福重ファイターズ

西区福重小学校を拠点として活動しているドッジボールチームです

新規部員募集中です!気軽に練習見学、体験入部に来てください!

11月16,17日 福重F

11月16,17日 福重F

このエントリーをはてなブックマークに追加

11月16日(土),17日(日)の週末は,ドッジ漬けの2日間となりました。

【熊本カップ 2019】
○日にち : 11月16日(土)
○場所  : 雁回館(熊本市南区富合町)
○参加  : ファイターの部 10チーム,チャレンジの部 7チーム

○結果
第1位 ファンキー☆ビートさん
第2位 リッキーズさん
第3位 シュネル鍋島さん,福重ファイターズ

【第25回 B&G財団会長杯争奪ドッジボール大会】
○日にち : 11月17日(日)
○場所  : 安心院中・小学校体育館(宇佐市 安心院町)
○参加  : 16チーム

○結果
第1位 駅川ソレイユさん
第2位 東朽網ライジングサンさん
第3位 筑後雷電‘sさん

熊本カップ主催の熊本カップドッジボール大会実行委員会様

B&G財団会長杯争奪ドッジボール大会主催の宇佐市安心院B&G財団地域海洋センター・宇佐市教育委員会様

ドッジボール審判競技員の皆さん
対戦頂いたチームの皆さん
ありがとうございました。

【福重Fの結果】
○ 熊本カップ 2019
・予選 5勝 0分 3負 4位(10チーム中)
・トーナメント 3位

○第25回 B&G財団会長杯争奪ドッジボール大会
・予選 5勝 0分 2負 2位(Bパート 8チーム中)
・トーナメント 2回戦敗退

2日間で,トーナメント戦を含めて20試合と多くの試合をさせて頂きました。

県外のチームとの対戦も多く,良い刺激,課題を沢山を持ち帰るものになりました。

そして,この2日間を通じて感じた事。
それは,福重Fの子ども達が,今までと違って,喜びや悔しさを表面に出すようになってきた子ども達の姿が多くなってきた事です。

1ヶ月前と比べ「成長してきたな」と感じられる瞬間は凄く嬉しいものです。

まだまだ,集中力,動き,試合の流れを読まないプレーなど,足りないものばかりです。

しかし,勝ちたいという「気持ち」を表面に出す子ども達が増えてきた事。

それは,試合内容にもしっかりと出て来ていました。

結果は,悔しいものになったものの,こうして子ども達が成長していく姿を少しずつながら感じられる事は,今までの大会の敗退と違って,一歩前へ踏み出すことが出来ると感じるもので,凄く実りあるものになりました。

それは,子ども達も感じているはずだと。

さて,福重Fの試合内容についてです。

【1日目  熊本カップ2019】

初参加でしたが,予選では総当たり戦(1チーム除き)で行われるなど,いつもの大会以上に多くの試合をさせて頂きました。

県外チームが多かったことから,普段対戦する機会の少ないチームとの対戦は,良い刺激を沢山もらいます。

結果は,3位。
更に上位を目指していただけに,悔しさが残るものになりました。

でも準決勝終了後には,多くの子ども達が涙を見せ,悔しさを前面に出す姿は,結果より,得られるものが大きかったです。

一歩前へ踏み出しているのを感じた瞬間でした。

しかし,同じチームに,予選,トーナメントとも敗戦した事は,悔しさと自分達の足りなさを大きく実感させられるものになりました。

本大会では,昼の休憩時に4年生以上(各チームの混成)の女子の試合が行われた。

福重Fからは,5名の女子が参加です。

福重Fでは,控えめな所があったりする子ども達が,伸び伸びと試合をしています。

積極的な動きをする行動,表情は,新たな姿を発見でき,凄く嬉しかったです。

参加した女子達も良い経験になったはずです。

当日に人数が増えたのに快く対応して頂き,本当にありがとうございました。

【2日目 第25回 B&G財団会長杯争奪ドッジボール大会】

1日目の熊本カップ終了後,会場近くのうどん屋さんで夕食を食べ,福岡に戻らず日田市へ直行です。

日田市のビジネスホテルに宿泊し,会場となる安心院中・小学校体育館に移動です。

少し時間に余裕を見過ぎた所もあったのか?

会場に着くと,他チームは既に体育館でボールを使用してのアップをしている。
開会式までの時間は余りない状況です。

少し焦りながら,軽めのアップをして開会式となりました。

今大会は,隣接した小学校と中学校体育館を使用し,各8チームの2パートにて予選を行い,順位により各パート 2つ(4チーム)のトーナメントが行われました。(全4トーナメント(各4チーム))

その,トーナメントで勝ち上がった4チームが決勝トーナメントに進出するという形式です。

福重Fは,Bパート(安心院小学校体育館)
・O・Tブラックパンサーさん
・東朽網ライジングサンさん
・若宮クラブさん
・泉ファイターズさん
・佐賀関バトルフェニックスさん
・香住丘ドッジボールクラブさん
・駅川ソレイユさん
・福重ファイターズ

強豪チームばかりが集まっています。
対戦したいチームばかりが集まった予選の組み合わせはめったにない事です。

自分は,朝からウキウキした気分で満載です。
それは,子ども達も一緒だったと思います。

1試合目から気持ちの入った試合をしてくれました。

午前中は,全勝です。

でも,試合内容は,荒いところ満載なもので安定したものでは全然ないです・・

そして,午後,ご飯食べてからの動きが悪い。(いつもと同じです)

決して,全てが悪い事ではない。
しかし,一つのリズムの崩れが一気に動き,集中力を悪くしている。

そうなると,無駄なプレーが多くなったり守りのプレーが多くなる。

午後からの2試合は,全敗です。

予選を2位で通過したものの,午後からの2試合の内容は悔しさが残ります。

○ トーナメント戦
1回戦を勝ち抜き,2回戦,予選で負けている駅川ソレイユさん戦です。

試合のリズムは悪くないが,積極性のないところや,1つのミスの重なりなどで,守りになったりして相手チームにリズムを作らせている。

結果は,2回戦敗退。
今大会を終えました。

先日同様,1人差での敗退です。

悔しい思いと自分達の足りなさを実感させられました。

試合後には,涙を見せる,悔しさを前面に出す子ども達は,昨日より増えています。

それは,負けたから悔しいだけでなく,自分のプレーに対してのものもあります。

でも,感情を口に出す子どももいたので,そこは,叱られています。

これは,全員での負けです。
しっかりと受けとめなければいけない。

結果は,悔しいものになったものの,この敗退は,子ども達に何かを感じてくれたはずだと思います。

良い経験にしてほしい。
前へ一歩踏み出すキッカケになるものにしてほしいものです。

だけど,自分は、正直言って,決勝トーナメントに行きたかったのが本音。

そして,そのコートで東朽網ライジングサンさんと対戦したかった。

それが,今大会の自分の目標だっただけに,同じステージに立てない。

東朽網ライジングサンさんが決勝で戦っている姿は,悔しさと絶対に同じステージに立ってやるとの思いを誓うものになったのは当たり前の事です。

この壁は高いです。

でも,今回の大会を通じて,今まで壁の前で立っていただけの子ども達が,今壁を登りかけようとしているのを感じました。

それは,まだ全員ではないです。
でも,登ろうとしている子ども達の姿は,壁の前で立っている子ども達にも感じたはずです。

この2日間は,今までの大会と違った思いを感じられるものになったはずです。

目標を持って目指したものであれば,自分が出せるものに全力でチャレンジできる。

チャレンジするからこそ,集中力,意識も強いものになるし,動きも積極的なものになる。

チャレンジするからこそ,勝った時の嬉しさや負けた時の悔しさも今までの大会と違うものになったはず。

トーンダウンするのは簡単な事です。
やらなければ良い。
誰かに任せたら良いだけ。

それは,今までの福重Fだったはず。

でも,そのままで良いはずがないよね!
今までの,気持ちの殻を抜け出さんといけないと思わん。

みんな,この2日間の経験を忘れないでほしいです。

そして試合内容など経験した事を振り返り,ラストスパートのスイッチを押してほしいです。

みんななら出来るはずです。

最後に,今回の準備,引率してくれた保護者,指導者の皆さん
当日に会場に駆けつけて応援してくれた保護者の皆さん

更に,子ども達に綺麗なユニフォーム,鉢巻で試合に臨んでほしいと,1日目ホテルで洗濯,アイロンかけをしてくれて指導者の皆さん

本当にありがとうございました。

部員のみんなへ
みんなも分かっているはず。

コートに立っているものだけが試合をしているんじゃない。

頑張っているんじゃない。

保護者,指導者も一緒に戦っています。

それを今回,みんなは改めて感じたはずです。

いつまでも感謝する気持ちを大切にしてほしいです。

その感謝する気持ちは,みんなの試合スタイルにも絶対に繋がってきます。

いくら強いチームであっても,感謝,挨拶が出来ないのは,凄く情けない事だと思っます。

この2日間,悔しい思いがあっても,みんなは閉会式では,綺麗に一列に並び,表彰式,主催者の挨拶を見て聴いていました。

その姿は,当たり前の事なんだけど自分は凄く嬉しかったです

PS
チームの宿泊は,9月の枚方カップ以来です。

枚方カップに来ていない子ども達もいたので,今回,一緒に寝泊まりすることが初めての子ども達もいましたが,みんな仲良く過ごせました。

部屋の鍵を締めてしまってフロントに開けてもらったり,朝からドアに足を挟んでケガする子どももいましたが,それも良い思い出です。

こうして過ごした事で,子ども達の連携は深めることが出来たんじゃないかと思います。

引率の保護者,指導者は大変だったけど,子ども達と一緒に過ごす事で,普段以上に会話するし見えない部分も見えたりと,自分にとっては凄く有意義なものになりました。

今期の子ども達は,練習や試合では,内気な子ども達ばかり,返事も小さい。

自分の意見も言えない子ども達が多い。

でも,本来の子ども達は,全然内気な子ども達ではない。

うるさい位に騒ぐし,みんな仲が良い子ども達です。

その自然の姿を,練習や試合でも出してほしいです。

最後に,今大会は,チーム体制としてはピンチの状況で臨みました。

ケガ人の多い福重F。

本格的に投げられないオフェンス陣が何人かいる。

ケガが完治していない子ども達がいる。

普段試合に出る機会が少ない子ども達をいれてぎりぎりの状態です。

ケガの為,フォーメーションを変更したりして,いつもの体制と違う状況で臨んでいます。

下手したら1勝も出来ないんじゃないかとも思っていました。

子ども達には,ピンチだからこそ,チャレンジャーの気持ちで一人ひとりが全力やってほしいとの思いで話しをして臨みましたが,子ども達は,それ以上の気持ちで臨んでくれました。

子ども達にとって,結果は,悔しいものになったと思う。

でも,多くの貴重な経験を貰ったはずです。
大切にしたい経験だよ。

自分は,子ども達の向かう気持ちが肌で感じられたことが嬉しかったです。

これも,子ども達を温かく見守り,応援してくれる保護者,指導者のおかげです。
ありがとうございます。

久しぶりに美味しいお酒が飲めました。

これから,体調には,特に気をつけないといけない時期になります。

皆さん,十分に気をつけてください。

そして,ガッチリとスクラム組んで,みんなでラストスパートかけていきましょうね

11月16日 熊本カップ会場 雁回館
熊本カップ 表彰 第3位 久しぶりの上位入賞です
久しぶりのダアーです!
熊本カップ終了後の食事!
これから日田に移動です
日田での宿泊先
スマイルでね (^^♪
B&G開会式 安心院中学校体育館

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です