福重ファイターズ

西区福重小学校を拠点として活動しているドッジボールチームです

新規部員募集中です!気軽に練習見学、体験入部に来てください!

2月9日 福重F

2月9日 福重F

このエントリーをはてなブックマークに追加

2月9日(日)は,有住小学校体育館にて有住NEW STARSさん主催の練習試合に参加させて頂きました。

有住NEW STARSさん
対戦頂いたチームの皆さん
審判頂いた皆さん
ありがとうございました。

【参加 6チーム】
〇有住NEW STARSさん
〇旭フェニックスさん
〇ファンキー☆ビートさん
〇BLACK DEVILSさん
〇福岡タートルズさん
〇福重ファイターズ

九州大会出場チームが多く参加しています。

【福重Fの様子】
試合では,総当たりの3クールの予選。
その順位によりトーナメント戦を行う内容で計18試合と多くの試合をさせて頂きました。

今日の福重Fは,体調不良や家庭の事情に休みの子ども達がいて,13名参加。

でも,会場到着して直ぐに,キャプテンが体調不良で帰る事になり12名ギリギリ。

いつもベンチにいる子ども達。
ケガ気味の子ども達をいれての体制です。

キャプテンが居ない事やいつもの体制と違うことで,動きはバラバラ,雰囲気も何か噛み合わないです。

チームプレーというより,一人ひとりが頑張っているだけで,全員で試合に向かっているものではないように感じた。

予選は,15試合中 5勝 3分 7負と5位

こういう時ほど,みんながカバーし合いながら,試合を作ってほしい。

でも,その役割をしてほしい,6年生たちが,一部の子どもを除き,そんな意識は殆どない。

試合の流れを読まない,個人プレーばかりが目に付くもので,自分達のリズムを作る事なんか考えていない。

『負け』の中では,自分達のリズムを持ち,全員でチャレンジしての結果なら,その負けは次に繋がるものになる。

だけど,今練習試合での予選の全試合は,そんな負けにはなっていない。

・ミスする事を怖がり,アタックする勇気がなくパスばかりを繰り返す

・毎試合,アウトになりながらも,切り替えるのでは,凹む方向に向いている

・ミスや良いプレーがあっても,何も声かけも出来ずに試合を進めている

・試合の流れを読まずに,アタックし簡単に相手ボールにしている

・外野に行けば,アピールすることなく,人任せにしている

・キャプテンが居ない事で,その代わりを自分がしなければいけない意識が足りない(6年生たち)など

それは,全員で目標を持ちドッジをしているという『意識』がない事です。

そんな子ども達が多い状況で,次に繋がる『負け』になるはずがない。

予選を6チーム中,5位で終わり,トーナメント戦です。

朝からの悪い流れで,自分は,途中から子ども達と話すことはなるべくしないようにした。

短い時間で、キツめの事を言って突き放すようにした。

それは,監督から言われる前に自分達で,今,何が足りないのか?

話し合って,これまで出来ていたことを思い出してほしいとの思いもあった。

途中,余りにも変わらない事もあり「自分は帰る!」との言葉は,3度ほど出ましたが・・

その間は,指導者や保護者からの話は沢山あったはずです。

自分はその中に入っていないのでどんな内容かはわかりませんが・・

それは,子ども達を変えるきっかけになったと思ってます。

そして,トーナメント戦。

少しずつながら,自分達で考え,リズムを作ることを努力しながら試合を進めてくれています。

結果は,1位で今練習試合を終えました。

でも,1日を通して課題ばかりです。
良いところもあるけど,課題しか見えないです。

最後の挨拶では,キャプテン代理が,今日は「全員ドッジが出来ていなかった」と話をしていました。

聞きながら,わかっているやん・・
と思いましたが,その言葉は忘れないでほしい。

一人ひとりが,今練習試合をしっかりと振り返ってほしいです。

焦る事,ミスを繰り返す事は誰もがすること。

焦る事で,試合の流れが読めなくなったり,マイボールの大切さやリズムを忘れてしまう。

個人プレーを繰り返したりミスを繰り返してばかりになったりする。

それは,自分達から,ピンチを招いているだけ。

また,キャッチする気持ちはあるのに,何度もアウトになってしまう。

それは調子が悪いのではなく,アウトにされた原因を自分で振り返っていないからです。

フォームがきちんと出来ていたのか?
相手アタッカーと向かいあっていたのか?

ターンする時に,隣の子どもとバッテングすることがなかったのか?
など色々な要素があるかもしれない。

そんな要因を自分自身が振り返らなかったり,部員と話会う事がなければ切り替えることは出来ないです。

練習試合では,1日を通して,多くの試合をさせて頂きます。
凄く贅沢な時間です。

それを,1試合ずつ振り返り,チャレンジしないで,ただ試合をしているようなら凄くもったいない事。

先ほど,キャプテン代理が「全員ドッジが出来ていなかった」と話したと言いましたが,試合において,全員が同じ気持ちや意識をもち進めることは本当に難しい事です。

誰かが,焦ったり,ミスを繰り替えてばかりいる。

パスが回らない,チャンスを逃がしている。

そんな状況になるのは,当たり前の事です。

でも,そんな時程,みんなが「笑顔」で声を掛け合う事が大事です。

一人ひとりが,気が付いたときに,「笑顔」で声を掛け合ってほしいものです。

それは,「全員ドッジ」への大きな1歩に繋がるはずです。

そして,キャッチが上手くいかないなど,アウトを繰り返してしまう時。

それは,先ほど言ったような事を振り返る事は大切です。

でも,それだけでは,気持ちの「スイッチ」を押す事には繋がらないかもしれない。

そんな時程,今以上に大きな声を出してみな!

自分は,大きな声を出すほど
・目が相手に向かう事ができる
・声を出すことで,フォームがまとまり,顎を引き締めることになる
・ボールに対する意識が強くなる
と思ってます。

即ち,自分の『やる気スイッチ』を押してくれるものだと思っています。

焦り,ミスは,自分達の足りないものを教えてくれる最高のプレゼントです。

焦り,ミスは,一人ひとりをチームを成長してくれる最高のプレゼントです。

このプレゼントを活かして,一人ひとりがチャレンジしてほしいです

PS
今回の練習試合前日は,参加の福岡県チームで懇親会を行いました。

指導者とのドッジ談義は楽しいです。

企画してくれた,有住NEW STARSさん園田監督,BLACK DEVILSさん松本監督,ありがとうございました。

また飲みましょうね

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です