福重ファイターズ

西区福重小学校を拠点として活動しているドッジボールチームです

新規部員募集中です!気軽に練習見学、体験入部に来てください!

9月2日 福重F

9月2日 福重F

このエントリーをはてなブックマークに追加

9月2日(日)は、松島小学校体育館で開催された

「松島エンジェルズさん」主催の練習試合に参加させて頂きました。

 

松島エンジェルズさん初め

対戦頂いたチームの皆さん

ありがとうございました。

 

参加 7チーム

・ 松島エンジェルズさん

・ 三日月ブラックドラゴンさん

・ 鳴見台ドッジスピリッツさん

・ 原田WINGSさん

・ 大蛇キッズさん

・ 上毛キッズさん

・ 福重ファイターズ

 

参加チームは,福岡県だけでなく佐賀県,長崎県チームもいて,

色んなリズム感あるチームとの対戦は凄く良い刺激をもらいました。

 

さて,今回の福重Fは、体調不良の子ども達がいて全員参加とはいかなかったものの,

9月から入部した部員が練習試合に初参加。

更に初試合を経験です。

(8月終わりから少しずつ体験に来てくれていたので,全くの初心者じゃないです)

 

まだまだ、基本も出来ていないし,動きもついて来れていない。

それは当たり前です。

 

でも,試合を進めていくうちに,少しずつながら動きにもついて来れるようになってきたし,初キャッチも決めてくれました。

 

入部して直ぐに試合に出すこと自体,かなり強引なところがありますが,経験のなかで得るものは沢山あります。

これから,多くの経験をしてほしいです。

 

誰もが、初めは初心者!

緊張もあるし、思うどおりにいかないことも多いはず。

 

焦らないで良いから,一つひとつ経験していこうね。

 

しかし,新規部員の初キャッチは,いつでも嬉しい瞬間です。

初キャッチおめでとう!

 

さて、全体の試合内容について。

課題ばかりです。

 

良いリズムで試合しているなと思えば,そうでない試合をする。

まったく安定感はないです。

 

リズム感のないワンパターンな動きも多い。

試合の流れを読まない『感覚だけ』でやっている部分が多すぎる。

 

『感覚』でのプレーは良い時もある。

それは,試合の流れを体で覚えた『感覚』でのプレーの時です。

 

しかし,相手守備(カット含め)や

自チームの内野,外野の位置を目で追うことも出来ずにする

『感覚』でのプレーは,個人プレーにしかならならない。

チームプレーではないよね。

 

詳しい事は,今日のミーティングでも話したので,

子ども達は,少しはわかってくれていると思います。

 

そうであってほしいのですが,忘れるのが早いのも子ども達です。

 

動く中では,必ず課題がある。

 

完ぺきなものは絶対にない。

足りないものの方が多いはず。

 

それは当たり前の事。

課題がなければ、「前へ」は行けないし,一人ひとりの成長に繋がっていかないです。

 

でも、その課題と向き合う中で大切なこと。

それは,自分がやるべき事。

自分がすべき仕事は何かを,まず理解することが大切です。

 

・オフェンス,ディフェンスは何をすべき?

・6年生達は何をすべきか?

・自分達のリズムで試合するには何をすべきか?

・チャンスを逃がさないために何をすべきか?

・何故、あそこでミスをしたり焦ったりしたのかなど

 

一人ひとりが考えるべきこと。

振り返ること。

何かすべきことが,沢山あるはずです。

 

ただコートに立って試合しても、自分がすべきことを理解せずに試合すれば,その時だけの結果にしかならない。

 

前へ行くもの。

「目的・目標」をもった内容にはならないです。

 

課題を「前へ」チャレンジする為には、自分がすべきことを自分で考える事。

 

そして,一人ひとりが「目的」を持ってチャレンジすることです。

 

みんな,自分がすべきことを考えてみな!

 

監督や指導者から、足りないところを言われるのは簡単な事。

 

でも理解出来なければ、それは只の言葉しかない。

聞き流してしまえば,0のまま。

 

だからこそ、一人ひとりが考えてほしいです。

 

最近入部してくれた子ども達がいて少しずつ人数が増えてきました。

凄く嬉しいです。

 

試合すると、経験者とそうでない子ども達との差は、あって当たり前の事。

 

同じレベルになることはないです。

それは,経験者でも同じこと。

 

・全員が,同じスピードのアタックが打てるようになろう。

・キャッチを同じだけキャッチしよう。

 

そう言っても出来る?

出来るはずがないよね!

 

でも,みんなが出来る事は,あるよね。

 

それは,「声を出すこと」

部員の誰もが出来る事です!

 

新規部員が入ってきた今、改めて、声を出すことの大切さを考えてほしいです。

 

それが,みんなでカバーし合い,助け合い。

 

チームワークを固めていくことに繋がっていくんじゃない。

 

チャレンジ

 

PS

新規部員が入り、これまで当たり前に試合に出ていた子ども達が、

これからベンチにいる機会も増えてくるかもしれない。

 

これも当たり前の事です。

 

試合に出たいなら、人に負けない努力が必要です。

そして、それ以前に自分に負けない気持ちを持ってほしいです

 

時間を大切にしてほしいです。

時間は戻らないからね。

 

チャレンジがあり、それは結果になる

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です