福重ファイターズ

西区福重小学校を拠点として活動しているドッジボールチームです

新規部員募集中です!気軽に練習見学、体験入部に来てください!

3月14日 福重F

3月14日 福重F

このエントリーをはてなブックマークに追加

3月14日(日)
岡垣サンリーアイで開催された『クライマックスカップ』に参加させて頂きました。

主催の、千早っ子クラブ  谷口コーチ、リッキーズ 中野監督を初めスタッフの皆さん

福岡県ドッジボール審判競技員の皆さん
対戦頂いたチームの皆さん
ありがとうございました。

【結果】
第1位 福岡タートルズさん
第2位 松島エンジェルズさん
第3位 添田フレンズさん

【福重Fの様子】
予選(総当たり) 4勝0分7負 9位
トーナメント 1回戦敗退(松島エンジェルズさんに敗退)

今大会では、開会式前の監督会議にて、主催者より、自チームの試合中のみ、コート後方にある観覧席に6年生保護者が入り声出しの応援をして良いとの話がありました。(2階の応援席は、拍手のみで声出しはNGです)

今期の大会は、感染予防対策から、人数制限、声出しが規制されています。

それだけに、6年生にとって残り少なくなった中での大会において、こうした配慮は凄く嬉しかったです。

初めは、声出しの応援に遠慮がちな保護者も、試合が進むうちに、声を出して応援してくれています。

久しぶりの保護者の応援は、子ども達の後押しをしてくれています。

やっぱり良いです(^^♪

改めて、早く、いつもの生活環境に戻ってほしいなと実感した瞬間でした。

さて、試合の方です。

今、オフェンスの2人が、ケガしている状況。

そのピンチを、他の子ども達が、どうカバーして積極的に動いてくれるのか?

前回の練習試合で、弱気な子ども達が、どう切り替えてチャレンジしていくのか?

みんなに、色々な『課題』に対してチャレンジしてほしいと思っていた。

試合内容は、良いプレーは、あります。

自分がやれることにしっかりとチャレンジしているプレーもあります。

でも、見ていると…

一人ひとりが、自分一人で動いているだけにしか見えない。

自分の事で精一杯で、周囲が見えずに動いている。

だから、チームの連携、助け合いや信頼感が足りないし、歯車が噛み合っていない。

それが、
・カバーしあう事が出来なかったり
・パス回しが繋がらなかったり
・試合の流れを考えない勝手なアタックで簡単に相手ボールにしたり
・オフェンス陣(内野)の連携さがなかったり(人に任せ、積極性がたりない)
・アピール性や積極性が足りない
などの動きになっている。

マイボールを簡単に無駄にしたり、雰囲気を消極的なものにしてしまい。

消極的、諦め、弱気など『マイナス』の行動に繋がってしまっている。

それは、しっかりと結果にも表れています。

試合途中まで良くても、一つのきっかけで、チャンスをピンチにしてしまい切り替えが、出来ないまま試合が進んでいく。

そんな場面が、随所に現れている。

一人ひとりが、
・もっと、向かう『強い気持ち』をもってほしい。

・一人ではない、全員でやっている事を『意識』してほしい。

・『リズムドッジ』は、何なのか?
理解し大切にしてほしいです。

ミスは、誰もがする事。
やらない人なんか、いるはずがない。

だからこそ、ミスをしたら、それをみんなでカバーしあう。

ピンチになったら、チャンスに切り替える『積極的』なプレーにチャレンジする。

5分間の試合の中では、凄く大事な事になってくると自分は思っている。

それは、1人では絶対にできない事です。

そんな時ほど、一人ひとりが、声を出し合い、リズムをとりながら、積極的に攻撃や守備をする。

凄く大切な事です。

今の福重Fは、挨拶や試合の始まりの声は、出てくるようになってきました。

でも、試合が始まりだす(ボールが動き出す)と声は出なくなり、特にミスが出てきたら、一気に声が出ずに消極的になってしまっている。

一人ひとりが真剣に試合に取り組んでいるのは、十分にわかる。

でも、それは、一人ひとりが、自分だけでプレーしているだけで、全員ドッジにはなってはいない。

それなら、ボールを味方にするのではなく、ボールに追い回されているだけにしかならない。

どれだけ、ボールを味方(マイボール)にするのか?

それは、一人では無理。
全員で『意識』し取り組むしかない。

それが出来ていないのが、今、福重Fにとって最大の課題です。

今の福重Fは、体力、技術においても、全然、上位チームと戦えるようなレベルではない。

でも、今期、対外戦が出来るようになった最初の時期に比べると。

一人ひとりが、試合に向かう気持ちも持ってきたし、基本動作もしっかりと出来るまで成長してきています。

でも、メンタルの弱さが、練習してきたことが出来なかったり。

自分ができることにストップをかけてしまっている。(それは、一人ではなく、殆どの子ども達がそんな状態です)

今大会でも、メンタルの弱さから、ミスをしてしまったりする場面が多くみられた。

それは経験の差や相手チームに対する先入観などもあるのかもしれない。

しかし、自分たちが、何かを『目的』にして試合に向かっているのなら、そんな弱気を切り替えていくしかない。

その為にも、みんなが、向かうべき一つの『目的』を意識してチャレンジしていくしかない。

だからこそ、みんなが一つになってほしい。

周囲に、弱気になっている人がいたら、みんなで声かけあってほしい。

ピンチになれば、強気なプレーで切り替えてほしい。

それが、弱気を切り替えるキッカケになると思っています。

試合においては、誰もが、緊張するし、ミスをしたらいけないという気持ちをもっている。

でも、それを切り替えていかなければ、そこで、自分の、そしてチームの『やる気』にブレーキをかけているだけにしかならない。

それは、一人ではできない。
みんなでやるしかないです。

5分間の中では、ピンチとチャンスが繰り返えされます。

そのチャンスを一つでも多くするのは、みんなが、どれだけボールを味方にするのか?

試合を楽しむ気持ちを持つかです。

今期も約半月となり、今期の活動も終わりに近づいてきました。

みんなで行う、残る一つひとつの活動を、自分がやれる事、今期の福重Fがやれる事に『全力疾走』して終えてほしいです。

時間は、戻らないからね!

P.S.
みんなへ
今大会を通じて、一人ひとりが、

・自分の悪かった所、良かった所
・チームとして、悪かった所、良かったところ
を振り返ってほしい。

それは、今の自分自身の事、チーム全体の事を理解することになります。

それを理解していないのに、口でばかりで大きな事を言っても、何も始まらないです。

まずは、今の自分達を理解する事が大切です。

そして、まず、目の前の目的にチャレンジしてほしいです

密を考慮しての『開会式』
早く、全チームが整列した開会式がやりたいです

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です