福重ファイターズ

西区福重小学校を拠点として活動しているドッジボールチームです

新規部員募集中です!気軽に練習見学、体験入部に来てください!

4月15日 筑紫リーグ 福重F

4月15日 筑紫リーグ 福重F

このエントリーをはてなブックマークに追加

4月15日(日)は,春日西小学校体育館で開催された「平成30年度 第1回 筑紫リーグ」に参加です。

担当チームの安徳フェニックスさん
対戦頂いた筑紫リーグの皆さん
ドッジボール審判競技員の皆さん
ありがとうございました。

大会の流れは,ジュニアの部を行い,その後,シニアの部という形で行われました。

ジュニア戦では,部員数が足りない福重Fは,混合チームで出場です。

結果は,1勝も出来ずに終了しましたが,最近入部した子どもや低学年も試合に出場する事が出来たこと。

1勝はしたかったものの貴重な経験になりました。

混合チームで一緒に組んだチームの皆さん
ありがとうございました。

そしてシニアの部です。

今回は,レッドスターズ福岡Ver.Gさんが新しく加入し,7チームでの対戦です。

結果
第1位 レッドファイヤーズ志免西さん
第2位 あいあいモンキーズさん
第3位 安徳フェニックスさん

福重Fは,5位

今大会では,部員は全員が揃ったものの,
・遅刻する子ども
・会場までの移動で車酔いして試合に出れない子ども
・途中,ケガで帰る子ども
・試合中に負傷する子どもなど

試合する前から,何か歯車がかみ合っていない。

そんな雰囲気が,予選1試合目から試合内容に出てしまっているような感があります。

リズム感がなく,試合の流れを読まないプレーが続く。

さらに,覇気や元気さが感じられない。

そんな,声や気持ちの「足りなさ」が,動きにも連鎖しているように感じる。

守備では,動きの幅が小さく,バラつきが随所に見え,凸凹してる。

攻撃では,マイボールにしても,パスが続かなかったり,単純な攻めで簡単に相手ボールにしている!

自分たちのリズムが取れない。
ピンチを切り替えることが出来ない。

相手チームのリズムが続き,今大会が終わったように思います。

練習してきた事,出せなかったです!

試合では,悪いところばかりではない。

良いプレーもたくさんあった。
気持ちの入った攻撃やキャッチもあった。
最後の2試合は,良い動きだったと思う。

でも,単純な1球のミスや,気持ちの緩みが,チーム全体のリズムの崩れに繋がっていることが多すぎた。

それを切り替えることができないまま終わったのは,自分も含めて,一人ひとりが

体力,集中力,気持ちの持ちようなど,足りないものがあるから,それが「結果」になる!

試合には,勝敗がある。

誰も負けを意識して試合をする人はいない!
負けると気落ちも落ち込んでしまいがちになる。

当たり前のことです。

でも,「負けること」を経験することは凄く大切なことだと思ってます。

しかし,その内容によるけどね。

良い経験となるのは,一人ひとりが「全力」でやったからこその負け!

それは,悔しさを持つことが出来るし自分のプレーを振り返ることが出来る。

でも,「全力を出さず」消極的なプレーや個人プレーをしたりすれば,その負けは,何かを考えるキッカケになるの?

自分はならないと思う!

今年度の初めに,子ども達に話したこと。

一つひとつの事に「全力」でやること!
それは,ミスを繰り返しても必ず,一歩一歩,前へ進むことが出来る。

今日のみんなは,試合に向かう気持ちや動きなど「全力」でチャレンジすることが出来た?

今,大切なのは,今大会での,自分やチームのプレーを『振り返る事』です。

そして,自分か感じたことに,『全力』でチャレンジしてほしい!

失敗を恐れない!
チャレンジする失敗は,たくさんしてほしいです!

自分で考えないなら,自主的に動くことはできないからね

* 昨年度,毎回持ち帰ってきた筑紫リーグのトロフィーも今回でストップです。

寂しい,悔しい思いがあるけど,また持ち帰って来れるように『0』からスタートです

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です