福重ファイターズ

西区福重小学校を拠点として活動しているドッジボールチームです

新規部員募集中です!気軽に練習見学、体験入部に来てください!

04月

4月21日 福重F

4月21日(日)は,苅田小学校体育館で開催された「東朽網ライジングサンさん主催」の練習試合に参加させて頂きました。

東朽網ライジングサンの皆さん
対戦頂いたチームの皆さん
ありがとうございました。

【参加 6チーム】
○ 東朽網ライジングサンさん
○ 泉ファイターズさん
○ O・Tブラックパンサーさん
○ 駅川ソレイユさん
○ 長尾バトルサンダーズさん
○ 福重ファイターズ

練習試合は,午前1クール,午後2クールで行われ,同クールともトーナメントまで行う内容です。

沢山の刺激をもらい,自分達の課題,足りない所をしっかり持ち帰るものになりました。

クールの途中には,
・ジュニア戦
・ジュニア VS 保護者 お母さんチーム
・おやじチーム戦
が行われ,保護者にとって,思い出に残る楽しい時間を過ごせたはず。

*保護者の皆さん,筋肉痛になってないですか?

また,機会がありましたら,大人ドッジしたいですね❗️

【福重Fの内容】
当日10名での参加だったものの,朝会場までの移動で1名が体調不良となり9名での体制となった。

まだまだ,フォーメーションも出来ていない時期のマイナス3は,めちゃくちゃにキツイです!

でも,その状況での試合を皆んながどう思い,どう組み立てるのか?

子ども達には良い経験になったはずです。
(しかし,今練習試合も,よく負けました。)

○ 1クール目
・予選 0勝0分5負 6位(最下位)
・トーナメント 2回戦敗退

○ 2クール目
・予選 2勝0分3負 5位
・トーナメント 2位

全体的に言って,課題ばかりが多く,正直,試合になっていない。

試合の流れを読まない,ワンパターンなプレーが多く,せっかくボールをゲットできても,単純なアタックやパスミスで簡単に相手ボールにしている。

そんな場面が多すぎる!

特に,1クール目は,マイナス3を意識しているというより,自分の事だけで精一杯になってしまい,周囲を見る事が出来ていない。

だからカバーする事も出来ず,フォーメーションは乱れ,更にディフェンス陣の弱気なプレーが随所に現れている。

そんな内容なのに声が小さいから覇気が感じられない。

自分達から,ピンチにしている❗️

こんな内容は,年度当初,マイナスだから仕方ない!と割り切れるものではないです。

1試合目から,子ども達へキツメの「喝」が入りました。

ミスをしても,一人ひとりが,自分の出来る事に「全力疾走」してほしい。

そうであれば,ミスを繰り返しても次に繋げて行ける。

でも,ミスをして凹んだり弱気になり,切り替えも出来ずに時間を過ごすのなら次に繋げるものは何もない。

子ども達に,切り替える事は難しい事なのは十分に分かる。

でも,わかってほしいのは,

1人でプレーしているんじゃない。
仲間とともにプレーしていることを意識してほしいです。

周囲を見てみな!
全員が凹んでないよ!

調子が悪かったり,ミスを繰り返してしまった時は,仲間に任せる事も大切。

でも,気持ちだけは弱気にならないことです!

2クールに入ってからも,試合内容は,荒い!

一部の子ども達には,まだまだ気持ちの弱さが見える・・

でも,
・新規部員の続けてのナイスキャッチ
・オフェンス陣の気持ちの入ったキャッチ
・ディフェンス陣の強気なプレーなどが少しずつながら見えるようになってきた。

良いリズムを作ろうとしてくれてます。
気持ちが入ったプレーは,声も動きも大きかったよ!

試合結果も,1クールに比べて「勝ち」が出てきました。

トーナメントでは,2位!
良い試合でした。

子ども達にとって,今練習試合を通じて,色々な事を感じ,良い経験になったはずです。

自分がいつも言うこと!

試合は,リズム。
それを崩すのは簡単なことです。

弱気になり,諦めればよいから。
それなら,その結果しかならないよね!

ミスがない事なんか絶対にない。
ミスは,「足らない」ことを教えてくれる最高の贈り物です。

それなのに,落ち込み,凹み,弱気になってどうする?

それなら,チャレンジすることなんか出来るはずがないよね!

チャレンジ出来ない子どもは,福重Fには,誰もいないです。

強気になれ!

PS
人数が足りない状況で,スタート地点には立っていない。

でも,今できる事に全員で一つひとつにチャレンジしていくだけです!

今期は,昨年度と,性格も違う子ども達だけど,結構面白いチームになりそうな感じがします。

最後に,前期は,今回,呼んでいただいた「東朽網ライジングサンさん」には多くの事を学び,刺激をもらい,常に意識してきました。

今期も,前期同様に意識しそうです

4月14日 練習試合 福重F

4月14日(日)は,原田小学校体育館で開催された「原田WINGSさん主催」の練習試合に参加させて頂きました。

原田WINGSさんを初め,対戦頂いたチームの皆さん。
ありがとうございました。

参加 6チーム
○原田WINGSさん
○あいあいモンキーズさん
○畝刈マリンウエーブさん
○松島エンジェルズさん
○湯田ドッジファイターズさん
○福重ファイターズ

新規体制になって初の1日での練習試合で,16試合と多くの試合をさせて頂きました。

沢山の刺激,課題を頂き,ありがとうございます。

当日は,全部員 10名(マイナス2)での参加!

・新しいポジション,マイナス2で対戦するという全員の意識があるのか?

・新規部員や今までベンチにいる機会が多かった子ども達がフルに試合に参加するけど,試合に向かう意識があるのか?(他の子ども達は,カバーしあう意識があるのか?)

・新6年生が,最上級生としての意識があるのか?
など,どんな風に行動してくれるのか密かに楽しみにしていましたが・・・・・

試合内容は,一言で言えば「荒い」だけ!

試合内容を読む行動や自分達のリズムを作るところまでは,まだまだほど遠いものです。

カバーし合うところも一部には見えるけど,自分のことだけで精一杯で周囲を見る余裕がない。

当たり前の事です。
昨年と違うポジションになり,簡単に余裕を持ったプレーが出来るはずがない。
(でも,声は出るはずだよね)

一つひとつ経験をする中で,自分なりに考え,失敗し,チャレンジする!

この繰り返しをする事で,一つひとつ「前へ」一歩踏み出すことになる。

それには,決して「ゴール」はないです!
常にチャレンジする意識をもって行動するだけです!

今は,沢山の事を経験してほしい。

その中で振り返り,自分達の足りない課題をしっかり見つけ出していってほしいです。

でも,いつも言うこと!
思うだけで,行動に出さなければ,その場で立ち止まっているだけだからね。

今練習試合では,自分達の足りない課題が沢山あったはずです。
だからこそ振り返ってみてほしいです。

・どんな事でも良いです。
・1つだけでも良いです。
足りないところを探してほしいです。

そして,まずは見つけた1つにチャレンジしてほしいです!(沢山の事にチャレンジする必要はないからね)

今練習試合では,勝敗結果 5勝0分11負 予選 6位,トーナメント 6位。

久しぶりの最下位。

トーナメント戦最後では,一部の子どもが,今まで見たことの気持ちを前面にだした行動があり,試合後には涙をみせてくれました。

よっぽど悔しさがあったはずです。
嬉しかった。
その悔しさは忘れないでほしいです。

今,自分は最下位が悔しいというよりも,0からのスタートの切符を手に入れた気分です。

本当のスタートは,人数が12名集まってからですが,それまで10名の部員で一つひとつ「前へ! 挑戦!」していきたいです。

これから,今期部員がどんな「足あと」をつけてくれるか?

一緒に考え,失敗し,チャレンジして行きたいです

PS
新キャプテンとの会話。

ミスして凹んだりするところあるけど,そんな時,周りはどう感じると思う?

雰囲気が悪くなって,声が出なくなり,ミスを繰り返して,個人プレーが目立ち,リズムがとれなくなります。

なら,どうしたら良い?

ミスしても凹まない。気持ちを切り替えることです。

そんな会話をしました。

キャプテン,6年生達の表情は,5年生以下(特に新規部員)は,敏感に感じて雰囲気,やる気,集中力などが崩れる事にキッカケになる。

ミスした事で,その本人自身もプレーが荒くなり,同じミスを繰り返し,個人プレーに走りがちになってしまいます。

ミスは,凄く大切な事です。
ミスをしない人は誰もいないです!

でも,せっかくミスして教えてくれている事を凹んだりすると,更にそのミスを繰り返すだけになります。

だからこそ,自分が切り替える行動を持つ事が大切だし,自分なりの切り替えられる行動を見つける事が大切です。

キャプテンに言いました。
凹んでも良い事は絶対ないよ!

自分達が凹んだから、リズムが崩れて行くというなら,その原因となる子ども達が,周りを見える気持ちの余裕を持てば良い!

周りには,一緒に頑張ってる仲間がいるよ!

例えて言うと
同じ導火線に火を点けたとする。

凹んだ時,その先には,「ダイナマイト」があるとする。

でも,6年生達が切り替え,大きな声や積極的なプレーをすれば,その先には,「花火」があると思わん。

なら,切り替える事。
凹んだ子どもがいれば声をかけてあげる事。
そんな事が,『花火』をあげる事になるんじゃない。

理解したのかはわからないです。
(言いながら,自分自身,難しい例えやなと思ってます💦)

わかってほしいのは,
5分間は,ピンチとチャンスの繰り返しです。

なら,自分達からピンチを招くより,ピンチをチャンスにもってくる気持ちをキャプテン初め6年生達には持ち続けてほしいという事だけです。

今期は,新キャプテン決めは,前期の卒部生が決めました。

色々と候補が出ていましたが,最後に決めた理由は「向上心」の強さだったみたいです。

新6年生の中では,一番「向上心」が強いと思います。
でも,その他の子ども達も負けない「向上心」を持っています。

しかし,中には,内に秘めて行動に出しきれていない子どももいます。

思っているだけでは,そこで立ち止まっているだからね!

新規が始まったばかりなので言っときます。

福重Fのスローガンは,「挑戦! 前へ!」です。

向上心がなければ「挑戦」できないはずです

4月6日 福重F 新規初試合

4月6日(土)は,午後から金武小学校体育館にて金武ワンピースさん主催の練習試合に参加させて頂きました。

金武ワンピースさんを初め

対戦頂いたチームの皆さん

審判頂いた皆さん

ありがとうございました。

参加 5チーム

○金武ワンピースさん

○あいあいモンキーズさん

○周船寺エンジェルスさん

○高取ファイターズさん

○福重ファイターズ

2019年度に入って,初の対外試合です。

沢山の刺激を頂きました。

自分達の足りなさを実感したはずです。

まだまだやれると思っていた子ども達も、いたはずですが,これが今の実力です。

さて,今期は,始まり10名でのスタート(1名新規部員)となり約1週間が過ぎました。

前期は,3月末(先週)まで大会が有ったので,今期メンバーでの練習は4月3日(水)の1回のみ。

それで初の対外戦です。

そして,新規部員の初練習です。

まだまだ,守備やポジションなど、全然固まらない状況。

試合内容は,荒いだけで,形にはなっていないです。

当たり前の事です。

これから,1つひとつ経験しながら,今期チームの体制を作っていくだけ❗️

だけど,人数不足はきつい。

早く,部員が集まりスタート地点につきたいです。

みんなで頑張ろうね

開会式! ここからスタート!
だからこそ綺麗な整列をすること!
10名のスタート!  早く人数集めてスタート踏みたい・・・・

3月31日 好好杯 福重F

3月31日(日)は,太宰府市のとびうめアリーナで開催された「第22回 好好杯」に参加しました。

2018年度 今期最後の大会です。

主催のバナナモンキーズさん

ドッジボール審判競技員の皆さん

対戦頂いたチームの皆さん

ありがとうございました。

参加 16チーム

【結果】

第1位 あいあいモンキーズさん

第2位 三日月ブラックドラゴンさん

第3位 福重ファイターズ

第4位 N2☆DODGE魂さん

【福重Fの結果】

○予選 7勝1分2負 第3位(上位8チームがトーナメント進出)

○トーナメント 第3位

予選の第1試合目から,本来の動きが出来ていない。

一部の子ども達の動きが,歯車をかみ合わないものにしてしまい,リズムがとれていない。

更に,声も出ない,外野に行けばボート立っている子ども達もいる。

ベンチの指示も見えずに個人プレーになっている状況も随所にあるなど,ベンチから見ていて何してるの?

覇気が全然感じらない。

朝のミーティングでは,子ども達にこのメンバーでの最後の試合だよね!

勝敗より,一人ひとりが悔いの残らないように「全力疾走」してほしい。と話をした。

子ども達,一人ひとりがその気持ちを持ってコートに立っているはず。

でも,動きからは,それは感じられないです。

それより,今までと違うチームではないか?

と思ってしまうほどです。

それは,思いが強すぎて,緊張しているのか?

勝ちたいと思う気持ちが強すぎて,チームの周りが見えなくて個人プレーになってしまっているのか?

自分には,分からない?

緊張したら,声を出してみな!

ミスしたら顔や体を叩いてみな!

笑顔になってみな!

といつも言う事だけど,そんな行動も見えない。

試合を見る度にどうしたら気持ちを切り替えたくれるのか?

色んなことを考えてしまい,どうにか気持ちを変えてほしいとの思いから試合後には,かなりキツメの「喝」も入ってしまいました。

最後の試合なので,叱ることなく子ども達の自由に試合をさせてあげたい。

そんな気持ちで今大会の朝を迎えた。

でも,予選の試合は,みんなで戦っているような内容にはなっていない。

特に午後からの試合内容は,今日一番の悪い内容です。

特に,外野が増えると時間前に諦めさえ感じられる。

このまま,最後の試合が終わる?

それは,悔しすぎるうじゃない!

こんな状況で,6年生を卒部させたくない!

それは,保護者も感じてくれていたはずです。

予選は,3位通過でトーナメント進出は決めているけど,予選でのモチベーションで試合をしても結果は見えている。

でも,このままで終わりたくない。

何もチャレンジしないで終わりたくない。

そんな思いが,自分の中で一杯になってしまっています。

試合後には,自分からの言葉は,みんながコートで諦めずに全力でやらないのに,コートで全力で試合に向かう事が出来ない!それは,応援してくれている保護者も同じだよと言って予選最後のミーティングは終わった。

トーナメント前には,子ども達と保護者,指導者が長いミーティングをしてくれている。

トーナメント戦!

予選の時とは違い,動きが良くなっている。

でも相変わらずに声は小さいけど・・・・

動きは,いつもの福重Fのリズムになってます。(保護者,指導者のおかげです! どんな魔法をかけたの?って感じです)

準決勝では,あいあいモンキーズさんに敗退したものの,決して動きは悪くない。

そして,最後となる3位決定戦!

敗退後,直ぐの試合だっただけに,既に泣いている子ども達もいる。

試合前には,子ども達には,

泣く前に,最後の試合に集中しろ!

・逃げない(弱気にならない,諦めない)

・守らない

・最後まで強気で攻めろ

自分達が1年間やってきた福重Fのスタイルで試合をやろうとと話した。(1年間,言い続けてきた言葉です)

子ども達は,最高のギアをいれて「全力疾走」してくれました。

試合後には,子ども達の笑顔,やりきったという表情は忘れないものになりました。

結果は,3位!

学校に帰ってからの最後のミーティングでは,1位とれなくて悔しかったと話す子ども達も居たけどが誰の顔も笑顔です。

確かに有終の美で終わりかった。

でも,自分は第3位で満足です。

1年間,みんなで沢山の事を経験してきた。

試合では,夏までは,大会での全敗,内野数0にされた試合を経験し,夏以降は,予選を1位で通過しながらもトーナメント戦1回戦で敗退する試合が続き上位に絡む事が出来ない。

悩み,悔しさをもち,子ども達,保護者,指導者がスクラム組みながら頑張ってきた。

今日のトーナメントでは,コーチが終日,2面(A,B)あるうちのBコートで審判をしてくれていまきした。

準決勝(Aコート)で敗退した時。

最後の試合を,チーム全員が同じコートで終われと言われているように感じた。

その試合を,ギアを上げて全力疾走してくれた子ども達。

全力で応援してくれた保護者達。

全員でチャレンジした試合で何の後悔もないです。

正直,試合途中から,涙がでてきたけど,今期一番,自分自身が声を出したと思います。

予選では,歯車のかみ合わずリズム感のなく,覇気を感じられない試合ばかり。

トーナメントでは,気持ちを切り替えてくれて,最後には,全力疾走してくれた。

何か,福重Fの1年間を振り替えったような試合内容だったです。

福重Fらしい最後の大会になりました。

今大会で,6名の子ども達が卒部です。

ひろき,せいご,おうが,なみき,かずひろ,しゅんき

おめでとう。

今期の6年生は,各々,性格が違うけど。

内気な子ども達ばかりで,自分の思いを,人に伝える事や表情に出す事が苦手なタイプです。

内に秘める子ども達が多かったように思います。

(4月から,今期のチームは気持ちが一番の課題だと言い続けてきました)

でも,友達思いで,性格の優しい子ども達ばかりです。(人を貶したり,6年生同士で口げんかなど一切なかったです)

この1年間は,監督から

・6年生が先頭になって引っ張れ

・6年生としての意識をもって行動しろ

・自分がやりたいと志願したポジションなら全力でやれ

・ミスして凹むな

・1人でプレーしているんじゃない,みんなが居て1つだという事を忘れるな

など良く言われた言葉です。それが出来ずに叱られることも多かったです。

上級生になり,5年生の時と違った責任感を持たされて,悩んだり,泣いたりした事もあったはずです。

でも,6人の6年生は,1日も休むことなく最後までチームを引っ張ってくれました。

夏以降は,6年生の自分達のチームをつくっていかんといけん!その思いを持つようになってきたように感じた。

不器用ながら少しずつチャレンジしていく姿。

成長していく姿は凄く嬉しかったです。

そんな,みんなの頑張りがあったからこそ,今期のチームがあります。

福重F 2期目は,6人が作ってくれたチームです。

6人と保護者、指導者がスクラム組んでくれたチームです。

本当にありがとうございます。

自分は,子ども達に,諦めない,逃げない,チャレンジする。

そして,感謝する気持ちを忘れないことを年中言っています。

これから,中学生では,新たな環境で沢山の事を経験します。

そこには,新たなライバルとの出会いや沢山の壁があるはずです。

その壁に立った時,ただ立ち止まっている。

その壁を避けようとすることは,楽なことだよ。

それは,時には大切な時もあるかもしれない。

でも,小学生の内にその楽な方を選択させるような教え方は,自分にはないです。

まずは,自分に負けない強い気持ちを持ってほしいからです。

福重Fは,ガチンコドッジ!

福重Fでの経験は,卒部生にとってどうなものになっているのかは分かりません。

しかし,これから,出会う壁があれば,まずはチャレンジしてほしい!

乗り越えられない壁があるなら,周りをみてみな!

一緒に乗り越えていこうとしてくれる人がいる。支えてくれる人がいるからね!

そして,福重Fで目的に向かって,みんなでチャレンジしてきた事を思い出してほしいです。

挑戦しないのにチャンスは訪れないからね!

最後に,自分にとっての今期は,悩んだり悔しかった事も沢山ありました。

でも,その反面,嬉しい事も沢山ありました。

初の奈良県遠征,初のイーストカップ本選出場,2度目の九州大会出場。

2度の宿泊合宿など多くのチームとの出合い。

対戦の中で得られた大きな刺激やライバル,追っかけたチームとの対戦。

クリスマス会や移動での出来事など

みんなで作った一つひとつの思い出は決して忘れないです。

4月からは,新規(第3期)福重Fがスタートします。

人数不足からのスタートになりますが,今期の6年生がつくってくれた「足跡」を大切にしてほしい。

今度は,新6年生達が新たな「足跡」を作っていく番です。

みんなで,1つ1つの壁にチャレンジしていこうね!

一言(長いですが)

ミスは何をしていてもある!

でも、その時に落ち込む気持ちになるのは、分かるし顔が暗くなったり、誰かに怒られる気持ちになるのも分かる。

でも、落ち込んで表情に出せば、周囲(チームのみんな)は感じる。

そして、自分自身も、焦ったりして新たなミスをするようになる。

だからこそ、そんな時こそ、笑え!

PS

今大会(好好杯)は,昼休みに,各チームによる「1分間パフォーマンスタイム」がありました。

今回,福重Fは,ピンクレディーの「UFO」のダンスで挑戦です!

結果は,上位に絡むことが出来ませんでしたが,保護者が作ってくれた衣装を着て,全力で挑戦できました。

凄く楽しかったし,最高の思い出になりました!

保護者の皆さん,衣装作りなど準備,当日の応援,本当にありがとうございました。

これからも子ども達の見守り,応援お願いします。

卒部生達も後輩の事,見守ってあげてくださいね

最高の試合でした! みんなの気持ち感じたよ(^^♪
ライバルチーム! あいあいモンキーズさんと一緒です!

来期もよろしくお願いします
ひろき、せいご、おうが、なみき、かずひろ、しゅんき

卒部おめでとう!