、子ども達も仲良くなりチームでの意識を持つようになってきたと思います。

新規部員のみんなへ

初キャッチは、いつもながら最高に嬉しい瞬間でした。

始めは動きについてこれなかった動きも徐々についてこれるようになってきたよ。

始めは、遠慮がちで、自分を出し切れていないところも、一緒に行動する中で少しずつながら見えてきました。

そんな一つひとつの表情や行動は凄く嬉しいです。

まだまだ遠慮しがちなところやルールを憶えたり、基礎をしっかりやらないといけないところもあるけど、それは従来からいる部員も一緒。

一つひとつ覚え、経験していこうね!(誰もが始めは初心者です!)

従来部員のみんなへ

新しいポジションでの動き、人数が揃ったことで、いつも違う動きでモタモタしたところばかりが見えていたところが、みんなで話し合い、カバーしあいながら、少しずつながら(本当に少しですが・・)チームの動きになってきたように思います。

でも、まだまだ、目標をもたずコートに立っている。

向かう気持ちや、マイボールの大切さ、試合の流れを読まない動きなども多く足りない所ばかりです。

でも、勝ちたい、悔しい。

そんな気持ちや表情が見えてきました。(全員ではないし、一部の子どもだけですが・・)

それは、凄く大切な事です。

まだまだ、自分から見たら、チームになっていない、試合になっていないところは多々あります。

でも、それはこれから、みんなで作り上げていけばよい。

その為にも、大切なのは!

・ただ練習をする

・ただ試合をする

のではなく、自分が挑戦すべき『目的』を

チームが向かう『目的』を明確にすることです。

そして、それが決まれば『全力疾走』してチャレンジしてほしいです。

ミスはたくさんやってほしい!

ミスがあるから『チャレンジ』できる!

でも、思っているだけでチャレンジしなければ、その時間や行動はムダなものになるだけだよ!

時間は、戻る事ができないからね!

2019年度、部員が揃い、やっとスタートがきれました。

これから、今期の子ども達がどんなチームをつくっていくのか?

どんな『足跡』をつけていくのか?

見守っていきたいです。

そして、いつになったら、みんなが全員で決めた『目的』が聞けるのか?

自分から聞くのは簡単なこと。

でも、それでは自主的な『目的』にはならない!

だから、決まったら言いに来てほしいです

PS

毎年の事ですが、4月の1か月は背番号は仮番号。

筑後杯で正式背番号を決めると事前に子ども達に伝え、大会終了後、学校についてから発表しました。

それは、プレーや向上心、子どもミーティングの発言、始めと最後の跡片付け、集合、気遣いなどを見て決めてます。

新番号を聞いて、子ども達がどう感じたのか、凹んだり喜んだりした子どももいるかもしれない。

それなら、今までの行動などを振り返り、夏小エントリーまでに背番号が変更になれるように自分自身でチャレンジするしかないよね

4月27日 好好杯 今期のスタートです!
第 2位 みんな良い『笑顔』です!
5月4日 筑後杯

良い刺激うけました!  課題も悔しさもしっかり持ち帰ってきました!