福重ファイターズ

西区福重小学校を拠点として活動しているドッジボールチームです

新規部員募集中です!気軽に練習見学、体験入部に来てください!

10月21日、22日 練習試合 福重F

10月21日、22日 練習試合 福重F

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月21日(土)は,宇美町立中央体育館で開催された

「原田WINGSさん」主催の練習試合に参加させて頂き,

 

22日(日)は,有住小学校 体育館で開催された

「有住NEWSTARSさん」主催の練習試合に参加させていただきました。

 

主催チームの皆さん,

対戦頂いたチームの皆さん,

ありがとうございました。

 

21日(土)は,9:00~12:30 5チーム

〇 参加チーム

・原田WINGSさん

・一撃さん

・下原ニュースターズさん

・千早っ子クラブさん

・福重F

 

22日(日)は,13:00~18:00 4チーム

〇 参加チーム

・有住NEWSTARSさん

・あいあいモンキーズさん

・福岡タートルズさん

・福重F

 

と両日とも半日だけの練習試合でしたが,数多くの試合数を組んでくれて,

課題も刺激もしっかりと持って帰るものになりました。

凄く有意義なものになりました (#^.^#)。

 

しかし,今の福重Fは,ケガ人が多く,

さらに両日とも家庭の都合などで欠席する子ども達がいたりと,

・21日(土)は,11名

・22日(日)は,10名

全員が参加出来なかったことは,残念です。

 

その分,あまり試合に出ることが少ない,

3年生のしゅんすけ,れんと

新規部員の,ゆうすけが2日間フルに出場できたし、

日曜日には,ゆうおも出場できました。

 

それは,子ども達にとって,凄く,良い経験になったんじゃないかと思います。

 

低学年や新規部員の子ども達は,

どうしても,まだまだ基本が出来ていない分,守備について来れなかったり,

キャッチしても,簡単にボールカットに取られたりする。

 

外野に回すボールが,キャッチしにくいとこに投げてしまい,

ボールデッドになってしまったりすることも多かったけど・・・・・

それは,仕方ない事です。

 

これから,たくさん経験していくことが大切です。

その積み重ねが,一つひとつのプレーを良くしてからね。

 

誰もが,初めから出来る子ども達はいないです。

今は,たくさんミスして,考えてほしいです。

 

今回,子ども達は,たくさんアウトされたり,ヘッドアタックの洗礼もうけたりもしました。

でも,一度もベンチに下がることなく,フルに出場した低学年,新規部員の子ども達!

ナイスキャッチを何本も決めてくれました。

 

特に,ゆうすけの初キャッチは,土曜日です。

いつでも,初キャッチの瞬間は,嬉しいです。

ゆうすけ,おめでとう(^-^)v

 

さらに,低学年のれんとは,

2日間とも,声,アピールもチームで一番に出してくれていて,

チーム内に良い雰囲気を作ってくれていました。

 

2日間で,沢山の事を経験した子ども達!

それは,新たな一歩になったはずです。

 

子ども達の成長する姿は,見ていて,本当に嬉しいです。

みんな,本当に頑張ったよ (*^^*)

これからも,たくさんのことを経験してほしいです。

 

高学年!

低学年の頑張りを見習わんとね。

今,見本が,低学年になっているよ (+o+)。

 

この2日間は,沢山の経験ができました。

 

2日目の日曜日には,

・人数は,マイナス2のスタート。(途中からは,マイナス1)

・そして,メインアタッカーが休み。

・外野がケガで出場できない状態です。

 

みんなが,どうカバーし合い,どんな試合をするのかと思っていましたが・・・・・

 

外野に入った,ふみや。アタッカーのこうき,ひろきが,

積極的にプレーしてくれています。

 

ディフェンス陣も,低学年や新規部員をカバーするようになってきてる。

アウトになっても全力で外野に走って行ってる。

(外野でじっと立っていることも多かったですがが・・・・・)

 

アタックミスしても,落ち込んでいる顔になってる時,

ベンチを見て,笑顔に変えて切り替えてくれていた「ひろき」

外野の守備に入った「ふみや」も前日と違い,動きも良くなってきています。

 

そして,前日同様に,アピールしてくれる「れんと」など

みんなが,いつも以上にチームワークを大切にしたプレーをしてくれていました。

 

それが,いつも消極的な子ども達に連鎖し,積極的なプレーに繋がっている。

そんな様に感じました。

 

はっきり言って,

試合内容は,荒いとこばかりが目立ち,試合になっていない感は拭えないし,

・チキンな部分が出てしまっているところ。

・声が出ない,かけ合うことができていないところ。

そんな部分は,たくさんあるけど・・・・・

 

いつも以上に,

チームワークを大切にしたプレーや積極的なプレーは,

勝敗よりも,一人ひとりの向上心を十分に感じられました。

 

みんな,そんなプレーをしていたんだよ!

その経験を,忘れないでほしいです。

 

同じやるなら,「楽しく」やればよい!

それは,

・ピンチをチャンスにしたり,

・自分の向上心のスイッチを押すキッカケにもなるし,

・大きな気持ちの切り替えにも繋がってくるからね。

 

ミスをして落ち込んだり,

ピンチになった時に,チキンな気持ちになったりしたら,

同じことを繰り返すことになるし,それが連鎖的になったりもします。

(連続してアウトになったり,1球目からアタックにいき,簡単に相手ボールになったり,

それを繰り返ししまうなどあるよね!)

 

だから、ミスしたら,落ち込むんではない。

笑う気持ちでいてほしい。

 

それが,

・雰囲気を変えるキッカケにもなるし,

・みんなのプレーも切り替えができるキッカケになるはずです。

 

ミスして,部員同士で,

・なぜ捕れん?

・なぜ,パスをきちんと回せんと? など

そんなことを言われたら,どんな気持ちになる?

 

前向きな気持ちにならないよね!

それより,ミスしたら怒られる!

そんな,気持ちばかりが先にたってしまうんじゃない。

 

言ってしまう事。

それは,勝ちたい気持ちがあるのは、十分にわかる。

でも、その前に自分のレベルを基準に考えているからだよ!

 

福重Fの子ども達は、殆どが、1年目の子ども達です。

経験してきた子ども達と同じレベルになるには時間がかかります。

 

自分のレベルで、人を見るのではなく、カバーしあうこと。

って大切なことだと思わない。

 

そうなれば、今まで言ってしまっていたかもしれない言葉。

「なぜ、捕れん!」が、

「どんまい! 次はとるよ!」 「こんな構えになっていたから、気をつけよう!」

そんな言葉に変わると思うよ。

 

チームプレーは、相手を思いやること。

 

今回のように、ミスやピンチになった時に、

笑顔になったり,声を掛け合うって凄く大切なことだと思わない。

 

今回は,そんな試合を何度もしてくれたよ。

凄いなと思ってしまいました。

 

そんな気持ちの切り替えは,大切なことです。

それは、必ず前に繋がるからね。

(トーナメント 最後の試合は,焦りなどでミスが多すぎたけどね (-“-))

 

これからも,『チームワーク』を大切にしていこうね (#^.^#)

 

今回は,子ども達を再発見できることも多く,子ども達から,色んなことを教えてもらったように思います。

正直、教えられました。

みんな,ありがとうね。

 

土曜日の夜には,「保護者会議」があり,指導者,保護者の皆さんと,

色々と話をすることが出来ました。

 

チームとして動いているからには,色んな意見があって当たり前です。

順風満杯でいくことは決してないです。

 

でも,頑張っている子ども達を,全力でプレーできるようにするためには,

指導者,保護者が,スクラムを組んでいくことって凄く大切なことです。

 

保護者会議でも話したとおり,

・まずは,大人たちが,マナーを大切にすること。

・指導者と保護者の違いを理解し,行動していくことって凄く大切なことです。

 

そして,保護者の皆さんが,チーム,子ども達のことを見守り,応援してほしいです。

決して,「見張り」には,ならないようにですね。

 

そして,応援は,

・声を出すこと。

・励ましてあげること。

・後押ししてあげることです。

保護者の技術的な指導は,応援ではないですからね。

 

後半戦,既にスタートしています!

今,全員が,スクラムを組んでいくことだと思います。

 

保護者会議を終えて感じたのは,

色んな話を聞いていて,良い指導者,保護者とともに,今,活動できていることです。

このメンバーなら,しっかりスクラム組めるはずです。

 

そして,大人が,子ども達に,「チームワーク」の見本になりたいですね。

 

PS

有住さんの練習試合では,

新規部員で,最近,休みがちの子どもが途中から参加してくれました。

 

今,本人は,チーム内のことなどで,色んなことと葛藤しています。

そのため,練習に,足を運ぶことに躊躇しているところがあっています。

 

でも,ドッジが大好きな子どもです。

凄くがんばり屋の子どもです。

 

その子どもが,今回は,途中からになったけど,

練習試合に来てくれたことは,凄く嬉しかったです。

 

でも,それ以上に,嬉しかったのは,体育館に来た時に,部員や保護者が

,その子どもに,声をかけ,温かく迎えてくれたことです。

 

その時,自分は,主審をしていながら横目で見ていたけど,

素直に,良い子ども達,保護者ばかりだなと感動してしまいました。

 

誰もが,初めのころは,慣れないチームでの活動で,いろんな事を経験する。

きつかったり、キツイ言葉をうけることもあるかもしれない。

 

そんな中で、色んな葛藤が生まれてしまいます。

でも,そこを乗り越えてきた子ども達がたくさんいます。

 

それは,本人の気持ちもあるけど,

保護者の応援,協力,後押し。

部員や指導者の言葉があったからだと思ってます。

 

乗り越えてきてほしいです。

 

一緒に頑張っている「仲間」がいるよ。

待っている「仲間」がいるからね。

頑張れ!

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です