福重ファイターズ

西区福重小学校を拠点として活動しているドッジボールチームです

新規部員募集中です!気軽に練習見学、体験入部に来てください!

5月27日 福重F

5月27日 福重F

このエントリーをはてなブックマークに追加

527日(日)は、有住小学校体育館にて

「有住NEW STARSさん」主催の練習試合に参加させて頂きました。

 

有住NEW STARSさん始め、対戦頂いたチームの皆さん。

ありがとうございました。

 

【参加 4チーム】

○ 有住NEW STARSさん

○ あいあいモンキーズさん

○ リッキーズさん

○ 福重ファイターズ

 

昼からの試合でしたが、総当たりの3クール。

13試合と数多くの試合をさせて頂きました。

 

その内、2クール目のみは,特別ルール!

1タッチなし。

タイムアウトありです。

 

1タッチなしを推奨する方なので,凄く良い経験になりました。

子ども達なりに1球の大切さを感じてくれたら嬉しいのですが・・

 

今回も、課題をたくさん持ち帰るものになりました。

体力,集中力,試合の流れを読む力など,たくさんの「足りない」ものがあります。

 

でも一番の課題は、子ども達の試合に向かう『気持ち』です!

 

子ども達は,色んな思いを持ち試合をしているのかもしれない。

でも,今の福重Fを見ていると,6年生は上級生としての意識が少なく。

勝ちたいという意識の強さや強気で積極的に取り組む姿勢。

 

自分には,そんな部分を感じる事は出来ず,ただ試合をしているだけにしか見えないです。

 

声を掛け合ったり,声を出したりする事や

自分のミスを振り返り,チャレンジする姿は殆ど感じられないです。

 

特に声では,出している子どもは一部のみ。

あとは,ほぼ出ていない。

 

「声は,動き,気持ち,集中力と連動している」と子ども達にいつも話します。

 

『声』は,スポーツするにおいて、団体行動のなかでは,凄く大切なことだと思っています。

・チームの雰囲気を作るものになり

・気持ちを切り替えるものになり

・最後の踏ん張りをつくるものになり

そして,試合に向か気持ちを高めるものになるはずです。

 

それは,一人ひとりの「声」だと自分は思っています!

 

実際に,声を出している子ども達とそうでない子ども達とでは,練習や試合中の動き,気持ちの持ちようは全然違います。

それは,動きや取り組み方だけでなく,中には周囲を見ることが出来ている子ども達もいます。

 

初めは,同じくらいの体力,技術だった子ども達でも,

気持ちを持って取り組んでいる子ども達は,12か月すればその差は確実に違ってきます。

さらに,声を出さない子どもほど,試合中のミスが多く,同じミスを繰り返している傾向が強いように感じる。

 

みんな,大きな声を出すこと!

声を掛け合うこと!

その大切さを自分なりに考えてほしいです。

 

誰かが出すから良いのではないよね!

一人ひとりが出来るようになってほしいものです。

 

あと,わからないのに『はい』ですませることもなくしていこうね!

わからないのに『はい』ですましたら,何度も同じ事を言われるだけ!

凄くムダな事だと思わない。

 

みんなの中で,監督や指導者に聞けば叱られる。

そう思っているなら間違いです。

監督は,色々と聞きたいです。

 

わからないのに、「前へ」一歩進む事なんかできない!

前述の声だし,声掛けと同じです。

 

誰かが聞いてくれる。

聞くのが恥ずかしい。

そんな気持ちがあれば,聞くことができないまま,その場をずっと過ごしていくだけだよ!

 

今,福重Fは,「足りない」ところばかりです。

足りない所が多すぎるように感じます。

 

でも、ボタンを掛け違えている部分も多くあります。

それをどうするかだと思っています。

 

その為には,一人ひとりが,

・ 今,何をすべきなのか?

・ 自分の足りないのは何か?

それを感じなければいけないと思う。

それは,自分も同じです!

 

小学生には難しいことだというのは、十分に分かる。

でも、その場をただ過ごしても何も変わらないし、時間を無駄にするだけだよ。

 

一人ひとりが、自分の『足りない部分』

チームとして『足りない部分』

6年生として『足りない部分』を考えてほしいです。

そして『チャレンジ』してほしいです。

 

自分が嫌いな言葉!

・頑張ります

・焦ってました

・弱気でした

 

自分が、考え、振り返り、行動していなければ,

それは、ただの『言葉』や言い訳でしかないです。

練習や試合などで,チャレンジしないまま『言葉』で終わらせていない。

 

PS

子ども達と話しているときに,聞いてる?

わかってる? と聞いたりしながら話すことが多いです。

 

「わかった?」と聞くと

「はい」と返事がくる。

 

次の瞬間だけは,出来ても,すぐに出来なくなる。

(続かない。自主的なものでないので当たり前です)

 

時には,言った直ぐに全然違う動きをしたりする。

 

そんな時,何をしゃべっても同じやな!

変わらんな?

もうしゃべらん!

そう思う時がある。

 

でも,言い続けるしかないです。

 

そんな中で,一人でも,聞く姿勢をもって行動してくれたら嬉しいです

 

みんなは,たくさんの可能性をもっている。

その可能性に挑戦させてあげる

その『キッカケ』を作ってあげるのが自分達なのに,難しいです。

月曜日の練習が終わって、これを打っています。

 

一言!不器用な子ども達ばかりやなと思う。

色んな気持ちを持って今日の練習に来たなら,周りを気にせずにやればよいやん!

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です