福重ファイターズ

西区福重小学校を拠点として活動しているドッジボールチームです

新規部員募集中です!気軽に練習見学、体験入部に来てください!

1月24、26日 福重F

1月24、26日 福重F

このエントリーをはてなブックマークに追加

【1月24日(金)】
53回目の誕生日でした。

先日の22日(水)の通常練習時には,子ども達,保護者,指導者から「ハッピー・バースデー・トゥ・ユウ」の歌と「ケーキ」を用意してくれて祝ってくれました。

24日(金)の誕生日当日には,FaceBook,Messengerなどから沢山の「お祝いのメッセージ」を頂きありがとうございました。

メッセージの大半がドッジボール関係者の皆さんです。

ドッジボールをしてなかったら知り合うこと出来なかった皆さん。

当たり前の事,福重Fの部員,保護者,指導者も同じです。

改めて,ドッジボールをやっていて良かったなと思った瞬間でした。

本当に嬉しかったです。
皆さん,本当にありがとうございました。

最高の誕生日になりました

誕生日ケーキ
ありがとうございます
みんな、ありがとうね(^^♪

【1月26日(日)】
松島小学校体育館にて松島エンジェルズさん主催の練習試合に参加させて頂きました。

松島エンジェルズの皆さん
対戦頂いたチームの皆さん
審判を頂いた皆さん
ありがとうございました。

〇 参加 7チーム (山口県,長崎県,福岡県)
・松島エンジェルズさん
・有住NEW STARSさん
・生野小ドッジファイターズさん
・周船寺エンジェルスさん
・富任ドッジボールクラブさん
・鳴見台ドッジ☆スピリッツさん
・福重ファイターズ

どのチームも県予選大会を来週に控えて,県予選前の最後となる対外戦だったんじゃないかと思います。

福重Fにとっても同じで,県予選前の最後の対外戦です。

だからこそ,少しでも良い雰囲気,リズムを持って終わりたかった。

ですが,そう思う通りにはいかない。
多くの課題を持ち帰るものになりました。

さて,今練習試合は,予選総当たりの2クールが行われ,その順位によりトーナメントを行う内容です。

どの試合も気持ちの入った試合が続きます。

特にトーナメント戦では,僅差の試合が続き,各チームの県予選に向かう気持ちを感じさせられました。

福重Fは,今回,試合前に子ども達にテーマを与え,みんなでチャレンジしてほしいと話をしました。

それは,
・試合前に,チーム全体でするべき事を一つだけで良いから決め,全員でチャレンジすること。

・ミスを振り返り,そのミスを繰り返さないようにするにはどうしたら良いのか?
みんなで話し合い,次の試合でチャレンジすること。

というテーマです。

みんな,どうだった?

出来たか,チャレンジしたかは,子ども達が一番知っているはずです。

でも,言えることは,やろうとしなければ出来ないという事です!

自分には,関係ない。
誰かがやってくれるはず。

そんな気持ちが少しでもあれば出来るはずがない。

また,テーマにチャレンジしても,試合終了後には,

・どうだった?
・できたと思う?
・まだまだ出来るよね!
・もっとこうしよう!

など,みんなで振り返り,話し合い、新たなチャレンジしなければ,その場だけのものになってしまいます。

・全員でやるべき一つのこと
・ミスを振り返りチャレンジすること

その場だけのものにしてしまえば,今と何も変わらない事です。

何度も何度も,みんなでチャレンジしなければ,自分たちのものにはならないはずです。

その中で,大事なのは,みんながやろうと決めた。

そうなら、
・一人ひとりが,自分が思っている事を発言する事。

・発言している人の話を聞くことです

良くミーティングで見る風景です。

・監督からの話を理解できないままに過ごしてしまっている事。

・監督から意見を求められたときに喋る子どもはいつも同じ。

・誰かが,話をしてくれるのを待って,話をする

・いつも黙っていて発言をしない

これは,聞く意識があるのか?
自己主張をする事が出来ているのか?

それは,全員で一つの事をやる中で凄く大切なことです。

ある子どもは,
聞く姿勢は良く,話の内容も理解している。
自分の考えもしっかり持っている。
その努力もしている。

でも,自分の思いを人の前で話すことはしない。
それは,誰かが言ってくれると思っているからかもしれない。

ある子どもは,
聞く姿勢があまりなく,分からなくてもその場を過ごしてしまっている。

意見は,誰かが言ってくれるのを待っている。発言しても,誰かが言った事と同じことを言っている(自分の意見ではない)

こんなタイプの子ども達はいます。

全員でチャレンジしようという中で,
・聞く姿勢を「意識」していない。
・理解できてなくても,その場を過ごしてしまう。
・理解してるのに,意見は「人任せ」にしている。

それでは,全員が,一つのテーマに全力でチャレンジできると思う?

みんなは,どう思う!?

自分は,「出来るはずがない」と思う。

今の福重Fは,こんな部分があったりします。

一人ひとりが,本当に頑張っている。

そうなのに,自分の殻に留まってしまい,自分を抑えている。

1年間,みんなで頑張ってきた。
みんなで色んな経験をしてきた。
同じ空間で、悔しさ、嬉しさ、感謝する事をみんなが経験してきた。

それなのに,
・未だに遠慮,恥ずかしさがある?
・間違って叱られるかなと思っている?(自信がない)
・誰かがやってくれると思っている?

そんな気持ちがあれば,自分の殻を突き破ることなんか出来るはずがないよね。

全員が全力でチャレンジする事!
自分の殻を突き破る事!

凄く,難しいことだと思う。

しかし,今の自分を振り返り,自分の殻を突き破る勇気を持たなければ,今と何も変わらない。

それは,一人ひとりの問題もあるかもしれない。

でも,全員で一つの『目標・目的』に向かうなら,一人の問題ではないはずです。

監督は,みんなにお願いしたい。

それは,やろうと思っているのに,やらないままに「後悔」する事。

それだけは,絶対にしてほしくないです。

福重Fの子どもは,誰一人として,ダメな子どもはいない。

一人ひとりが,大きな可能性ばかりを持っている子ども達ばかりです。

沢山、悩み、泣き、みんなでやり切った姿を沢山みている。

だから、まだまだやり切っていないみんなに、今のままで良いのか?

今の自分に足りないものは何か?
全力でチャレンジする事で足りないのは何か?振り返ってほしいです。

チャレンジしなければ,前へ1歩進むことはできない。

出来るか?
出来ないかではない

やるか!
やらないかです

松島さん練習試合
この綺麗な整列!
みんなの、試合に向かう気持ちを感じます!


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です