福重ファイターズ

西区福重小学校を拠点として活動しているドッジボールチームです

新規部員募集中です!気軽に練習見学、体験入部に来てください!

06月

6月25日 リーグ対抗戦 福重F

625日(日)は,九電記念体育館で開催された

「第12回福岡リーグ対抗戦ドッジボール大会(参加19チーム)」に参加しました (#^.^#)

 

主催の福岡県ドッジボール同好会さん

対戦して頂いたチームの皆さん

1日審判して頂いたドッジボール審判競技員の皆さん

ありがとうございました <(_ _)>

 

1位 高取ファイターズさん

2位 柳川フィフティーンさん

3位 レッドファイヤーズ志免西さん

おめでとうございます。

 

上位チームの試合は,学ぶとこも多く,良い刺激うけました。

 

福重ファイターズの結果は,

・予選(Bリーグ) 202負  3位(5チーム中)

TN 1回戦 柳川フィフティ-ンさん 4-10 完敗

 

実力の差を感じさせられました。

凄く良い経験です。

 

内容としては,

予選1試合目は,声,動きとも良かったものの

それ以降は,声,動きにも元気さがなくなり、

それが,そのまま試合に出ている内容になっている。

 

対戦のチームとの実力差は,どのチームも相手チームが上です。

だから,福重ファイターズは,どの試合でもチャレンジする気持ちをもって,

強気な姿勢で対戦してほしいと思ってはいた・・・・

結果は、経験の差を十分感じたものになりました。

 

ドッジは,本当に厳しいスポーツだと思います。

 5分間の中で,ピンチとチャンスが繰り返され,

集中力や気持ちが落ちると一気に勝敗が決まってしまいます。

 

・キャッチができず,アウトになった。

・アタック打って,決めることができなかった。

・パスがつながらなかった。

・パスをボールカットにとられた。

など当たり前のこと。

 

その課題を少なくするために,みんなは、練習しています。

 それは、どのチームも同じです。

 

ピンチの時に,大切なことって何だろう?

一人ひとりが,その時にどうするのか?

どうしてチャンスに変えることが出来るのか?

 

それは,一人ひとりが,その壁に向かう

「強い気持ち」だし、チームワークの強さだと思う。

 

・ミスをして気持ちが凹んだり

・相手チームを見て強いと感じたり

・相手アタッカーの球が速く,アウトになってしまうのではないかと思ったりなど・・・・・

 

気持ちが沈んだり,弱腰になったり,

態度が出てしまったりすれば,

チームのリズムは決して良くなるはずはないと思う。

 

チャンスを持ってくるというより,

さらにピンチを大きくするだけになってしまうと思わない。

 

そんなピンチの時こそ,大切なのは,

みんなで声をだし,声を掛け合うことだと自分は思う。

 

声を出すことは,

集中力,ねばり強さ,やる気,意気込みが高まる,プレッシャーに強くなる

 

声を掛け合うことは,

自分やチームの仲間への励ましや勇気づけにつながり,

チームの一体感がうまれることに繋がっていくと思っています。

 

みんなは,この1カ月で,

・一人ひとりが成長したのを十分に感じられる。

・一人ひとりが精一杯にやっているのは十分にわかる。

 

しかし,これから大切なのは,仲間で試合に向かう気持ちです。

その気持ちは,凄く大切なことになってくるはずです。

 

基本動作,試合のリズムなど,課題はたくさんあります。

体力的なものは,みんなで,少しずつ試行錯誤しながらでも形を作りあげていけば良い。

 

でも,同じ練習をするのでも,

声をだし,声をかけあい。

気持ちをもってするのと,そうでないのとでは,

その中身は全然違ってくるはずです。

 

急に全員が出来るものではないです。

でも,一人でもその気持ちをもって行動すれば,

それは,大きな力になるはずです。

 

まずは,大きな声を出すこと。

それは,全員ができるまでに時間がかかるかもしれない。

しかし,一人の声が,いつかは,チーム全員の声になるはずです。

 

その声は,どんな壁にも向かっていける。

みんなの強い気持ちにつながるはずです。

 

・勝ちたい!! その気持ちが「大きな声」になる。

・ミスをした仲間に「ドンマイ」と言葉をかけることができる

・良いプレーした仲間に「ナイス」と言葉をかけることができる

・アウトになった仲間には「ドンマイ 戻るよ」との言葉をかけることができる など

 

さらには,

パスカウント,指示,タイムなど大きなジェスチャーや声など

 

ピンチをチャンスに変えるものなるはずです。

それって,その行動は,凄くカッコいいことだと思うよ。

 

一人ひとりの

「やるか? やらないか?」の気持ちです。

 

みんなで挑戦しよう!!

時間を大切にしよう。

 

 

6月17 18日 福重F

6月17日(土)

部員は,土曜授業があり午前の通常練習は休み。

午後からは,有田小学校体育館にて「A・T Vipersさん」と合同練習をさせて頂きました (#^.^#)

 

青山監督はじめ,指導者,保護者,部員の皆さん。

貴重な練習時間の中,一緒に練習させて頂き,本当にありがとうございました <(_ _)>

 

アップから,試合内容まで,たくさんのことを経験させて頂きました。

また,練習の中にゲームを取り入れる方法は凄く貴重な経験です。

ゲームには,自分も参加させてもらいましたが,楽しく有意義な時間でした (#^.^#)

ありがとうございます。

今後とも,機会がありましたら,ぜひお願いします <(_ _)>

 

6月18日(日)

志免西小学校体育館で開催された

「第38回 筑紫リーグ定期大会 (参加 8チーム)」に参加です。

 

担当主催のレッドファイヤーズ志免西さん,お世話になりました。

ありがとうございます。

 

対戦頂いた,筑紫リーグのメンバー。

ゲストチームの畝刈マリンウエーブさん、

刺激ある試合,凄く良い経験になりました。

ありがとうございました。

 

ドッジボール審判競技委員の皆さん、

ありがとうございました。

 

今回は,福重ファイターズにとっては,初の大会です。

 

予選 1試合目から子ども達の緊張しているのは十分にわかります。

それは動きにもしっかりと出ています (^^;

 

動きがギコチない。

せっかくのチャンスもミスや焦りで簡単に逃がしてる。

簡単に相手ボールにしているなど・・・・

終始,相手チームのペースで試合が流れています。

 

緊張するのは,当たり前のことです。

 

それは,子ども達だけではないです。

自分も久しぶりの試合で,自分自身でわかるくらいに緊張していました。

ここまで緊張したのは久しぶりかなと思うぐらいです (^^;

 

そうした中での予選。

今回は,予選が2クールで行われ,

・第1クール 総当たり戦

・第2クール 第1クールでの結果により

1~4位の 4チーム

5~8位の 4チームに分けての総当たり戦。

第2クールの結果により,トーナメント順位が決まる形式です。

 

【結果】

○予選 5位(8チーム中)

・第1クール            1勝 2分 4負 7位

・第2クール(5~8位チームの部) 2勝 1分 0負    1位

トータル 3勝 3分 4負 5位

 

○ トーナメント戦  3位

第1位 安徳フェニックスさん

第2位 レッドファイヤーズ志免西さん

第3位 福重ファイターズ

 

1クール目

リズム感がない。

終始,相手チームでの試合です。

 

2クール目

動きが少しずつ良くなってきているものの内容は,浮き沈みが激しい・・・・

 

そしてトーナメント戦。

一人ひとりが試合に向かう気持ちが出てきています。

 

それは,少しずつ動きにも見えるようになってきています。

 

予選から1試合毎,

試合を重ねる中で,子ども達は,しっかりと成長しているのを感じるものなっています。

 

福重ファイターズの子ども達は,半分程度が初心者の子ども達です。

だから,大会出場は,初の経験。

初キャッチも経験していない子ども達が何人もいます。

動きも他チームに比べては,完璧に劣っています。

 

そんな子ども達が,

今回,試合を通じて,ドッジボールの激しさ,厳しさを十分に感じたはずです。

 

この1カ月,練習では,基本を重点的に行ってきました。

これからも同じですが!!

 

基本練習はキツイです。

でも、そのキツさは、何のためにやっているのか?

 

試合を経験することで,

基本の大切さを,わかったはずです。

子ども達が,そう感じてくれたら嬉しいです。

 

今回,試合を重ねていくうちに,

子ども達なりに,声をだし,試合前後には、自分たちでミーティングしている。

 

それは、動きも良くなってきています。

さらに、全員が初キャッチを経験することができた事は,

凄く嬉しいことです(^_^)

 

一人ひとりが,試合に向かう気持ちが「前へ」向いている姿。

見ていて十分感じることが出来ました。

凄くカッコよかったです。

 

個人プレーや声を出さないことは,カッコ良くないことです。

 

でも,今日の2クールからトーナメントでのみんなは,カッコ良かったです。

次は,みんなで新たな「1」へ挑戦して新たなカッコ良い姿を見せてほしいです。

 

プレーにおいては,ボールへの 執着心はまだまだ足りない。

周りを見る余裕もない子ども達ばかりです。

でも,今回のように,全員でやる意識をもったこと。

 

一人ではない,全員で向かう気持ちが,チームとしての大きな動きになったこと。

それが今回の結果に繋がったと思います。

 

まだまだ,基本を集中的にやらないといけない子ども達です。

でも,今日の経験,気持ちは,一人ひとりが,これからの大きな一歩になったはずです。

決して忘れないでほしいです。

そして,一人ひとりが大きな自信を持ってほしいです。

 

今日は,試合後など,たくさんの笑顔を見ました。

一人ひとりの笑顔は最高でした。

 

そんな中でも,自分が忘れない笑顔は,

ピンチでのキャッチ

初キャッチを決めた子どもと話した時に。

 

今まで,どちらかと言えば自信がない顔が,全然違う顔になっていたこと。

嬉しさを前面に出した笑顔が見えたことは、決して忘れないです。

 

その後の守備は,動きも,顔つきも,声の大きさもしっかりと変わっていました。

ナイスキャッチ,ナイス笑顔です!!

 

その笑顔は,その子どもが,自分のスイッチボタンを押した瞬間だと思います。

自分に自信をもってほしいです(#^.^#)。

1日を通じ,子ども達の成長を見ることができたことは,凄く嬉しいです。

 

でも,その反面,課題などたくさんの事を感じるものになりました。

課題は,前へ進む大切な最高の贈り物だと思っています。

 

これから一つひとつ

その課題の壁を乗り越えていくのみです。

 

そのためには,一人で思って行動しても壁を超えるためには時間がかかります。

一人ひとりが,今日の良いこと悪いことを振り返ることが大切なことです。

 

そして,振り返って感じたこと。

一人ひとりが,そしてチーム全員が練習などでチャレンジすることです。

 

失敗は恐れないこと。

チャレンジし,さらに振り返る。

その繰り返しが凄く大切なことです。

 

これを繰り返す子どもと,そうでない子どもとでは,これから大きな差が出てきます。

チームとしても同じです

チャレンジあるのみです!!

 

次の練習までは,少し時間空くけど,

今回,振り返ったことは忘れないでほしいです(^^)

 

福重ファイターズのスタートは,他チームに比べて,2カ月半の遅れです。

それは,大きな差があるのは当たり前のことです。

でも,その差は,いつかは必ず近づくことができるはずです。

 

焦らず,子ども達、新指導者、保護者のみんなで、

一つひとつの壁を越えていくのみです。

 

「前へ!!」 「挑戦!!」です。

 

PS

初大会を終え,1年目の福重ファイターズのスタートです。

多くの支えがあり,こうしてコートに立つことができました。

スタートすることができました。

 

それは,多くの方々のおかげであることに感謝しかありません。

その気落ちは,忘れないです。

6月10、11日 福重F

6月10日(土)は,校区子ども会育成連合会主催の球技大会が開催されていることから体育館が使用できず,

福岡タートルズさんの練習に参加させて頂きました。

部員の中には,球技大会に参加する子ども達がいて10名での参加になりました。

合同練習では、いつもと違う内容や動きで

終始,戸惑い,動きについていけていない所もあったりしたけど・・・・

先週の松島エンジェルズさんとの合同練習と同様に,良い刺激,経験になりました。

動き,声掛け,聞く姿勢など,同じ空間で一緒に汗し練習することでの経験は,

子ども達だけでなく,指導者,保護者にとっても,たくさんの事を学ぶことができたはずです。

貴重な練習時間の中,指導いただいた,

福岡タートルズ 藤監督,コーチをはじめ,保護者の皆さん,部員のみんな,

本当にありがとうございました。
練習開始前には,福重ファイターズの子ども達は,声では,絶対に負けない!!

と言ってはいたものの・・・・・

終わってからの自分の感想は,

福岡タートルズさんの子ども達の方が,声は大きく出てました。

特に,タートルズさんの子ども達は,練習中に誰かが常に声かける声が聞こえること。

福重ファイターズの子ども達は,初めと,終わりの挨拶は,感心するほど,大きな声が出てます。
でも,練習中は出ているのかな?

まだまだ,動きの方に集中してしまい,殆ど声が出ていないように感じます。
合同練習の中で,タートルズさんの子ども達が,どんな時に声を出し,どんな声かけてをしていたのか,感じたはずです。

その感じたことを,一人ひとりが,これから真似してほしいです。
・動きの中での掛け声は,チームワークとしてのまとまった動きに繋がってくる。

・仲間の励ます声は,チームワークに繋がっていきます。

掛け声,励ます声は,集団スポーツでは凄く大切なことです。
誰がするのではなく,一人ひとりが声を出せるようになってほしいです。

それは,子ども達でなく,指導者も一緒になって声を出すことが大切だなと改めて感じました!!

みんなで,声を出していこうね。

そして,次に会った時には,今回以上に声が出るようになったね!!

と言われるようになりたいよね。

11日(日)は,須惠あおば会館で開催されたC級審判講習を受講しました。

福重ファイターズからは,自分とマネージャーの2名が受講です。(受講者 34名)

午前中の講義,午後から実技と1日かけての講習会でしたが,

基本のジェスチャーを学べたこと。

改めて知ることも多く

さらに受講者の色んなチームの皆さん、ドッジボール競技員の皆さんと,話ができたことは,凄く大切な経験となりました。

しかし,正確な動作を学ぶと,自分が結構できていないことを実感しました,

見よう見まねで,今までやってきたから・・・・・

当たりまえのことです。

今回のこの経験を,今後,練習や練習試合で実践していきたいし

チームの保護者にも教えていけるようになればと思ってます。

今回受講者した皆さん,これからたくさん経験していきましょう。

経験するのみです。

そして,今回一緒に受講したマネージャー。

これから,審判よろしくお願いします。

一緒に審判の経験を積み重ねていきましょうね。

0からのスタート 6月3日 合同練習

今回,福重ファイターズが再スタートすることになりました。

初心からのスタート。

0からのスタートです。

 

4月の解散から2カ月間。

たくさんのことを考えました。

 

当たり前になっていた自分に反省し

ドッジへの思い,チームワークの大切さを感じ

部員やチームのこと

人と向き合うことの大切さを感じました。

言葉で言い表すことができない程に,多くのことを実感した2カ月間でした。

 

さらに、

多くの方々の温かい言葉は,本当にありがたく、

人とのつながりの大切さを感じ、時には、涙ぐむことも沢山ありました。

本当にありがとうございました。

 

こうして,新たな福重ファイターズとして再スタートすることになりましたが,

1年目 「0からのスタート」です。

これから,子ども達,保護者,指導者とともに,

一つひとつ,歩んでいきたいと思っています。

 

以前の「福重ファイターズ」と同様に、

再スタートとなる「福重ファイターズ」を今後とも温かくお付き合い頂きますこと、

よろしくお願いいたします。

福重ファイターズ    監 督    前川 宏一

 

さて,6月3日(土)は,今年度初の他チームとの交流です。

松島エンジェルズさんとの合同練習です。

 

前チームの時も,初の他チーム交流は,松島エンジェルズさんとの合同練習でした。

 

7年前,右も左もわからない状況で,

色んなことを教えてもらったことを、思い出しました。

今回も,その時と同様に凄く貴重な経験をさせて頂きました。

佐々木監督,部員,指導者,保護者の皆さん

本当にありがとうございました。

 

まだまだ,基本どころではない福重Fの子ども達。

いつもの練習と違う動きに戸惑い,ギクシャクしながらも・・・・・

一緒に練習するなかで,体力の違い,

基本やチームワークの大切さなどを感じたりと、多くのことを経験したはずです。

 

また,今回,初試合も経験です。

子ども達が、緊張しているのは,見ていて十分にわかります。

当たり前のことです。

 

でも繰り返す中で,最後の試合では,

少しずつながらも,動きは大きくなってきたしキャッチも決まるようになってきました。

特に入部したばかりの子どもたちの初試合、初キャッチは、いつも以上に嬉かったです。

少しルールも覚えることができたんじゃないかと思います。

 

まだまだ試合になっていない福重F。

でも、今は,たくさん失敗してほしい。

一つひとつを経験する中で,自分のことやチームのことなど,

たくさんの事を考えて,行動できるようになってくれたらなと思っています。

 

しかし,考えて,行動に移すことって,本当に難しいことです。

すぐに出来ることは,難しいことだと思います。

 

一つひとつを経験する中で,

自分が失敗したことや思ったことを振り返ること。

そして、思ったことを,まずはやってみること。

それが,大切な一歩になるはずです。
そのためにも,基本を大切に繰り返すことは,すごく大切なことです。

同じことの繰り返しの基本は,どうしてもイヤになってしまうけど・・・・・

基本の繰り返し,継続していくことは,大きな成長の一歩になるからね。

 

今やっている基本の動きは,何のために必要なのか,教えること。

それは,自分たち指導者の役目です。

これから,時間をかけながら教えていくからね。

でも,言葉が難しかったりして,わからないこともたくさんあると思います。

そんな時は,なんでも聞いてほしいです。

 

今の福重Fは、

一つひとつ、みんなで、理解しながら、

焦らずに,一歩ずつ前へ進んでいくことだからね。