福重ファイターズ

西区福重小学校を拠点として活動しているドッジボールチームです

新規部員募集中です!気軽に練習見学、体験入部に来てください!

5月19、20日 福重F

5月19、20日 福重F

このエントリーをはてなブックマークに追加

519日(土)~20日(日)は2日間ドッジ漬けでした。 

19日(土)福重小学校体育館にて「福重ファイターズ 主催練習試合」を行い。

20日(日)弥永小学校体育館で開催された「筑紫リーグ 定期戦」に参加しました。

 

主催試合に参加頂いた,チームの皆さん。

筑紫リーグでは,主催の「うめちゃんズさん」

リーグの皆さん

招待チームの畝刈マリンウェーブさん

ドッジボール審判競技員の皆さん

ありがとうございました。

 

【福重F 主催練習試合】

○ 参加 6チーム

・A・T Vipersさん

SNDCさん

・周船寺エンジェルスさん

・鳥飼オリオンズさん

・リッキーズさん

・福重ファイターズ

806負  計 14試合

 

【筑紫リーグ 定期戦】

○ 参加 8チーム(招待チーム含む)

・うめちゃんズさん

・あいあいモンキーズさん

・安徳フェニックスさん

・福津フェニックスさん

・レッドファイヤーズ志免西さん

・畝刈マリンウェーブさん(招待チーム)

・レッドスターズ福岡ver.Gさ

・福重ファイターズ

406負  計 10試合

 

2日間で 24試合とガッツリと試合させて頂きました。

(ジュニアは、途中でジュニア戦などもあったたので、もっと試合しています。).

 

多くの試合をさせて頂き,たくさんの刺激、課題を頂きました。

ありがとうございました。

 

たくさんの経験の中で,子ども達は何を感じたのか?

・その経験は,ミスを振り返るものになった?

・チャレンジする「一歩」に繋げるものになった?

 

どうなのかは,わからないです。

だけど、汗した時間をみんなで共有した時間をムダなものにはしてほしくないです。

 

だからこそ、いつも言う事!

振り返ってほしいです。

感じたことをドッジボールノートに記入してほしいです。

 

自分から見た2日間の試合内容は,良いものとは決して言えるものではないです。

・元気さがなく、弱気な部分が目立つ

・同じミスを繰り返す

・時間や試合の流れを考えない など

 

そんなプレーが終始見えるような内容で,切り替えることが出来ずにに全試合が終わったように感じる。

特に,オフェンス陣の56年生を先頭に

6年生が自分がやるべき事を,まだまだ理解していない。

行動に移していない。

もっと最高学年としての意識を持ってほしいです。

 

試合では,

一つひとつの試合に対しての気持ちの『弱さ』が動きにつながっていたように感じた。

・ マイボールの大切さ

・ 相手チームを観察することの大切さ

・ チームワークの大切さ など感じることができない。

感覚だけでプレーをしているようにしか見えない内容で,感じられないものです。

 

そんなプレーは,チームを盛り上げ、強気なプレーに繋げるものになるはずがない。

それよりも,自分達から,相手にチャンスをあげている!

 

今回の結果は,当たり前のことです!

いつもいう事だけど,足りないものがあるからそれは「結果」につながる!

その足りないものが何なのか?

一人ひとりが探し,意識しないといけない。

そうじゃなければ,これからも同じ結果になるはずです。

 

今は,足りないものばかりです。

その『足りない』を一つひとつチャレンジしていこうね!

 

子ども達と話していて、いつも感じるのは

 

叱られるときは「だまる」

そうでない時や「はい」と返事をする。

 

その「はい」は理解した返事ではない。

ただの「言葉」になっている事が多い。(殆どがそうなのかもしれないです)

 

話をした後,子ども達に聞いてもわかっていない事も多い。

それは,練習中でも同じこと。

「次これをするよ!」と言うと、「はい」と返事が返ってくる。

 でも,全然違う動きをしたり,周り見て動いてから,やりだしたりする子ども達が多い。

 

話を聞く姿勢。

理解しようとする『気持ち』があっての『はい』は、同じことを言われても,

「またか?」と思ったりしても聞くことが出来る。

他の事に気がそれていても,よそ見をしたりしてしまわない。

わからないのに,その場を過ごしてしまわない。

 

意識する「はい」と、初めから聞く姿勢のない「はい」

それは「全然,違う」ものです。

 

自分は,「はい」の返事は,必ず,『気持ち』や『動き』に繋がっていくものだと思っている。

理解しようとするから,自分の足りないものが見えるようになる。

わからないことがあれば,動きに繋げていけないと思うようになれば「聞こう」とする

 

そんな事が,

試合に向かう気持ちや集中力!

周囲をみることや,声を出すなどの行動にも繋がっていくと思う。

 

自分が、良く言う事です!

「はい」は、嫌いな言葉であり、好きな返事!

それは「気持ち」があるか、ないかで「はい」は言葉になり、返事になる。

 

言葉の「はい」を使ってないですか?

 

最近の試合では、子ども達に、きつめに接しているのはわかる。

試合後などは、まだ理解することが出来ない低学年がいても全員に対してきつめに言う。

小学生だから、低学年だから、理解できないことはわかってます。

 

でも敢えて言っているのは、

低学年であっても、みんなは「プレーヤー」だからです

甘やかす事はできます。で

も自分達が目標をもつならそれに一歩ずつ向かうしかない!

 PS

筑紫リーグでは,シニア戦の前に,ジュニア戦が行われました。

人数が足りないうちのチームは,福津フェニックスさんとの合同チーム「福福」で参加です。

はっきり言って試合にはなっていない。

でも,いつも上級生の後ろで控えめになっているジュニア達の伸び伸びとしたプレーは凄く嬉しかったです。

 

結果は,3位!

表彰状を頂きました。

ジュニア達にとって良い経験になったはずです !

だけど,基本をしっかり練習しないとケガするよ

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です