福重ファイターズ

西区福重小学校を拠点として活動しているドッジボールチームです

新規部員募集中です!気軽に練習見学、体験入部に来てください!

未分類

4月14日 練習試合 福重F

4月14日(日)は,原田小学校体育館で開催された「原田WINGSさん主催」の練習試合に参加させて頂きました。

原田WINGSさんを初め,対戦頂いたチームの皆さん。
ありがとうございました。

参加 6チーム
○原田WINGSさん
○あいあいモンキーズさん
○畝刈マリンウエーブさん
○松島エンジェルズさん
○湯田ドッジファイターズさん
○福重ファイターズ

新規体制になって初の1日での練習試合で,16試合と多くの試合をさせて頂きました。

沢山の刺激,課題を頂き,ありがとうございます。

当日は,全部員 10名(マイナス2)での参加!

・新しいポジション,マイナス2で対戦するという全員の意識があるのか?

・新規部員や今までベンチにいる機会が多かった子ども達がフルに試合に参加するけど,試合に向かう意識があるのか?(他の子ども達は,カバーしあう意識があるのか?)

・新6年生が,最上級生としての意識があるのか?
など,どんな風に行動してくれるのか密かに楽しみにしていましたが・・・・・

試合内容は,一言で言えば「荒い」だけ!

試合内容を読む行動や自分達のリズムを作るところまでは,まだまだほど遠いものです。

カバーし合うところも一部には見えるけど,自分のことだけで精一杯で周囲を見る余裕がない。

当たり前の事です。
昨年と違うポジションになり,簡単に余裕を持ったプレーが出来るはずがない。
(でも,声は出るはずだよね)

一つひとつ経験をする中で,自分なりに考え,失敗し,チャレンジする!

この繰り返しをする事で,一つひとつ「前へ」一歩踏み出すことになる。

それには,決して「ゴール」はないです!
常にチャレンジする意識をもって行動するだけです!

今は,沢山の事を経験してほしい。

その中で振り返り,自分達の足りない課題をしっかり見つけ出していってほしいです。

でも,いつも言うこと!
思うだけで,行動に出さなければ,その場で立ち止まっているだけだからね。

今練習試合では,自分達の足りない課題が沢山あったはずです。
だからこそ振り返ってみてほしいです。

・どんな事でも良いです。
・1つだけでも良いです。
足りないところを探してほしいです。

そして,まずは見つけた1つにチャレンジしてほしいです!(沢山の事にチャレンジする必要はないからね)

今練習試合では,勝敗結果 5勝0分11負 予選 6位,トーナメント 6位。

久しぶりの最下位。

トーナメント戦最後では,一部の子どもが,今まで見たことの気持ちを前面にだした行動があり,試合後には涙をみせてくれました。

よっぽど悔しさがあったはずです。
嬉しかった。
その悔しさは忘れないでほしいです。

今,自分は最下位が悔しいというよりも,0からのスタートの切符を手に入れた気分です。

本当のスタートは,人数が12名集まってからですが,それまで10名の部員で一つひとつ「前へ! 挑戦!」していきたいです。

これから,今期部員がどんな「足あと」をつけてくれるか?

一緒に考え,失敗し,チャレンジして行きたいです

PS
新キャプテンとの会話。

ミスして凹んだりするところあるけど,そんな時,周りはどう感じると思う?

雰囲気が悪くなって,声が出なくなり,ミスを繰り返して,個人プレーが目立ち,リズムがとれなくなります。

なら,どうしたら良い?

ミスしても凹まない。気持ちを切り替えることです。

そんな会話をしました。

キャプテン,6年生達の表情は,5年生以下(特に新規部員)は,敏感に感じて雰囲気,やる気,集中力などが崩れる事にキッカケになる。

ミスした事で,その本人自身もプレーが荒くなり,同じミスを繰り返し,個人プレーに走りがちになってしまいます。

ミスは,凄く大切な事です。
ミスをしない人は誰もいないです!

でも,せっかくミスして教えてくれている事を凹んだりすると,更にそのミスを繰り返すだけになります。

だからこそ,自分が切り替える行動を持つ事が大切だし,自分なりの切り替えられる行動を見つける事が大切です。

キャプテンに言いました。
凹んでも良い事は絶対ないよ!

自分達が凹んだから、リズムが崩れて行くというなら,その原因となる子ども達が,周りを見える気持ちの余裕を持てば良い!

周りには,一緒に頑張ってる仲間がいるよ!

例えて言うと
同じ導火線に火を点けたとする。

凹んだ時,その先には,「ダイナマイト」があるとする。

でも,6年生達が切り替え,大きな声や積極的なプレーをすれば,その先には,「花火」があると思わん。

なら,切り替える事。
凹んだ子どもがいれば声をかけてあげる事。
そんな事が,『花火』をあげる事になるんじゃない。

理解したのかはわからないです。
(言いながら,自分自身,難しい例えやなと思ってます💦)

わかってほしいのは,
5分間は,ピンチとチャンスの繰り返しです。

なら,自分達からピンチを招くより,ピンチをチャンスにもってくる気持ちをキャプテン初め6年生達には持ち続けてほしいという事だけです。

今期は,新キャプテン決めは,前期の卒部生が決めました。

色々と候補が出ていましたが,最後に決めた理由は「向上心」の強さだったみたいです。

新6年生の中では,一番「向上心」が強いと思います。
でも,その他の子ども達も負けない「向上心」を持っています。

しかし,中には,内に秘めて行動に出しきれていない子どももいます。

思っているだけでは,そこで立ち止まっているだからね!

新規が始まったばかりなので言っときます。

福重Fのスローガンは,「挑戦! 前へ!」です。

向上心がなければ「挑戦」できないはずです

4月6日 福重F 新規初試合

4月6日(土)は,午後から金武小学校体育館にて金武ワンピースさん主催の練習試合に参加させて頂きました。

金武ワンピースさんを初め

対戦頂いたチームの皆さん

審判頂いた皆さん

ありがとうございました。

参加 5チーム

○金武ワンピースさん

○あいあいモンキーズさん

○周船寺エンジェルスさん

○高取ファイターズさん

○福重ファイターズ

2019年度に入って,初の対外試合です。

沢山の刺激を頂きました。

自分達の足りなさを実感したはずです。

まだまだやれると思っていた子ども達も、いたはずですが,これが今の実力です。

さて,今期は,始まり10名でのスタート(1名新規部員)となり約1週間が過ぎました。

前期は,3月末(先週)まで大会が有ったので,今期メンバーでの練習は4月3日(水)の1回のみ。

それで初の対外戦です。

そして,新規部員の初練習です。

まだまだ,守備やポジションなど、全然固まらない状況。

試合内容は,荒いだけで,形にはなっていないです。

当たり前の事です。

これから,1つひとつ経験しながら,今期チームの体制を作っていくだけ❗️

だけど,人数不足はきつい。

早く,部員が集まりスタート地点につきたいです。

みんなで頑張ろうね

開会式! ここからスタート!
だからこそ綺麗な整列をすること!
10名のスタート!  早く人数集めてスタート踏みたい・・・・

3月31日 好好杯 福重F

3月31日(日)は,太宰府市のとびうめアリーナで開催された「第22回 好好杯」に参加しました。

2018年度 今期最後の大会です。

主催のバナナモンキーズさん

ドッジボール審判競技員の皆さん

対戦頂いたチームの皆さん

ありがとうございました。

参加 16チーム

【結果】

第1位 あいあいモンキーズさん

第2位 三日月ブラックドラゴンさん

第3位 福重ファイターズ

第4位 N2☆DODGE魂さん

【福重Fの結果】

○予選 7勝1分2負 第3位(上位8チームがトーナメント進出)

○トーナメント 第3位

予選の第1試合目から,本来の動きが出来ていない。

一部の子ども達の動きが,歯車をかみ合わないものにしてしまい,リズムがとれていない。

更に,声も出ない,外野に行けばボート立っている子ども達もいる。

ベンチの指示も見えずに個人プレーになっている状況も随所にあるなど,ベンチから見ていて何してるの?

覇気が全然感じらない。

朝のミーティングでは,子ども達にこのメンバーでの最後の試合だよね!

勝敗より,一人ひとりが悔いの残らないように「全力疾走」してほしい。と話をした。

子ども達,一人ひとりがその気持ちを持ってコートに立っているはず。

でも,動きからは,それは感じられないです。

それより,今までと違うチームではないか?

と思ってしまうほどです。

それは,思いが強すぎて,緊張しているのか?

勝ちたいと思う気持ちが強すぎて,チームの周りが見えなくて個人プレーになってしまっているのか?

自分には,分からない?

緊張したら,声を出してみな!

ミスしたら顔や体を叩いてみな!

笑顔になってみな!

といつも言う事だけど,そんな行動も見えない。

試合を見る度にどうしたら気持ちを切り替えたくれるのか?

色んなことを考えてしまい,どうにか気持ちを変えてほしいとの思いから試合後には,かなりキツメの「喝」も入ってしまいました。

最後の試合なので,叱ることなく子ども達の自由に試合をさせてあげたい。

そんな気持ちで今大会の朝を迎えた。

でも,予選の試合は,みんなで戦っているような内容にはなっていない。

特に午後からの試合内容は,今日一番の悪い内容です。

特に,外野が増えると時間前に諦めさえ感じられる。

このまま,最後の試合が終わる?

それは,悔しすぎるうじゃない!

こんな状況で,6年生を卒部させたくない!

それは,保護者も感じてくれていたはずです。

予選は,3位通過でトーナメント進出は決めているけど,予選でのモチベーションで試合をしても結果は見えている。

でも,このままで終わりたくない。

何もチャレンジしないで終わりたくない。

そんな思いが,自分の中で一杯になってしまっています。

試合後には,自分からの言葉は,みんながコートで諦めずに全力でやらないのに,コートで全力で試合に向かう事が出来ない!それは,応援してくれている保護者も同じだよと言って予選最後のミーティングは終わった。

トーナメント前には,子ども達と保護者,指導者が長いミーティングをしてくれている。

トーナメント戦!

予選の時とは違い,動きが良くなっている。

でも相変わらずに声は小さいけど・・・・

動きは,いつもの福重Fのリズムになってます。(保護者,指導者のおかげです! どんな魔法をかけたの?って感じです)

準決勝では,あいあいモンキーズさんに敗退したものの,決して動きは悪くない。

そして,最後となる3位決定戦!

敗退後,直ぐの試合だっただけに,既に泣いている子ども達もいる。

試合前には,子ども達には,

泣く前に,最後の試合に集中しろ!

・逃げない(弱気にならない,諦めない)

・守らない

・最後まで強気で攻めろ

自分達が1年間やってきた福重Fのスタイルで試合をやろうとと話した。(1年間,言い続けてきた言葉です)

子ども達は,最高のギアをいれて「全力疾走」してくれました。

試合後には,子ども達の笑顔,やりきったという表情は忘れないものになりました。

結果は,3位!

学校に帰ってからの最後のミーティングでは,1位とれなくて悔しかったと話す子ども達も居たけどが誰の顔も笑顔です。

確かに有終の美で終わりかった。

でも,自分は第3位で満足です。

1年間,みんなで沢山の事を経験してきた。

試合では,夏までは,大会での全敗,内野数0にされた試合を経験し,夏以降は,予選を1位で通過しながらもトーナメント戦1回戦で敗退する試合が続き上位に絡む事が出来ない。

悩み,悔しさをもち,子ども達,保護者,指導者がスクラム組みながら頑張ってきた。

今日のトーナメントでは,コーチが終日,2面(A,B)あるうちのBコートで審判をしてくれていまきした。

準決勝(Aコート)で敗退した時。

最後の試合を,チーム全員が同じコートで終われと言われているように感じた。

その試合を,ギアを上げて全力疾走してくれた子ども達。

全力で応援してくれた保護者達。

全員でチャレンジした試合で何の後悔もないです。

正直,試合途中から,涙がでてきたけど,今期一番,自分自身が声を出したと思います。

予選では,歯車のかみ合わずリズム感のなく,覇気を感じられない試合ばかり。

トーナメントでは,気持ちを切り替えてくれて,最後には,全力疾走してくれた。

何か,福重Fの1年間を振り替えったような試合内容だったです。

福重Fらしい最後の大会になりました。

今大会で,6名の子ども達が卒部です。

ひろき,せいご,おうが,なみき,かずひろ,しゅんき

おめでとう。

今期の6年生は,各々,性格が違うけど。

内気な子ども達ばかりで,自分の思いを,人に伝える事や表情に出す事が苦手なタイプです。

内に秘める子ども達が多かったように思います。

(4月から,今期のチームは気持ちが一番の課題だと言い続けてきました)

でも,友達思いで,性格の優しい子ども達ばかりです。(人を貶したり,6年生同士で口げんかなど一切なかったです)

この1年間は,監督から

・6年生が先頭になって引っ張れ

・6年生としての意識をもって行動しろ

・自分がやりたいと志願したポジションなら全力でやれ

・ミスして凹むな

・1人でプレーしているんじゃない,みんなが居て1つだという事を忘れるな

など良く言われた言葉です。それが出来ずに叱られることも多かったです。

上級生になり,5年生の時と違った責任感を持たされて,悩んだり,泣いたりした事もあったはずです。

でも,6人の6年生は,1日も休むことなく最後までチームを引っ張ってくれました。

夏以降は,6年生の自分達のチームをつくっていかんといけん!その思いを持つようになってきたように感じた。

不器用ながら少しずつチャレンジしていく姿。

成長していく姿は凄く嬉しかったです。

そんな,みんなの頑張りがあったからこそ,今期のチームがあります。

福重F 2期目は,6人が作ってくれたチームです。

6人と保護者、指導者がスクラム組んでくれたチームです。

本当にありがとうございます。

自分は,子ども達に,諦めない,逃げない,チャレンジする。

そして,感謝する気持ちを忘れないことを年中言っています。

これから,中学生では,新たな環境で沢山の事を経験します。

そこには,新たなライバルとの出会いや沢山の壁があるはずです。

その壁に立った時,ただ立ち止まっている。

その壁を避けようとすることは,楽なことだよ。

それは,時には大切な時もあるかもしれない。

でも,小学生の内にその楽な方を選択させるような教え方は,自分にはないです。

まずは,自分に負けない強い気持ちを持ってほしいからです。

福重Fは,ガチンコドッジ!

福重Fでの経験は,卒部生にとってどうなものになっているのかは分かりません。

しかし,これから,出会う壁があれば,まずはチャレンジしてほしい!

乗り越えられない壁があるなら,周りをみてみな!

一緒に乗り越えていこうとしてくれる人がいる。支えてくれる人がいるからね!

そして,福重Fで目的に向かって,みんなでチャレンジしてきた事を思い出してほしいです。

挑戦しないのにチャンスは訪れないからね!

最後に,自分にとっての今期は,悩んだり悔しかった事も沢山ありました。

でも,その反面,嬉しい事も沢山ありました。

初の奈良県遠征,初のイーストカップ本選出場,2度目の九州大会出場。

2度の宿泊合宿など多くのチームとの出合い。

対戦の中で得られた大きな刺激やライバル,追っかけたチームとの対戦。

クリスマス会や移動での出来事など

みんなで作った一つひとつの思い出は決して忘れないです。

4月からは,新規(第3期)福重Fがスタートします。

人数不足からのスタートになりますが,今期の6年生がつくってくれた「足跡」を大切にしてほしい。

今度は,新6年生達が新たな「足跡」を作っていく番です。

みんなで,1つ1つの壁にチャレンジしていこうね!

一言(長いですが)

ミスは何をしていてもある!

でも、その時に落ち込む気持ちになるのは、分かるし顔が暗くなったり、誰かに怒られる気持ちになるのも分かる。

でも、落ち込んで表情に出せば、周囲(チームのみんな)は感じる。

そして、自分自身も、焦ったりして新たなミスをするようになる。

だからこそ、そんな時こそ、笑え!

PS

今大会(好好杯)は,昼休みに,各チームによる「1分間パフォーマンスタイム」がありました。

今回,福重Fは,ピンクレディーの「UFO」のダンスで挑戦です!

結果は,上位に絡むことが出来ませんでしたが,保護者が作ってくれた衣装を着て,全力で挑戦できました。

凄く楽しかったし,最高の思い出になりました!

保護者の皆さん,衣装作りなど準備,当日の応援,本当にありがとうございました。

これからも子ども達の見守り,応援お願いします。

卒部生達も後輩の事,見守ってあげてくださいね

最高の試合でした! みんなの気持ち感じたよ(^^♪
ライバルチーム! あいあいモンキーズさんと一緒です!

来期もよろしくお願いします
ひろき、せいご、おうが、なみき、かずひろ、しゅんき

卒部おめでとう!

3月24日 H30年度 福重F 卒部式

3月24日は,「平成30年度 福重ファイターズ 卒部式」でした。

31日に最後の大会があるので,少し早い卒部式になりました。

今期は6名の子ども達が卒部します。

改めて卒部おめでとう

殆どが5年生の時に入部した子ども達ばかりで,ドッジの経験は少ない子ども達だっただけにかなり苦労したはずです。

一言でいえば,内気な性格で,自分の思っている事を言葉に行動に移すのが苦手なタイプだったように思います。

でも,ケンカする事などなく,常に友達,仲間を大切にする子ども達ばかりです。

今期は,最上級生となり,チームをまとめる事は,かなりきつかったはずです。

常に自分からは,

上級生としての意識をもて!

5年生以下を引っ張れ!

見本になれ!

更には,強気になれ!

大きな声を出せ!

全力疾走する!

など,良く監督から言われた言葉です。

何度も何度も言われ,子ども達なりにどうしたら良いの?など悩んだ事も多かったはずです。

でも,最後まで諦めずに,チャレンジしてくれた6年生達は5年生以下はしっかり見ていくれていたよ。

それは,試行錯誤しながらのチャレンジだったかもしれない。

でも,その姿は,凄く嬉しかったです。

みんなとの思い出は沢山あります。

その一つひとつは,みんなにとっても忘れない思い出になっているはずです。

卒部式を終えたけど,まだ大会は1つ残っています。

最後の思い出をみんなで作りにいこうね

PS

保護者,指導者の皆さん,卒部式,謝恩会の準備・進行ありがとうございました。

卒部DVDを作成してくれたせいがパパありがとうございました。

皆さんの,6年生を楽しく送り出してあげようという思いが十分に感じました。

それは,卒部生を十分に感じているはずです。

今回,来期役員さんが決まりました。

今期役員の皆さん,1年間ありがとうございました。

来期役員の皆さん,力を入れ過ぎずに,みんなで一つでも多くの思い出をつくっていきましょうね

今期の記録!
卒部DVD せいがパパありがとうございました (^^♪
6年生! 全員にトロフィーを渡せなかったのが悔しいです!
指導者、保護者の皆さん、ありがとうございました(^_-)-☆
謝恩会! たくさん話ができました(^^♪

3月21日 筑紫リーグ ~卒部ドッジ~ 福重F

3月21日(木・祝)は,志免町民体育館で開催された「筑紫リーグ ~卒部ドッジ~」に参加です。

主催のレッドファイヤーズ志免西さん

対戦頂いた筑紫リーグ各チームの皆さん

ドッジボール審判競技員の皆さん

ありがとうございました。

今大会は,いつもの大会と違った趣向が多くあり,卒部する6年生を初めとして部員,保護者にとって,凄く思い出に残るものになったはずです。

まずは,開会式!

九州プロレスの「バッテン×ブラブラさん」がゲストで登場!

見た目は,ヤバそうですが,盛り上げるのが流石に上手!

バッテンを皆で連呼するうちに緊張の雰囲気は一気に吹き飛ばしてくれました。

そして,もう一つは,スペシャルマッチです!

予選終了後、トーナメント前には,各チームの混合チームによるスペシャルマッチがおこなわれました。

チームの編成は、6年生のアタッカーだけのチーム,守備が得意な子ども達だけのチーム,女子選抜,5年生選抜,OBチーム,保護者チームなどに分かれての対戦です。

自分は,アタッカーチームの監督をさせて頂きました。毎回気になるアタッカー陣達ですが,全員が素直な子ども達ばかりです。

キャプテン、ジャンプボール決めるよ! 外野決めるよ! 誰?

志免西さんの10番(キャプテン),3番(外野)が決まりました。(流石です!!) 

決めごとは,遠慮しない! 笑顔でやる! 名前を覚える(番号はダメ)!

試合は午後からの為,お昼も一緒に食べてのコミュニケーションづくりです。

これまで,挨拶だけしかした事のなかった子ども達もいて,一緒にご飯を食べながら話す中で,結構仲良くなったみたいです。

こういった趣向は初めての経験ですが,凄く有意義な時間を過ごせました。

企画,準備,進行してくれたレッドファイヤーズ志免西の皆さん

本当にありがとうございました。

さて,試合の方です。

【結果】

第1位 レッドファイヤーズ志免西さん

第2位 福重ファイターズ

第3位 あいあいモンキーズさん

【福重Fの結果】

○予選 4勝0分2負 3位

○トーナメント 第2位で,今期最後の筑紫リーグを終えました。

予選では,6年生達に自分達のやりたいようにしたら良い。

チームをまとめて試合をしてほしいとの思いから,特段の指示はせずに見ていました。

しかし,全体の歯車が食い違っている場面が随所にあるだけでなく、声が出ない,集中力がなく覇気が感じられない。

トーナメントからは,自分はいつもと同様に戻りましたが…

でも,歯車の食い違いは直ぐには治らないです。

無駄なプレーが多すぎる!

でも,トーナメントに入ってからは,子ども達の勝ちたいという気持ちが大きくなってきているのを感じます。

そして,それが少しずつながら,集中力に繋がってきています。(声が出ていないのは残念ですが・・・・)

1回戦から僅差で勝ち続け,何とか決勝へ進出です。

相手は,レッドファイヤーズ志免西さん

約1週間前(16日)の少年・少女ドッジボール大会では,トーナメント1回戦で対戦し敗退。

今期は,これでトーナメントでの対戦はないと思っていただけに,この対戦は嬉しかったです。

・ 1セット 9-9(サドン 8-9)負け

・ 2セット 8-9 負け

福重Fの子ども達も気持ちの入った試合をしてくれましたが,壁は高かったです。

でも,全力でやった結果です。

子ども達も悔いはないはずです。

閉会式では,卒部生への記念品をもらい,その後は,卒部生全員の記念撮影。

みんな良い笑顔で写真を撮っていました。

子ども達の笑顔で今期,筑紫リーグを終える事が出来たのは本当に良かったです!

福重Fの6年生達は、もう少しドッジをする事ができますが,今大会でドッジを終える子ども達がいました。

小学生としてコートで対戦する事はなくなったけど,4月から始まる中学生でのステージでは,同じ部活をしていれば対戦する事もあるはずです。

中学生に行っても,顔を合わす事はあります。

その時は,一緒にドッジをしてきた仲間として気軽に声をかけあい,時としては良いライバルになってほしいです。

さて,福重Fの今期の大会も残すところ1回になりました。

今日の大会を見ていても,「全力疾走」しようとしている子どもとそうでない子どもの差を感じました。

そうでないと感じた子ども達は,

やろうと思っている!

考えている!

そういう思いがあるのかもしれない。

でも,それを行動に出さなければ,自分がこれまで,練習や試合などで経験してきた事を出す事ができるの?

出せるはずがないよね!

それは,全力でやりきった感を持って,今期を終える。

6年生達は,悔いなくドッジを卒部することができるのか?

自分は,できないと思う。

自分から6年生達に願う事は,一つだけです。

自分が出せるものに全力疾走し,コートにたつ最後の1秒までやりきった感を持ってほしい。

思っていたり,考えているだけで行動に出さないことでの「悔い」を持って終えないでほしいです

閉会式 ありがとうございました!
筑紫リーグ 卒部6年生達! これからも良いライバルでね!
あいあいさん、志免西さん、福重F
みんなで全力でやりました (^^♪

3月16日 少年・少女ドッジボール大会 福重F

3月16日(土)は、九電記念体育館で開催された『第70回少年・第83回少女ドッジボール大会』に参加です。

主催の福岡県ドッジボール同好会さん

ドッジボール審判競技員の皆さん

対戦頂いたチームの皆さん

ありがとうございました。

○ 参加

・少年の部 27チーム

・少女の部 14チーム

* 福重Fは少年の部に参加です。

【結果】少年の部

第1位 レッドファイヤーズ11さん(志免西さん6年生チーム)

第2位 SE LINKSさん

第3位 周船寺エンジェルスさん

【福重Fの結果】

○予選  Aリーグ  3勝 0分 1負  1位通過(上位3位がトーナメント進出)

○トーナメント 1回戦 レッドファイヤーズ11さんに敗退し、今大会を終えました。

今期、何度もチャレンジした志免西さんでしたが最後まで、接戦出来る試合にならなかったです。

悔しさ残るものになりましたが、自分達の足りないところがあるからの結果です。

今期は、まだ大会が2つありますが、6年生達にとっての卒部大会となります。

楽しんでドッジをしてほしいと思っています。

だから、基本的に今大会が最後の大会です。

今大会では、試合内容に悔いは残るものになったけど、最終試合が1年間追っかけていたチームと対戦での敗退。

それは自分としては、何かスッキリしています。

残る日々。

6年達は、今期出来なかった事を後輩達に引き継いでほしい。

そして、5年生達は、6年生達が作った『足跡』を感じ、来期に向けてほしいです。

その前に、人数集めからです!

来期は、8人とマイナスからスタート。

皆んなで、人数集め頑張ろうね

PS

あっという間の1年です。

毎年、この時期は、寂しい思いをしていますが、

6年生たちがドッジで経験したことを、4月からの中学生生活で少しでも役立つものにしてくれたら嬉しいです。

今大会の閉会式の時、あるチームの先輩監督から言われた言葉。

福重は、最後までガチンコやね!

見ていて、守ったら勝つことができるのにもったいないと感じることがあるよ!

と言われました。

これが、最後まで全力疾走するのが福重Fの教え方ですと答えましたが、自分としても守る事を考えていることはあります。

でも、攻めて負けるなら、それは自分たちが足りない事。

それしか思わないです。

守る事は技術だし作戦。

大切なことです。

でも、自分は小学生のうちに、全力疾走させることを教えてあげたい これからも変わらないです

卒部する6年生 6名 最後の1秒まで『全力疾走』だよ (^^♪

3月10日 九州大会 福重F

3月9日(土)、10日(日)

10日に宮崎県で開催される『宮崎市長杯 第28  春の小学生 ドッジボール選手権 九州大会』に参加する為、9日から宮崎県に入りました。

9日(土)

夕方からの監督、会議前には、田野町体育館にて交流試合!

主催のTEAM 101さん

対戦頂いたチームの皆さん

ありがとうございました。

【参加チーム】

○ TEAM IO Iさん(宮崎)

○ 富高ヴォルティクスさん(宮崎)

○ 霧島UNIONさん(鹿児島)

○ 犬迫ファイティングドッグさん(鹿児島)

○ 三股ファイターズさん(宮崎)

○ 福重ファイターズ(福岡)

普段は対戦する機会がないチームの皆さんとの対戦は、凄い良い刺激を頂きました。

本当にありがとうございました。

10日(日)九州大会

参加 40チーム(九州、沖縄)

予選 A〜Hリーグの8リーグ

(1リーグ 5チーム、上位 2チームがトーナメント進出)

ドッジボール協会九州ブロック連絡会の皆さん

ドッジボール審判競技員の皆さん

対戦頂いたチームの皆さん

ありがとうございました。

参加 40チーム(九州、沖縄 8県)

【結果】

第1位 北園学園さん

第2位 SE LINKSさん

第3位 リッキーズさん

第4位 大村BLAZEさん

【福重Fの結果】

予選 Dリーグ  3勝0分1負  2位通過

トーナメント 2回戦 リッキーズさんに7-8で敗退し、ベスト8で今大会を終えました。

悔しいけど、自分達の足りないところが結果になっただけです。

大会では、今大会が6年生にとって最後のチームが沢山いました。

福重Fの6年生達にとっては、3月末まで試合はあります。

6年生達は、しっかりと『足跡』をつける事ができている?

後輩達が、みんなを見本に、6年生達がやってきた事を引き継いでいこうと思っている行動をが出来ている?

それは、プレーもあるけど、普段の行動!

・ 後輩よりも、声を出す

・ 後輩達に、声かけをする

・ 練習では、チームの決まり事を率先して行う

・ 後輩に負けないで、アップをする

など、たくさんあると思う。

6年生が、やらないのに、口だけの先輩に後輩はついてこない。

どう?

出来ていないなら、どうする?

まだ6年達と過ごす期間はまだあります。

自分達の最後の『スイッチ』を押してほしいです。

後輩達に

自分達が出来なかった事をこれからチャレンジするから、見ててほしい!

一緒にラストスパートしてほしい。

そんな言葉をかけてくれる位の気持ちになってほしいです。

P S

保護者の皆さん、2日間お疲れ様でした。

大会前に部員に言ってました。

九州大会の後も大会はある。

でも、自分にとっては、九州大会が今期最後の大会!

だから、悔いのないようにやろう!

と話しをしました。

九州大会が終わり、今感じているのは、

6年生達がやり切ったと感じているのか?

5年生以下が、6年生達と一緒にドッジして良かったと感じているのだろうか?

今期のメンバーが、ただドッジをした⁈

と感じているのではないか?

仲間として目的に向かって終える事が出来ているのか?

そう感じた時、九州大会で悔いを、残したものになっているんじゃないかと感じます。

あと、残る大会。

6年生達がどう過ごしていくのかを見たいです。

6年生たちのやる気を後輩たちに伝えてほしいです。

そして、最後の大会での最後のホイッスルが吹かれるまで、福重Fドッジで終わらせたいと思います。

保護者の皆さん、ガンガンと自分の叫びがあると思いますが、ご了承ください。 そして、子ども達を見守ってください

開会式 入場
集合写真
宿泊先のひまわり荘さん、お世話になりました

3月3日 練習試合 福重F

3月3日(日)は,有住小学校体育館で開催された「松島エンジェルズさん主催」の練習試合に参加しました。

松島エンジェルズさん,有住NEW STARSさん,対戦頂いたチームの皆さん。
ありがとうございました。

【参加 6チーム】
○松島エンジェルズさん
○有住NEW STARSさん
○香椎浜ジェイソンズさん
○若宮クラブさん
○リッキーズさん
○福重ファイターズ

九州大会1週間前の練習試合。
沢山の刺激をもらいました。
そして,課題を沢山持ち帰ったのは当たり前の事です。

課題には,沢山のものがあります。
その中で,一番の課題は,「意識がない」ことです。

意識には,
・練習で繰り返ししてきた事をやろうとする意識
・相手チームの体制などを観察しようとする意識
・試合のリズムを読み,チャンスを活かす意識
・自分の仕事を理解し,積極的に動く意識
・声やジェスチャー(カウントなど)が常に出す意識
・人の話を聞き理解しようとする意識
・ピンチになったり,最後10秒負けていても最後の1秒まで諦めない意識
・6年生としての意識
・目標・目的に向けた意識
など,たくさんの事が有ります。

全ての事を「意識」しろとは言いません。

しかし,1つでも2つでも,自分が「意識」している事は行動に移してほしいなと思います。

福重Fの子ども達は,本人が思っている事や感じている事を自分の殻に入れ込んで行動に移そうする事が苦手。

思っている事を周りの子ども達に口に出して言う事が苦手。

そんな,子ども達が多いです。(全部員ではないです)

『意識』する事は,大切な事です❗️
必ず行動に結果になり出てきます。

一つの例えです。(いつもの場面です)
指導者とのミーティング時,子ども達同士のミーティングの際に感じる事があります。

それは,「意識」ある子どもとそうでない子ども達の差が,しっかりと表情に出ているからです。

意識ある子ども達は,目を見て,聞く耳を立てて聞いています。

一方,そうでない子ども達は,目がうつろ気味になっていたり,聞く姿勢が,どこを向いているのか分からない?
そんな状況です。

ドッジボールは個人プレーではないよね❗️

意識ある子どもとそうでない子どもが,同じチームでプレーした時。

その差のズレは,しっかりと試合内容に出てくるし結果に現れてきます。(当たり前の事です)

○試合前に言われたことが行動に出せない。
(出そうとする気持ちがない)

○パスが回らない,タイミングないアタックをするなど無駄な1球が多いなど。

そんな場面も,この差だと思います。

「パスが回らない。」その1つをとっても,
ミスした事を「意識」して,練習時間に早いボールを思った場所に投げる。

それを「意識」して練習すれば,そのミスは少なくなるはず。
(でも,意識せずにただ投げていればいつまで経っても,ミスは少なくなりません)

だからこそ,少しでも,その意識の差を縮める事が大切な事です。

その為にも,みんなが同じ「目的」を持っているか。

その目的をどこまで大切にして向かっていこうとするかだと思います。

一人ひとりが「意識」する事を大切にして行動すること。

その「意識」は,人から言われたからやるのではなく,自分が感じたことを行動に移すものにしてほしいです❗️

今練習試合では,オフェンス2名が何試合かベンチに居る場面がありました。

この子ども達ばかりではないですが,朝から,子ども達を見ていると、集中力がない,積極的な動きができない子ども達が目につきます。
(予選は,3クールの総当たり戦です)

1クール目の5試合では,試合後のミーティングでは,気になるところやチャレンジしてほしい事について
・○○できていないよ!
・○○するよ!
などと話してきました。

2クールに入っても,その動きや行動が出来ていません。

そんな中でも,オフェンス達の動きがあまり良くない。

そこで試合後に,「なぜ,できない?」と聞いた。

すると「考えていませんでした?」
「やろうとしていませんでした?」の返事。

その後,何試合かは試合に出さずにベンチに居る事になりましました。(3クールの2試合とトーナメントは出ました)

つい出てしまった言葉なのかもしれません。

でもその言葉は「自分から投げだした事。逃げた事」にしか聞こえないです。

できるのに,自分から「やろう」としない。

いつも,子ども達には,目標をもって練習,試合に取り組む事。

ミスをしても良いから「全力疾走」しろ!
そうでなければ,コートから出ろ!
と言っています。

年間を通じて,試合,練習では,この様な場面はあります。

試合に出る事が出来なくなった時になった時,行動に出す子どもがいます。

「○○しますから,試合に出してください」と言いにくる。

試合に何とか出ようとしているんだと思います。

その時,自分から言われる事は,
「それは違うやろ!」

試合に出れなくなったから「やります!」と言葉をだす。

それなら,声が「出ていない」と言われたから「声をだす」

返事がないと言われたから「はい」と返事するのと全く同じことです。

それなら,絶対に続きません。
同じ事を繰り返すだけです。

言われたからやるのは「強制的」なもの。
だから続くことはないです。

でも,自分から「意識」して動くことが出来るそうよなれば「自主的」なものになります。
続ける様になってくると思います。

今,福重Fの子ども達の殆どは,「自主的」な動きが出来ていません。

今期も残り1か月。

一人ひとりが「意識」をもって「自主的」な動きを一つでも多くしてほしいです。

特に,6年生達へ。
みんなの「足跡」をしっかりつけてほしいです。

でも,今の状況なら,後輩たちに引き継ぐような「足跡」が出来ていないよ。

自分がやるべきことを「意識」して強気でチャレンジしてほしいと願います。

「やれる」のに「やろうとしない」こと!
それを,みんなはどう感じている?

自分は,滅茶苦茶に「悔しい」です

PS
3月15日が卒業式です。
その為,体育館はワックスがけを行い,2週間の使用禁止になります。

その間には,大会がありますが,練習不足になるのは仕方ないです。
みんな,自主練習やってくださいね。

また,最近,少しずつながら気温も暖かくなってきましたが,まだ風邪やインフルエンザが流行っているみたいです。

各自,体調管理には十分に気をつけてくださいね

2月24日 チューリップカップ 福重F

2月24日(日)は,チューリップアリーナ(長崎県西海市)で開催された「第18回 チューリップカップ」に参加しました。

主催の長崎県ドッジボール協会登録チームの皆さん

主管の西彼ファイヤーガッツさん

鳴見台ドッジ☆スピリッツさん

戸町BLUE STARSさん

ドッジボール審判競技員の皆さん

対戦頂いたチームの皆さん

ありがとうございました。

参加 28チーム

(長崎,熊本,佐賀,福岡県)

【結果】

第1位 レッドファイヤーズ志免西さん

第2位 Team 紅羽さん

第3位 福重ファイターズ

第4位 三日月ブラックドラゴンさん

【福重Fの結果】

○ 予選 4勝0分2負 第3位(7チーム中)

予選は,4リーグ(各7チーム)で行われ,上位4位がトーナメント進出です。

福重Fは,予選を3位で通過出来たものの,1試合目から弱気な部分が満載です。

リズム感がなく,覇気が感じられない。

それが,単純なミスを繰り返し,相手チームのリズムになっている場面が多すぎる。

予選6試合をして,良い試合もあれば,そうでない試合もあり,試合内容に波が有り過ぎです。

そのどちらも自分達がつくっている事だよね!

いつも言う事だけど,

試合中にミスは幾らでもある!

ミスしたからと言って,凹んだり,焦ったり,弱気や逃げになれば更にミスを繰り返したりミスを大きくするだけ。

また,1人でも試合に向かう気持ちがなくなればチームの雰囲気を落とすことになる。

それが,試合内容,勝敗として必ず結果になる!

今回,試合後のミーティングで,自分から叱られたはず。

ミスをしたから,負けたから。

それで,返事する事さえも出来ずに黙り込む。

黙り込むことで,何が前向きになる事が出来る⁈

なるはずがないよね!

それより,そこで立ち止まっているか?

後ろに下がっているだけ!

5分間,プレーをしたのなら,一人ひとりが思うところはあるはず。

怒られると思っているから,黙り込んでいるのかもしれないけど….

返事が出来ない,黙り込み、前向きな表情が感じられない。

その表情から,何を考えているのかがわからない。

だから,叱られるんじゃない!

一人ひとりが大きな返事をして,思った事、感じた事を一言いえるようになってほしいです。

落ち込んだり,凹んだ表情から切り替えや前向きにチャレンジする事は出来ないからね!

今大会,予選を見ていて感じた事。

全員が,向かう気持ちが全くないのではない。

でも,一部の動きや気持ちや集中力がミスをつくるキッカケに繋がっていた。

100%出来る奴は誰一人いないよ!

誰もがミスをするし,気持ちが落ち込むことは必ずある。

でも,落ち込んだのなら,大きな声を出し,強気でプレーするように切り替えたらよい!

それは,本人も前向きになるし,その行動を見たチームのみんなも前向きな気分になるはずです。

プレーしているのは,一人ではないよね。

コート,ベンチ,応援席が一つになりプレーしているんじゃない!

凹む時間が、無駄だと思わない!

一人ひとりが,1試合,5分間をもっと,1球のボールに集中し,強気なプレーをしてほしいです。

○トーナメント

予選の悪いリズム,雰囲気のままにトーナメントに行っても,結果は見えている。

トーナメント前には,自分からのキツメの『激』が入ったのは当たり前!

指導者からも指導され,子ども達同士でもミーティングを行っていました。

3位通過なので,1試合目から,リーグ上位チームとの対戦になりましたが,何とか僅差で勝ち,その後も同じように危ないながらも勝ち進み準決勝へ。

対戦相手は,今大会,2度目の対戦となった志免西さん,予選1試合目では何も出来ずに負けた。

そのリベンジをと臨んだものの敗退。

悔しさが残るものになりました。

その後の3位決定戦では,勝ちを収める事が出来て結果は,第3位で今大会を終えました!

トーナメントに入ってからは,予選の悪い流れを少しずつながらも切り替えてくれた子ども達。

褒めてあげたいところですが,予選からの試合内容が悪すぎる。

素直に褒められないです。

課題や、足りない所は,一人ひとりが振り返ってほしい。

そして,6年生が先頭になり,もう一度チーム内で,今何を『目的』にしているのか。

その為には,何が必要なのかを話し合ってほしいです

PS

閉会式後には,第2位になった「Team紅羽さん」と合同写真を撮りました。

「Team紅羽さん」とは,2年目に宿泊合宿したこともあり,子ども達も友達が多いです。

九州大会では,佐賀県代表で出場する「Team紅羽さん」お互い,九州大会に向けて,ラストスパートかけていきましょうね

ありがとうございました
第 3位 おめでとう!
第2位 Team 紅羽さんとの合同写真!
九州大会に向けてラストスパートですね (^^♪

オランダ村をバックに!
今期も残り少なくなったけど、最後まで『全力疾走』だよ!

2月17日 にしけいカップ 福重F

2月17日(日)は,福岡市立総合体育館で開催された『にしけいカップ ドッジボール大会』に参加しました。

主催者の

・日刊スポーツ新聞西部本社 様

・にしけいカップドッジボール大会事務局 様

・福岡県ドッジボール協会 様

ドッジボール審判競技員の皆さん

対戦頂いたチームの皆さん

ありがとうございました。

さて,今大会の会場となった『福岡市立総合体育館』は,昨年12月にアイランドシティに開館したばかりの体育館。

自分は,初めての入館でしたが,新しいだけでなく,広さと施設が充実しているのに驚きです。

今後,この体育館での大会が増えてくるんだろうと思いながら,今度,個人的にジムへトレーニングしに来ようかなと思ってます。

さて,試合の方です。

参加 41チーム(福岡県内チーム)

【結果】

第1位 レッドファイヤーズ志免西さん

第2位 福重ファイターズ

第3位 東朽網ライジングサンさん

第4位 KURATE-G3さん

【福重Fの結果】

予選  Eリーグ(5チーム) 3勝0分1負 第2位で予選通過です。

*予選

A~Gリーグ(各5チーム)→上位2チームがトーナメントへ進出

Hリーグ(6チーム)→上位3チームがトーナメントへ進出

予選1試合目から,リズム感がなく,声も全く出ていない。

全然,覇気が感じられない内容です。

そんな雰囲気で動きや強気なプレーが出来るはずがない!

3試合終了後のミーティングでは,子ども達に,そんな雰囲気でやっていて「楽しい?」と聞いた。

返ってくる言葉はなく,だんまり状態です。

(いつもの,自信のない態度)

そこで,自分から,ベンチから見ていても声も出ないし,出そうとしていない!

良いプレーがあっても,盛り上げることが出来ていない!していない!

そんなプレーベンチから見ていて「なんも,楽しくない!」

その言葉だけを言って,その場を後にした。

その後,保護者達が子ども達に話をしたり,子ども達なりにも話し合ったみたいです。

予選最終戦では,少し「やる気」が見えるリズムになったものの,終始,歯車がかみ合わずに個人プレーや弱気なプレーが続いている。

一部の試合の流れを読まない個人プレーや同じミスを繰り返すプレーが,一気にリズムダウンする様になっている。

試合後には、『試合になってない』の一言!

予選を2位で通過できたものの,この状況でトーナメント戦に向かっても結果は見えています。

試合後には,きつめの「喝」が入ったのは当たり前の事です。

そして,トーナメント戦です。

1回戦 SE LINKSさん

県予選では,準決勝で対戦し敗北したチーム,リベンジする気持ちで自分は望んでいるものの守りのプレーが多い。

内野数を同数にもっていき,サドンで勝利。

2回戦 あいあいモンキーズさん

3回戦 下原ニュースターズさん

何とかと僅差で勝つことが出来て,準決勝へ進出です。

対戦チームは,東朽網ライジングサンさん

よく対戦するチーム。

いつも逃げないガチンコの試合をしてくれる東朽網さんからは,いつも沢山の刺激をもらっています。

これまでが,守りの弱気なプレーが続いている福重Fだけど,弱気なプレーは絶対にしたくない。

1セット,先取を許すものの,2,3セットを先取し,セットカウント2-1で勝利する事が出来た。

しっかり,刺激を貰い,子ども達は,気持ちを切り替えてくれています。

久しぶりの決勝戦へ進出です。

対戦相手は,レッドファイヤーズ志免西さん

1セットを先取するものの,2,3セットをとられ,セットカウント 1-2で完敗です。

相手チームの方が格段上です。

自分達の足りない部分を十分に感じさせられるものになりました。

結果は,第2位!

予選での動きや気持ちでは,ここまで来れなかったはず。

この結果で終えたのは,部員達が,しっかり切り替えてくれたからです。

でも,切り替える事が出来たのは,子ども達だけで出来たことではないよね!

保護者,OBの話や声かけ。

応援席からの大きな応援。

刺激を与えてくれた対戦があったからだよ!

1人では出来ない!

みんなが見守り,応援してくれているからです。

子ども達,保護者,OB,指導者が全員でとった結果です。

全員でスクラム組めたからの結果です!

試合結果は,「悔しさ」を持って終える事になった。

でも,やっぱり上位入賞は良いものです。

この結果を2位になったと思い出を持つだけでなく,みんなには,『2つの事』を持ってほしい。

1つ目は,自信を持ってほしいです!

そして,2つ目は,今大会での「悔しさ」を忘れずにチャレンジしてほしいという事です。

今大会を通じて,動き,気持ち,声,盛り上げた雰囲気,観察力,試合の流れを考えたプレーなど出来ていなかった事ばかりで,足りない事を沢山教えてもらったはずです。

2位で終わった!

その結果だけを思い出に今大会を終えるのなら,自分達の「足りない部分」にチャレンジすることは出来ないよね!

こうして得られた大切な経験。

それにチャレンジしなければ,また1からのスタートになるだけだよ!

一人ひとりが,今大会を振り返ってほしいです。

そして,足りない部分に,積極的にチャレンジしてほしいです!

閉会式では,今大会の準決勝で対戦し,一緒に九州大会に出場する「東朽網ライジングサンさん」と記念写真を撮りました。

福重Fにとって,いつも沢山の刺激を受けながら切磋琢磨しながら対戦しているチーム。

お互い,九州大会に向けて全力疾走していきましょうね。

PS

凹む事は,弱気になり,焦りやミスを繰り返して,ピンチを持ってくるようなる。

でも,そんな時こそ『笑え!』

気持ちが切り替えるはず。

チャンスがやってくるはずだよ

開会式 これから『チャレンジ』が始まる!
リセットはないからね!
久しぶりの上位入賞!
悔しさはあるかもしれんけど『胸をはれ!』

監督の口癖!
『嬉しさはすぐ忘れる! 悔しさはいつまでも残る!』
福重Fの『自慢できる挨拶です!』
笑顔! それがなければ『前へ』いけないからね!
最高のライバル『東朽網ライジングサンさん』との合同写真!

切磋琢磨しながらの仲が良いライバルは、
最高のライバルです!

みんなの『笑顔』最高です (^^♪