福重ファイターズ

西区福重小学校を拠点として活動しているドッジボールチームです

新規部員募集中です!気軽に練習見学、体験入部に来てください!

11月

11月23、25、26日 福重F

1123日(木・祝)から26日(日)は,練習試合,大会とドッジ漬けでした。

沢山の刺激を頂いたし,沢山の足りない部分を考えさせられるものになりました。

24日(金)は,ドッジしてませんが (‘_’))

 

1123日(木・祝) 福重F 主催練習試合を開催しました。

参加頂いた

・あいあいモンキーズさん

・有住NEWSTARSさん

・周船寺エンジェルスさん

・福岡タートルズさん

・柳川フィフティーンさん

ありがとうございました。

 

外は一気に寒くなったけど・・・・・

体育館の中は,どの試合も熱い試合ばかりが続きました。

 

いつも部員には言うこと。

練習試合は,練習でやってきたことをお披露目する場所。

そして持ち帰る場所です。

 

みんな,お披露目できた?

持ち帰ることができた?

 

それが,少しでも出来ていないなら,試合をしてもらった時間は,

一人ひとりにとって,チームにとって無駄な時間にしかならないよ。

ただ試合しているだけなら,凄くもったいないことです。

 

1125日(土)は,飯倉中央小学校 体育館で開催された「福博リーグ」に参加させて頂きました。

 

福博リーグの皆さんを初め,対戦頂いたチームの皆さん

ドッジボール審判競技員の皆さん

ありがとうございました。

 

参加チームは,福博リーグ 5チーム(土曜授業で来られていないチームもいました)

招待チーム 4チームの計9チームです。

 

〇 福博リーグの皆さん

SNDCさん

・高取ファイターズさん

・鳥飼オリオンズさん

・バナナモンキーズさん

・本山フレンズさん

 

〇 招待されたチーム

AT Vipersさん

・福岡タートルズさん

・リッキーズさん

・福重ファイターズ

 

結果

1位 高取ファイターズさん

2位 鳥飼オリオンズさん

3位 福重ファイターズ

 

どのチームも,試合のリズムが違い,堅い守備,積極的な攻撃など,凄く良い刺激を頂きました。

ありがとうございました。

 

しかし,福重Fは,立ち上がりの遅さや波のある試合内容が多すぎです。

それは,1試合1試合を大切にしていない結果です。

 

挑戦する前に,向かう気持ちを持ってほしい! ものです。

そうじゃなければ,呼んで頂き,試合させて頂けてる貴重な時間を,無駄に過ごしているだけだよ。

もっと,向上心を持ってほしいです。

 

1126日(日) 春日市総合スポーツセンター体育館で開催された「10th Thanksgiving Anniversary」に参加させて頂きました。

 

安徳フェニックスさん,春日西フェニックスさん10周年おめでとうございます。

 

対戦頂いたチームの皆さん

ドッジボール審判競技員の皆さん

 

そして,安徳フェニックス,春日西フェニックスの指導者,保護者の皆さん

本当にありがとうございました。

 

記念大会に参加するのは初めての経験でしたが,企画,進行,スポンサーの数など凄いの一言です。

素晴らしい大会に参加させて頂き,感謝の言葉しかないです。

ありがとうございます。

 

そして,沢山の試合をさせて頂いたこと。

いつもと違う,外野後ろに設置されたベンチからの試合進行など、凄く有意義な経験です。

 

後ろのベンチは,初経験です。

普段以上に,チームの課題や試合内容を考えさせられたものになり,凄く有意義なものになりました。

 

結果は

1位 周船寺エンジェルスさん

2位 高取ファイターズさん

3位 柳川フィフティーンさん

おめでとうございます。

 

今大会の参加チームは,30チーム。

1位から30位までの順位が決定です。

 

福重Fは,17位 

(微妙な順位です・・・・・ 全然満足できない結果です。)

 

1試合目,覇気もなく,守備も攻撃も全然かみ合っていない。

 

簡単に相手チームにボールを渡している。

自分達から,ピンチにもっている場面が多すぎる。

 

また今日もか? 

と思ったものの,何とか切り替えて2試合目以降やっていこうと思った。

でも,それ以降の試合も,何ら変わらない。

 

昨日の試合後には,今日の流れを明日にもっていこうと話したものの・・・・・

木曜日の練習試合や土曜日の福博リーグで出来ていたことが全然できていない。

さらに,試合に向かう気持ちが動きからは全然見えない。

1球の大切さや良いプレー(守備,攻撃)からの切り替え,そんなところが全然見えない。

 

攻撃,守備においても,良いプレーは沢山あったよ。

でも次に繋げるチームの雰囲気がなければ,それは,その1つで振り出しに戻るだけです。

自分達から,相手チーム流れにしてしまっている。

 

ピンチを切り返る,選手同志が盛り上げて試合をすることは,試合の流れを自分達に持ってくること。凄く大切なことです。

 

例えば,

・キャッチしても,外野にボールデッドしてしまう。

・攻撃が決まっても,その後,甘いコースや勢いのないアタックで簡単に相手ボールにしてしまう。

・アウトで外野にいっても,内野に戻ろうとの一心で試合の流れや相手チームのディフェンスを考えない,1球目からのアタックを繰り返す 

など,そんなことが続くとどうなる?

 

さらに,

・ピンチになったら声が出ない。

・覇気が感じられない。

・声掛けができないなど。

そんなことしてて,相手チームから見たらどう思う?

 

相手チームの流れになるだけです。

相手チームに攻めのチャンスを,勝ちのチャンスを,雰囲気の盛り上げをあげているだけだよね。

 

みんな。

一つのチャンスを「切り返る大きな声,強い気持ち」をもってほしいです。

まずは,誰かが,先頭きってほしいです。

 

はっきり言って,福重Fには,先頭をきる子どもが,まだいないです。

 

一人の大きな声が,行動が,大きく試合内容を変える。

いつも監督は言っていることだから,みんなも十分わかっているはずだよね。

 

でも,まだまだ出てこない。

いつ,そんな子どもが出てきてくれるか?

凄く楽しみに待ってるんだけどな。

 

でも,11月が終わろうとしているこの時期に,言いたくない言葉だよ・・・・・・

 

今大会,全てが課題ばかりではないです。

途中,良い試合や良いプレーもありました。

 

でも,それを継続できない。

次の試合では,消極的なプレーに戻っている。

そんなプレーしているようなら,上位チームに絡むには,全然足りないです。

 

予選は3位(6チーム中)したものの,トーナメント 18位。

それは,自分を含め,チーム全体の責任です

 

負けても次に繋げるものがあればよい。

でも,今大会の試合内容は,繋げるものが少ない。

 

自分達が出せるものがあるのに,出し切れず終わること。

凄く悔しいです。

 

今大会終了後,子ども達に話した。

今年度,参加チーム全チームの順位が決まった大会は,これで2回目です。

 

1回目は,72日開催の「筑紫グランプリ」

16チーム中15

 

その時,自分達の実力を知り,それから1つでも上へいく。

必ず,予選を通過しようと頑張ってきたよね。

 

そして,その結果,一つひとつ上にいけるようになってきたよね。

みんな頑張ったからだよ!

 

でも,今大会での17位は,筑紫グランプリの時のように実力の差ではなく,自分達の大会への思いが足りない結果になっていない。

 

チームワークや向上心。

さらには,戦術面,技術面などたくさんの足りないものがあったからだと思わない。

 

みんな。

・今,少しすこし勝つことができていることに満足していない?

・試合に出れることが当たり前になっていない?

 

そんなんじゃないやろ!

考えろ!

と今回の結果は,言ってくれているじゃない。

 

みんなで,活動しだした6月。

全敗しかできなかった。

あの時の悔しさを忘れていない。

と言ってくれているように思わない。

 

自分を含め,みんなが,

『初心に戻れ』『基本に戻れ』

と言ってくれているように自分は思う。

 

ねぇ,みんな,今,何月かわかるよね!

県予選大会まで何カ月あるの? 

2カ月しかないよ!

 

6年生が卒部するまで何カ月あるの? 

4カ月だよ!

 

それを,全力で向かえない!

それってどうなの?

 

時間は戻らないよ。

終わってから,後悔しても同じだよ。

監督は,今のこの時間をみんなと一緒に全力で挑戦する!

れしか考えていない。

 

今,チーム全体が切り返る時だよ。

みんなで「0からのスタート」です。

 

同じ時間を過ごすなら,全力を向かう方が良いと思わない。

全力でやるから結果に繋がってくるし,もっとドッジの魅力を感じるはず。

そのためにも,みんなが楽しく,元気な声を出してほしい。

 

声を出すこと,全力でやること。

誰に遠慮する必要もないし,恥ずかしい事でもないよ。

 

みんなの元気な声。全力でやる気持ち,行動を待っているから。

 

そして,チームの『目的』に向かって,

前へ! 『挑戦』するだけです。

 

PS

閉会式では、監督賞をもらいました。

嬉しかったです (*^o^*)

ありがとうございます。

 

27日,1名の部員が退部しました。

一緒に『汗した』仲間がいなくなるのは,いつもながらツラいです。

でも、本人がたくさん考えた結果だと思ってます。

何かあったら,いつでも遊びにきなよ。

11月19日 ドッジボールフェスタ 福重F

1119日(日)は,岡垣サンリーアイで開催された

『第11回 ドッジボールフェスタ』に参加させて頂きました。

 

大会実行委員会(MBKさん)の皆様

対戦頂いたチームの皆様

ドッジボール審判競技員の皆様

ありがとうございました m(__)m

 

参加チーム 24チーム

12人制 18チーム

8人制 6チーム

 

【12人制の結果】

1位 福岡タートルズさん

2位 高取ファイターズさん

3位 福津フェニックスさん

おめでとうございます。

 

福重Fの結果 (12人制)

○予選(Cリーグ 6チーム) 500負 1

○トーナメント 1回戦 大蛇キッズマウンテンさんに敗退(6-7

 

予選を1位で通過したものの,トーナメント1回戦で敗退し、今大会を終わりました。

 

ドッジボールフェスタは,昨年度,初優勝した大会 

だからこそ,必ず上位に入り込みたい思いしかなかった。

でも。これが結果です。

 

悔しい思いが残ったものになりましたが…..

気持ちも,動きも切り替えていくしかないです。

 

さて,今大会では,前年度優勝チームとして開会式では,

キャプテン『こうき』が選手宣誓をさせて頂きました。

(自分が緊張してしまいましたが ^ ^)

 

さらに、前年度の優勝チーム,準優勝チーム用に待機場所も設定して頂きました。

待機やミーティングで,あまり待機場所での観戦は出来なかったものの・・・・・・

何試合かは観戦できた事、子ども達には,凄く思い出に残るものになったはずです。

こうき、立派な選手宣誓だったよ (^^♪

 

さて,試合内容ですが,子ども達のプレーは,決して課題ばかりではないです。

強気なプレーをしているオフェンス陣。

ディフェンス陣も,凄く良いプレーをしてくれました。

 

特に,ベンチにいることが多い,3年生の「しゅんすけ,れんと」は、

最高のキャッチを何本も決めてくれたし,流れをしっかり変えてくれていました。

更に入部したばかりの「くるみ」も初大会を経験し,しっかり動きについてきてくれています。

一人ひとりが頑張ってくれました。

 

でも,試合の流れを掴めず,自分達のリズムをとれなかった。

ミスを切り替えることができなかったなど

 

戦術面,精神面,勝ちたいと思う気持ちの面など、たくさんの足りないものがあった。

それが,結果になってしまいました。

 

いつも言うことだけど,足りない所があるから,それが結果になる。

それを痛いほど実感させられました。

 

試合中は,誰もがミスをする。

そのミスを切り替えることができるチームが、最後には、良い結果に繋がると思う。

 

・アタックのミス

・パスのミス

・守備のミス

・審判のジャッジなど 沢山あります。

 

それをどう切り替えるかが大切なことです!

それには,色んな,切り替える『スイッチ』があると思うけど…..

 

自分が、みんなにしてほしいこと。

大切にしてほしいことは、次の2つです。

 

まずは、『みんなの声掛け』です。

ミスをした時ほど,周囲が 温かい声掛けをしてあげてほしいです。

その言葉は、気持ちを変わるキッカケになるはずです。

 

なぜ、温かい言葉なのか?

 

キャッチミスした時、『なぜ捕れん!』と厳しいことを言われたら,

気持ちは変わるどころか,逆にミスしたらいかんと思ってしまわない。

 

それによって,集中力が高まるのなら良いけど,

体が動かなくなり、更にミスが続くことになってしまいがちになります。

 

コートに立っている仲間の温かい,前向きな『声掛け』は大切なことです。

(自分が言われてイヤなことは,言われた方もイヤだよね)

自分も気をつけていきます(*^^*)

 

そして,もう一つ大事なことは,自分で切り替えるために,

『一つのアクション』をすることだと思う。

 

もし,アタッカーが,アタックミスをした場合,アタックを打つことだけを意識して,

リズムや戦術も考えないアタックを繰り返したりする。

 

それって気持ちを切り替えることができる?

ピンチをチャンスに変えることができる?

 

それどころか、相手のラインを考えない,

1球目からのアタックや同じコースのアタックなどが続き,

更には,焦りからベンチやボールカットも見ることができないものになってしまわない。

 

そんな時こそ,切り替えるための『一つのアクション』をすること。

これは凄く大切なことだし、切り替えるキッカケになるはずです。

 

そのアクションには, 人によってそ、の方法は違うと思うけど、例えば、

・自分の顔をたたく

・笑顔になる

・周りを一度ゆっくり見回す

・一度,ゆっくりの高いパスを回すなど

一度,動きで「一呼吸する」ことがミスの連鎖を切り替えるキッカケになるはずです。

 

ミスは,誰でもするもの!

そのミスを少なくするために,みんなは,いつも練習をしてるんだよ。

練習してることに戻れば良いんだからね。

 

『ミス』を切り替えるキッカケは,

・みんなでの『温かい声掛け』

・一つのアクションをおこす 事です。

みんなで取り組んでほしいです。

 

もう11月も終わろうとしています。

今年度も残り4カ月。

県予選大会まで2カ月です。

 

6月から活動してきた福重Fにとっては,11月末で半年が過ぎます。

経験の足りなさや,技術面,戦術面,精神面の足りなさは沢山あります。

それは,自分も同じです。

 

でも,このメンバーでしかできないこと。

みんなで目的を一つに,がむしゃらに挑戦していきたいです。

 

その為には,みんなにわかってほしいことがあります。

 

経験者(昨年度以前からドッジしている子ども達)は,先輩たちの思いを忘れないことです!

(今大会終了後にも話したけど,昨年の宮崎の思いは忘れないでほしいです)

 

そして,経験者は,今年度から仲間になった子ども達に,色んなことを教えてあげてほしいです。

先頭になって動いてほしいです。

 

今,みんなを見ていると,経験者も今年度入ってきた子ども達も,

向かう,取り組む気持ちは同じように見えるし、行動も同じように思う。

 

でも,経験者は,これまでに,より沢山の経験をしてきたはずです。

先輩たちと一緒に過ごしたことで,先輩達の思いを感じているし、

経験の度合いも違うはずです。

 

同じ学年でも,チームにおいては,経験した子ども達が先輩です。

 

でも,経験してきたことや,大切に引き継いでいかないことを,行動や言葉で伝えることができているのか?

どう思う? 

出来てないなら,動いてほしいです。

 

行動しても,言葉で話しても,

今年度から仲間になった子ども達に,直ぐに理解してほしいと思っても難しいことです。

 

なぜわからんの?

と言っても,わかるはずがないです。

特に低学年にはね。

それは,その場面を経験していないからです!

 

でも,経験してきた子ども達はわかるはずだよね。

 

挨拶や掃除と同じように,経験者のみんなが先頭になって行動に出すことができれば,

みんなは,何を大切にしないといけないのか?

漠然とした『目的』を理解してくれるようになるんじゃなかいと思うよ。

そして,それは,必ず試合結果にも繋がってくるはずです。

 

教えることや行動すること。

それは,自分も同じです。

 

今,部員の全員に

・足りないところを,理解させることが出来ているのか?

・ミスをしても,切り替えることができているのか?

・目的を,みんなに理解させることができているのか?

・チームワークの大切さを理解させてあげているのか?

・大会での戦闘スイッチを入れさせることができているか? など

 

まだまだ,自分自身が足りないとこばかりです。

自分が変わらないといけないです。

 

今回,結果は,悔しいものになったけど。

足りないところを振り替えさせてもらうことができた事。

それは凄く良い経験になりました。

忘れない大会です。

 

この経験を,必ず子ども達と一緒に『前へ』繋げていきたいです。

 

PS

4月,福重ファイターズが解散した際,

部屋にある『ドッジボールフェスタの優勝旗トロフィー』を見て,

これを一人で返しに行くんだな! と思ったことは、今でも忘れないです。

 

だからこそ,今大会への気持ち、結果は,強いものがあり,

もう一度,優勝したい。

このメンバーでしたいとの思いがあった。

 

それは,達成できなかったけど。

でも,今回,福重ファイターズのメンバーと一緒に優勝旗トロフィーを返しに行くことができた。

そして,コートに立ち試合ができた。

忘れないです。

 

今は,少し脱力感があるのは確かですが,直ぐに復活します。

 

福重Fは、活動開始し半月が経ち,折り返しと言いたいところだけど,

普段通りの 6カ月はないです。

 

でも,残る期間は、このメンバーと一つでも多くの思い出を作りたいです。

 

みんな,時間はリセットすることはできないからね。

チームワークを大切に,全力でいこうね。

 

先週の水曜日から、少しずつ、タバコの本数を減らそうとして取り組んでます。

1日、5本程度で済んでいたんですが・・・・・・

大会では、本数が増えてしまっていました。

 

思った!!

気持ちが、一番弱いのは、自分かもです。

11月12日 B&G 福重F

11月12日(日)は、大分県 安心院小・中学校体育館で開催された、

『第23回B&G財団会長杯争奪少年ドッジボール大会』に参加させて頂きました( *^^*)

 

参加 16チーム(大分県、宮崎県、福岡県)

 

主催の宇佐市安心院B&G財団地域海洋センター・宇佐市教育委員会様

対戦頂いたチームの皆様

ドッジボール審判競技委員の皆様

ありがとうございました m(_ _)m

 

今大会の出場は、福重Fは初参加ですが、

23回という歴史ある大会に参加できたこと。

多くの試合ができ、沢山の刺激を頂いたこと。

 

凄く良い経験になりました。

ありがとうございます。

 

結果は、

第1位  佐賀関バトルフェニックスさん

第2位  別府鶴小ストロングスさん

第3位  福重ファイターズ

敢闘賞  東朽網ライジングサンさん

 

予選から、トーナメントまで、沢山の課題は、ありすぎですが.・・・・・

 

結果は『3位』

人数がギリギリの中で、部員は、よく頑張りました (^_^)v

 

保護者の応援,しっかり子ども達の『後押し』をしてくれていましたよ (^^)

 

さて,福重Fの内容です。

当日の朝,アタッカーの1名が風邪で休みの連絡あり,

事前に休む連絡をもらっている部員を含め,計 4名が休み。

低学年入れて,12名 ギリギリでの参加です。

 

今大会は,

予選が,中学校,小学校体育館の2箇所で開催されました。

 

8チームごとの総当たり戦での予選大会が行われ、予選の順位での「各パートトーナメント」

 

そこで勝ち抜いた上位4チームが、「優勝決定トーナメント(準決勝,決勝)」に進出です。

 

福重Fは,

○ 予選 Aパート(安心院中学校 体育館)

5勝0分2負 2位

 

○ 各パートトーナメント

各パートで各2つのトーナメントが開催され(計 4トーナメント/4チーム)

1つのトーナメントで1位

 

上位4チームの中に入り,

「優勝決定トーナメント」へ進出することが出来ました。

 

しかし,

予選,各パートトーナメントの試合内容は,決してよいものではなく,

毎回,ギリギリで勝てたようなものです。

 

オフェンス陣は,リズム感がなく,無駄な攻撃が多すぎる。

ディフェンス陣は,相手チームによって、チキンな部分が出ている。

 

そんな部分が随所に出ていて,各試合とも試合の流れにまとまりがない。

積極性のない、ちぐはぐした動きばかりが目についてしまう。

 

いつも言うことだけど,

・大会で対戦していることを意識してほしい。

・チームプレーを大切にして,強気な姿勢でプレーをしてほしい。

・高学年は,試合の流れを見る力をつけてほしい。

 

自分は、ここまで来たことが出来た。

ここから、一つでも上位へ行きたい。

 

でも、これまでの流れでは,結果は見えている。

 

気持ちを少しでも切り替えてほしい。

あとは,子ども達が,どれだけモチベーションをあげて試合をしてくれるかです。

 

そして,そんな事を思いながら「優勝決定トーナメント」です。

対戦相手は,佐賀関バトルフェニックスさん

 

開始早々から,相手チームのリズムで試合が流れ、何もすることなく完敗です。

 

力の差を感じるんじゃなく,

チキンな部分がでていて,完全に気持ちで負けている。

 

その気持ちの弱さが,プレーに全面的にでている。

そんな,気持ちや焦り,試合の流れを掴もうとしない。

切り替えようとしないプレーをしていれば、良い試合になるはずがない。

 

それじゃ,試合前から,勝敗は決まっている。

コーチに立つなと言いたい!

 

チームの名前で負けるように感じる内容は,めちゃ悔しいです。

自分は,強いと思うチームとの対戦は,いつもワクワクする。

 

挑戦が出来る!

自分達が出来る事を全力で出したらよいやん!

みんな,もっと「強気」になってほしい。

そうじゃないと,いつまでも目の前の「壁」を登ることさえできないよ。

 

そして「3位決定戦」では、

東朽網ライジングサンさんとの対戦です。

 

今年度,対戦する機会が多く,強力な攻撃です。

対戦する度に、良い刺激もらっているし、いつも気持ちの弱さが出てしまっている。

 

だけど,今試合では,前試合のような,気持ちの弱さはない試合をしてくれました。

内容は荒い部分が多いものの,最後まで戦い抜いてくれて,僅差での勝利!

最後の10秒が凄く長く感じた試合になりました。

 

3位!

嬉しい瞬間です。

 

子ども達には,凄く貴重な経験になったはず。

この経験は,大切にしてほしいです。

 

そして,自分達が足りないものは何なのか?

振り返り,考えてほしいです。

 

今大会では,普段対戦することがない県外チームと対戦できたこと。

そのスタイル,チームワークなど沢山の刺激を受けました。

 

特に,2位となった「別府鶴小ストロングスさん」

トーナメントからの勢いは凄く,優勝決定戦でのプレーは,

チーム全体が一丸となり,部員のモチベーションの高さに凄く感動しました。

良い試合を見せて頂き,本当にありがとうございます。

 

福重Fの子ども達も見たはずです。

気持ちの強さ,それは見ていて「素直に凄い!」と思う内容になること。

みんなも、そんな「気持ちの強さ」を持っているんだよ。

 

今は,その時で,気持ちの浮き沈みがあり,

単純なプレーなどが目立つけど・・・・

みんな,気持ちも体力も凄く成長しているよ。

 

6月にスタートした時のことを思い出してごらん。

あの時は,試合には全敗。

試合中に諦めてしまうようなプレーもあった。

 

合同練習では,

他チームについていくことがキツクて,途中休んでしまったりしたこともあったよね。

 

でも,今は,体力的にもついていけるようになったし,

試合では,最後まで諦めない試合を何度も見ることがある。

 

それは,みんなが一つひとつ成長している証です。

みんなには,たくさんの可能性が満載です。

 

でも,足りないところは,沢山あります。

ありすぎると思う。

それが,当たり前のことです。

 

それは,どのチームでも同じです。

足りないものがあるからこそ,振り返ることができるし,成長することができる。

これからも,たくさんの足りないものに挑戦してほしいです。

 

一人ひとりが、自分の「目標」に向かい。

みんなの「目的」に向かい挑戦していこうね。

 

そして,監督が,一番、みんなに挑戦・大切にしてほしいことは、

いつも言うことだけど

 

・全力でプレーすること

・向上心を持つこと

・チームワークを大切にすること です。

 

特に,日頃から,

・気軽に話ができ

・声を掛け合い

・助け合い

・笑いあえる

 

ライバルを見つけ,切磋琢磨してほしい。

そんな,『チームワーク』を大切にしてほしいです。

 

6年生が一番に動いてほしいです。

遠慮なく、考えることなく。

思うままに、一歩踏み出すこと!

そういう所も大事だと思うよ。

 

PS

保護者の皆さん,長時間の運転,応援ありがとうございました。

これからも,子ども達のことを「見守り」

熱く温かい「応援」で,

子ども達の「後押し」をお願いします。

11月3日(金)から4日(土) 福重F

11月3日(金・祝)~5日(日)の3連休は,2日間 ドッジ,1日間は休みでした。

 

○ 3日(金・祝) 通常練習

体育館が使用できないことから,室見川のランニングから近所の公園で練習です。

暑い中で,周辺の団地に気をつけながら,声を落としての練習でしたが・・・・

久しぶりの青空ドッジは,いつもの体育館の床とは違った感覚で,良い経験になったと思います。

 

差し入れもあったし,OBの「たけ」も参加してくれたしね (#^.^#)

たけ、遊びに来なよ!

 

○ 4日(土) マリンカップ

長崎県西海市 大瀬戸総合運動公園体育館で開催された

「マリンカップ 2017」の参加させて頂きました  (#^.^#)

 

主催の畝刈マリンウェーブさん

対戦頂いたチームの皆さん

ドッジボール審判競技員の皆さん

ありがとうございました <(_ _)>

 

参加チーム 26チーム(長崎県、熊本県、佐賀県、福岡県)

 

第1位 リッキーズさん

第2位 高取ファイターズさん

第3位 鳴見台ドッジ☆スピリッツさん

敢闘賞 周船寺エンジェルスさん

 

チャンピオンベルトは、リッキーズさんが勝ち取りました。

おめでとうございます。

 

福重Fの結果

予選Cリーグ 2位(4チーム) 2勝0分1負

トーナメント ベスト8 (敗者復活からの勝ち上がり)

 

予選1試合目は,

リズムのないプレーが目立ち、集中力や積極性が感じられない。

何ともすっきりしない内容です。

 

朝一番で,立ち上がりが悪いんじゃなく,

子ども達の大会で勝ちたいという気持ちが,プレーに全然見えてこない。

完璧な相手チームのリズムで完敗です。

 

その後は,少しは動きも良くなり,積極性が見えてきて,

残る2試合は,勝つことができ,予選を2位通過することができました。

 

しかし,トーナメント 1回戦

予選 1試合目とほぼ,同じ動きになっている。

 

動き,気持ちとももに全然かみ合わない。

自分達からリズムを崩している。

 

さらに,アタッカーたちが雰囲気を崩していき,それを切り替えることができないまま・・・・・・

相手チームのリズムで試合が進み,完敗です。

 

本来の大会なら,ここで終わりです。

でも,今大会は,敗者復活戦(ワイルドカード)があり,敗者復活戦に進むことになりました。

 

1試合,2試合と勝ち進み,3試合では,サドンでの勝利。

準々決勝まで進みました。

 

このままの勢いでと思ってはいたものの・・・・・

対戦相手は,予選1試合で対戦したチーム。

 

開始早々からの攻めから,内野数が開き,自チームの単純な1球のミスやディフェンス陣のミスが続く。

さらに,高学年の気持ちが先走っているのが動きに出てる。

それは,良いほうの動きではなく,一つ一つのミスに繋がっている。

 

そんなプレーが続いたら,

練習でやってきたことや経験してきたことを出せるはずがない。

切り替えるどころではなく,終始,相手チームのリズムで試合が進み,完敗です。

 

予選,トーナメントと2回対戦させてもらったのに,良いとこなしで終わるのは,悔しいです。

こんな試合をしていたら,トーナメントで対戦して頂いたチームに申し訳ない気持ちしかないです。

 

いつも子ども達には,大会に出場する意味を理解してほしいと話してます。

 

練習試合では,何度でも繰り返すことが出来るものの,大会は,1回勝負です。

一つのミスが大きく試合を変える。

一人の行動が,雰囲気を悪くしたり,リズムを崩したりする。

 

5分間を通して,完璧なプレーは,決してないです。

ピンチとチャンスの繰り返しの中で,どう気持ちを切り替えるかです。

 

そのためには,みんなが「勝ちたい」という意識をもつこと。

自分達の「目標」「目的」を忘れずにプレーすることです。

 

いつも,練習試合では,一人ひとりが「目標」をもって試合をすること。

そして,課題を持ち帰ってほしいと言っています。

 

その課題を,練習で挑戦し練習試合でお披露目する。

その繰り返しの中で,

・取り組んできたこと。

・経験したこと。

 

それは,絶対に無駄にはならないです!

 

大会では,

そうして取り組んできたことを。

その時点で出せる,一人ひとりの「10の力」を出し切るように挑戦してほしいです。

 

それは,

・一人ひとりの挑戦

・チーム全体の挑戦

・チームワークの挑戦 です。

 

でも,子ども達には,この「挑戦」は難しいことなのかもしれない。

しかし,「挑戦」する気持ちを持ち,取り組まなければ・・・・・

 

今大会のように,一つひとつの試合において,

・良い悪いところと波がある内容だったり

・ピンチを切り替えることができなかったり

・自分達で雰囲気を崩し,悪いリズムになるなど

そんな内容になってしまうしかない。

 

自分の「課題」を意識して,「挑戦」することは大切なことです。

 

福重Fの子ども達は,何かしら課題は,感じてくれているはずです。

練習や自主練で頑張っている子ども達もいる。

大会に向かう強い気持ちをもっている子ども達もいます。

 

しかし,それは一部の子どもだけでは,大きなチームワークにはならないし,

課題をもっていても,持っているだけで,それに挑戦する行動をしなければ,

それは,プレーには繋がらない。

みんなの「目的」に近づくはずがないです。

 

自分から言えば,今は,まだまだただ,コートに立ち,試合をしているだけ。

そんな所が見えてしまいます。

 

一人ひとりが,持っている気持ちや行動を,出し切っていないように思う。

中には,高学年に遠慮して,出し切っていいない子どももいるかもしれない。

 

そんな遠慮は,必要なのか?

そうなれば,自分達のプレーに近づくものではなく,その場その場を過ごしているだけにしかならない。

 

内容は,良いプレーになったり,悪いプレーになったりするかもしれない。

けど・・・・・

前へ行くものにはならない!

 

その状態で,いつまでも足踏みしているだけです。

前へ1歩も進んでいないです。

 

ならどうしたら良いの?

何が足りないの?

 

それは,まず,1人ひとりが

・「課題」を持ち,行動すること

・「目標」を大切にし,行動すること

・「チームで戦っている気持ち」を持つこと

だと思うよ!

 

そのためにも,「チームワークを大切にすること」です。

高学年から低学年まで,いつもお互いに声を掛け合い,話ができる

気配り,心配りができる!

そんな雰囲気を大切にすることだと思う。

 

低学年には難しいことかもしれないけど,

高学年には,わかってくれるはず。

高学年が,先頭になって取り組んでほしいです。

 

負けるのは,誰が悪いのではない。

足りないものがあるから負ける!!

 

それは・・・・・

・一人ひとりのプレーなのかもしれない

・チーム全体のプレーなのかもしれない。

・全員が勝ちたい気持ちが足りなかったのもしれない。

・カバーすることが出来なかったからかもしれない。

・声を掛け合い,切り替えることができなかっかもしれない。

など沢山の足りないものがあったからじゃない。

 

でも,それをカバーしたりするのは何か?

日頃から,「チームワークを大切にすること」だと思う。

 

それは,結果になるまでには、時間がかかるかもしれん。

でも,必ず,みんながやってきたことが、行動に出てくるはずです。

 

自分は、礼儀、マナー、ルール

そしてチームワークを考えないことに対しては、厳しく言っていきます。

 

PS

今大会では,保護者がバスを手配してくれての移動になりました。

これまでも、年1回は,バスの移動しているけど,

みんなが一緒に行動するのは,やっぱ楽しいです (^^♪

 

子ども達にとっても良い思い出になったはずです。

ひろきママ、ありがとうございました。

 

ひろき、せいご、しゅんすけ!

バスでの声,試合でだしてほしいな。

 

後半戦、どのチームも成長が凄い!

福重Fは、始動して5カ月で半年はいってない。

でも,とことん他チームに追いついていこうと自分は思っています!

 

できるか? できないか? ではない。

やるしかない!

 

自分は、その気持ちしかないです!!

保護者の皆さん、子ども達の後押しを,お願いします。

 

熱すぎですよね・・・・・

すみません。

 

【3日 青空ドッジ】

【4日 マリンカップ】