福重ファイターズ

西区福重小学校を拠点として活動しているドッジボールチームです

新規部員募集中です!気軽に練習見学、体験入部に来てください!

8月27日 イーストカップ予選大会 福重F

8月27日 イーストカップ予選大会 福重F

このエントリーをはてなブックマークに追加

8月27日(日)は,かすやドームで開催された

「第20回 イーストカップチャンピオンシップ 予選大会」に出場しました (*^-^*)

 

大会事務局の皆さん

ドッジボール審判競技員の皆さん

対戦頂いたチームの皆さん

ありがとうございました <(_ _)>

 

結果 (参加 34チーム)

第1位 安徳フェニックスさん

第2位 レッドファイヤーズ志免西さん

第3位 柳川フィフティーンさん

第4位 あいあいモンキーズさん

そして,本選出場を決めたチームの皆さん。

おめでとうございます。

 

福重Fの結果は,

予選Bリーグ  3勝0分3負  5位 (上位 4チームがトーナメント進出)

予選敗退です。

 

1試合目から,全体的に動きが良くない。かみ合わない。

それが,最後まで続いてしまった感があります。

 

子ども達の切り替えをさせることができなかったこと。

自分自身の足りなさです。

悔しいです。

 

〇ディフェンス陣:フォーメーションの動きが遅い,高い,盛り上げができない。

〇オフェンス陣:コンビネーションがなく,個人プレーが多すぎる。

さらに,簡単に相手ボールにしてる。

 

練習でやっていることを,殆ど出し切れていない。

試合に向かう気持ちが足りなかった。

 

そんな状況では,ピンチをチャンスに変えることができるはずがない。

それどころか,チャンスをピンチにするだけ!

勝てる試合も勝てるはずがないです。

 

常に相手ペースの試合になってしまって当たり前です!

予選敗退は,当たり前の結果です。

 

でも,一人ひとりは,凄く真面目にやっているのは,十分感じてる。

特に,4年生は,ナイスキャッチも連続してくれた。

そして,勝ちたいという強い気持ちをもっている子ども達もいる。

 

しかし,全体の歯車が全然かみあっていない。

それが,試合の流れの中で悪い形で随所にでた感があります。

 

いつも言うことだけど,負けることは,自分達に足りないものがあるから!

足りないものは,色んなものがあるけど・・・・・・

 

今大会では,

試合に向かう! みんなで戦う! といった

「気持ち」の部分が一番足りなかったように思う。

 

「心・技・体」という言葉があります。

スポーツする中で,凄く大切なこと。

 

それは,日々の練習や自主練習などから培っていくものだけど、

その培ったものをお披露目するのが大会だと思っています。

 

だけど,今回は,お披露目することは,全然できなかった。

それは,自分を含めたチーム全体の大きな課題です。

 

みんなも、「心・技・体」

その中の「心(気持ち)」が,「技術,体力」にどう繋がっていくのか?

大会の結果に表れていくのかを考えてほしいです。

 

1人ひとりが,何が足りなかったのかを!

 

特に,6年生の3人は,考えてほしいです!

6年生にとっては,今大会を含めて,どの大会も最後の大会です。

 

・自分達の出せるものを出すことなく終わった

・試合の流れを考えないプレーをしてしまった

・チームを盛り上げることができなかった など

 

こんな状況で,

終わった後に,後悔をしながら,これから1つ1つの大会を終えていくの!?

 

嫌だよね!!

 

今,自分達の思いをみんなに,伝えることって大切なことだと思う。

それが,どうなるのかは,わからない。

でも,何かを変える起爆剤となると思う。

 

その起爆剤は,6年生の行動だと思うよ!!

誰よりも一番に動く。

誰よりも声をだし,かけ合い引っ張っていこうね。

 

福重Fは,ほぼ半数が,今年度入部した子ども達です。

勝つことの喜びや,大会の意味さえ知らない子ども達もいるはずです。

 

でも,何人かは,昨年もいた子ども達。

その子ども達は,今までにたくさんの事を経験してきたはず。

 

でも,その経験を練習や試合で出しているのか?

新しく入ってきた子ども達に伝える事ができているのか?

振り返ってみてほしいです。

 

そして,今までの経験を,6年生と一緒に新しく入った子ども達に伝えてほしいです。

その為にも,今までと同じことをしていたら,何も変わるはずがないよね。

 

自分達が「〇〇したい!!」という思いがあるのなら,

まず,「一歩」行動に移してほしいです。

 

さて,今日は,学校に帰ってから,子ども達は,グラウンド 30周をやりました。

(1時間以上のランニングになりました)

 

決して,走ったことがきつかった・・・・・ で終わらすのではなく,

なぜ走ったのかを感じてほしいです。

 

PS

よく,今年は「我慢の年」と言う話がでます。

でも,自分はそう思ったことはない。

 

自分は、今のメンバーでしかできないことを

みんなと一緒に「全力」でやるしかないと思ってる!

 

それは,コーチ達,保護者の皆さんも同じです。

みんなが,部員のことを見守り,部員と一緒に対戦しているんだよ。

 

応援席で,大きな声を出して応援してくれる保護者の声。

嬉しいよね!

 

なのに,コートで対戦しているみんなの声が出なかったらどう?

みんな考えてみてほしい。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です