福重ファイターズ

西区福重小学校を拠点として活動しているドッジボールチームです

新規部員募集中です!気軽に練習見学、体験入部に来てください!

02月

2月24日 チューリップカップ 福重F

2月24日(日)は,チューリップアリーナ(長崎県西海市)で開催された「第18回 チューリップカップ」に参加しました。

主催の長崎県ドッジボール協会登録チームの皆さん

主管の西彼ファイヤーガッツさん

鳴見台ドッジ☆スピリッツさん

戸町BLUE STARSさん

ドッジボール審判競技員の皆さん

対戦頂いたチームの皆さん

ありがとうございました。

参加 28チーム

(長崎,熊本,佐賀,福岡県)

【結果】

第1位 レッドファイヤーズ志免西さん

第2位 Team 紅羽さん

第3位 福重ファイターズ

第4位 三日月ブラックドラゴンさん

【福重Fの結果】

○ 予選 4勝0分2負 第3位(7チーム中)

予選は,4リーグ(各7チーム)で行われ,上位4位がトーナメント進出です。

福重Fは,予選を3位で通過出来たものの,1試合目から弱気な部分が満載です。

リズム感がなく,覇気が感じられない。

それが,単純なミスを繰り返し,相手チームのリズムになっている場面が多すぎる。

予選6試合をして,良い試合もあれば,そうでない試合もあり,試合内容に波が有り過ぎです。

そのどちらも自分達がつくっている事だよね!

いつも言う事だけど,

試合中にミスは幾らでもある!

ミスしたからと言って,凹んだり,焦ったり,弱気や逃げになれば更にミスを繰り返したりミスを大きくするだけ。

また,1人でも試合に向かう気持ちがなくなればチームの雰囲気を落とすことになる。

それが,試合内容,勝敗として必ず結果になる!

今回,試合後のミーティングで,自分から叱られたはず。

ミスをしたから,負けたから。

それで,返事する事さえも出来ずに黙り込む。

黙り込むことで,何が前向きになる事が出来る⁈

なるはずがないよね!

それより,そこで立ち止まっているか?

後ろに下がっているだけ!

5分間,プレーをしたのなら,一人ひとりが思うところはあるはず。

怒られると思っているから,黙り込んでいるのかもしれないけど….

返事が出来ない,黙り込み、前向きな表情が感じられない。

その表情から,何を考えているのかがわからない。

だから,叱られるんじゃない!

一人ひとりが大きな返事をして,思った事、感じた事を一言いえるようになってほしいです。

落ち込んだり,凹んだ表情から切り替えや前向きにチャレンジする事は出来ないからね!

今大会,予選を見ていて感じた事。

全員が,向かう気持ちが全くないのではない。

でも,一部の動きや気持ちや集中力がミスをつくるキッカケに繋がっていた。

100%出来る奴は誰一人いないよ!

誰もがミスをするし,気持ちが落ち込むことは必ずある。

でも,落ち込んだのなら,大きな声を出し,強気でプレーするように切り替えたらよい!

それは,本人も前向きになるし,その行動を見たチームのみんなも前向きな気分になるはずです。

プレーしているのは,一人ではないよね。

コート,ベンチ,応援席が一つになりプレーしているんじゃない!

凹む時間が、無駄だと思わない!

一人ひとりが,1試合,5分間をもっと,1球のボールに集中し,強気なプレーをしてほしいです。

○トーナメント

予選の悪いリズム,雰囲気のままにトーナメントに行っても,結果は見えている。

トーナメント前には,自分からのキツメの『激』が入ったのは当たり前!

指導者からも指導され,子ども達同士でもミーティングを行っていました。

3位通過なので,1試合目から,リーグ上位チームとの対戦になりましたが,何とか僅差で勝ち,その後も同じように危ないながらも勝ち進み準決勝へ。

対戦相手は,今大会,2度目の対戦となった志免西さん,予選1試合目では何も出来ずに負けた。

そのリベンジをと臨んだものの敗退。

悔しさが残るものになりました。

その後の3位決定戦では,勝ちを収める事が出来て結果は,第3位で今大会を終えました!

トーナメントに入ってからは,予選の悪い流れを少しずつながらも切り替えてくれた子ども達。

褒めてあげたいところですが,予選からの試合内容が悪すぎる。

素直に褒められないです。

課題や、足りない所は,一人ひとりが振り返ってほしい。

そして,6年生が先頭になり,もう一度チーム内で,今何を『目的』にしているのか。

その為には,何が必要なのかを話し合ってほしいです

PS

閉会式後には,第2位になった「Team紅羽さん」と合同写真を撮りました。

「Team紅羽さん」とは,2年目に宿泊合宿したこともあり,子ども達も友達が多いです。

九州大会では,佐賀県代表で出場する「Team紅羽さん」お互い,九州大会に向けて,ラストスパートかけていきましょうね

ありがとうございました
第 3位 おめでとう!
第2位 Team 紅羽さんとの合同写真!
九州大会に向けてラストスパートですね (^^♪

オランダ村をバックに!
今期も残り少なくなったけど、最後まで『全力疾走』だよ!

2月17日 にしけいカップ 福重F

2月17日(日)は,福岡市立総合体育館で開催された『にしけいカップ ドッジボール大会』に参加しました。

主催者の

・日刊スポーツ新聞西部本社 様

・にしけいカップドッジボール大会事務局 様

・福岡県ドッジボール協会 様

ドッジボール審判競技員の皆さん

対戦頂いたチームの皆さん

ありがとうございました。

さて,今大会の会場となった『福岡市立総合体育館』は,昨年12月にアイランドシティに開館したばかりの体育館。

自分は,初めての入館でしたが,新しいだけでなく,広さと施設が充実しているのに驚きです。

今後,この体育館での大会が増えてくるんだろうと思いながら,今度,個人的にジムへトレーニングしに来ようかなと思ってます。

さて,試合の方です。

参加 41チーム(福岡県内チーム)

【結果】

第1位 レッドファイヤーズ志免西さん

第2位 福重ファイターズ

第3位 東朽網ライジングサンさん

第4位 KURATE-G3さん

【福重Fの結果】

予選  Eリーグ(5チーム) 3勝0分1負 第2位で予選通過です。

*予選

A~Gリーグ(各5チーム)→上位2チームがトーナメントへ進出

Hリーグ(6チーム)→上位3チームがトーナメントへ進出

予選1試合目から,リズム感がなく,声も全く出ていない。

全然,覇気が感じられない内容です。

そんな雰囲気で動きや強気なプレーが出来るはずがない!

3試合終了後のミーティングでは,子ども達に,そんな雰囲気でやっていて「楽しい?」と聞いた。

返ってくる言葉はなく,だんまり状態です。

(いつもの,自信のない態度)

そこで,自分から,ベンチから見ていても声も出ないし,出そうとしていない!

良いプレーがあっても,盛り上げることが出来ていない!していない!

そんなプレーベンチから見ていて「なんも,楽しくない!」

その言葉だけを言って,その場を後にした。

その後,保護者達が子ども達に話をしたり,子ども達なりにも話し合ったみたいです。

予選最終戦では,少し「やる気」が見えるリズムになったものの,終始,歯車がかみ合わずに個人プレーや弱気なプレーが続いている。

一部の試合の流れを読まない個人プレーや同じミスを繰り返すプレーが,一気にリズムダウンする様になっている。

試合後には、『試合になってない』の一言!

予選を2位で通過できたものの,この状況でトーナメント戦に向かっても結果は見えています。

試合後には,きつめの「喝」が入ったのは当たり前の事です。

そして,トーナメント戦です。

1回戦 SE LINKSさん

県予選では,準決勝で対戦し敗北したチーム,リベンジする気持ちで自分は望んでいるものの守りのプレーが多い。

内野数を同数にもっていき,サドンで勝利。

2回戦 あいあいモンキーズさん

3回戦 下原ニュースターズさん

何とかと僅差で勝つことが出来て,準決勝へ進出です。

対戦チームは,東朽網ライジングサンさん

よく対戦するチーム。

いつも逃げないガチンコの試合をしてくれる東朽網さんからは,いつも沢山の刺激をもらっています。

これまでが,守りの弱気なプレーが続いている福重Fだけど,弱気なプレーは絶対にしたくない。

1セット,先取を許すものの,2,3セットを先取し,セットカウント2-1で勝利する事が出来た。

しっかり,刺激を貰い,子ども達は,気持ちを切り替えてくれています。

久しぶりの決勝戦へ進出です。

対戦相手は,レッドファイヤーズ志免西さん

1セットを先取するものの,2,3セットをとられ,セットカウント 1-2で完敗です。

相手チームの方が格段上です。

自分達の足りない部分を十分に感じさせられるものになりました。

結果は,第2位!

予選での動きや気持ちでは,ここまで来れなかったはず。

この結果で終えたのは,部員達が,しっかり切り替えてくれたからです。

でも,切り替える事が出来たのは,子ども達だけで出来たことではないよね!

保護者,OBの話や声かけ。

応援席からの大きな応援。

刺激を与えてくれた対戦があったからだよ!

1人では出来ない!

みんなが見守り,応援してくれているからです。

子ども達,保護者,OB,指導者が全員でとった結果です。

全員でスクラム組めたからの結果です!

試合結果は,「悔しさ」を持って終える事になった。

でも,やっぱり上位入賞は良いものです。

この結果を2位になったと思い出を持つだけでなく,みんなには,『2つの事』を持ってほしい。

1つ目は,自信を持ってほしいです!

そして,2つ目は,今大会での「悔しさ」を忘れずにチャレンジしてほしいという事です。

今大会を通じて,動き,気持ち,声,盛り上げた雰囲気,観察力,試合の流れを考えたプレーなど出来ていなかった事ばかりで,足りない事を沢山教えてもらったはずです。

2位で終わった!

その結果だけを思い出に今大会を終えるのなら,自分達の「足りない部分」にチャレンジすることは出来ないよね!

こうして得られた大切な経験。

それにチャレンジしなければ,また1からのスタートになるだけだよ!

一人ひとりが,今大会を振り返ってほしいです。

そして,足りない部分に,積極的にチャレンジしてほしいです!

閉会式では,今大会の準決勝で対戦し,一緒に九州大会に出場する「東朽網ライジングサンさん」と記念写真を撮りました。

福重Fにとって,いつも沢山の刺激を受けながら切磋琢磨しながら対戦しているチーム。

お互い,九州大会に向けて全力疾走していきましょうね。

PS

凹む事は,弱気になり,焦りやミスを繰り返して,ピンチを持ってくるようなる。

でも,そんな時こそ『笑え!』

気持ちが切り替えるはず。

チャンスがやってくるはずだよ

開会式 これから『チャレンジ』が始まる!
リセットはないからね!
久しぶりの上位入賞!
悔しさはあるかもしれんけど『胸をはれ!』

監督の口癖!
『嬉しさはすぐ忘れる! 悔しさはいつまでも残る!』
福重Fの『自慢できる挨拶です!』
笑顔! それがなければ『前へ』いけないからね!
最高のライバル『東朽網ライジングサンさん』との合同写真!

切磋琢磨しながらの仲が良いライバルは、
最高のライバルです!

みんなの『笑顔』最高です (^^♪

2月11日 筑紫リーグ定期戦 福重F

2月11日(月・祝)は,篠栗町民体育館で開催された「筑紫リーグ定期戦」に参加です。

今大会は,招待チームとして,一撃さん,金武ワンピースさんの2チームをお招きして計9チームでの対戦となりました。

今回当番チームの福岡タートルズさん

ドッジボール審判競技員の皆さん

対戦頂いたチームの皆さん

ありがとうございました。

さて,試合の方です。

○午前は,ジュニアの部(参加 6チーム)

○午後は,ファイターズの部(参加 9チーム)と2部構成で行われました。

【ジュニアの部】

人数が足りない福重Fは,うめちゃんズさん,福津フェニックスさんとの「合同チーム」で参加です。

○ 結果

・予選 1勝0分4負 5位

・トーナメント 3位

当日,はじめて同じチームとなり,一緒にプレーした子ども達。

中には,まだまだ経験が浅い子ども達もいます。

一緒に練習する時間も殆どない状況での試合は,動きがかみ合うはずがないです。

何かちぐはぐした動きになっているのは,当たり前の事です!

でも,時間が経つにつれて,予選1試合の時とは違って,動きや雰囲気が良くなってきています。

結果は,第3位!

スゴイです。

みんな,良くがんばったね!

おめでとう。

これから,一つひとつ経験していこうね!

西尾監督,正路監督,お疲れ様でした

【ファイターの部】

午後からは,ファイターの部がスタートです。

○ 結果

第1位 レッドファイヤーズ志免西さん

第2位 あいあいモンキーズさん

第3位 福重ファイターズ

ファイターの部もジュニアの部と同様の「3位」となりました。

さて,県予選大会から1週間が経ちました。

・県予選では,3位という結果で「悔しさ」を持ち終わった。

中には,体調不良で思い通りの動きが出来ずに悔いが残った子どももいると思います。

・大会後には,「九州大会」の切符を掴み,新たな「目的」に向けてスタートをしようとみんなで話をした。

一人ひとりが,色々な思いをもったはずです。

例年と大きく違うのは,『九州大会』への出場が決まっている事です❗️

そんな,県予選大会を過ぎての初大会が,今大会の「筑紫リーグ定期戦」です。

当日も,体調不良で休みの子ども達がいたりしていますが,そこは,みんなでカバーし合う事。

自分達が出せるものに「チャレンジ」するしかないです。

自分は,みんなが,県予選での「悔しさ」を持って「前へ」向かう気持ちでプレーしてくれるはず!

そんな期待をもっていました。

予選では,内容は荒いものの,良いリズムで試合をしてくれています。

しかし,トーナメント戦に入り,そのリズムが何故かダウン(遅く)している・・・・

それが,今大会の勝敗結果に繋がった感があります。

「向かう」気持ちの弱さ,足りなさを感じた内容で終わりました。

やれるのに,やれていない!

そんな内容だった事は,誰よりも,プレーしている子ども達が一番感じているはずです。

誰もが,最高の体調,最高のモチベーションで試合に臨んでいるはずはない。

試合中にミスを繰り返してしまう事もあるはず。

でも,そんな状況でも,本人が今日出せることを「全力」でやる事!

それは凄く大切なことです。

一人ひとりが「全力」でやり切った時。

その結果が,どんな勝敗結果になったとしても,一日が終えた時に「感じる気持ち」は必ず違うはずです!

それは,必ず「前へ」「目的へ」繋がるものになっていくはずです!

1人でも,モチベーションを下げていけば,それはチーム内が良い雰囲気になっていくはずがないです。

そんな時こそ,みんなの「声かけ」が必要だよね!

今大会を見ていて,みんなの「気持ち」が足りないわけではないのは感じる。

それより,みんなの「気持ち」の入り方が強いのを感じた。

それは,県予選では,毎試合,アウトになっていた子どもがしっかりキャッチを決めているなど気持ちの入ったプレーはたくさんあったから!(でも,相変わらず声は小さいけどね)

そんな中でも,大切な場面の時,要となる子ども達のミスや動きが,一気にリズムをダウンしてしまっている。

それは,今大会終了後のミーティングでも話した事なので,本人達が感じているはず。

しっかり振り返ってほしい!

そして,自分に負けない「強い気もち」を持ってほしいです。

今期も2か月をきりました。

本当にラストスパートだよ!

チャレンジしても!しなくても!

同じ時間は過ぎていきます。

なら,どうする!?

自分は,みんなには,最後まで「全力疾走」してほしいです!

同じ時間を過ごすのなら,自分の出せる「10の力」に「全力」でチャレンジしてほしいです。

それには,恥ずかしさ遠慮なんか必要ないよね。

今一度、自分と向き合ってみな。

弱気な部分があるのなら,変えてほしいと思う。

そして,3月末に一人ひとりが,

「やれるのにやらなかったこと」での「情けなさ」だけは持たないようにしてほしいです。

福重Fの子ども達に「出来ない子ども」は誰一人いないです。

でも,まだまだ,本人の「やる気スイッチ」を「ON」にするのに戸惑っている子どももいるように感じます。

特に6年生達!

スイッチを「連打」してほしいです

うめちゃんズさん、福津フェニックスさん、福重Fの合同チーム!

第 3位 おめでとう!
第3位 もっと上のステージに行きたいです!
第2位の『あいあいモンキーズさん』との合同写真!

九州大会では、お互い『全力疾走』しましょうね (^^♪

2月3日 春小福岡県予選大会 福重F

2月3日(日)は,アクシオン福岡で開催された『第28回 春の全国小学生ドッジボール選手権 福岡県大会』に参加です。

主催の福岡県ドッジボール協会さん

ドッジボール審判競技員の皆さん

対戦頂いたチームの皆さん

ありがとうございました。

参加 45チーム

【結果】

第1位 KURATE-G3さん

第2位 SE LINKSさん

第3位 福重ファイターズ

第4位 東朽網ライジングサンさん

全国の切符は,KURATE-G3さんが掴みました。

全国大会では,福岡県代表として頑張って来てください。

応援しています。

【福重Fの結果】

予選は,各5チームのA~Iリーグ(9リーグ)に分かれ,上位2チームがトーナメント進出です。

○予選 Bリーグ 2勝1分1負 第1位

予選を1位で通過する事が出来たものの決して自力で勝ち取った1位ではないです。

1試合毎に,子ども達のリズムやテンションが違う。

特に、昼食後の大切にしなければならない試合では,何もすることなく簡単に落としてしまう。

予選1試合を残して予選落ちを覚悟する事になりました。

トーナメント進出の結果は,リーグ内の他チームの対戦結果を待ってになりました。

子ども達には,気持ちの緩みや焦りが一気に勝敗に繋がる事を改めて実感させられたものになったはずです。

でも,その前に,県予選のコートでそんな気持ちで試合をするな!と試合後に説教になったのは当たり前のことです。(県予選では,特に一人の弱気が一気に勝敗に繋がってきます)

他力本願でのトーナメント進出になりましたが,気持ちを引き締めて1試合を全力疾走するしかないです。

トーナメント前に子ども達に言ったことは,

「一つの気の緩みや,ミスが一気に流れを変える事は,みんな予選で経験したはず。

その経験を繰り返すな!

その為には,変に気合いを入れる必要はない!

いつもの事をやれば良いから,強気と盛り上がりで試合して行くからね!」

と話をしました。

○トーナメント戦

第1試合,第2試合と何とか僅差で勝つことが出来たものの,第1試合終了後には,5年生が体調不良でダウン。

というのが・・・・

第1試合が行われた会場がCコート。

メインコートと比べ室内が高く,試合終了後に熱中症?の症状になってしまいました。(どのチームも同じ条件です)

ベンチの子どもと交代しての準々決勝です。

対戦相手は,SE LINKSさん

第1セットをとったものの,第2セット,3セットをとられ敗退です。

試合内容は荒さが目立つもので,リズムがとれず全力を出し切れない状況は,悔しさが残るものになりました。

3位決定戦 東朽網ライジングサンさん

今期,良く対戦するチーム。

子ども達は,敗戦後の気持ちをしっかりと切り替えてくれています。

開始早々から,ガチンコ試合となりましたが,何とか勝ちを収める事ができました。

みんな,良く頑張りました!

全国への壁は,本当に高いのを実感させられ,今期もチームの「目的」には届かなかった。

それは,自分たちの足りないものがあるからこその結果。

しっかり受け止めるしかないです。

でも,これで終わりではないよね!

その悔しさは,今大会で自分達の力で掴んだ「九州大会」のコートで出し切るしかないです。

今日から,九州大会に向けて,新たなスタートです!

そして,今期のラストスパートをかけていこうね!

保護者の皆さんへ

温かく,熱い応援ありがとうございました。

また,前日(2日)は,練習後のカレー差し入れは,美味しかったです。

いつも,ありがとうございます。

保護者,指導者の見守り,応援は,子ども達は十分に感じているし,しっかり後押しするものになっています。

県予選が終わりましたが,今,九州大会という新たな「目的」に向けて,子ども達と一緒に「全力疾走」していきます。

その為にも,子ども達,保護者,指導者が,県予選と同様に「固いスクラム」を組んでいきましょうね

PS

春小県予選に向けては,毎年,少しでも個々として,チームとしての「心・技・体」を高めて当日を迎えたいとチャレンジしています。

でも,一番の敵は,体調面!

昨年は,インフルエンザの猛威により,大会当日まで人数が集まらない状況で,当日を迎え予選敗退。

今期は,県予選前の最後となる大会では,何も出来ないままの敗退。

その為,県予選に向けて気持ちを切り返してほしいとの思いから,かなり子ども達には,厳しく(冷たく)指導してスパートをかけてきた。

そんな中,大会直前には,キャプテンが高熱で練習を休み。

さらに手のケガをする子どもが発生です。

当日,出場できない状況を考えての練習。(特にオフェンス)

チームの課題を克服してほしいとの思いからの練習は,みんなにとって,体力,精神的にもキツイものになったと思う。

特に,6年生,オフェンス陣達は,きつかったかもしれないです。

しかし,当日朝には,全員が集合してくれて会場に向かう事が出来た。

人数が少ない福重Fにとって,ケガや体調不良が一番の心配ごとです。

朝,みんなの顔を見るまでは,やっぱり落ち着かないです。(初詣に行った愛宕神社に参拝に行きました。これも毎年の事です)

今大会では,15名(ベンチは3名ですが1名は骨折中)

1年間,この県予選のコートに立ち結果を出すために,みんなで汗を流して練習してきた,課題を見つけては練習を行ってきた。

試合しては,また課題に向けてチャレンジする!

その繰り返しを行いながら,部員、保護者、指導者で1年間やって来た。

だからこそ,自分にとってまず大切なの事。

それは,みんなでコートに立つ事です❗️

今期,みんなで県予選のステージに立てた事が何よりも嬉しかったです。

更に,諦めずに「目的」に向かった姿は,凄くたくましくなったと感じました。

6年生達へ

残り約2ヶ月。

まだまだ,全力疾走できるはずだよ!

この約2か月をどう過ごすのかは,一人ひとりの気持ち,行動しかないです。

自分は,一人ひとりが,やれることに,全力疾走してほしいです❗️

時は,戻らないからね