福重ファイターズ

西区福重小学校を拠点として活動しているドッジボールチームです

新規部員募集中です!気軽に練習見学、体験入部に来てください!

8月30日 福重F 練習試合

8月30日 福重F 練習試合

このエントリーをはてなブックマークに追加

8月30日(日)は,添田町民体育館で開催された『添田フレンズさん主催』の練習試合に参加させて頂きました。

添田フレンズさんを始め,対戦頂いたチームの皆さんありがとうございました。

【参加 6チーム】
・添田フレンズさん
・駅川ソレイユさん
・N2☆DODGE魂さん
・BIG WAVEさん
・レッドファイヤーズ志免西さん
・福重ファイターズ(福津フェニックスさんとの合同チーム)

コロナ渦での練習試合。

主催の添田フレンズさんの予防対策は徹底されており主催者としての大変さを感じながら,こうして子ども達に試合の経験をさせて頂いたことに感謝しかないです。

〇主な予防対策
・参加者(部員,保護者,指導者)の健康調査票の提出
・入館時の1人ひとりの検温チェック
・試合ごとのボール消毒
・線審の電気ホイッスル使用
・会場内の換気
・クーラー室の完備(熱中症対策を含めて)など

そして,添田フレンズさんの監督を、初めてとして保護者全員が動いて予防対策に取り組んで,動いてくれていた事です。

開会式から閉会式まで,変わらずの行動は、参加出来たことが嬉しく、凄く参考になりました。

さて,練習試合の方です。

今期に入って,対外試合は2回参加させて頂きました。

でも,今練習試合のように,7:00に学校を出発し19:00に解散するような試合は今期に入り初の経験です。

昨年度は,週末では当たり前になっていた事ですが,それが当たり前でない今期。

改めて,練習に呼んでくれるチーム,対戦してくれるチーム,応援してくれる保護者がいて自分たちが活動できることを実感させられました。

そして,久しぶりに会った監督,指導者,保護者との会話はめちゃ嬉しかったです。

練習では,総当たりの3クール,トーナメントを行い。

福重Fは,トーナメント1回戦敗退なので,計16試合をさせて頂きました。

内容は,良いところはあるものの,課題ばかりが目につきます。

特に感じるのは,試合内容よりも,1人ひとりの試合に向かう気持ちの温度差がありすぎる事です。

それは,プレーや集中力にしっかりと出ていたように感じました。

『心・技・体』の『心』です。

合同チームでの参加で,噛み合わないところはあるはずです。

何度か合同練習はしているものの,練習内容や試合スタイル。

チーム方針などが違うので,同じモチベーションを持つことは凄く難しいことです。

それは,福重Fの部員の中でも同じです。

一人ひとり性格も体力も考え方も違うので,一つになることはできるはずがないです。

でも,合同チームであっても,同じチームであっても,試合をやりに来た。

その一つしかないはずです。

それなら,今日の『目的』を全員で決め,それに向かう事が大事でない。

その決めた一つの『目的』に全員で,チャレンジする事しかないはずです。

ただ,試合に来たならできない・・・

しかし,何か『目標・目的』を持って会場にきたのなら,全然違うものになるはずです。

試合での声かけ,休憩時の雑談などコミニュケーションもとれると思うよ。

さて,試合内容は,自分の本音は課題を持ち帰るものは殆どないです。

チームワークだよね。

だけど結果は,思い通りにできない。

それは,試合に向かう気持ちがないし,練習で出来ている事を出していないからです。

キツイ言い方したら,負ける事が当たり前になっている内容だからです。

何の為に練習している?

目指す『目的』があるからじゃない。

自分にとっては,練習試合は,全力疾走する為の練習だと思います。

その中で,やってしまったミスや自分の足りないところに気づくはず。

他の人には負けない自分の良いところが見つかるキッカケに繋がるはずです。

でも,今練習試合で自分が感じたのは,

・一人ひとりが,やりたい事があるのに,やろうとしていない。

・声を出したり,カウントをとったり,タイムをみたりやるべき事がわかっているのに,真っ直ぐしか見えず,周囲をみることができない(相手アタッカー,自チームの外野しか見えていない,ボールを持っている人,パスを回さないといけない人しか見ていない)

・負けて悔しさがあるのに,それを表情に出すことができないなど。

・コミニュケーションがとれない。
合同チームであっても,何度もあっているメンバー,話あう事でコミニュケーションはできる。

自分の殻に入っているのか?
そんな部分ばかりが目についたように感じた。

今練習試合では,沢山の課題があったし,内野数が0人になる試合も経験した。

子ども達にとっては,悔しさがあったはず。

でも,それは試合をさせてもらったから,その経験ができたことです。

自分は,最高の贈り物だといつも思ってます。

福重Fの子ども達にいつも言うことです。

ミスはたくさんやれ!
そのミスや課題は,みんなの最高の贈り物になるはずです。

でも,そのミスは全力で向かった(チャレンジした)ミスしかないです。

周り(チーム)のことを考えない個人プレーのミスや,動きもしないミスは,何回,何十回やっても何も身につくものにはなるはずがないからです。

出来ない子どもは,誰一人としていない。

一人ひとり『可能性だらけ』の子ども達です。

練習場所が使用できない,試合がない。
部員数がたりない。

そんな中でも,諦めることなく練習してきた姿。

暑いなかでの練習に耐えながら,一生懸命,汗をかいている姿。

そんな,福重Fの子ども達に出来ない子どもなんかいるはずがないです。

それは,一緒に頑張っている保護者,指導者がいてくれるから,そして保護者,指導者もみんなの頑張っている姿をいつも応援してくれています。

でも,みんなに足りないものはあります。

それは,一人ひとりが,自分の『やる気スイッチ』を押すことが出来ていないこと。

自分がやりたいことがあるのに,自信がない。
ミスしたらいけない。

そんな事考えるな!

福重Fは,『全員アタッカー』

ミスを恐れずに,ミスを繰り返しながらも,何度も何度も,自分の『やる気スイッチ』を押してほしいです。

そして,今練習試合でも同じですが,みんなが試合を通じて得られた貴重な経験。

良いことも,悪いことも,嬉しかったことも,悔しかったことも。

自分のチャレンジしたこと,ノートに記してほしいです。

思っているだけでは,直ぐに忘れてしまいます。

経験した事を記すこと。
それは,みんなの『一歩』に繋がるはずです

S君
次の試合は,ベンチに行けと言われて,素直にハイはいうな

Yさん
出来るか出来ないかを考えるのではない。
やるか、やらないか?

やるしかない

P.S
今練習試合では,最近入部した,みひろ,いはる,ひびきが何試合か初試合を経験です。

まだまだ,ボールに怖さがありますが,動きは,練習の時よりも,断然よくなっていました。

キャッチは出来なかったものの,少し成長した3人の姿はベンチで見ていて凄く嬉しかったです。

一日でも,早く,3人の初キャッチがみたいです。

最後に今練習での自分の一番の反省です。

今回、初めて試合に出た、ひびきが最後に残り内野数0人で終わった。

その時に,試合後に声をかけてあげる事が出来ない子ども達を育てている事です。

今の福重Fは,正式に試合が出来る人数はいない。

でも,チームの大切さを教えてあげたいです!

今期はどうなるのか?
自分もわからないです。

でも,自分の『目標』は福重Fでの試合。

部員数が揃い,6年生に福重Fのユニフォームを着て,円陣を組み試合をさせてあげたい。

今,福重Fの保護者,指導者は,その為に一生懸命に頑張ってくれています。

本当にありがとうございます。

その姿は,子ども達はしっかり見ています

開会式!

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です