福重ファイターズ

西区福重小学校を拠点として活動しているドッジボールチームです

新規部員募集中です!気軽に練習見学、体験入部に来てください!

4月14日 練習試合 福重F

4月14日 練習試合 福重F

このエントリーをはてなブックマークに追加

4月14日(日)は,原田小学校体育館で開催された「原田WINGSさん主催」の練習試合に参加させて頂きました。

原田WINGSさんを初め,対戦頂いたチームの皆さん。
ありがとうございました。

参加 6チーム
○原田WINGSさん
○あいあいモンキーズさん
○畝刈マリンウエーブさん
○松島エンジェルズさん
○湯田ドッジファイターズさん
○福重ファイターズ

新規体制になって初の1日での練習試合で,16試合と多くの試合をさせて頂きました。

沢山の刺激,課題を頂き,ありがとうございます。

当日は,全部員 10名(マイナス2)での参加!

・新しいポジション,マイナス2で対戦するという全員の意識があるのか?

・新規部員や今までベンチにいる機会が多かった子ども達がフルに試合に参加するけど,試合に向かう意識があるのか?(他の子ども達は,カバーしあう意識があるのか?)

・新6年生が,最上級生としての意識があるのか?
など,どんな風に行動してくれるのか密かに楽しみにしていましたが・・・・・

試合内容は,一言で言えば「荒い」だけ!

試合内容を読む行動や自分達のリズムを作るところまでは,まだまだほど遠いものです。

カバーし合うところも一部には見えるけど,自分のことだけで精一杯で周囲を見る余裕がない。

当たり前の事です。
昨年と違うポジションになり,簡単に余裕を持ったプレーが出来るはずがない。
(でも,声は出るはずだよね)

一つひとつ経験をする中で,自分なりに考え,失敗し,チャレンジする!

この繰り返しをする事で,一つひとつ「前へ」一歩踏み出すことになる。

それには,決して「ゴール」はないです!
常にチャレンジする意識をもって行動するだけです!

今は,沢山の事を経験してほしい。

その中で振り返り,自分達の足りない課題をしっかり見つけ出していってほしいです。

でも,いつも言うこと!
思うだけで,行動に出さなければ,その場で立ち止まっているだけだからね。

今練習試合では,自分達の足りない課題が沢山あったはずです。
だからこそ振り返ってみてほしいです。

・どんな事でも良いです。
・1つだけでも良いです。
足りないところを探してほしいです。

そして,まずは見つけた1つにチャレンジしてほしいです!(沢山の事にチャレンジする必要はないからね)

今練習試合では,勝敗結果 5勝0分11負 予選 6位,トーナメント 6位。

久しぶりの最下位。

トーナメント戦最後では,一部の子どもが,今まで見たことの気持ちを前面にだした行動があり,試合後には涙をみせてくれました。

よっぽど悔しさがあったはずです。
嬉しかった。
その悔しさは忘れないでほしいです。

今,自分は最下位が悔しいというよりも,0からのスタートの切符を手に入れた気分です。

本当のスタートは,人数が12名集まってからですが,それまで10名の部員で一つひとつ「前へ! 挑戦!」していきたいです。

これから,今期部員がどんな「足あと」をつけてくれるか?

一緒に考え,失敗し,チャレンジして行きたいです

PS
新キャプテンとの会話。

ミスして凹んだりするところあるけど,そんな時,周りはどう感じると思う?

雰囲気が悪くなって,声が出なくなり,ミスを繰り返して,個人プレーが目立ち,リズムがとれなくなります。

なら,どうしたら良い?

ミスしても凹まない。気持ちを切り替えることです。

そんな会話をしました。

キャプテン,6年生達の表情は,5年生以下(特に新規部員)は,敏感に感じて雰囲気,やる気,集中力などが崩れる事にキッカケになる。

ミスした事で,その本人自身もプレーが荒くなり,同じミスを繰り返し,個人プレーに走りがちになってしまいます。

ミスは,凄く大切な事です。
ミスをしない人は誰もいないです!

でも,せっかくミスして教えてくれている事を凹んだりすると,更にそのミスを繰り返すだけになります。

だからこそ,自分が切り替える行動を持つ事が大切だし,自分なりの切り替えられる行動を見つける事が大切です。

キャプテンに言いました。
凹んでも良い事は絶対ないよ!

自分達が凹んだから、リズムが崩れて行くというなら,その原因となる子ども達が,周りを見える気持ちの余裕を持てば良い!

周りには,一緒に頑張ってる仲間がいるよ!

例えて言うと
同じ導火線に火を点けたとする。

凹んだ時,その先には,「ダイナマイト」があるとする。

でも,6年生達が切り替え,大きな声や積極的なプレーをすれば,その先には,「花火」があると思わん。

なら,切り替える事。
凹んだ子どもがいれば声をかけてあげる事。
そんな事が,『花火』をあげる事になるんじゃない。

理解したのかはわからないです。
(言いながら,自分自身,難しい例えやなと思ってます💦)

わかってほしいのは,
5分間は,ピンチとチャンスの繰り返しです。

なら,自分達からピンチを招くより,ピンチをチャンスにもってくる気持ちをキャプテン初め6年生達には持ち続けてほしいという事だけです。

今期は,新キャプテン決めは,前期の卒部生が決めました。

色々と候補が出ていましたが,最後に決めた理由は「向上心」の強さだったみたいです。

新6年生の中では,一番「向上心」が強いと思います。
でも,その他の子ども達も負けない「向上心」を持っています。

しかし,中には,内に秘めて行動に出しきれていない子どももいます。

思っているだけでは,そこで立ち止まっているだからね!

新規が始まったばかりなので言っときます。

福重Fのスローガンは,「挑戦! 前へ!」です。

向上心がなければ「挑戦」できないはずです

«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です