福重ファイターズ

西区福重小学校を拠点として活動しているドッジボールチームです

新規部員募集中です!気軽に練習見学、体験入部に来てください!

02月

2月23日 福重F

2月23日(火・祝)
第15回 SouthCup 小学生公式ドッジボール大会が、久留米市みづま総合体育館で開催されました。

主催の筑後雷電‘Sさん、西牟田ファイヤーズさん
共催の筑後リーグドッジボール同好会さん

福岡県ドッジボール審判競技員の皆さん
対戦頂いたチームの皆さん
ありがとうございました。

参加 18チーム

【結果】
第1位 周船寺エンジェルスさん
第2位 添田フレンズさん
第3位 下原ニュースターズさん

【福重Fの様子】
・予選(Cリーグ) 0勝1分4負 6位(6チーム中)

・トーナメント(全チーム上がり) 1回戦敗退

予選1試合目、緊張しているのか?
動きがちぐはぐしていて、ミスばかりを続けている・・

試合を重ねていく中で、少しずつながら動きも良くなってはきているものの弱気な部分や集中力のなさなどが随所に出ています。

それが、素直に動きや気持ちの面に表れています。

予選は、リーグ 最下位。
トーナメントでは、1回戦敗退という結果で今大会を終える事になりました。

結果は良くないし、色々と課題はある。

しかし、これまでただコートに立ち、試合しているようにしか見えなかった子ども達が、『勝ちたい』という意識が出てきて、それが表情、行動にも出てきたように感じられるようになってきています。

今、オフェンスのケガがあり、それをカバーしないといけない状況。

でも、先日の、筑紫ウインターグランプリでは、人任せにして、動こうとしなかったり、個人プレーをしたり…

消極的なプレーや試合の流れをプレーばかりしていた。

そんなオフェンス陣達が、少しずつながら自分から、ケガしている子どものカバーを意識し、自分がやるべき事を『意識』した動きをするようになってきた。

また、ディフェンス陣も、声が出てきたし、集中力を出てきている。

それは、全員ではないし、常にこのような状況ではない。

でも、チームとしての連携が少しずつながら、出来てきているのを感じるのは嬉しいことです。

今回の参加チームの中では、声は出ていた方だと思います。

この連携感や目標を意識した行動が、もっと強めていってほしいです。

今大会では、結果は良くない。

ですが、これまでの何にも繋がらない負けではなく、『前へ繋がる負け』になった試合が多かったです。

子ども達は、少しずつながら『気持ちドッジ』をするようになってきています(^_^)v

それは、みんなの『意識』が強くなってきたこと。

みんなが、少しずつ成長してきた結果です。

今期も、あと1カ月少ししかありません。
試合数も少なくなってきました。

そうした中ですが、今、福岡市は緊急事態宣言が発出し、体育館の練習は出来ない状況。

でも残る期間を、今できる事にチャレンジしていくしかないです。

それは、一人ひとりの『意識』です。

P.S.
今大会では、主催者から感染予防対策の関係から、密を避ける為、ベスト8に進出したチームのみ残ることでアナウンスがあっており、トーナメント1回戦で敗退した福重Fは、会場を早めに出ることになりました。

あまりにも、早くの時間なので、帰る途中で『道の駅』に立ち寄りました。

これまで大会にいくと、学校から会場までの往復が当たり前になっていたので、たまにはこうして、大会近辺の施設に立ち寄るのも良いなと感じた瞬間です。

でも、大会にいけば、一つでも多く試合しないといけない。

そんな、チームをつくって行かないといけないと、改めて感じた瞬間でした。

開会式
感染予防対策から、第1試合チーム、
回優勝チームでの開会式です。
トーナメント表

2月20,21日 福重F

2月20日(土)21日(日)
筑紫ウインターグランプリを2日間に渡り開催しました。

・予選大会 : 太宰府市総合体育館
・トーナメント : 志免町民体育館、志免西小学校体育館

主催は、福重Fが加入している『筑紫リーグ』の開催です。

参加頂いたチームの皆さん
福岡県ドッジボール審判競技員の皆さん
ありがとうございました。

筑紫リーグ加入チームの皆さん
お疲れさまでした。

【結果】
・チャンピオンズカップ(予選 2リーグの1~4位 : 8チーム)

第1位 J.I.ヴイクトリーさん
第2位 レッドファイヤーズ志免西さん
第3位 飯倉シャイニングキッズさん

・ヒーローズカップ(予選 2リーグの5~7位 : 6チーム)

第1位 長尾バトルサンダースさん
第2位 金武ワンピースさん
第3位 東朽網ライジングサンさん

今大会は、招待チームとして『福岡県予選大会』のトーナメント進出の上位チームをお招きしての開催です。

感染予防対策の関係から、蜜を避ける為。

予選を午前、午後に分け、翌日のトーナメントも、予選の順位により2会場での開催となりました。

予選では、当日、福岡市内の小学校では、リモート授業が行われていたこともあり、福岡市内チームは午後からの予選となりました。(福重Fも午後からです)

【福重Fの様子】
・予選 : 6位
・トーナメント(ヒーローズカップ 予選 5~7位) : 4位で今大会を終えました。

試合内容は、課題の多きものになりましたが、沢山の刺激を頂くもらうものになりました。

〇 第1日目 予選大会
全国進出を決めた、飯倉シャイニングキッズさんを始め、県予選大会の上位チームばかりの対戦です。

今期の福重Fは、これまで勝つどころか、何度も内野数0にされたチームばかりです。

自分にとっては、強豪チームとの対戦は凄く嬉しいこと。

でも、子ども達が弱気にならないか?
弱気になれば、試合どころではない。
との不安もあります。

試合内容は、当たり前のこと。
実力の差を感じさせられるものです。

しかし、これまでの子ども達の弱気な姿勢は、そこまでなく。

試合に向かう気持ちが、少しずつながら、変わってきたのを感じるものになりました。

〇 第2日目 トーナメント戦
予選6位という結果から、トーナメントは、志免西小学校体育館での『ヒーローズカップ』に出場です。

結果は、3位決定戦で、東朽網ライジングサンさんに敗退し4位。

今期初の3位決定戦への進出でしたが、タイトル(表彰)までの壁は高すぎます・・

この2日間を通し、結果は、殆どが負け試合。

課題はめちゃくちゃ多くあります。

また、部員のケガなどもあり、体制としては、良くないです。

しかし、一人ひとりが、これまでと違う表情を見せてくれて、試合をしてくれてます。

今までは、試合前から弱気な子ども達が、少しずつながら、試合に向かう気持ちが高くなっているなと感じたのは、ほんの少し成長を感じたものになりました。

でも、それは全員ではない。

個人プレーをしたり
人に任せてしまう消極的な動き
集中力のなさなど

試合の中では、多くの事がある。

その一つひとつが、リズムを、歯車を崩してしまっている。

そして、全体の盛り上げにストップかける事に繋がっています。

それは、試合をしたからこそ、みんなは、感じる事が出来ているはずです。

その経験した事を、無駄にしない様にしてほしいです。

P.S.
今大会では、東朽網ライジングサンさんとの対戦する機会が何度かあり、最後も対戦で終えました。

東朽網さんは、福重Fにとっては、歴代の先輩達から、いつも、その背中を追いかけているチーム。

試合内容だけでなく、取り組む気持ちは、いつも感心させられるし、刺激を受けいます。

今期は、実力の差が大きく、全然足元には、届かないところにいます・・

でも、今期のチームも、先輩達同様に、東朽網さんとの対戦では、いつもと違う表情を見せてくれます。

その姿は、先輩達からしっかりと受け継いでいるもので、いつも嬉しく思う瞬間です。

今大会で、今期の対戦は最後になりそうです。

最後の試合も例年通り、最後は勝つことができない結果で終わりましたが、この思いは、来期メンバーにしっかりと引き継いでくれたと思っています。

閉会式終了後には、一緒に集合写真(^^♪

来期も、追っかけますから!

大会要項
天敵(^^♪
東朽網ライジングサンさんとの集合写真!

1月30日 春の福岡県予選大会

1月30日(土)
2020 春の福岡県小学生ドッジボール選手権がアクシオン福岡にて開催されました。

参加 32チーム

主催の福岡県ドッジボール協会さん
福岡県ドッジボール競技員の皆さん
ありがとうございます。

【結果】
第1位 飯倉シャイニングキッズさん
第2位 周船寺エンジェルスさん
第3位 J.I.ヴィクトリーさん

全国の切符を決めた、飯倉シャイニングキッズさん、おめでとうございます。

今期の「春の福岡県予選大会」は、感染拡大防止から、30日には、午前(Aグループ)、午後(Bグループ)に分けての予選大会。

予選通過した13チームが、翌日31日(日)にトーナメント戦が行われました。

開会式は、選手は応援席。
保護者の応援はコートへの移動なしで応援席にて行う。

円陣禁止など、例年と違う大会となりました。

でも、こうして春の県予選大会が開催できた事が何よりも、子ども達にとっては思い出になりました。

【福重Fの様子】
福重Fの予選は、30日の午後(Bグループ)です。

結果は、1勝0分3負 4位(5チーム中)で予選敗退です。

1試合目から、緊張しているのか?

動きが全然良くない。
ミスばかりが目立つ。
更に、最近、声も全然でていない。

最近、少しずつながら、声も出てきて、動きも(リズム)も良くなってきていた。

それだけに、
出来ていたものが全然出すことが出来ない。
チャレンジすることさえ出来ない。

その状況で、今期の集大成となる『春の県予選』が終えました。

自分は、一人ひとりが、『悔いの残さない試合をしてほしい』

そう思っていたものの、そうでない結果になってしまいました。

それは、子ども達のモチベーションを上げる事が出来なかった自分の責任しかないです。

みんな、ごめん。

今期は、県予選大会の17日前。

福岡県に緊急事態宣言が発出され、福岡市にいては、小学校体育館が使用中止になった。

県予選前のラストスパートする期間、全体練習は出来ずに、一人ひとりの自主練習に任せるしかない。

その状況での本大会。

一つでも上にいきたいと思うと同時に、ケガをするな。

そんな思いで試合に向かっていた自分がいました。

試合では、ケガをすることはなかった。

動きも、一人ひとりが自主練習していたのを十分に感じるものでした。

でも、全体練習不足など、前準備が出来ていない状況は、それが気持ちや行動にしっかりと出てしまっています。

福重Fにとって、『春の県予選大会』での予選落ちは、何年かぶりです。

そして、春の県予選で内野数『0』にされたのは、初めての事です。

それは、自分たちの実力(気持ちの面、行動の面)を嫌というほど実感させられました。

その原因は、子ども達ではないです。

春の県予選大会のコートに、一人ひとりが、全力疾走できる準備をつくってあげられなかった事。

ケガをしたら?いけんと言う。

自分の甘さがあったからです。
自分の責任しかないです。

結果は、悔しい。

でも、それよりも、子ども達、一人ひとりに『全力疾走』させる事が出来なかった事。

その事が、何よりも悔しいです。

子ども達にとって、やり切った感のない大会になってしまいました。

でも、分かってほしいです。

この春の県予選大会でのコートに立てたこと。

雰囲気を感じた事。

結果を通じて、一人ひとりが何かを感じてほしいです。

今期の福重Fは、年度初めの自主期間から練習が出来ない状況が続きました。(全てのチームが同じです)

やっと、小学校体育館が使用できる様になった7月からやっとスタートが出来ました。

徐々に仲間が増えてきました。

でも、部員の大半がドッジ経験2~3カ月程度の子ども達です。(全部員 19人のうち14人が今期入部)

入部して直ぐにケガをしたり、ボールを怖がったり、ボールも遠投が出来ないなど、他チームに比べては断然と差があります。

当たり前の事。
対戦すれば、勝つことなんか出来るはずがないです。

新規部員の子ども達にとっては、県予選なんか知りません。

そんな、子ども達が、1つひとつの経験の中で、少しずつながらも成長していく姿。

そして、春の福岡県予選大会のコートに立つことが出来ました。

初の『県予選』は、いつもの練習試合や大会と違う雰囲気。

緊張してもおかしくないです。

結果は、悔いがあるものになったかもしれない。

だけど、この経験は、みんなにとって、決して無駄な経験ではないです。

みんなにお願いがあります。

この経験を無駄してほしくない。
その為にも、県予選の自分の事、チームの事を振り返ってほしいです。

そして、自分が思ったことにこれから『チャレンジ』してほしいです。

監督は、厳しいと思われてます。

でも、一人ひとりが、何かを感じ、チャレンジしている姿は、めちゃ好きです。

しかし、その逆は、めちゃ嫌いです。

なぜなら、時間は絶対に戻らないからです。

どうしたらよいの?
ミスしたら?

そんなことを思うなら、口に出せ!
やってみな!
と思っています。

最近、福重Fでは、『アンパンマン』が合言葉になっています。

それは、何故なのか?

一つは、みんなに声を出してほしい。
笑顔を出してほしいとの気持ち。

もう一つは、アンパンマンです。
アンパンマンは、正義感が強く、優しいです。

でも、弱気なところがあり、いつもやられて、力が出ない状況になります。

しかし、持ち前の正義感、優しさは、ジャムおじさんを始め、みんなの応援(声)があり、復活します。

そして、持ち前の正義感を必ず達成してくれます。

最後は、みんなに笑顔を与えてくれます。

それは、ドッジでも同じだと思っています。

活動の中では、凹むことは、沢山あります。

凹んで、ミスをして。
負けを、続けても、必ず前に進むことが出来る。

前に進むことができる!

それは、皆んなを応援してくれる、保護者、指導者、先輩達の後押しがあるからです。

ドッジは、『全員ドッジ』です。

それをアンパンマンから教えてもらってます。

元気 100倍『アンパンマン』
めちゃ好きです!

6年生 3人へ
みんなの『春の県予選大会』が終わりました。

3人に『やり切った』
そう思える事が出来ずに終えらせてしまったこと。

本当にごめん。

だけど、みんなとコートに、立てて良かったです。

れんと、しゅんすけ、せいが
この経験は絶対に無駄にしてほしくない。

帰ってからのミーティングで話したとおり、春の県予選大会が、一つの区切りです。

6年生の卒部だと思っています。

活動は、3月末まであるけど、この2ヵ月は、自分のやりたいように、中学に向けての準備にしてほしいと思ってます。

そして、後輩に引き継ぐ期間にしてほしいです。

今まで、真っ直ぐ向かってきたことを、周囲をみるようにしてほしいと思います。

だけど、『全力疾走』する事。

それだけは、忘れないようにしてくださいね。

最後の1秒まで、突っ走っていくつもりでいるからね!

県予選を終えて、3人には、振り返ってほしいことがあります。

それは、今大会の事を振り返るこは当たりまえです。

でも、春の県予選を終えた今だからこそ、こうして県予選のコートに立つまでのことを振り返ってほしいです。

みんなが、最高学年となった今期は、年度初め、5人でのスタート。

自粛期間で、練習もできない状況が続きながらも、3人が先頭になり5人の子ども達は、凹むこともなく。

県予選出場を目標にこれまでやってきてくれました。

次第に練習が出来るようになり、新たな仲間が増えてきました。

でも、県予選大会のエントリーできる人数が揃ったのは、エントリー締切り直前のこと。

1週間前にチーム登録を行い、締切りギリギリでの大会エントリーとなりました。

それは、県予選大会に出場したい。
そう思っていても、可能になることはないよね。

みんなの思い。
頑張っている姿にどうしても出場させてあげたい。

と部員募集などを頑張ってくれた、保護者、指導者のみんながいたから。

新しく仲間になった子ども達。
ドッジの経験が浅い中でも、一緒になって頑張ってくれた仲間がいたからこそ。

そして、練習試合や大会に呼んでくれたドッジ関係者の皆さんがいたからこそ。

自分たちは、『2020 春の福岡県小学生ドッジボール選手権』のコートに立つことが出来ました。

今期は、コロナ渦の中、色々な事がある年度です。

でも、思っているだけで可能になることは、絶対にないです。

当たり前で物事が前へ進むことは何一つないです。

一人では何もできない。

多くの見守り、応援、協力があり。

大切な仲間がいて自分たちは、前へ進むことができました。

その皆さんに『感謝』する気持ちを忘れないでほしい。

大切にしてほしいです。

残り2ヵ月。

6年生の3人が、今大会を一つの区切りとして、感謝の気持ちを持ち。

いつも見守り、応援してくれる皆さんの為に、自分達が、やりたいことに最後の1秒まで突っ走ってほしいです。

そして、3人の足跡をしっかりと残してほしい。

笑顔で終えたいです!

開会式!
チームの整列がないです
集合写真!
みんなで、春大会のコートに立てたこと。
凄くうれしいです。