福重ファイターズ

西区福重小学校を拠点として活動しているドッジボールチームです

新規部員募集中です!気軽に練習見学、体験入部に来てください!

06月

6月23日 北部リーグ 福重F

6月23日(日)は,行橋市 泉小学校体育館で開催された「北部リーグ」に参加させて頂きました。

北部リーグの皆さん
ドッジボール審判競技員の皆さん
ありがとうございました。

【参加 12チーム】
○ 北部リーグ 10チーム
・泉ファイターズさん
・KURATE-G3さん
・上毛キッズさん
・添田フレンズさん
・高蔵パワードリームさん
・大里柳ビッグソルジャーズさん
・長尾バトルサンダーズさん
・東朽網ライジングさん
・BIG WAVEさん
・若宮キッズさん

○ 招待チーム
・駅川ソレイユさん
・福重ファイターズ

北部リーグの皆さん。
呼んでいただき,本当にありがとうございました。

【結果】
第1位 駅川ソレイユさん
第2位 泉ファイターズさん
第3位 東朽網ライジングサンさん

【福重Fの結果】
・予選 4勝0分7負 8位
・トーナメント(予選順位 7~12位でのトーナメント) 第2位 (全体 8位)

当日の福重Fは,全部員 14名が参加です。

でも,3人が骨折しているため,実質試合が出来るのは11名(骨折中の1人は,外野固定状況です)

ベンチにいる機会の多い子ども達を入れての体制となりました。

この状況をみんなでカバーし合いながら,試合を進めてくれるものと期待はしていましたが・・

予選1試合目から,リズム感のない,歯車がかみあわない,単純なプレーばかりが続き,これまで練習してきたことを出しきれない子ども達。

パスミスや弱気な攻撃で簡単に相手チームにボールを渡し,相手チームのリズムで試合が進む。

そんな状況なので,声も出ない。
覇気も感じられない。

時には,相手アタッカーに対し逃げの状況になっている試合もある。(練習の時に投げてくれる中高校生のOB達のボールに比べてどうなの?)

リズム感のなさや単純なプレーは毎回あること。

でも,逃げるような「弱気」を前面に出したプレーは,この何年見たことがないです。

それだけに,かなり堪えたのが本音です。

更に,先輩たちの代から,切磋琢磨しながら対戦してきたチームとの対戦でも同様なプレーをしている。

何をしてる?というより,そんな気持ちなら,コートに立つ意味がない。

悔しいより,情けない気持ちしかないです。

先週のリーグ戦では3位となった。
その時のプレーとは全然違うものになっている。

先週話した,モチベーションを持って試合に来てほしい!

そんな言葉は既に忘れられたものになっています。

今大会の体制は,怪我している子どもや体調不良気味の子どもがいたりとベストな状況ではない事はわかる。

でも,そんな時こそ,自分達が出来る事を全力でチャレンジすること。

声をかけあい,カバーし合いながらプレーしなければいけない。

だけど,今大会のプレーは,どうだった?

オフェンス陣は,リズムを持った攻めをするのではなく,1球目からの真正面のアタックを続けていたり,中にはパスばかりを続けるアタッカー達もいた。

マイボールをキープしながら,試合の流れを読んだ強気なプレーなどは殆どなかった。

ディフェンス陣は,どちらかと言えば逃げている。

弱気な姿勢は,ベンチから見ていて感じられる位だから,相手チームから見たら十分に感じられたはずです。

相手リズムで試合が進むのは当たり前のことです。

パスミスやオフェンス陣達のワンパターンな攻撃で,相手ボールにしてしまい,それからは,相手チームのリズムで試合が進む。

終始,このような状況で試合が進み、今大会を終えた。

毎試合後には,子ども達同士のミーティングを行ったりしている。

沢山の言葉が出る。
でも,そこでの言葉は,子ども達同士がどう感じているのか?

その場だけわかる「言葉」にしかなっていないんじゃないのか?

自分は,その様に感じる。

何故,その様に感じるのか?

それは,試合後に結果(勝敗)だけをみて,感じたことを言っているだけだからです。

試合前に(練習時からですが),
こんな事をしようね!
こんな所に気をつけようね!
などの話し合いがあっている。

試合中に,ミスや良いプレー,気をつけることなどについて,コート内で声掛けが出来ている。

そんな,話し合いや声掛けが出来ていない状況なのに,試合後に結果だけを見て,そこだけの話合いをしていていても,みんなは,振り返ることやチャレンジする事が出来るようになるの?

だから,『言葉』にしかなっていないなと感じるし,その言葉でチャレンジする事は,難しい事だと思う。

でも,試合前(練習)の話し合いや試合中に声掛けが出来ていたのなら・・

試合後のミーティングでの話し合いの言葉は,事前や行動している時に声かけられている言葉なので,一人ひとりの感じ方は違ってくるはずです。

過程もないのに結果だけを言われても,その場だけは分かったとしても,ただの「言葉」でしかならないよね?

なら,心に入るものではなく,直ぐに忘れてしまうものにしかならないと自分は思う。

更に,ミーティングで話をしている子ども達が,自分の事を振り返らずに,他人の事しか話をしなければ・・

聞いている子ども達は,素直に聞くことは出来ないないはずです。

時には,部員の中では,えらそうに言うけど,あいつは言うだけで,自分では何もしてないや!などの愚痴も出てくることさえもあるかもしれない。(実際,過去に福重Fでありました)

それで,試合に向かう気持ちが出来る?
チームワークが固まるものになるの?
目標・目的に向かう事が出来るの?

汗をかいた言葉のキャッチボールが出来ていないのに,結果だけのアタックを打たれても意思疎通が出来るはずがないよね。

それなら,試合内容や結果も,そんなものにしかならないんじゃないかと思う。

なら,どうしたら良いの?

それは,一人ひとりが考える事です。

監督が言うのは簡単なことです。
(何度も話しているけどね)

言われたからするのなら,強制的なものにしかならないし長続きするはずがない

自分で考え,行動に移す!

そんな自主的な動きをしなければ,始まらないです。
今の自分を振り返ってみてほしいです。

それが,コートに立つ為に大切なものではないかと自分は思っています。

そうでなければ,今大会でもそうだけど,自分達の「目標・目的」を持つ事が出来る?

それに向かいチャレンジする事は出来ないはずです。

自分達がもっているチームの『目的』も言葉だけのものにしかならないはずです!

それがあれば,今大会も違っていたかもしれないね!

パスばかり回していたアタッカー達も強気でアタックしていたかもしれない。

逃げていたディフェンス陣も,『とっちゃる!』っていう強気なプレーが出来ていたのかもしれない。

今の福重Fは,新規部員が入り試合に出れるようになってはいるけど,他チームに比べたら初心者のチームです。

それは,他チームの子ども達は,みんなよりドッジの経験年数はあるからです。

だから,そう簡単には対等に対戦するのも厳しい事は,当たり前の事です。

でも,監督は,初心者の子ども達が多くても,対等に対戦できるチームにするつもりです。

その為には,一人ではできない!

みんなが,「目標・目的」を大切にしてチャレンジする気持ち,行動がなければ出来ないです。

全員が同じ気持ちになってチャレンジするしかないです!

今大会は,本当に,これまでやってきたことを出すことが出来ないもので,正直,『0』に戻った感じです。

県予選 1か月前で,前へ進めていない事は悔しいですが・・

逆にこの時期に,沢山の課題を貰えたことに感謝の気持ちです。

とことん落ちたと感じたのなら,『0』から追っかけていくだけです。

みんなで,目の前の壁を乗り越えていこうね

6月16日 リーグ対抗戦 福重F

6月16日(日)は,福岡市民体育館で開催された「第14回 福岡リーグ対抗戦ドッジボール大会」に出場しました。

主催の福岡県ドッジボール同好会さん
ドッジボール審判競技員の皆さん
対戦頂いたチームの皆さん
ありがとうございました。

昨年度は,九電記念体育館で開催されていた今大会も,九電記念体育館の閉館に伴い,今回は初の「福岡市民体育館」での開催となりました。

事前に主催者から,施設内の駐車台数が1台と制限があった事もあり,今回の移動は,地下鉄です。(九州内の大会では,初の公共機関での移動です)

いつもの車での移動と違い,どこかテンション高めの子ども達!

たまには,こういう移動も良いですね。

【結果】 参加 15チーム
第1位 柳川フィフティーンさん
第2位 畝刈マリンウェーブさん
第3位 福重ファイターズ

【福重Fの結果】
○予選 2勝1分1負 2位(Aリーグ 5チーム中)

○トーナメント
・1回戦 千早っ子クラブさん戦  10-5  勝

・2回戦 下原ニュースターズさん戦  8-7  勝

・準決勝 柳川フィフティーンさん戦 6-11 負

・3位決定戦 有住NewStarsさん戦  7-4  勝

第3位 久しぶりの上位入賞です。

嬉しい反面。

試合内容が,あまり良いものではない。
課題を多く持ち帰るものになりました。

さて,今大会の福重Fは,参加者は14名の全部員が参加です。

でも,1名が前日の練習でケガをしてベンチ。
更に,1名が予選での試合中に足を痛めてベンチと12名ギリギリでの試合です。

今大会を振り返ると,朝のみんなのモチベーションの低さ(全員ではないです)がそのまま試合内容に繋がったように感じます。

朝の開会式では,早めに観客席からコートにおりた子ども達が,一番最後に整列している。

更に,会場に入る前には,入り口で挨拶することなく整列しようとして,自分から叱られる場面があった。

こういう事は,今まで大会に来て,初めての事です。

自分自身,出来る事が当たり前に思っていただけに,改めて考えさせられるものになりました。

確かに,子ども達は,会場に入る前に下靴と上靴を履きかえたり,下靴の置き場所を探すのに時間がかかったのかもしれない。

会場に入ろうとしたら既に整列していたので,入った子ども達から挨拶もせずに,慌てて走ろうとしたのかもしれない。

これが,みんなにとって初の大会なら,どうして良いのかが分からずに焦ってしまい,このような状況になってしまった。

それなら,仕方ないかと思う所もあるかもしれない。

でも,そうではないよね!

今,福重Fには,新規部員も入り,大会の経験が少ない子ども達はいるものの殆どが昨年度からいる子ども達です。

これまで何度も大会に出場し,挨拶,礼儀の大切さを皆で理解し行動してきたはず。

部員には,開会式終了後,挨拶,礼儀の大切さについて話をした。

みんな,改めて考えてみようね!

礼儀,挨拶は,何事においてのスタートである事を理解してほしい。
大切にしてほしいです。

今回の様に,いつも出来ていることが,慌てたりして出来なかった。

それは,なぜ?

みんなの中で,どこか「気の緩み」があったからじゃない!?

自分は,そんな「気の緩み」が,今大会での試合内容に出ていたように感じます。

特に予選では,プレーやコンビネーションの歯車がかみ合わない部分が随所に出ていた。

それは,全員ではない!
良いプレーも沢山あった。

でも,少数の子ども達の気持ちや一つの行動が,チーム全体の雰囲気や行動に繋がって行ったのをプレーしていたみんななら感じたはずです。

予選では,試合後に何度も指導者から注意され,その都度,部員達は,子ども達のミーティングを繰り返しています。

しかし,一気に切り替える事は難しい事です。

歯車の食い違いを治すのは,そう簡単にはいかないです。

子ども達は,何度も同じミスを繰り返しています。

でも,予選終了前には,予選最初の試合に比べて少しずつながらもリズム感のあるものになってきたように感じるようになってきています。

トーナメントに入り,試合に向かう気持ちが前へ向いているのを感じられるようにはなってきた。

しかし,予選からの悪いリズムや簡単に相手チームにチャンスを与える場面は随所に出ています。

どの試合も僅差ながらも,久しぶりの上位入賞となりました。
(準決勝では,一方的に相手チームのリズムで完敗ですが・・)

今大会では,試合に向かう気持ちの大切さ。
モチベーションの大切さがどう試合に繋がっていくのかを,みんなが実感したはずです。

何の為に,大会があるのか?
その大会では,何を「目的」にしているのか?

それを一人ひとりが思い,チャレンジしなければ,モチベーションを持って大会を迎え,終える事が出来ないはずです。

そういうモチベーションを高めた大会であれば,結果がどうであったとしても,自分にとって,チームにとって,今出せる「10の力」にチャレンジ出来たはずです。

でも,ただ会場に来て,試合をしているのであれば,そういう行動はできないはずです。

いつもいう事です。
○ 常に,一人ひとりが「目標」を持ちチャレンジする事。

○ チームの「目的」を全員が理解し,全員でそれに向かいチャレンジする事。

大切にしてほしいです

PS
めっきり暑くなってきましたが,夜などは寒さを感じる日もあります。

練習、大会では,着替えや上着を持ってくるなど,自己管理お願いします。

また,最近ケガ人が増えてきました。

いつも以上に準備運動、クールダウンをしっかりやるように,何事においても集中するようにして体調管理には気をつけてくださいね

ケガをして辛いのは,本人。

でも,聞く度に自分が,それを回避出来なかったのか?

あの時に声をかけていたらケガしてなかったのでは?など

反省ばかりが続きます

開会式! 試合はここから始まっているよ
大会主催者、審判員さん
試合できる事、応援してくれる保護者など
感謝すること! は当たり前のこと。
それを表すのは『大きな挨拶』です
聴く姿勢!向かう気持ち!
があれば綺麗な整列になるはずです
上位入賞 おめでとう (^^♪
地下鉄での移動、たまには良いです !(^^)!

6月9日 筑紫グランプリ2019 福重F

6月9日(日)は、篠栗町民体育館にて『筑紫グランプリ2019』が開催されました。

主催は、福重Fが所属している『筑紫リーグ』です。

参加頂いたチームの皆さん
ドッジボール審判競技員の皆さん
ありがとうございました。

そして、筑紫リーグの皆さん
事前準備から企画、実行まで、本当にお疲れ様でした。

【参加 16チーム】
○ 招待チーム (8チーム)
・ 有住NEWSTARSさん
・ 飯倉シャイニングキッズさん
・ スクラムくまもとさん
・ シュネル鍋島さん
・ 鳥飼オリオンズさん
・ 大蛇キッズさん
・ 鳴見台ドッジ☆スピリッツさん
・ 一撃さん

○ 筑紫リーグ (8チーム)
・ うめちゃんズさん
・ あいあいモンキーズさん
・ 安徳フェニックスさん
・ 金武ワンピースさん
・ 福岡タートルズさん
・ 福津フェニックスさん
・ レッドファイヤーズ志免西さん
・ 福重ファイターズ

【結果】
○ グランプリリーグ
(予選 2リーグの上位4チーム : 計8チーム)

第1位 飯倉シャイニングキッズさん
第2位 あいあいモンキーズさん
第3位 スクラムくまもとさん

○ チャレンジリーグ
(予選2リーグの下位4チーム : 計8チーム)

第1位 鳥飼オリオンズさん
第2位 金武ワンピースさん
第3位 大蛇キッズさん

予選は,Aリーグ,Bリーグの2リーグで行われ(各リーグ 8チームの総当たり戦)

各リーグの上位4チームの計8チーム(4チーム×2リーグ=8チーム)が,「グランプリトーナメント」に進出

各リーグの5位~8位 4チームの計8チームが「チャレンジトーナメント」に進出です。

【福重Fの結果】
予選  Bリーグ  4勝 0分 3負  4位 (8チーム中)

ギリギリの4位で、トーナメントでは、グランプリリーグに進出です。

トーナメント1回戦
対戦相手は,飯倉シャイニングさん

開始早々から,相手チームのリズムで試合が進み完敗です。

もっと、格上のチームにがむしゃらにチャレンジしてほしかったのが本音です。

今大会の福重Fは、
予選から、リズムがつくれない。
マイボールを、キープできない。

練習でしてきた事をチャレンジできないなど課題ばかりを持ち帰るようになりました。

試合の内容以前に、試合に向かう気持ちの足りなさが動きや雰囲気の悪さに繋がっている。

それが,試合結果になっているのは当たり前のことです。

今大会では、子ども達は,体力、気持ち(試合に向かう)、試合の流れ(リズム)など沢山の足りないものを経験したはずです。

その貴重な経験を振り返り、どうチャレンジしていくか?

それは、まず1人ひとりの気持ちです。
しっかりと振り返ってほしいです。

いつも言うこと。
思う事は誰でもできる。
『はい』の返事は誰でもできる。

でも,思っているだけで,やろうと『チャレンジ』しなければ,一歩も前へ進むことはできないよ!

それなら,ただ,そこで立ち止まっているだけしかない。

ミスを繰り返し,振り返り,チャレンジする。この繰り返しです。

100%完璧な事は絶対にないです。

でも、あるのは、自分の『10の力』にチャレンジすることです。

みんなには,無限の可能性がある。

その可能性をいかすのも,そうでないのも。

一人ひとりの気持ち,チャレンジしかないです。

自分は,チャレンジする時に一番の壁は,「一人ひとりの気持ち」だと思う。

自分に負けない「強い気持ち」で,「自分を信じて」チャレンジしてほしいです。

さて,今期メンバー(14名,新規部員5名含む)になり約1カ月が過ぎました。

5月は,運動会など学校行事が毎週あり,今大会が3週間ぶりの対外戦となりました。

練習だけでは得られない経験は,対外戦を通じて経験することが多い。

だからこそ、沢山の事を、経験させてあげたい。

でも,この時期は仕方ないです。
学校,校区行事が最優先です。

これから,一つひとつ経験していけば良いです。

新規部員にとっては,約1カ月が過ぎ,ドッジの厳しさが少しずつながら分かってきたように思います。

まずは、体力,集中力の必要性を感じているはずです。

リズムが早く,まだまだ動きについてこれなかったり,ボールを怖がったりすることもある。

でもそれは当たり前の事です。

誰もが,初めはそうです。

一つひとつ,一緒にクリアしていけば良いからね。

最後に、100% 完璧はない!
ミスをする事が何よりも大切な事です!

でも、振り返り、チャレンジしなければ、そのミスは、同じ事を繰り返す失敗。

しかし、チャレンジすれば、可能性をあげるミスになるはずです

開会式!
今期メンバーの『絆』

どこまで、みんなの『絆』が高まるのか?

その為には、自分に負けない『強い気持ち』
遠慮しないで『自分を出し切る』ことだと思うよ (^_-)-☆