福重ファイターズ

西区福重小学校を拠点として活動しているドッジボールチームです

新規部員募集中です!気軽に練習見学、体験入部に来てください!

10月27日 べっぴょんカップ福重F

10月27日 べっぴょんカップ福重F

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月27日(日)は,べっぷアリーナで開催された「第2回 べっぴょんカップ」に参加させて頂きました。

主催のべっぴょんカップ実行委員会の皆さん
ドッジボール審判競技員の皆さん
対戦頂いたチームの皆さん
ありがとうございました。

【参加 48チーム】
大分県,山口県,鹿児島県,熊本県,佐賀県,長崎県,宮崎県,福岡県

【結果】
第1位 レッドファイヤーズ志免西さん
第2位 有住 NEW STARSさん
第3位 若宮キッズさん
敢闘賞 畝刈マリーンウェーブさん

【福重Fの結果】
・予選(Hパート 6チーム) 3勝0分2負 3位
(トーナメントは,全チーム上がりです)
・トーナメント 3回戦敗退

第2回目となる「べっぴょんカップ」
開会式では,別府市長の挨拶,別府市宣伝部長「べっぴょんさん」が登場と別府市が全面的に大会に協力されているのを実感させられました。

開会式終了後は,べっぴょんさんによる始球式で大会が開催されました。

参加者にとっては,思い出になった大会になったはずです。

自分は,昨年,第1回に参加させて頂きましたが,開会式,始球式は,今でも思い出に残っています。

今回,第2回目に参加させて頂き,また「べっぴょんさん」に出会えたこと,こうして別府市が全面的に協力してくれる大会に参加できた事は,凄く良い思い出になりました。

参加できたことに感謝です。
ありがとうございました。

さて,福重Fの内容です。
今日は,福重校区文化祭が開催されており,物品販売のブースを担当する事から,保護者は,大会と文化祭の2つに分かれる事になりました。

応援に来れずに物品販売を頑張ってくれている保護者の皆さんの為にも,良い結果を報告したいとの思いを持ち今大会に臨みましたが思う通りにはいかないです。

大きな課題ばかりを沢山持ち帰るものになりました。

試合内容は,悪いところばかりではなく,良いところはあります。

ケガをおして試合に出ている子どものナイスキャッチ,カバーし合うプレーやナイスキャッチなど沢山ありました。

でも,全体を通じて見ると,個人プレーも多く,練習してきたこと(攻撃パターンやリズム)や自分からやろうとする姿勢がなかったり(声だしなど),積極的なプレーが殆ど見られない試合が多かったように感じます。

試合を見ながら,終えてから自分が感じたのは・・

前回の大会から今回の大会に向けて,どんな気持ちで練習してきたのか?

そして,どんな気持ちで今大会に臨んだのか?

自分としては,正直言って試合内容からは,子ども達の変化を感じることが出来なかったです。

先日,負けた時に感じた悔しい思いは,その時だけのものだったのか?もう忘れているのか?

みんなが決めた目標は,言葉だけのものなのか?
そんなに軽いものなのか?

試合内容、向かう気持ちや行動からは,そんな感じしか受けとれなかったです。

先日負けて,がむしゃらに走った思いや,ケガして試合に出れないで泣いた涙も過去のものになってしまっています。

今大会では,体調不良で休みの子ども。
集合時からの遅刻,会場についてからのアップ時に骨折する子ども。

予選終了前には,体調不良で試合に出る事が出来ない子どもがいたりしました。

何か,スッキリしない状況で臨んだ大会になってしまいましたが,そのスッキリしない感じは,全体に広がり気の緩みは,試合に向かう気持ちさえ緩くなってしまいがちになってしまいます。

それは,ケガや試合結果に繋がって行きます。

自分の経験からですが,朝に,遅刻やケガした子どもは,大抵,大きな原因を作ってしまいがちになります。

朝のテンションが大きく一日に影響してしまいます。

試合では,気持ちを切り替えてほしいとの思いもあり,朝から,キツメの指導になってしまっていますが,最後まで切り替えが出来ないままだったと思います。(自分の責任です)

最終戦では,開始早々,オフェンス陣の積極的なプレーがない。(前試合に比べ,動きも球の勢いもかなりスローペースで入っている)

試合終了間際には,試合流れを読まない,タイム,内野数を考えていないプレーなどで自分達からミスを作り,それをカバーすることなく相手チームにチャンスを与えての敗退となってしまった。

勝ちに指がかかっている状況で,一気に指を外してしまう。

そんなミスからの敗退は,最近,良くあるパターンです。

結果は,受け止めるしかないです。
自分達の足りなさを受け止めるしかないです。
誰を攻める事なんかできないです。

ミスをした子どもは,自分からかなり叱られたけど,そのミスを誰よりも本人がわかっているはずだし,これから繰り返さないように努力するはず。

だけど,叱る事なく,その場を過ごしてしまえば,本人の感じ方は大きく違ってきます。

敗退はしたけど,ミスしたからこそ得られたものです。
そのミスをしっかりと受け止めたら良い。

でも,ミスをしたからと言って,消極的になる必要は一切ないです。

ミスしたからこそ,積極性が足りなかった事を感じるべきだし,試合の流れを読むこと,勝つためにはどんなプレーをしていかないといけないのかを考えるべきです。

さて,負けた時は,誰でも同じですが,最後のキッカケだけが記憶に残ってしまいがちになっています。
(話をしていても,幾つかの話があっても最後だけが残ってしまうのも同じです)

それは当たり前の事なのかもしれないけど,自分は,その前の状況が何よりも大切にしてほしいと思います。

その状況にもっていく前に,沢山のミスがあったはずです。

・それは,アタックミス,パスミス,キャッチミスなどでリズムを崩していなかったか?(簡単にボールを相手チームに渡していなかったか?)

・外野にいっても積極的なプレーをせずにパスばかりをしていなかったか?

・ボールに集中することなく,アウトになっていなかった?

・声を出す,声をかけるなど出来ていたか?

・指導者から言われても改善することなく同じ事を繰り返すプレーをしていなかったか?

・全力プレー出来ていたか?

・試合で声が出ないなら,帰りの車では静かにせんといけんね!と言って返事をしたのに声を出す事が出来ていたのか?

全ての試合で沢山の足りないところがあったはずです。

それは,プレーだけでなく,気持ち,行動,意識などあるはずです。

一人ひとりが振り返ってほしいです。

自分のミスを見て見ぬをしてはいけないです。
自分のミスや足りないところしっかりと探してほしいです。

もし,振り返り探しても,何もない。
と感じるのなら・・

コートに立たなくて良いです!

試合の中では足りない物があったからこそ,その結果になる。

その足りないものを,どうチャレンジしていけば良いのか?

それは,前にも言った事!

普段の練習から,出来なかったことにチャレンジする事しかないです。

それは,練習から目標・目的に向かいチャレンジしていかなければ,大会日にモチベーションを高めて向かう事なんか出来るはずがないからです。

今大会の自分個人の感想です。(前述したものと同じです)

前回の大会から今回の大会に向けて,どんな気持ちで練習してきたのか?
そして,どんな気持ちで今大会に臨んだのか?

試合内容からは,子ども達の変化を感じることが出来なかったです。

以上

最近,寒さを感じる季節になってきました。

毎年の事,この時期は,体調不良やケガ人が発生します。

今日も,体調不良の子ども,ケガしている子どもがいて体制的にはかなり厳しいものになりました。

そんな状況の中で,新たにケガをする子どもが発生しています。

正直,堪えます。

何故、堪えるのか?

それは,試合体制が出来ないこともあるけど,ケガをすることで一緒にコートに立つ回数が減ることになるからです。

もう今期も11月になろうとしています。
これから,年度末までは一気に過ぎていきます。

だからこそ,ケガがなく,一回でも多く,子どもたちが元気にコートに立ってほしいです。
特に6年生にはケガはしてほしくないです。

風邪などは,日常生活からの予防や体力,食事,睡眠など自分で気をつけていかなければなりません。

ケガも同じです,きちんとしたアップや集中力をもって行動しないとケガ(骨折,筋を痛めたりなど)をする原因になります。

どちらも,まずは自分が意識しないといけない事です。

みんな,体調管理には十分に気をつけてくださいね!

ケガなく,全員が全力疾走してほしいです

最後に、大会に出場させて頂いた時、自分が気になるところがあります。それは整列です!ここから一日がスタートする最初のコートへ立つ瞬間です!

言葉では出すことが出来ないけど、参加させてくれたこと、今日一日対戦出来る事への感謝の気持ちが、この開会式にチームの礼儀が含まれています。

福重Fは、凄く大切にしている事です。

開会式を見ていて、一番感動したのは『J.Iヴィクトリーさん』の整列。

列は真っすぐで、入場行進も乱れがない。常に前を向き話を聞く姿勢を持っているのが感じられました。凄いです。

目指していきたいです

開会式 参加48チーム
開会式 別府市宣伝部長 『べっぴょんさん』が来てくれてます!
この後、始球式を行ってくれました(^^♪

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です