福重ファイターズ

西区福重小学校を拠点として活動しているドッジボールチームです

新規部員募集中です!気軽に練習見学、体験入部に来てください!

監督のブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加
福重ファイターズの活動内容を書き込みます。

ブログ一覧

7月1日 筑紫グランプリ2018 福重F

7月1日(日)は,福重Fが加入している筑紫リーグ主催の

『筑紫グランプリ 2018』が志免町民体育館,志免中央小学校体育館の2会場で開催されました。

 

【参加 16チーム】

・招待チーム  9チーム

・筑紫リーグ  7チーム

* 招待チームは,原則,筑後杯(5月4日開催)の上位チームに参加頂きました。

 

参加頂いたチームの皆さん

ドッジボール審判競技員の皆さん

ありがとうございました。

 

そして,筑紫リーグの皆さん

スタッフで動いてくれた保護者の皆さん

企画,準備から実行までお疲れ様でした。

 

【結果】

・グランプリトーナメント( 予選 2リーグの各1~4位 計8チーム)

第1位 レッドファイヤーズ志免西さん

第2位 柳川フィフティーンさん

第3位 飯倉シャイニングキッズさん

 

・チャレンジトーナメント( 予選 2リーグの各5~8位 計8チーム)

第1位 下原ニュースターズさん

第2位 安徳フェニックスさん

第3位 松島エンジェルズさん

上位入賞おめでとうございます。

 

さて,福重Fの結果は,

予選を5勝1分1負の2位で通過し「グランプリトーナメント」へ進出したものの・・

 

1回戦で柳川フィフティーンさんに完敗。

さらに敗者戦では,あいあいモンキーズさんに完敗し,今大会を終えました。

 

県予選大会まで後2週間となった今大会。

県予選当日に対戦するチームとも今大会で対戦することが出来ました。

でも,試合内容は,終始,相手ペースのリズムでの完敗です・・

 

今大会では,事前に子ども達には,県予選を身近にして大切なものは,

 

一人ひとりの目標,チームの目標をもち,がむしゃらにチャレンジすること。

失敗してもチャレンジする気持ちで動いた失敗なら,次に繋げるものになる。

そんな一人ひとりのチャレンジが,チームへのチャレンジに繋がると話をしました。

 

みんな,結果は,どうだった?

何か「前へ」進められるものを手にいれることが出来た?

 

自分は,手に入れるものは,少なかったです。

 

試合の中では,良いプレーもたくさんあった。

でも,たくさんの足りないもの。

チャレンジしていない動きがありすぎです。

 

自分が一番足りないと感じたのは,一人ひとりの向かう「気もち」だと思う。

 

決して,全員が「気持ち」が足りない訳ではないです。

中には,「勝ちたい」という気持ちで動いている子どももいる。

 

でも,殆どの子ども達からは,試合内容や観戦,ミーティング。

更に,開会式の表情からから見ても,みんなの向かう「気持ち」が感じられなかったです。

 

相手チームの観察もせず,試合中はリズム感のない動きや単純なパス回し。

単純な攻撃,試合の流れを読まない動き。

そんな動きが随所に出ていたように感じた。

 

緊張や焦りなどからそういう動きになってしまっているのかもしれない。

 

でも,切り替えようとする気もちがあれば,切り替えることが出来てくるようになってくる。

監督から注意されているような動きをした時でも,一緒にプレーしている子どもがいるはず。

気づいていたら,その時に「声掛け」をしてあげる。

そんな動きは,切り替えることになるかもしれない。

試合に向かう『気持ち』をみんなに伝えることになるんじゃないかと思う。

 

でも,今の福重Fには,そんな動きや「声掛け」は殆ど見えない。

それが現状です。

それは,自分の責任しかないです。

 

聞きたい❗️

誰が,先頭になって動き,「声掛け」をしていかないといけないんだろう?

監督やコーチは,声出すよ!

監督,コーチだけなの?

 

試合前後の子ども達同士の話し合いも同じ事です。

昨年度、OB達がやってきた事。

それを自主的にやっている姿を見る機会が少ない。

 

なんで,子ども達同士の話し合いって大事なんだろう?

話し合いと言えば、試合前後の指導者と部員が行うミーティング。

 

それを受けて子ども達同士で話し合う事になれば

話し合う事で

・指導者から言われたことを「振り返る」ことになってくる。

・相手チームの事の動きなどを話すことで,みんなが理解して試合に向かうようになってくる。

・それは,自分たちの動き,リズムに繋げていけるようになってくる。

・試合に向かう気持ちが高い子ども達は,その思いが,チームのみんなに伝える事ができる

など

 

話し合う続けていく事で,みんなが,少しずつでも同じ「気持ち」をもち試合に向かえるんじゃない。

 

始めから,直ぐに出来る事はずがない。

繰り返す事で一つひとつ固まっていくんじゃないかな。

 

でも,子ども達の話し合いに必要な事は。

保護者の助言,指導は一切いらないです。

 

もし,間違った事を話していたり,本人が出来ていないことを話していたりしていても

保護者の意見は,いらないです。

見守ってあげてほしいです。

 

もし,話したいならご家庭でお子さんに話してあげてください。

でも,他の子ども達を責める事はしないで下さい。

当たり前のことですよね。

 

考えてほしい!

子ども達同士の話合いをしていなかったり,自分だけが思っているだけ。

みんなに伝える事ができていなかったりしたら・・

 

ミスをした仲間に「○○を注意しようと話したやろ。気をつけていこうな」

ってそんな言葉が話せる?

 

できないよね!

話し合うからこそ,言ってくれた事に相手は理解できるはず。

 

監督が,いつも言うことだけど,

自分が思っていても,伝える事や話しをすることが出来なければ,それは1人。

チームは1人ではできないよね!

 

その意味を理解してほしいです。

 

チームには,学年が違い,性格も違う子ども達がいる。

だから,同じ「気持ち」で取り組むことって,そう簡単にいくはずがない。

十分にわかる。

 

でも,一人ひとりが,何かを「思い」をもち取り組んでくれているはず。

それは,ドッジボールに関する事じゃない。

 

だったら,学年が違っても低学年であっても,話していることが感じられはず。

 

聞きたい!

その先頭を切って話をし行動するのは誰なの?

 

わからなければ,監督に聞きに来てください

 

県予選まで2週間。

子ども達には,当日,自信をもってステージに立ってほしい。

その思いしかないです。

 

その為には,今のままでは,難しいです。

 

でも,一人ひとりが,今何をすべきなのか?

高学年は,自分達がしなければならない事は何なのか?

 

さらには,自分の背番号の意味を感じてほしい。

背番号の行動が出来ているのかを感じてほしい。

 

自分がしなければいけない事は何かを考え,それが行動に出てきた時。

何かが大きく変わるキッカケになるはずです

 

PS

『筑紫グランプリ2018』では,福重Fからも多くの保護者がスタッフしてくれました。

暑い体育館の中で頑張ってくれました。

ありがとうございました。

 

これから,暑い日が続きます。

皆さん,体調管理には十分気をつけてくださいね

6月24日 リーグ対抗戦 福重F

6月24日(日)は,九電記念体育館で開催された

「第13回 福岡リーグ対抗戦 ドッジボール大会」に参加させて頂きました。(参加 21チーム)

 

主催の福岡県ドッジボール同好会さん

ドッジボール審判競技員の皆さん

対戦頂いたチームの皆さん

ありがとうございました。

 

【結果】

第1位 畝刈マリンウェーブさん

第2位 柳川フィフティーンさん

第3位 福重ファイターズ

 

福重F,久しぶりの上位入賞となりました。

みんな良く頑張りました。

当日は,全部員が参加しているものの,いまケガしている部員が多く,

ケガが治りかけの部員を1名外野に固定しての体制です。(マイナス 1スタートです)

 

予選 Aリーグ  2勝0分2負 3位(5チーム中)

リズム感がなく,集中力,動き,試合の流れを考えないプレーが続く。

自分達からピンチにもっていく場面が多い。

もっと,良い試合内容になるはずなのに,悔しさが残るものになりました。

 

そしてトーナメント戦。

動きは大きく変わってはいない。

でも,一つでも上に行きたいという気持ちをもった子ども達が,

悪いリズムを少しずつながら良いリズムに変えてくれている。

積極的な行動も見えるようになってきたように感じられるようになってきた。

(相変わらず,声掛け,声だしは出来ていないけどね・・)

 

1回戦,2回戦と勝ち進み準々決勝。

最後10秒の気持ちが足りないのを感じたとともに,教えきれてない自分の甘さを感じました。

悔しいです。

3位決定戦では,最後まで,油断できない内容となりましたが,1人差での勝利。

ホイッスルと同時に喜ぶ子ども達の表情は,忘れられないものになったのは当たり前です。

 

今日の結果や内容を,今後に活かしてくれたら嬉しいです。

そして,今日は、臨時コーチがベンチに入ってくれました。

そのコーチからの言葉は、凄く素直に入ってくれる言葉でした。

ありがとうございます。

 

さて,前日の6月23日(土)には,アクシオン福岡にて

「三和シャッターカップ 2018福岡県ドッジボール選手権」の抽選会が行われました。

7月15日(日)の対戦相手が決まりました。

 

福重Fは,Eリーグ 強豪チームばかりとの対戦となりましたが、

自分は,この組合せ表は、最高だと思っています。

対戦出来るのを,今からウキウキしているし、自分達が出来ることをやるのみです!

 

大会本番まで約3週間。

既に対戦はスタートしています!

この期間で,どこまでテンションを高めて本番を迎えるかですが、やるしかないです。

 

福重Fの『気もち ドッジ』をやるしかないです。

 

時間は,過ぎていきます。
一人ひとりが,チームが,今の状況のままで満足しチャレンジすることなく本番を迎えるのか?

目標を持ち,自分達が出来る事に「チャレンジ」し本番を迎えるのか?

それは,一人ひとりの「気持ち」だと思う。

 

自分は思うよ。

同じ,県予選大会のステージに立つのなら,今,みんなが同じ「目標」を持ち,

それに向かい「チャレンジ」するしかないんじゃない!

そして,一人ひとりが,今よりも自信を持った姿で,「夏の県予選大会のステージ」に立つしかいんじゃない。

チャレンジする気持ち,汗がなければ,それは「自信」には繋がらないからね!

 

出来ないなら言わない!

君たちなら『チャレンジ』できるはずです

 

保護者の皆さん

今年度も始まり,約3か月が過ぎようとしています。

子ども達は,まだまだ,声が出なかったり,声掛けが出来ない。

体力,集中力なども,足りないなど,たくさんの足りないものがあります。

 

たくさん失敗し,悩み,叱られたりと子ども達なりに,色々と経験しながらも少しずつ成長しています。

 

それは、4月の時からは,一人ひとりが,一段とたくましくなってきているように感じませんか?

 

これから,子ども達は,夏の県予選大会に向け,色々な事を経験することだと思います。

 

特に,県予選のステージを知らない子ども達には,多くの事を経験するはずです。

保護者の皆さん,子ども達を応援,見守ってくださいね

 

自分は、今、このメンバーで出来ることに、全力で『チャレンジ』していきます。

させて下さい。

 

全員が、自信をもち、県予選のステージに立てる事。

それが、自分の『チャレンジ』です

6月16日~17日 合宿 福重F

616日(土)~17日(日)は,「福岡県立社会教育総合センター」にて合宿を行いました。 

今回は,あいあいモンキーズさん,福岡タートルズさん,福重F3チームでの合同合宿。

総勢 約90名(大人も含み)

 

1日目 合同練習

2日目 練習試合(招待チームを入れて6チーム)と盛りだくさんの内容となりました。

 

1日目 :合同練習】

タートルズさんの「ゆたかコーチ」

あいあいさんの「げんきコーチ」の若手コーチがメインとなり指導を行ってくれました。

体力,基本をメインの内容。

子ども達は,普段しない動きなどで,どうしたら良いの?

そんな戸惑いも見受けられたものの全メニューに取り組んでいました。

 

違う動き,他チーム指導者からの指導は,良い体験になったはずです。

ありがとうございます。

 

練習時間以外は,各チームをばらばらにした班構成での行動です。

低学年も含めての班行動なので,少しは心配はしたものの..

 

さすが子ども達です。

仲良くなるのに時間はかからないです。

しっかり低学年も仲間になっていました。

 

練習後,夜には,班対抗のレクレーション大会なども行いました。

子ども達の個性がしっかり出ていて,普段見えない子ども達の表情は忘れない思い出となりました。

 

1日目を通じて感じたのは,他チームとの団体行動の中では,子ども達の性格が表面に出てきます。

 

練習の中で言えば。

一つの例えですが,今回,20mシャトルランを行いました。

 

回数を続けるには,体力面は重要になるのは当たり前だけど,それ以上に大切なのは「気持ち」だと思います。

キツイから,辞めようと思えば,簡単に足を止めることが出来る。

足をとめた人がいたから,自分も一緒に足をとめる。

 

でも,自分に「チャレンジ」するのなら,キツイけど,もう1往復する。

その「気持ち」が大事。

その一歩は,自分自身の「チャレンジ」に繋がるんじゃないかと思う。

 

そんな一つの「チャレンジ」は,どんな事でも同じ事が言えるし,日ごろの練習や試合でもしっかりと表れてきます。

因みに,上位を占めるのは,各チームのアタッカー達です。

 

何グループかに分かれて行ったけど,どのグループも上位はアタッカー達で90回を超えてます。最高は100回を超えていました。

(翌日の練習試合でも,昼休み前にやりましたが,同じ結果です)

 

そして,チームの雰囲気(声かけや盛り上げができるチーム)やディフェンスなどの動きがまとまっているチームほど,

同じ走っていても動きにバラつきが少ないのを感じました。

 

これは,一つの動きです。

でも,明確に一人ひとりの性格やチームの動きを感じられました。

 

因みに,自分が目的としたオフェンス陣の条件は,ランニングです。

福重Fでは,土曜日に室見川走をやりますが,上位に占めるは,歴代オフェンス陣です。

(今年度は,まだそうではないですが)

 

それは何か?

距離を決めて,時間を決めての一つの動きの中で,向かう思いを感じられるからです。

それは、オフェンス陣だけではないです。

全ての部員に通じる事!

練習前のアップの練習で,子ども達の「気持ち」を感じます。 

 

今は,まだまだ体力や諦めの方が強い福重Fの子ども達ですが,自分に負けない「気持ち」を高めていってほしいです。

 

2日目 練習試合】

3チームを招待して,6チームでの練習試合を行いました。

・有住NEW STARSさん

・福津フェニックスさん

・柳川フィフティーンさん

・あいあいモンキーズさん

・福岡タートルズさん

・福重ファイターズ

 

参加頂いたチームの皆さん。

審判頂いた皆さん。

ありがとうございました。

 

審判では,先日,審判講習会を受講された保護者の方々も沢山の試合を主審,副審でジャッジしてくれました。

また,合宿チームの保護者もオフィシャルを経験しました。 

審判,オフィシャルの指導をしてくれた「黒木さん」ありがとうございました。

 

さて,試合の方と言えば・・

良い締めくくりを持って終えたかったところですが,課題ばかりを持ち帰るものになったように思います。

 

特に「気持ち」の面での課題が大きいです。

・試合に向かう気持ち

・ミスを振り返る気持ち

・指導者の声や話を聞こうとする姿勢や言われた事を理解しやろうとする気持ち

 

そういう所がまだまだ足りなすぎです。 

子ども達の中では,振り返り,チャレンジしようとしている子ども達もいます。

個人としては,10の力にチャレンジとしている姿は,凄い事です。

 

でも,チームプレーにおいてのチャレンジになっている? 

それは,なぜなの?

考えてほしいです。

 

1つの例として,監督から「攻撃のリズムをとろう」と言われ試合をした時。 

個人で思い,こんなリズムをとりたいと思ってチャレンジする。

でも,試合後,「出来ていない」と言われる。

 

それは何故?

 

個人の思いが,みんなに伝わっていた?

みんなが理解していた?

特にオフェンス陣が事前に話し合いをし理解できていた? 

そこが大切なことです。

 

一人が思い,動いても,一緒に行動する,みんなが同じ思いをもち,行動しなければ,リズムをとれるはずが出来ない。 

それよりも,途中,途中で個人プレーが出てきて,リズムのない攻撃に繋がっていく。

チームワークにはならないよね!

 

みんなが,理解した上で行動するから,試合が終わった後の振り返りも理解出来るようになるし,またチャレンジする事が出来る。 

そうでなければ,同じ事をやり,同じ事を言われる。 

それは,何も前へ一歩踏み出してない事でしかないです。

 

これは,一つの例えだけど,

挨拶,声(声出し、声かけ),盛り上げなど全てにおいて同じことです。 

・自分が思っていても,みんなに伝えることが出来ない

・わからないのに「はい」と返事をし,その場を過ごす

・みんなの前で,「○○できなかったので,練習で○○出来るように頑張ります」と言っても,思っているだけで行動に移せない(試合後に行う1人ひとりの挨拶) など

 

そんな所が,今日の練習試合に出ていた。

 

試合では,監督やコーチは,今まで練習したこともない事に「○○しよう」と言わない。 

出来ない事に,「チャレンジ」しろとは言わない。

 

でも,今日のように,練習してきた事が出来ないというより「やろうとしない」 

それなら,試合にはならない。

 

だから,プレーよりも「気持ち」が大きな課題だと自分は思ってる。 

それが試合の流れや勝敗という結果に出ていた。 

足りないものがあるから結果になる。

 

なら,どうしたら良い? 

それは,監督が言った事を,思いだしてごらん。

分からなければ聞きに来な!

 

一人ひとりが考えてみてほしい。

特に6年生は,考えてほしいです。 

そして,低学年に行動で教えてあげてほしいです。6年生が目標持っているなら,今のままでは全然足りない。

一人で考えるな!

その時間があるならみんなで話してみな。

 

監督に話にきてほしい。キャッチボールが出来ていないのが今の福重F

それは、自分の足りないところがある。でも、みんなの思いを聞きたい。うちの部員では、れんとのようにね

 

PS

今回の合宿では,部員15名のうち,1名が欠席で14名が参加です。

でも,3名がケガで活動できない。 

最近,ケガ人が多いです。

 

その為,土曜日に愛宕神社に安全祈願の参拝にいきました。 

新たなケガ人が出ないように願うしかないです。

そして,ケガしている子ども達の復活を待つしかないです。

 

最後に,合宿の企画,準備してくれた指導者,保護者の皆さん。 

ありがとうございました。

 

合宿を通じて,子ども達は他チームと沢山の友達が出来たと思います。 

その友達は,これからも大切にしてほしいです。

 

自分は,沢山の課題をもらいましたが,課題があるから『やる気持ち』になります。 

でも,どうしたら理解してもらえるのか,正直,悩んでます

6月10日 USAカップ 福重F

610日は,ダイハツ九州アリーナで開催された「第34回 USAカップ選手権大会」に参加させて頂きました。 

主催の「USAドッジボール連盟」の皆さん

対戦頂いたチームの皆さん

ドッジボール審判競技員の皆さん

ありがとうございました。

 

昨年度は,この時期に福重Fはチームが解散しなかったこともあり

今回出場できたことは嬉しく感謝の言葉しかないです。

ありがとうございます。

 

さて,今回は,当日の移動にマイクロバスが借用できた事もあり。 

引率する必要がない事から,自分1人,前泊です。

懇親会も初参加です。

しゃぶしゃぶ屋さんでの懇親会は,味,ボリュームともに大満足!

焼酎の西の丸美味しかったです(翌日、コンビニでゲットしました!(^^)!)

 

監督達との話は,試合会場などで話すのとまた違ったもので,凄く貴重な経験をさせて頂きました。

 

試合の方です。

参加 36チーム

1位 飯倉シャイニングキッズさん

2 KURATE-G3さん

3位 レッドファイヤーズ志免西さん

 

福重Fは,ベスト8で終わりました。

 

【予選】

AパートからFパートの6パート(各6チームの総当たり)で行われました。

 

福重Fは,Bパート。

対戦チームには,以前から1度は対戦させてほしかった「プランドparsley山本さん」

勢いのある「レッドファイヤーズ志免西さん」を初め,各チームとも各々のリズムを持ったチームばかりが集まってます。

 

対戦を見た時,子ども達は「え~」との声が出ていたけど..

自分としては,強豪チームばかりのパートで対戦出来る事。

ウキウキした気分しかないです。

 

結果は,410負 予選1位通過 

まだまだ,基本も出来ていない,練習不足の子ども達を入れての体制でしたが,

カバーしあいリズムをとりながらの試合を進めてくれてます。

 

プレーの中には,声が出ていなかったり,ミスや切り替えが出来ない場面も沢山ありました。 

でもカバーしあいながらのプレーは,普段キャッチが苦手な子どもがナイスキャッチを決めてくれたり,

ボーとしがちな子どもが積極的に動いてくれたりするなど

 

動きや気持ちが「前へ」向くものになっていたし、それが,予選での結果に繋がっていけたように感じます。 

スイッチを「ON」にするのは,こんな感じだよ。

 

【トーナメント戦】

予選の状態で試合を進めていきたいと思ってはいたものの,悪いところが出てきました。 

それも,メインの高学年が同じパターンの繰り返しでミスを続けたり,簡単に相手ボールにしている。

 

そんな一つ一つのプレーが,コンビネーションが図れるものにならずリズム感のないプレー(ワンパターン)に繋がっている。 

そしてチーム全体の動きや気持ちを消極的なものにしまっている。

 

5分間の中には,当たり前の事。

ピンチとチャンスが繰り返されます。

自分が思うように試合の流れを作る事はできないです。

 

対戦相手は,しっかり観察しています。

福重Fの苦手な動きをしっかり見ているし,そこをキッカケに自分たちのリズムを作ってきます。

 

それは,福重Fも同じように,そうしなければいけないです。 

試合は,試合前から始まっています! 

・ 対戦チームを観察しなかったり 

・ 試合で自分達がやりたい動きにチャレンジしなかったり 

・部員同士の試合前ミーティングで話し合わなかったり,話し合っても理解できていないのに「はい」でその場を過ごしたり

 

それでは,試合の流れを読めない行動を自分達から作っているだけ。 

ミスを繰り返す場面が多くなり,悪い流れを切り替えることなくドツボに入っていく。 

それは,自分達から相手チームのリズムにしてあげている。相手チームのシナリオ通りに自分達が動いているだけにしかならない。

 

なら,どうしたら良い? 

(動きや気持ちを)切り替えるしかない。

それには幾種類もあるし,個人でも違うので一概には言えないけど!

 

一つ言えば,『同じ動きをしないこと』。

・ パスを1人し連続して投げないようにする

・自分のポジションを少しずらしてみる

・守備のターンなどを今までより一歩大きく動くようにする など

 

今までと違う,一つの行動が切り替えのキッカケになるはず。 

自分は、気持ちと動きは連動していると思っています。

 

動きが変われば,気持ちも変わるはずです。 

ミスした時程,

・同じ動きをしない。(違う動きを入れ込む

・ 今までの動きより,一歩大きな動きをしてみる

 

それが,『強気』な気持ちへの切り替えになるかもよ

5月27日 福重F

527日(日)は、有住小学校体育館にて

「有住NEW STARSさん」主催の練習試合に参加させて頂きました。

 

有住NEW STARSさん始め、対戦頂いたチームの皆さん。

ありがとうございました。

 

【参加 4チーム】

○ 有住NEW STARSさん

○ あいあいモンキーズさん

○ リッキーズさん

○ 福重ファイターズ

 

昼からの試合でしたが、総当たりの3クール。

13試合と数多くの試合をさせて頂きました。

 

その内、2クール目のみは,特別ルール!

1タッチなし。

タイムアウトありです。

 

1タッチなしを推奨する方なので,凄く良い経験になりました。

子ども達なりに1球の大切さを感じてくれたら嬉しいのですが・・

 

今回も、課題をたくさん持ち帰るものになりました。

体力,集中力,試合の流れを読む力など,たくさんの「足りない」ものがあります。

 

でも一番の課題は、子ども達の試合に向かう『気持ち』です!

 

子ども達は,色んな思いを持ち試合をしているのかもしれない。

でも,今の福重Fを見ていると,6年生は上級生としての意識が少なく。

勝ちたいという意識の強さや強気で積極的に取り組む姿勢。

 

自分には,そんな部分を感じる事は出来ず,ただ試合をしているだけにしか見えないです。

 

声を掛け合ったり,声を出したりする事や

自分のミスを振り返り,チャレンジする姿は殆ど感じられないです。

 

特に声では,出している子どもは一部のみ。

あとは,ほぼ出ていない。

 

「声は,動き,気持ち,集中力と連動している」と子ども達にいつも話します。

 

『声』は,スポーツするにおいて、団体行動のなかでは,凄く大切なことだと思っています。

・チームの雰囲気を作るものになり

・気持ちを切り替えるものになり

・最後の踏ん張りをつくるものになり

そして,試合に向か気持ちを高めるものになるはずです。

 

それは,一人ひとりの「声」だと自分は思っています!

 

実際に,声を出している子ども達とそうでない子ども達とでは,練習や試合中の動き,気持ちの持ちようは全然違います。

それは,動きや取り組み方だけでなく,中には周囲を見ることが出来ている子ども達もいます。

 

初めは,同じくらいの体力,技術だった子ども達でも,

気持ちを持って取り組んでいる子ども達は,12か月すればその差は確実に違ってきます。

さらに,声を出さない子どもほど,試合中のミスが多く,同じミスを繰り返している傾向が強いように感じる。

 

みんな,大きな声を出すこと!

声を掛け合うこと!

その大切さを自分なりに考えてほしいです。

 

誰かが出すから良いのではないよね!

一人ひとりが出来るようになってほしいものです。

 

あと,わからないのに『はい』ですませることもなくしていこうね!

わからないのに『はい』ですましたら,何度も同じ事を言われるだけ!

凄くムダな事だと思わない。

 

みんなの中で,監督や指導者に聞けば叱られる。

そう思っているなら間違いです。

監督は,色々と聞きたいです。

 

わからないのに、「前へ」一歩進む事なんかできない!

前述の声だし,声掛けと同じです。

 

誰かが聞いてくれる。

聞くのが恥ずかしい。

そんな気持ちがあれば,聞くことができないまま,その場をずっと過ごしていくだけだよ!

 

今,福重Fは,「足りない」ところばかりです。

足りない所が多すぎるように感じます。

 

でも、ボタンを掛け違えている部分も多くあります。

それをどうするかだと思っています。

 

その為には,一人ひとりが,

・ 今,何をすべきなのか?

・ 自分の足りないのは何か?

それを感じなければいけないと思う。

それは,自分も同じです!

 

小学生には難しいことだというのは、十分に分かる。

でも、その場をただ過ごしても何も変わらないし、時間を無駄にするだけだよ。

 

一人ひとりが、自分の『足りない部分』

チームとして『足りない部分』

6年生として『足りない部分』を考えてほしいです。

そして『チャレンジ』してほしいです。

 

自分が嫌いな言葉!

・頑張ります

・焦ってました

・弱気でした

 

自分が、考え、振り返り、行動していなければ,

それは、ただの『言葉』や言い訳でしかないです。

練習や試合などで,チャレンジしないまま『言葉』で終わらせていない。

 

PS

子ども達と話しているときに,聞いてる?

わかってる? と聞いたりしながら話すことが多いです。

 

「わかった?」と聞くと

「はい」と返事がくる。

 

次の瞬間だけは,出来ても,すぐに出来なくなる。

(続かない。自主的なものでないので当たり前です)

 

時には,言った直ぐに全然違う動きをしたりする。

 

そんな時,何をしゃべっても同じやな!

変わらんな?

もうしゃべらん!

そう思う時がある。

 

でも,言い続けるしかないです。

 

そんな中で,一人でも,聞く姿勢をもって行動してくれたら嬉しいです

 

みんなは,たくさんの可能性をもっている。

その可能性に挑戦させてあげる

その『キッカケ』を作ってあげるのが自分達なのに,難しいです。

月曜日の練習が終わって、これを打っています。

 

一言!不器用な子ども達ばかりやなと思う。

色んな気持ちを持って今日の練習に来たなら,周りを気にせずにやればよいやん!