福重ファイターズ

西区福重小学校を拠点として活動しているドッジボールチームです

新規部員募集中です!気軽に練習見学、体験入部に来てください!

02月

2月24日~25日 福重F

2月24日(土)は,練習試合、25日(日)は,大会と2日間ドッジ漬けの週末となりました。

 

○ 2月24日(土)飯倉中央小学校で開催のS・N・D・Cさん主催の練習試合に参加させて頂きました。

 

参加 3チーム

・S・N・D・Cさん

・高取ファイターズさん

・福重F

対戦頂き,ありがとうございました。

 

当日の参加者は11名。(外野がケガでベンチ)

14:00~17:30の時間でしたが,全14試合。

凄く刺激ある,貴重な時間となりました。

 

試合の方は,ほぼ負け!

試合の流れより,気持ちの弱さ,切り替えができない子ども達。

大きな課題とともに良い経験をもらいました。

 

こんな試合内容になり,全国に行く高取さんには、申し訳ない気持ちでしかないです。

 

○ 2月25日(日)

長崎県西彼町総合体育館(チューリップアリーナ)で開催の

「第17回 チューリップカップ」に参加させて頂きました。

 

主催の

・鳴見台ドッジ☆スピリッツさん

・西彼ファイヤーガッツさん

・戸町BLUE STARSさん

 

ドッジボール審判競技員の皆さん

対戦頂いたチームの皆さん

ありがとうございました。

 

参加 23チーム

(長崎県,熊本県,佐賀県,福岡県)

 

【結果】

第1位 福重ファイターズ

第2位 柳川フィフティーンさん

第3位 原田WINGSさん

第4位 Team 紅羽さん

 

福重Fが優勝を決めました。

子ども達は,良く頑張りました。

 

県予選後,気持ちが沈みがちだったチーム内の雰囲気も,新たな『目標』を決めた!

その『目標』に向かいスタートを切ることが出来ています。

 

でも,やっとインフルエンザから復帰したと思った矢先に,最近ケガ人が増えてきています。

気の緩みからのケガもある。

気を引き締めてほしいです!

 

当日は,全部員が揃ってはいるものの,ケガでベンチの子ども達がいる。

いつもの体制と違うもの。

 

その体制は,前日の練習試合とほぼ同様で低学年入れての体制です。

違うのは,外野が復帰してくれた所。

それで,6年生3人がいつものポジションの位置についてくれてます。

 

でも,守備体制の変更は,色んな所でまとまりがない部分が見えます。

しかし,前日,試合している分,少しは違和感の少ない動きになってきています。

 

【予選】 23チーム中 1位 (リーグ 4勝)

今大会では,予選で順位が決まり,その順位によりトーナメント枠が決まりました。

 

【トーナメント】 1位

1試合1試合,僅差での勝利です。

特に,準決勝,決勝では3セットマッチ。

 

最後の1秒まで,気が休まらない試合内容となりました。

でも子ども達は,諦めない気持ちで,しっかりと結果を出してくれました。

 

試合内容には,たくさんの課題があります。

・ 朝一番のリズム感のない試合内容

・ トーナメント戦では,緊張感が前面に出て,単純なミスが続くなど

試合に向かう気持ちや集中力,弱気な部分が出ている。

 

しかし,そんな中でも、

強気なプレーをしている子ども

ナイスキャッチを続けてくれる子どもなど

 

そんなプレーや声掛けしてくれる子ども達が,

チームの、雰囲気を切り返るキーマンとしての役目を果たしてくれています。

それが,今回の結果に繋がったと思います。

 

誰もが,調子の良し悪しがある。

緊張感からミスや動きが悪くなったりするときもある。

そんな事は,どんな場面でもあること!

 

そんな時ほど大切なのは,いつも言う事だけど、「気持ちを切り替えること」です。

 

その方法は,1人で切り替える方法もある。

でも,一緒に汗している仲間のプレーや声掛け,笑顔など。

さらには,試合のリズムパターンを変える動きなど色々ある。

 

そんな一つひとつは,

みんなの気持ちを切り替えるキッカケになるはずです。

今大会では,そんな部分が,少しながらも見えて来たように思えた。

 

そして,何よりも、これまで違う大きな所は,県予選の悔しさを持ってくれている所です。

 

今大会は,全員で勝ち取った結果です。

最後まで全力でやってくれた子ども達。

良く頑張りました!

 

一人ひとりが

・自信をもってほしい

・自分に負けない『強い気持ち』をもってほしい

・悔しさを『強いバネ』に切り替えてほしい

 

6年生達,平成29年度メンバーにとって,1試合1試合が,ラストゲームです。

 

残り少なくなった約1カ月。

これからも,「心一つ」に全力で突っ走ってほしいです!

そして,一つでも多く,みんなで思い出を作りあげて行ってほしい。

 

こんな盛り上がった気持ちでの月曜日の練習。

・声が聞こえない

・大会でのミスを振り返らないなど

「全力疾走」している姿が、全然感じとれない内容。

 

終了、30分前には、「今日は、監督は、練習の指導をしない」

との言葉になった。

 

それは、子ども達に何でこんな事になっているのかを考えてほしい思いからです。

・自分たちは、全力でやっているのか

・昨日のミスを振り返っているのか

・一つ「壁」を乗り越えて、次の「壁」に挑戦しているのか

 

人は、誰もが結果だけを見る!

でも、その過程には、治さなければいけないことが沢山ある。

 

自分は、結果より、その過程の方が大切だといつも思っています。

みんな、足りない部分を感じな。

 

みんなの「全力」は、こんなものなの!

特に、6年生。

3人の声が、5年生以下より大きな声が出てる?

 

いつも、言う言葉だけど、

自分の「10の力に挑戦しろ!」

だけど、6年生、アタッカーの「10の力」は、

他の部員の10の力に比べると「15~20の力」になるんじゃないかと思う。

 

監督は、みんなの2倍以上の気持ちを持って、いつも練習、試合でやっています。

頑張っているみんなに負けたくないから!

これからも、負けないよ!

 

PS

県外遠征(長崎県,熊本県方面)の時,帰りには,

休憩を兼ねて「基山SA」に寄ることにしています。

 

今回,到着した際,子ども達が,「このメンバーで基山に来るのは最後やね!」

って会話しています。

 

それを聞きながら,何故か,言葉が出せない自分がいました。

この場所,試合結果で,喜んだり,ショボンとなったりしてたりと色々な事を思い出してしまいました。

 

みんなの,福重Fの思い出の場所になっています。

2月18日 福重F

218日(日)は,春日西小学校体育館で開催された「安徳フェニックスさん」主催の練習試合に参加させて頂きました。

参加 6チーム

○安徳フェニックスさん

Team紅羽さん

BLACK DEVILSさん

○ファンキー☆ビートさん

○レッドファイヤーズ志免西さん

○福重ファイターズ

 

安徳フェニックスさん初め,対戦頂いたチームの皆さん,ありがとうございました。

佐賀県代表として全国のキップを掴んだ,ファンキー☆ビートさん

九州大会出場チームが多く参加したものとなり,その対戦は,凄く刺激あるものになりました。

 

強豪チームと対戦できる。

この機会を最高の状況で対戦したいと思っていました。

でも,まだまだインフルエンザが猛威をふるっており,当日は11名での参加となってしまいました。

1名は,ケガのため,外野固定。

いつもベンチにいる3年生を入れての体制です。

 

年明けから,インフルエンザやケガなどで全員が揃ったことがない。

こんな年度は,これまで経験がないことですが,仕方ないと割り切るしかないです。

 

さて,試合の方は,トーナメントまで入れて,全18試合と数多くの試合をさせて頂きました。

いつもの体制と違うことから,動きはギクシャクしたものになっている。

でも,予選 3クールの内,12クールは荒いながらも何とか試合らしく進めてくれていた。

 

しかし,3クールに入ってからは,それまでの動きはなく,リズム感のないワンパターンな動きが見えるようになったきた。

トーナメントに入ってからも,何も変わらずに,そのまま,全試合を終える事になり,何とも,スッキリしない内容で終わりです。

 

その原因には,色んなことがあるかもしれない。

しかし,一番は,「チームワーク」が足りないことだと思う。

 

それには,

・試合に向かう気持ち

・助け合おう,カバーしてあげようとする気持ち

・雰囲気を盛り上げる気持ち

更には,

・オフェンス陣や高学年に遠慮した消極的な動き などたくさんの事がある。

 

試合終了後、学校到着後のミーティングでは,部員には,あえて多くの事は言わなかった。

それは,試合会場でも言ってきた事だし,

1年間言ってきた事だからです!

 

監督が同じ事を言うより,部員が,何が足りなかったのか?

監督が何を言っていたのかを考えなかったら,何も変わるはずがない!

 

監督や指導者が言ってからするなら

それは「強制的なもの」にしかならない。

その場だけのものにしかならない。

 

今年度も終わろうとしている。

6年生と一つでも多くの思い出をつくろう

・新年度へスタートきろう

そんな時期に,いつまでも同じことを言いたくない。

 

「自主的」に動く事って,どういう事なの?

それを考え,行動してほしいです。

それは,

・声を出すこと

・声をかけあうこと

・ピンチになっても,雰囲気を良くするにはどうしたら良いのか。

 

更には,

・落ち込んでる人にどうしたら,気持ちが切り替えることができるの?

雰囲気が良くなるのか?(自分は,笑顔になろう!と言うけどね。)

 

『自主的』にやろうとすれば出来ることって,その他にもたくさんあるはず。

でも,

・誰かがやってくれる

・誰かに遠慮してしまう

そんな気持ちが少しでもあれば,出来ないと思う。

 

一人ひとりが,出来そうな事に,まず1つからで良いからチャレンジしてほしいです。

・切り替えスイッチを!

・やる気スイッチを!

押してほしいです。

 

そして,もう一つは

『どうしたら気持ちを切り替えて,良い雰囲気の状況』で試合が出来るかです。

 

試合中には,自分が思うとおりにいかないことは沢山ある。

でも,落ち込んだり,自分のやるべきことをやらない。

同じミスを繰り返している。

 

そんな事をしてて,

・気持ちが切り替える事ができる

・雰囲気か良くなる

そんな事してたなと思う事はあるはず。

気づいているならどうしたら良いかを考え,行動に移したら良い。

 

それでも,同じ事を繰り返すなら,子ども達で話合えば良い。

チームワークは、一人がするものではない。

全員がするもの!

 

みんなが、

・助けあい。

・競争しあい。

一つひとつの事に全員がチャレンジすること。

 

話合うなかで,話が食い違いがあったり,言い合いになることもあるかもしれない。

でも,それは気づいている事を素直に言ったこと。

思っているだけで,言えないことよりも良いと思う。

 

だけど,人を傷つける言葉は違う。

チームワークを良くしたいとの言葉だよ。

 

特に,56年生には,そういうスイッチを押してほしい。

そうじゃないと,このまま,6年生が卒部までの1か月半を何もチャレンジする事なく過ごすだけ。

自分達のチームを作るのにチームワークを高める為に何が今大切なのか?

子どもだけでなく,指導者,保護者が,今,考えてみる時だと思う。

 

低学年は,高学年には言いづらいし,

内容も難しい事だと言うことは,十分にわかってる。

でも,56年生には分かるはずだと思う。

56年生がやっている事。

やろうとしている事は,低学年は見ているよ。

 

6年生へ

卒部してからも,後輩たちが引き継いでくれるものを何か一つで良いから残していってほしい。

1カ月半,3人でしかできない「足跡」を残してほしいです。

 

5年生へ

今のままで良いの?

まだまだ,6年生に頼りっぱなしで,遠慮ばかりしていない。

それじゃ,県予選後に,みんなが決めた『目標』を達成する事ができる?

6年生と一緒に突っ走ることができる?

そして,来年度へ向けて,アピールしてみろ!

 

みんな。

・口で言うだけなら

・思うだけなら

誰でも出来ること!

やるか!やらないか!

 

弱気はいらないです。

2月12日 福重F 主催練習試合

212日(月・祝)は,福重F主催の練習試合です。

昨晩からの寒波の影響で,朝,外を見れば路面は雪模様。

都市高速道路は通行止めといった状況になっている。

 

参加チームが,来れるのかと心配しましたが,

9時には,参加チームが来てくれて,無事に開催出来ました。

道路状況がよくない中,本当にありがとうございました。

みんなの元気な姿を見た時,凄く温かい気持ちになりました。

 

【参加 6チーム】

○ あいあいモンキーズさん

○ 有住NEWSTARSさん

○ 千早っ子クラブさん

○ 福岡タートルズさん

○ 福津フェニックスさん

○ 福重F

 

外は,雪が舞う天気でしたが,体育館の中では,熱い試合が続き,凄く良い刺激をもらいました。

開会式では,全員での『熱男コール』で始まり,昼休み前には,チーム対抗綱引き大会など,

急な無茶ぶりにも,皆さんが参加して頂き,本当にありがとうございました。

6年生混合の試合も凄く楽しかったです。

 

練習試合は,練習でやってきたことをお披露目する『挑戦』する場だと言いますが。

それと同様に,大切にしてほしいのは、『友達をつくってほしい』ことです。

特に6年生には,一人でも多くの友達を作ってほしいなと思います。

 

さて,話は変わりますが。

県予選から1週間が経ちました。

先週は,テンションが上がらない状況の中、ガッツリ練習しても,逆効果になる。

さらには,ケガの原因にも繋がる。

そんな思いから,10から12日の3連休の内,土日の練習を休みにしました。

 

今は,まずゆっくり休んで,気持ちを切り替えることが大切!

そして,休んだ後は、新たな気持ちで「前へ」 向けば良い!

 

夢は追いかけるもの!

その思いが強ければ,叶わなかった時,同じだけ,それ以上に落ち込みはある。

それは当たり前の事!

小学生は,卒業がある。

だからこそ,その思いは6年生が,6年生の保護者の思いは,誰よりも強いはず!

でも,まだ追いかけれる夢はあるはず。

 

良く,前川監督は熱すぎる!

と言われます。

でも,「夢」「目標」持ち続けないと!

子ども達が,保護者が持ったそものを,追い続けなければ,自分はいらないと思ってます。

 

そして,休み明けで,1週間ぶりの対外戦。

試合内容は,練習していなかったこともあるけど,動きはリズムのない単純なものになっている。

 

オフェンス陣のワンパターンな攻撃が続き。

ディフェンス陣の集中力が足りないところが随所に出たりとリズム感が全然ない。

午前中の試合では,そんな部分が多く見て感じられるものになった。

 

午後も,試合内容としては,大きく変わったと言えるもではない。

でも,試合を重ねていくうちに動きも良くなってきた。

さらに,試合に向かう気持ちも「前向き」なものになってきたように感じられるものになってきた。

 

声が小さいのは,いつもの事ながら残念ですが・・・・

でも,いつになったら,声が出るようになるのかな?

 

指導者から「声を出そう」と言われて,その時だけ出ても,それは強制的なものになりがちで続くはずがない。

自主的にならないと,続かないよね。

何事においても,自主的にならないとね!

 

さて,先週は,県予選を終えた3日後の水曜日に,改めて子ども達と話をした。

その中では,

「今,ただ練習をしても,ただ時間を過ごしてしまうだけ。

今,練習するより大事なのは,全員が,今後どうしたいのか?みんなが話し合うこと。」

と話をした。

 

その後,子ども達だけで話し合いが行われ,2つの大きな「目標」を掲げてくれた。

その「目標」を目指したいと話をしてくれた。

 

それは,決して簡単な『目標』ではない。

でも,みんなで「挑戦」していきたいです。

 

敢えて,ここでは書かないです。

みんなは,掲げた「目標」は,わかってるはずだから。

でも忘れていたなら,今,6年生に聞こうねH29年度のメンバーで向かう「目標」

H30年度に向かう「目標」

 

何事も口だけで言うのは,簡単なこと!

それを,実行に移せるようにする事が,凄く難しいこと。

だけど,その『やる気』は,一つひとつの事を意味あるものになるはず。

みんなが「心一つ」に「挑戦」してほしいです。

 

今回の練習では,どのチームも熱い試合でした。

子ども達のプレーから,たくさんの刺激をもらったことに感謝の言葉しかないです。

 

今年度も,2カ月を切りました。

この期間をどう過ごすかは,みんなの『気持ち』だと思う。

どのチームも、どのチームの6年生も悔いを残すな!

平成29年度メンバーでしかない事に、最後まで突っ走ってほしいです。

 

福重Fは,最後までガチンコでいきます。

(監督の気持ちなんで,部員の意見は聞いてないです)

 

PS

練習試合後には,保護会を行い,来年度の役員が決まりました。

話を聞きながら,改めて今年度も残り少なくなってきたなと,寂しくなってしまいました。

でも,卒部は仕方ない事です。

メンバーが変わってないも,子ども達,保護者,指導者が『頑張っている子ども達』の為にスクラム組んでいきましょうね。

 

その為にも体調管理が一番!

まだまだ,インフルエンザが猛威を振るっています。

皆さん、体調管理には,十分に気をつけていきましょうね。

 

最後に,指導者,保護者の皆さん。

練習試合での準備,ありがとうございました。

自分は,何もしなくても,指導者、保護者の皆さんが全てしてくれている。

凄く嬉しかったです。

ありがとうございます。

2月4日 春小 福岡県予選大会 福重F

2月4日(日)は、北九州総合体育館で開催された

『第27回 全国小学生ドッジボール選手権 福岡県予選大会』でした。

 

第1位  高取ファイターズさん

第2位 リッキーズさん

第3位 下原ニュースターズさん

おめでとうございます。

 

高取ファイターズさん、リッキーズさん。

福岡県代表チームとして、全国大会、頑張って来てください。

応援しています。

 

さて、福重Fの結果です。

予選 2勝2負で、予選通過をする事ができずに、

『平成29年度 福重ファイターズ』の『挑戦』は終わりました。

 

『全力疾走』で悔いなしと言いたいところですが・・・・

内容は、『悔しさ』が残るものになりました。

 

何よりも『悔しいのは』

予選落ちでも『全力でやりきった!』

という達成感をもって終わらせてあげられなかった事です。

 

これが結果です!

自分達の足りないところを受け止めるしかないです。

 

この2週間は、インフルエンザの大流行で、部員が集まらない。

全体練習が出来ずの準備不足。

 

そんな事から、当日、人数が揃うのか?

出場する事が出来るのか?

と心配しました。

 

でも、当日には、全部員が参加してくれました。

これも、保護者のおかげです。

 

そんな状況の中でも、一人ひとりが、全試合を最後まで諦めずに『挑戦』してくれた事。

凄く嬉しかったです。

 

『全力でやりきった!』達成感はなかったものの・・・・

 

福重Fのドッジ!

時間かせぎや逃げることはしない!

『最後の1秒まで ガチンコ試合』をみんながやってくれました。

それは、凄く嬉しかったです。

 

途中には、レギュラーが、腹痛から急遽、急患病院に行くこともありました。

 

色んな、プレッシャーがありながらも、

子ども達は、自分が出せるものを『全力』でやってくれました!

 

予選敗退という結果は、

・子ども達が持っている『10の力』以上のものを出し切ってあげられなかった。

・いつも以上の『向かう気持ち』を出してあげる事ができなかった。

自分の責任しかないです。

 

たくさんの足りないのを、自分が一番に感じています。

本当にごめんの言葉しかない。

 

平成29年度の『春小 福岡県予選大会』は終わりました。

今は、この結果を受け止め、みんなで『前へ』向くように早く切り替えるしかないです。

 

そこで、部員にわかってほしい事があります。

それは、一つだけ!

今日の『6年生の涙』です。

 

6年生が、どんな思いで、涙を流したのか?

その思いを忘れないでほしい!

 

そして、その思いを5年生以下の部員が胸に

・残す、約2カ月の6年生と過ごす日々を

・平成30年度の夏小予選大会

に向けて『挑戦』してほしいです!

 

『悔しさ』は、思うだけでは直ぐに忘れてしまう。

また、思うだけでは『その壁』の前で立ち往生しているだけ!

 

心にとどめ常に意識すること。

今日の『悔しさ』を胸に、一緒に『前へ』進んでいこうね!

 

・上位に絡むチームになること

・リベンジすること

を大切にしてほしいです。

 

6年生へ

3人の『挑戦』は終わりました。

 

でも、解散から8ヶ月のチーム。

約半分が新規部員。

県予選の舞台や先輩達の思いも知らない。

そんなチームが、上位チームと対戦できるチームになったと自分は思っている。

 

ここまで来れたのも、3人の頑張りです。

3人が、『平成29年度 福重ファイターズ』を作ってくれたよ。

ありがとう。

たくさん怒ってごめんね。

 

でも、忘れてはいけないこと!

それは、1人ではできない『仲間』がいたからこそできたこと。

そして応援してくれる『OB・OG』そして『保護者』

たくさんの刺激をくれた『他チームの皆さん』がいてくれたこそだよ。

感謝の気持ちは、忘れないようにね。

 

保護者の皆さんへ

子ども達の体調管理、応援ありがとうございました。

全部員が揃い、今大会のステージに立てたこと感謝の言葉しかないです。

ありがとうございます。

 

指導者、保護者代表へ

家庭がありながらも、常に子ども達、チームのことを優先してくれ、

・時には『厳しく』

・時には『優しく』

子ども達を見守り、指導してくれている事に感謝の言葉しかないです。

 

色んな事がありましたが・・・・

こうして、子ども達、保護者、指導者がスクラム組んで、

『H29 春小 福岡県予選大会』に出場できたことは、指導者、保護者代表のおかげです。

保護者、OB・OGの応援は、スクラム組んでると感じ、凄く嬉しかったです。

ありがとうございます。

 

そして、いつもお世話になっているチームの皆さんへ

いつも沢山の刺激を頂きありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。

 

最後に、県予選大会では、対戦頂いたチームの皆さん、ドッジボール審判競技員の皆さん。

ありがとうございました。

感情を出しすぎていた事、すみませんでした。

 

福重ファイターズ。

『0』からスタートです!

 

PS

今年度、何かあるたびに聞いている曲

SEAMO Continue

 

夜、聞きました!

聞きながら、何度も悔しさを叫びましたが、

新たに『前へ向かう!』気持ちになりました。