福重ファイターズ

西区福重小学校を拠点として活動しているドッジボールチームです

新規部員募集中です!気軽に練習見学、体験入部に来てください!

7月21日 夏の県大会 福重F

7月21日 夏の県大会 福重F

このエントリーをはてなブックマークに追加

7月21日(日)は,アクシオン福岡で開催された「三和シャッターカップ 2019福岡県ドッジボール選手権」に参加しました。

福岡県ドッジボール協会さん
ドッジボール審判競技員の皆さん
対戦頂いたチームの皆さん
ありがとうございました。

【結果】参加 37チーム
第1位 飯倉シャイニングキッズさん
第2位 J.I.ヴィクトリーさん
第3位 泉ファイターズさん
第4位 柳川フィフティーンさん

全国への福岡県代表の切符は,「飯倉シャイニングキッズさん」が掴みました。

福岡県代表として,全国大会頑張って来てください。

応援しています。

* 自分は,大雨での災害対応の為,予選終了後に仕事に戻ったのでトーナメント戦が観戦出来なかったのは残念ですが..
DVDで上位チームの鑑賞したいと思います

【福重Fの結果】
○予選(Eリーグ 5チーム:上位2チームがトーナメント進出) 2勝0分2負 3位

予選落ちです。

福重Fの「夏の大会」は,トーナメントへ進出することなく終わりました。

昨年の「夏の県予選」は,予選1位で通過したもののトーナメント1回戦で敗退し終わり。
悔しさを持って終わった大会。

今期は,昨年よりも一つでも上に行こうと目指しましたが,思いは届かなかったです。

今期は,昨年の「夏の県予選」を経験した子ども達は,部員14名の内,約半分の子ども達。

他の子ども達は,今期入部した子ども達で,県予選のコートは初めての経験です。

5月初旬に,部員が12名揃いD1でのスタートがきれたものの,立て続けに新規部員がケガ,更に,昨年からいる部員も足の骨折するなど・・

人数が揃っても,全部員での練習が出来ない。練習試合に行ってもマイナスの状況が続く試合ばかり。

でも,そんな中でも,
・通常の練習日以外にランニングに付き添ってくれている指導者。

・県予選までにはケガを治そうと整骨院に通ってくれている保護者。

・毎朝,学校に登校する前に,学校近くの公園で自主練習している子ども達。

・時間を見つけて指導に来てくれるOBなど

前日の土曜日には,体育館が選挙準備で使用できない上に,予定していた外練習も雨で出来ない。

そんな中,子ども達を集めDVD鑑賞,ミーティングを指導者達はしてくれました。

今期の体制は,まだまだ形になっていないし,他チームに比べれば,素人チームといっても良いチーム状況です。

でも,みんなの「夏の県予選大会」へ向ける思いは十分に感じました。

当日には,全部員が揃ったことも,その思いの一つです。

ケガしている子どももいますが・・
全部員で県予選のステージに立つ事が出来たのは,本当に嬉しい事です。

こんな皆んなの思いがあるからこそ,どうしても予選を通過させてあげたかった。

でも,思いだけでは,予選という壁は越えられないです。

この壁は高過ぎです・・

試合内容は,色々と課題はあります。
でも,それは子ども達,誰一人の責任ではないです。

そこを切り変えてあげられなかった。
子ども達のテンションを上げきることが出来なかった自分の責任しかないです。

本当にごめん。

今大会では,いつもの大会と違い,朝から緊張しているのか?

いつもしないようなミスをする子ども達が多かった様に感じました。

これが,県予選の雰囲気なんですね!

年に各1回しかない「夏」「春」の県予選は,誰もが緊張するはずです。

でも,その緊張を「良い緊張」に変えていくのか?が試合内容・結果に出てきます。

良い緊張⁈

簡単に出来る事ではないです!

たくさんの経験するしかないです。

みんなは,練習試合や大会でたくさん経験させてもらっているはずです。

でも,まだまだ,その練習試合や大会での思いが足りないことかもしれないね。

そんなに経験してないよ?
そんな声が聞こえそうだけど・・

1つ1つの対外戦の中で,「みんなが,どんな思いを持ちチャレンジしていくのか?」
それが凄く大切な事になってきます。

これから,一つひとつ経験していこうね!

さて,子ども達は,今大会で沢山の事を学びました

・ちょっとした緊張が動きをぎこちないものにしてしまう。

・ちょっとした,油断や弱気が,強気なプレーに切り替えることができない。

・焦りが出れば周りが見えなくなり同じミスを繰り返してしまう

・声が出なくなってくると,集中力がなくなりがちになり,プレーも雰囲気も,消極的なものになってしまう。

など,自分達の足りない部分を実感させられたはずです。

しかし,それと正反対で,
みんなが一つ一つのプレーに集中し,声を出し,盛り上げて行けば,いつも以上のプレーが出来るようになる。
(最後の試合がそうだったよね)

試合内容は,良い方向,悪い方向に向かっていくのは紙一重です。

良い方向に持っていくには,どうしたら良いのか?

今大会通じて実感させられたはずだと思います。

その経験は,凄く良い経験です。
大切にしてほしいです!

「夏の福岡予選大会」は悔しいものになったけど,それは自分達が足りないものが沢山あったから,この結果になっただけです。

県予選が終わった今だからこそ,自分達の足りないものを皆で見つけ出すことが大切です。

そして見つけだしたものから,みんなで,一つひとつにチャレンジしてほしいです。

みんなに聞きたい!

今大会の結果はどうだった?
・悔しかった?
・自分やチームの力を出し切った?

各々,感じ方は違うかもしれない!

でも,既に「春の県予選」へのチャレンジはスタートしました。

その中で,大切なのは,自分達の「目的」を改めて明確にすること。
(全員が同じ「目的」をもつこと)

今大会の事を振り返り,悔しさを持つ事!
その「悔しさ」を必ず忘れない事が大切です。

みんなが,どこまで,その気持ちをもって,これから「春の県予選大会」に向けてチャレンジできるかです。

最後に,
保護者の皆さんへ
大きな声援ありがとうございました。

日頃からの,皆さんの声や温かい見守りは,子ども達は十分に分かっていますし,しっかり後押ししてくれています。

これからも,大きな声援,見守りを是非,よろしくお願いします。

指導者の皆さんへ
「春の県予選」に向かいスタートです!
沢山の壁があるはずですが,試行錯誤しながらも一つひとつ乗り超えていきましょうね。

子ども達は,可能性ばかりです!

でも,まだまだ自分を出し切っていない子ども達ばかりです。

子ども達一人ひとりが持っている,各々の可能性を十分に発揮できるようにしてあげたいですね!

これからも,子ども達,保護者,指導者がスクラム組んでいきたいですね!

よろしくお願いします

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です