福重ファイターズ

西区福重小学校を拠点として活動しているドッジボールチームです

新規部員募集中です!気軽に練習見学、体験入部に来てください!

12月21,22日 福重F

12月21,22日 福重F

このエントリーをはてなブックマークに追加

12月21日(土),22日(日)の福重Fです。

【12月21日(土)】
午前は,福重小学校体育館での通常練習
午後からは,福重公民館にて「クリスマス会」を行いました。

全部員が参加です。

クリスマス会では,毎年,監督のシフォーンケーキがあるんですが..

今回は,家庭のガスコンロが故障してしまい,なしです。

その代わり,保護者,指導者の皆さんが,ケーキを用意してくれていました。

更に手作りのカレーライス,唐揚げ,フライドポテトなどがテーブルに並び,みんなでワイワイしながら楽しい食事会を行いました。

食事の後は,毎年恒例の班対抗のレクレーション大会。

そして,プレゼント交換を行い,あっという間に時間が過ぎ,凄く楽しかったです。

子ども達も良い思い出になったはずです。

準備,企画してくれた保護者,指導者の皆さん,ありがとうございました。

毎回,イベントには沢山の保護者が参加してくれます。
嬉しいです。

でも,クリスマス会でのうるさいほどの声,笑顔をもっと、もっと練習,試合に出してくれたら嬉しいんですが・・

PS
プレゼント交換は,予算300円までと決めていました。

プレゼントの内容をみると,みんな結構悩んだなと思うもので,個性的です。

プレゼントの中身と用意した子どもを照らし合うのって結構楽しいです

【12月22日(日)】
田川市総合体育館で開催された「第12回 北九カップドッジボール大会」に参加させて頂きました。

主催の北部リーグ実行委員会の皆さん
ドッジボール審判協議員の皆さん
対戦頂いたチームの皆さん
本当にありがとうございました。

【参加 31チーム】

【結果】
第1位 飯倉シャイニングキッズさん
第2位 あいあいモンキーズさん
第3位 福岡タートルズさん
第4位 ぶらんどPARSLEY山本さん

【福重Fの結果】
・予選(Aリーグ 8チーム) 5勝0分2負 3位
・トーナメント 1回戦敗退(若宮キッズさん)

当日は,朝の集合時に,部員を見ていると,体調不良気味の部員を確認。

話をすると,朝から体調が悪いとの事。

会場には,連れていかずに,そのまま,帰宅させました。

この時期に多い光景ですが,試合に出たいのは分かります。

でも,会場で体調が悪く寝込んだり,更に無理をすると,大きなケガにも繋がってきます。

保護者に迎えに来てもらう事もあります。

それより,家でゆっくりするほうが,早く回復します。

体調の悪い時には,決して無理をしないようにしてください。

さて,この部員を始め,家庭の都合により,今回は13名が参加です。

ケガしている子ども達もいるので,ギリギリというより,マイナスでの体制です。

こういう時ほど,子ども達の積極性が伺えます。

さて,試合内容です。

予選から,良いプレーは続きますが,その後の単純なミス。(パスミスなど)

更には,オフェンス陣の積極性のなさが,リズムを所々で崩してしまっている。

そんな内容ながら,何とか,予選を3位(通過ライン 各リーグ 上位4位)で通過出来た。

しかし,トーナメント1回戦に入っても,大きな切り替えが出来ないままに,若宮キッズさんに敗退し今大会を終えました。

最後となった,試合では,最後の1分間の積極性のなさが,リズムを崩しているし,悔いが残るものになりました。

全員が,試合に向かう気持ちは,諦めてはいない。

勝ちたい思いを持ち,コートに立ってくれている事。

それは十分にわかる。

試合の中でも,気持ちを前出しにしながら,試合をしている子ども達もいます。

それは,ベンチから見ていても十分にわかります。

でも,その気持ちには,子ども達の中で温度差があります。

「強く」思う子どもと「ただ」思う子どもとでは,プレーや表情に違いが,はっきりと出てきます。

その温度差は,本当に大切な場面で,試合の流れを大きく左右してしまったり,それがキッカケになり,大きくリズムを崩すものになってしまいがちです。

今大会を含め,最近の大会では,こんな気持ちの持ちようが,消去的なものになってしまい、試合内容が決まる。

そんな場面が多いような感じをうけます。

これを少しでも克服できるようにと,話をしたり,練習内容に変化を与えながらやっていますが,試合になるとそれを生かす事が出来ていないのが今の福重Fです。

県予選が近づいたこの期間。
大会で上位に上がるチームと,今の福重Fでは,大きな差があります。

今のままでは,簡単に追いつけられない壁だと思う。

でも,追いかけていくしかないです。

今,大切なのは,部員の一人ひとりが,

・「チームの目的」に強い思いを持つこと。

・ミスを恐れない,強いチャレンジ心を持ち行動する事だと思います。

その思い,チャレンジをチーム全員が一つに近づいていくことだと思います。

それは,決して,監督,指導者,保護者から言われて動くのではなく,「自主的に動く」ことが一番大切なことです。

監督が,良く話すことの3点を憶えてほしいです。

そして,それをキッカケに少しでも1人ひとりが「自分のスイッチ」を押してほしいです

・ミスを恐れて,消極的になるなら,積極的になって,ミスをしろ

・思ってるだけで動けないなら,いつまでも動くことはできない。
思ったら,まず一歩動いたらよい。

その時にするミスは,必ず成功に導くミスになるから

・1人で出来ることは,決まっているはず。
1人でしてしまえば,ミスをしてしまっても自分で抱え込んでしまうだけ。

1人ではないよ!
福重Fには,多くの仲間(部員),保護者,指導者がいる。
いつも,みんなで戦っている。

コートの中には,多くの仲間が一緒に汗をかいている。

みんなが1つになれ。

思い,気持ちが1つになることが出来れが,自分たちのリズムができるはず。

うるさいほど元気なプレーに繋がっていくはず!

最後に,強制的な動きは,指導者から言われた時。

その時は出来る。
でも,長続きはしません。

『自主的』に動かなければ,その動きは自分たちのものには,ならないからね

PS
今大会では,6年生の一部の子ども達が積極的なプレーをしてくれていた。

それは,試合の流れを大きく変えてくれていました。

また,試合を通じて,試合に向かう気持ちがチームで一番に感じたのは,3年生(福重Fには1人しかいません)です。

まだまだアタックを打つなどの技術はありません。

声も小さく,守備も完璧ではない。
アウトで何度も外野に行っています。

しかし,何度アウトになっても,毎試合(ボール),試合に向かう表情は強く,ベンチから見ていても,今大会では福重Fで一番と感じました。

みんなにも,同じように試合に向かう表情はありました。

でも,3年生からは,みんなより強いものを感じました。

この行動については,学校に帰ってから,子ども達には話したので,理解してくれているはず。3年生の行動が,6年生達はどう感じたのか?

それは,これからのみんなの行動を見守るだけです。

23日の練習
自分が、体育館に着いた時。
凄く元気な声があった。

でも,次第にその声は,トーンダウン..

そんな簡単には,スイッチが入らないかもしれない。

しかし,今日やろうとしなかった事を次回する..

そう思った瞬間に,出来るはずがない。

自分で自分に負けているだけ

クリスマス会
保護者の皆さん、ありがとうございます
時間があっという間に過ぎた!
凄く楽しかったです (^^♪
北九カップドッジボール開会式

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です