福重ファイターズ

西区福重小学校を拠点として活動しているドッジボールチームです

新規部員募集中です!気軽に練習見学、体験入部に来てください!

2月3日 春小福岡県予選大会 福重F

2月3日 春小福岡県予選大会 福重F

このエントリーをはてなブックマークに追加

2月3日(日)は,アクシオン福岡で開催された『第28回 春の全国小学生ドッジボール選手権 福岡県大会』に参加です。

主催の福岡県ドッジボール協会さん

ドッジボール審判競技員の皆さん

対戦頂いたチームの皆さん

ありがとうございました。

参加 45チーム

【結果】

第1位 KURATE-G3さん

第2位 SE LINKSさん

第3位 福重ファイターズ

第4位 東朽網ライジングサンさん

全国の切符は,KURATE-G3さんが掴みました。

全国大会では,福岡県代表として頑張って来てください。

応援しています。

【福重Fの結果】

予選は,各5チームのA~Iリーグ(9リーグ)に分かれ,上位2チームがトーナメント進出です。

○予選 Bリーグ 2勝1分1負 第1位

予選を1位で通過する事が出来たものの決して自力で勝ち取った1位ではないです。

1試合毎に,子ども達のリズムやテンションが違う。

特に、昼食後の大切にしなければならない試合では,何もすることなく簡単に落としてしまう。

予選1試合を残して予選落ちを覚悟する事になりました。

トーナメント進出の結果は,リーグ内の他チームの対戦結果を待ってになりました。

子ども達には,気持ちの緩みや焦りが一気に勝敗に繋がる事を改めて実感させられたものになったはずです。

でも,その前に,県予選のコートでそんな気持ちで試合をするな!と試合後に説教になったのは当たり前のことです。(県予選では,特に一人の弱気が一気に勝敗に繋がってきます)

他力本願でのトーナメント進出になりましたが,気持ちを引き締めて1試合を全力疾走するしかないです。

トーナメント前に子ども達に言ったことは,

「一つの気の緩みや,ミスが一気に流れを変える事は,みんな予選で経験したはず。

その経験を繰り返すな!

その為には,変に気合いを入れる必要はない!

いつもの事をやれば良いから,強気と盛り上がりで試合して行くからね!」

と話をしました。

○トーナメント戦

第1試合,第2試合と何とか僅差で勝つことが出来たものの,第1試合終了後には,5年生が体調不良でダウン。

というのが・・・・

第1試合が行われた会場がCコート。

メインコートと比べ室内が高く,試合終了後に熱中症?の症状になってしまいました。(どのチームも同じ条件です)

ベンチの子どもと交代しての準々決勝です。

対戦相手は,SE LINKSさん

第1セットをとったものの,第2セット,3セットをとられ敗退です。

試合内容は荒さが目立つもので,リズムがとれず全力を出し切れない状況は,悔しさが残るものになりました。

3位決定戦 東朽網ライジングサンさん

今期,良く対戦するチーム。

子ども達は,敗戦後の気持ちをしっかりと切り替えてくれています。

開始早々から,ガチンコ試合となりましたが,何とか勝ちを収める事ができました。

みんな,良く頑張りました!

全国への壁は,本当に高いのを実感させられ,今期もチームの「目的」には届かなかった。

それは,自分たちの足りないものがあるからこその結果。

しっかり受け止めるしかないです。

でも,これで終わりではないよね!

その悔しさは,今大会で自分達の力で掴んだ「九州大会」のコートで出し切るしかないです。

今日から,九州大会に向けて,新たなスタートです!

そして,今期のラストスパートをかけていこうね!

保護者の皆さんへ

温かく,熱い応援ありがとうございました。

また,前日(2日)は,練習後のカレー差し入れは,美味しかったです。

いつも,ありがとうございます。

保護者,指導者の見守り,応援は,子ども達は十分に感じているし,しっかり後押しするものになっています。

県予選が終わりましたが,今,九州大会という新たな「目的」に向けて,子ども達と一緒に「全力疾走」していきます。

その為にも,子ども達,保護者,指導者が,県予選と同様に「固いスクラム」を組んでいきましょうね

PS

春小県予選に向けては,毎年,少しでも個々として,チームとしての「心・技・体」を高めて当日を迎えたいとチャレンジしています。

でも,一番の敵は,体調面!

昨年は,インフルエンザの猛威により,大会当日まで人数が集まらない状況で,当日を迎え予選敗退。

今期は,県予選前の最後となる大会では,何も出来ないままの敗退。

その為,県予選に向けて気持ちを切り返してほしいとの思いから,かなり子ども達には,厳しく(冷たく)指導してスパートをかけてきた。

そんな中,大会直前には,キャプテンが高熱で練習を休み。

さらに手のケガをする子どもが発生です。

当日,出場できない状況を考えての練習。(特にオフェンス)

チームの課題を克服してほしいとの思いからの練習は,みんなにとって,体力,精神的にもキツイものになったと思う。

特に,6年生,オフェンス陣達は,きつかったかもしれないです。

しかし,当日朝には,全員が集合してくれて会場に向かう事が出来た。

人数が少ない福重Fにとって,ケガや体調不良が一番の心配ごとです。

朝,みんなの顔を見るまでは,やっぱり落ち着かないです。(初詣に行った愛宕神社に参拝に行きました。これも毎年の事です)

今大会では,15名(ベンチは3名ですが1名は骨折中)

1年間,この県予選のコートに立ち結果を出すために,みんなで汗を流して練習してきた,課題を見つけては練習を行ってきた。

試合しては,また課題に向けてチャレンジする!

その繰り返しを行いながら,部員、保護者、指導者で1年間やって来た。

だからこそ,自分にとってまず大切なの事。

それは,みんなでコートに立つ事です❗️

今期,みんなで県予選のステージに立てた事が何よりも嬉しかったです。

更に,諦めずに「目的」に向かった姿は,凄くたくましくなったと感じました。

6年生達へ

残り約2ヶ月。

まだまだ,全力疾走できるはずだよ!

この約2か月をどう過ごすのかは,一人ひとりの気持ち,行動しかないです。

自分は,一人ひとりが,やれることに,全力疾走してほしいです❗️

時は,戻らないからね

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です