福重ファイターズ

西区福重小学校を拠点として活動しているドッジボールチームです

新規部員募集中です!気軽に練習見学、体験入部に来てください!

6月16日 リーグ対抗戦 福重F

6月16日 リーグ対抗戦 福重F

このエントリーをはてなブックマークに追加

6月16日(日)は,福岡市民体育館で開催された「第14回 福岡リーグ対抗戦ドッジボール大会」に出場しました。

主催の福岡県ドッジボール同好会さん
ドッジボール審判競技員の皆さん
対戦頂いたチームの皆さん
ありがとうございました。

昨年度は,九電記念体育館で開催されていた今大会も,九電記念体育館の閉館に伴い,今回は初の「福岡市民体育館」での開催となりました。

事前に主催者から,施設内の駐車台数が1台と制限があった事もあり,今回の移動は,地下鉄です。(九州内の大会では,初の公共機関での移動です)

いつもの車での移動と違い,どこかテンション高めの子ども達!

たまには,こういう移動も良いですね。

【結果】 参加 15チーム
第1位 柳川フィフティーンさん
第2位 畝刈マリンウェーブさん
第3位 福重ファイターズ

【福重Fの結果】
○予選 2勝1分1負 2位(Aリーグ 5チーム中)

○トーナメント
・1回戦 千早っ子クラブさん戦  10-5  勝

・2回戦 下原ニュースターズさん戦  8-7  勝

・準決勝 柳川フィフティーンさん戦 6-11 負

・3位決定戦 有住NewStarsさん戦  7-4  勝

第3位 久しぶりの上位入賞です。

嬉しい反面。

試合内容が,あまり良いものではない。
課題を多く持ち帰るものになりました。

さて,今大会の福重Fは,参加者は14名の全部員が参加です。

でも,1名が前日の練習でケガをしてベンチ。
更に,1名が予選での試合中に足を痛めてベンチと12名ギリギリでの試合です。

今大会を振り返ると,朝のみんなのモチベーションの低さ(全員ではないです)がそのまま試合内容に繋がったように感じます。

朝の開会式では,早めに観客席からコートにおりた子ども達が,一番最後に整列している。

更に,会場に入る前には,入り口で挨拶することなく整列しようとして,自分から叱られる場面があった。

こういう事は,今まで大会に来て,初めての事です。

自分自身,出来る事が当たり前に思っていただけに,改めて考えさせられるものになりました。

確かに,子ども達は,会場に入る前に下靴と上靴を履きかえたり,下靴の置き場所を探すのに時間がかかったのかもしれない。

会場に入ろうとしたら既に整列していたので,入った子ども達から挨拶もせずに,慌てて走ろうとしたのかもしれない。

これが,みんなにとって初の大会なら,どうして良いのかが分からずに焦ってしまい,このような状況になってしまった。

それなら,仕方ないかと思う所もあるかもしれない。

でも,そうではないよね!

今,福重Fには,新規部員も入り,大会の経験が少ない子ども達はいるものの殆どが昨年度からいる子ども達です。

これまで何度も大会に出場し,挨拶,礼儀の大切さを皆で理解し行動してきたはず。

部員には,開会式終了後,挨拶,礼儀の大切さについて話をした。

みんな,改めて考えてみようね!

礼儀,挨拶は,何事においてのスタートである事を理解してほしい。
大切にしてほしいです。

今回の様に,いつも出来ていることが,慌てたりして出来なかった。

それは,なぜ?

みんなの中で,どこか「気の緩み」があったからじゃない!?

自分は,そんな「気の緩み」が,今大会での試合内容に出ていたように感じます。

特に予選では,プレーやコンビネーションの歯車がかみ合わない部分が随所に出ていた。

それは,全員ではない!
良いプレーも沢山あった。

でも,少数の子ども達の気持ちや一つの行動が,チーム全体の雰囲気や行動に繋がって行ったのをプレーしていたみんななら感じたはずです。

予選では,試合後に何度も指導者から注意され,その都度,部員達は,子ども達のミーティングを繰り返しています。

しかし,一気に切り替える事は難しい事です。

歯車の食い違いを治すのは,そう簡単にはいかないです。

子ども達は,何度も同じミスを繰り返しています。

でも,予選終了前には,予選最初の試合に比べて少しずつながらもリズム感のあるものになってきたように感じるようになってきています。

トーナメントに入り,試合に向かう気持ちが前へ向いているのを感じられるようにはなってきた。

しかし,予選からの悪いリズムや簡単に相手チームにチャンスを与える場面は随所に出ています。

どの試合も僅差ながらも,久しぶりの上位入賞となりました。
(準決勝では,一方的に相手チームのリズムで完敗ですが・・)

今大会では,試合に向かう気持ちの大切さ。
モチベーションの大切さがどう試合に繋がっていくのかを,みんなが実感したはずです。

何の為に,大会があるのか?
その大会では,何を「目的」にしているのか?

それを一人ひとりが思い,チャレンジしなければ,モチベーションを持って大会を迎え,終える事が出来ないはずです。

そういうモチベーションを高めた大会であれば,結果がどうであったとしても,自分にとって,チームにとって,今出せる「10の力」にチャレンジ出来たはずです。

でも,ただ会場に来て,試合をしているのであれば,そういう行動はできないはずです。

いつもいう事です。
○ 常に,一人ひとりが「目標」を持ちチャレンジする事。

○ チームの「目的」を全員が理解し,全員でそれに向かいチャレンジする事。

大切にしてほしいです

PS
めっきり暑くなってきましたが,夜などは寒さを感じる日もあります。

練習、大会では,着替えや上着を持ってくるなど,自己管理お願いします。

また,最近ケガ人が増えてきました。

いつも以上に準備運動、クールダウンをしっかりやるように,何事においても集中するようにして体調管理には気をつけてくださいね

ケガをして辛いのは,本人。

でも,聞く度に自分が,それを回避出来なかったのか?

あの時に声をかけていたらケガしてなかったのでは?など

反省ばかりが続きます

開会式! 試合はここから始まっているよ
大会主催者、審判員さん
試合できる事、応援してくれる保護者など
感謝すること! は当たり前のこと。
それを表すのは『大きな挨拶』です
聴く姿勢!向かう気持ち!
があれば綺麗な整列になるはずです
上位入賞 おめでとう (^^♪
地下鉄での移動、たまには良いです !(^^)!

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です