福重ファイターズ

西区福重小学校を拠点として活動しているドッジボールチームです

新規部員募集中です!気軽に練習見学、体験入部に来てください!

2021年1月5日 福重F

2021年1月5日 福重F

このエントリーをはてなブックマークに追加

1月5日(火)
久留米市みづま総合体育館で開催された『第24回 新春ドッジボール大会』に出場させて頂きました。

主催の『和道会KSSV』平山監督を始め、チームの皆さん、『クローズ蒲池』の皆さん

福岡県ドッジボール審判競技員の皆さん
対戦頂いたチームの皆さん
ありがとうございました。

今大会は、午前に『ジュニアの部(8チーム)』『ふれあいの部(6チーム)』が行われ。

午後から、『ファイターの部(17チーム)』が行われました。

福重Fは、ジュニアの部(7人制)とファイターの部に参加です。

【結果(ファイターの部のみ)】
第1位 あいあいモンキーズさん
第2位 BIG WAVEさん
第3位 クローズ蒲池さん

【福重Fの様子】
・ジュニアの部
予選(パートⅡ) 3位 トーナメント 1回戦敗退

・ファイターの部
予選(Aリーグ) 4位 トーナメント 1回戦敗退

どちらの部もトーナメント1回戦敗退と悔しい思いで今大会を終えました。

今日が、福重Fにとって『2021年のボール始め』です。

今大会から、2020年度のラストスパートです。

今大会は、年末・年始の休み明けとなり、練習をすることなく大会に参加でしたが、動きはそんなに悪くはないです。

それは、休み期間中に、自主練をやってくれていたのを感じさせるものでした。

でも、中にはそうでない子どももいます。

『自主練習してました』と言っても、動きをみたら直ぐに分かります。

さて、今大会では、いつもながら良いところも悪いところもあります。

ナイスキャッチ、ナイスカバーなどもありますが、やはり課題は多いです。
(良いプレーは、みんなで盛り上がろうね)

まだまだ、試合に向かう『気持ち』や最後まで諦めない『気持ち』

焦りなどからのミスプレーやキャッチミス
マイボールのキープ率や、その大切さ

チームでの連携やリズムの大切さなどを忘れてしまった様な個人プレーなど

沢山の課題があります。

でも、1人ひとりが、大きく変わってきているのは、十分感じられるようになってきました。

それは、今大会の結果にも出ていたはずです。

これまで、連敗や最下位ばかりを続けていた、みんなが、予選を通過しトーナメントに進出することができた。

これは、誰かが掴んだものではない。

一人ひとりがの力が、一つになり、みんなで『掴んだもの』です。

みんなは、分かっていないかもしれないけど…

一人ひとりが、体力も気持ちも、少しずつながら成長してきた結果です。

今大会のミーティングでも、
キャプテンは、キャプテンらしい振る舞いや、試合に向かう自分の気持ちを口に出すようになってきた。

今までキャッチが出来ずにアウトで外野に行ったり、負けても悔しさを表情に出せなかった子ども達が、少しずつながら表情に出すようになってきたなど。

大きな変化です!

でも、それは、全員ではないです。

相変わらず、表情や行動に出さない子ども達。
人任せにして『自分らしさ』を抑え込んでいる子ども達もいます。

でも、そんな子ども達も、決して何も考えていないわけではないです。

練習や試合を通じて、自分の足りなさや気持ちの弱さなどを『考えています』

それは、表情や行動をみていても十分にわかるし、たまに質問してくる『ドッジノート』でも、しっかりと自分の思いを書いています。

そんな一つひとつは、凄く嬉しいし、しっかりと考えているなと感じています。

だけど、それを上手く出すことができない。

自分らしさを出すための『スイッチ』を押すことができない。

一人ひとりが、こんなに考えていて、やりたい事があるのに上手く出すことが出来ていない。

見ていて、不器用だなと感じてしまいます。

確かに、『自分らしさ』を出すことは、『勇気』がいる行動だと思う。

だけど、遠慮していたり。
周囲に合わせてわからないのに過ごしてしまっていたりしていたら、『自分の殻』の中にいるだけになります。

今の福重Fは、ドッジをやりだして3カ月程度の子ども達が大半です。

昨年からいる子ども達と比べて、体力や技術。
気持ちの持ちようも違うし、同じレベルになるはずがないです。

しかし、分かってほしいのは、みんなは『仲間』です。

同じ空間で一緒に汗をかき、一緒になって色んな経験をしている『仲間』です。

一人ひとりが、色々な考え方や、気持ちの持ちようがあって当たり前です。

でも、その自分が思っていることなどを『自分の中』に抑え込んでいたら、本当の『仲間』にはなってはいかないはずです。

それは、試合スタイルや諦めない気持ち、集中力などにも繋がるし、自分の成長にも影響してくるはずです。

2021年がスタートした今だからこそ言いたい。

『自分らしさ』のスイッチを押してほしいです。

意見の交わし合いは、凄く大切な事です。

時に、意見が合わずにケンカになることもあるかもしれない。

それは、それでOKです。

間違った方向にいこうとした時、それを治す為に、中に入ってくれる指導者達がいるんだからね。

色々な意見を交わし合ってほしいです。

それが、『仲間』になる一つの大事なツールだと思います。

だけど、一つ理解してほしい。

今大会のミーティングでも話したことです。

自分の意見を、『言葉』だけにはするな。
自分が言ったことは、まずは自分が実践すること。

それがあるから、その意見は、みんなに通じるものになります。

自分がやっていないのに、意見を言っても、何も通じない『言葉』にしかならないです。

分かっていないのに『はい』と返事するのと同じ事だよね。

P.S.
感染予防対策を十分に行いながらの活動が続きます。

また、これからめっきり寒くなり、風邪などに十分気をつけていかなければなりません。

その為にも、今以上に、手洗い、うがい、マスクの着用などに気をつけていってほしいです。

そして、1月に開催される『福岡県予選大会』を最高の体調で臨んでほしいです。

部員、保護者、指導者の皆さん
体調管理には,十分に気をつけていきましょうね。

最後に、今、少しずつながら、練習試合や大会などが行われていますが、それには、予防対策や人数制限ど規制があるなかでの、開催出来ています。

子ども達のプレーを保護者に見てほしい。

でも、それが出来ないのが、今の現実です。

ご理解ください。

めちゃ、現地で見てほしいです。

人数制限がなくなり
保護者が来てくれて

子ども達に負けない声で応援が出来る日がきてほしいです

第24回 新春小学生親善ドッジボール久留米大会
24回の開催は凄いです。
主催者の皆さん、本当にありがとうございます。
開会式
人数制限の関係から、少チームでの開会式ですが、
応援席に整列して開会式を迎えているチームも多く、その光景は刺激的でした!
例年は、明るいうちに撮影する『新春の記念写真』ですが
今年は、大会から帰ってからの撮影となりました。

暗いけど、『明けない朝はない!』
福重Fらしいです。

これから、ラストスパート!
やるしかないよね(^^♪

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です