福重ファイターズ

西区福重小学校を拠点として活動しているドッジボールチームです

新規部員募集中です!気軽に練習見学、体験入部に来てください!

未分類

8月18日 練習試合 福重F

8月18日(日)は,宇美町住民福祉センター体育館にて開催された原田WINGSさん主催練習試合に参加させて頂きました。

原田WINGSさんを初め,対戦頂いたチームの皆さん,審判をして頂いた皆さん
ありがとうございました。

【参加 7チーム】
○原田WINGSさん
○あいあいモンキーズさん
○安徳フェニックスさん
○添田フレンズさん
○松島エンジェルズさん
○若宮キッズさん
○福重ファイターズ

盆休み明けてから,初の練習試合です。

帰省中の子どもがいて全部員は揃いませんでしたが・・

15試合と多くの試合をさせて頂き,試合では沢山の刺激を受け,休み気分は,しっかりと抜けものになりました。

今日は,水戸市では,全国大会が開催されています。

試合の空き時間には,結果が気になり状況ばかりを追っかけていましたが,熱い試合ばかりだったのが結果から想像が出来ます。

全国大会へ出場されたチームの皆さん。
九州から出場されたチームの皆さん
お疲れ様でした。

刺激沢山頂きました。
ありがとうございます。

さて,試合結果です。
○予選(2クール) 8勝1分3負 2位
○トーナメント(下位からの勝ち上がり戦) 1位

練習試合ですが,今期初の上位 1位となりました。

これまで,下位を突っ走ってきただけに,部員,保護者,指導者も最高の盛り上がりで終える事が出来ました。

自分は,練習試合は,大会へのチャレンジする場という意識があるので,上位になっても,あまりHPには記載しないんですが・・・

これまで,今期は下位を突っ走ってきただけに,今回は記載してしまいました。
めちゃ嬉しいです!

トーナメントでの動きは,正直,気持ちが入った良い動きをしてくれました。

しかし,全体を通じて見れば,そこまで褒められるものではないです。

良い試合もあればそうでない試合もある。
波がありすぎる内容です。

更に,弱気なプレーもありました。

課題は沢山あるけど,向かう気持ち,試合の流れを読まないプレー。

中には,全力疾走が出来ていない行動があるなど。

それは,子ども達自身が一番分かっているはずです。

一人ひとりが自分の行動を振り返ってほしいです。

さて,今練習試合では,朝の集合時に部員達に今回の「めあて」を話しました。

それは,大きな事を『目標』にするのではなく,まず出来る一つの事を『目標』にしてほしい。

一人ひとりが自分の『目標』もつ事は当たり前のことだけど,チーム全体で全員が成し遂げる事が出来る『目標』をもって,今日一日チャレンジしてほしい。

大きな目標はいらないから,みんなで出来る事を1つだけで良いからね!
と話をしました。

一人ひとりの目標は,何を思っていたのかは分かりません・・

でも,チーム目標は,『声を出そう!』と決めたらしいです。

(敢えて,子ども達が決めた目標は聞いていませんが,終了後,学校に着いてから聞きました)

そのチーム目標を,みんながどれだけ出来たのか?

チャレンジしたかです!

自分から見たら,まだまだかなと感じたけどね・・

みんな,今練習試合を振り返ってごらん。

出来ていたと感じたのなら,更に上へチャレンジしてほしい!

出来ていなかったと感じたのなら,何故出来なかったのか?

どうしたら,みんなで出来るようになるのか?など

考え,感じたことを話し合い,再チャレンジしてほしいです!

どちらにしても,今練習試合だけで終わらすのではないよ。

みんなで考えた『1つの目標』さえ中途半端なものにしてしまえば,次の『目標』にはチャレンジ出来ないからね。

まずは,みんなで決めた『声を出す!』という目標を大切にしてチャレンジしてほしいです!

*『大きな目標はいらないから,みんなで出来る事を1つだけで良いからね!』と話したよね。

それは,その『目標』は,みんなの基本となる最高の目標だと思っているからです。

いつまでも絶対に大切にしないといけない最高の目標だと思っているからです。

その意味は,やっていく内に分かってくると思います。

時間は,戻る事は出来ないです。

何の目標を持たずに過ごした時間。
何かの目標を持って過ごした時間。
どちらも同じ時間です。

そうなら,その時間をどう過ごすのかです。
みんな,考えてほしいです。

話は戻るけど,『声を出す!』って難しい事です。

言われて出来るものではないし,自分からやろうとしないと出来ない事です。

声を出す!
それには沢山の事があります。

挨拶,感謝,励ます,盛り上げる声など沢山あるよね。

それを,全て初めからやることは難しい事です。

自分も出来ないです!

そうなら,まずは,出来る事からやれば良いんじゃない。

例えば,挨拶を大きく言う。
動きでは,守備の時,ターンの切り返しの掛け声を全員で大きく言うなど

一つの事から,みんなが一つになってチャレンジする。

そう決めてしまえば,どれだけ声を出しても恥ずかしさなんかないよね!
(声を出す事が恥ずかしいと思っている子どもがいたらですが・・)

その一つの事がみんなでやれる!

そうなってくれば,その事をどのチームにも負けない自分達の自慢にしたら良い。

そんなことが大切じゃないかなと思うよ。

初めから,100点を目指さなくて良いから!
チャレンジして一つひとつ点数が高くなっていけば良いと思うよ。

自分は,みんなが自主的に出来るようになってほしいです。

見守っていきたいです

PS
盆を明け,暑さも盆前に比べてたら少し和らいできたように感じますが,まだまだ体育館の中は暑いです。

今練習試合も,暑い中での対戦でしたが,子ども達は,熱中症など体調不良になる子ども達もなく今練習試合を終えました。

体力がついてきたのを実感しました。

でも,まだまだ暑い日が続きます。
みんな,体調管理には十分に気をつけてください。

最後に,夏休みも残り少なくなってきました。
十分に楽しんでくださいね

翌日の19日(月)夏レク『ボーリング大会』です!

前日の、お祝いではないですよ!

自分は、嬉しいことはすぐに忘れる。

悔しいことしか覚えていない。

いつも、子ども達に言っています。

だから、結果に対するお祝いは、目的を達成した時しかしないです(>_<)

今回の夏レクは、平日の開催だったので自分は参加出来なかったですが、子ども達は、めちゃ楽しそうです!

凄く行きたかったです・・ 次回は行くからね (^_-)-☆

保護者、指導者の皆さん、ありがとうございました <(_ _)>

8月4日(日)福重F

8月4日(日)は、豊原小学校体育館で開催された柳川フィフティーンさん主催の練習試合に参加させて頂きました。

柳川フィフティーンさんを始め対戦頂いたチームの皆さんありがとうございました。

そして、昼休みのカキ氷ありがとうございました。

【参加 5チーム】
○ 柳川フィフティーンさん
○ ファンキービートさん
○ 上峰ドリームキッズさん
○ 若楠スピリッツさん
○ 福重ファイターズ

当日の福重Fは、急な参加であった事もあり、休みにしていた事から部員の中では、既に予定が入っている子ども達が多く参加者 9名。

夏の県予選を終えて、各チームとも出来上がっている時期でのマイナス3試合は、かなりキツイ内容になりました。

でも、それだからこそ経験する事も沢山あります。

凄く良い経験になりました。
ありがとうございます。

この貴重な経験を活かすのも子ども達が自分達のプレーをどう振り返るかです!

沢山の課題、刺激を持ち帰ったはずです。
それを考え、チャレンジしてほしいです。

一つ!
向かう気持ちの弱さ、それが試合内容に結果に繋がっていった事は、忘れたらダメだよ!

この時期、当たり前の事、体育館の中は暑かったです。

熱中症の症状になっている子ども達も見ました。

でも、福重Fは、一人も熱中症にならずに終えられた事は本当に良かったです。

子ども達の体力がついてきたのを実感です。

熱中症予防には、色々な予防方法があるけど、一つの予防方法として『声を出す』事があると思っています。

いつも以上に『声を出す』
それは、体内の熱を外に出すことになると思ってます。

これは、福重Fの子ども達に、いつも言う事ですが、今練習試合では、そんなに大きな声が出てなかった様に感じます。

もっと声を出してほしいです。

大きな声を出して、可笑しい事はないです。

決して、あのチームは変とは言われないよ!

それより、元気良いな!
雰囲気良いなと言われるんじゃない!

PS
練習試合などで終了後に監督への挨拶がある時があります。

今日もありました。

自分としては、口ベタな方なので、あまり得意な方ではないんですが..

いつも感じる事。

それは、聴く姿勢の良い子ども。
目力がある子ども達が、何人かいます。

話ながら、凄いなと感じます。

それは、高学年だけでなく、低学年の子ども達もいます。

その子ども達は、チームのメインになっていってます。

そして、そういう子ども達程忘れないです。

会う度に気になるし、他チームの子どもでも、成長していく姿、見ていて凄く嬉しい気持ちになります。
凄く良い刺激を頂きます。

今日、対戦して頂いたチームの中にも、そんな子ども達がいました。

次に会えるのが楽しみです

7月21日 夏の県大会 福重F

7月21日(日)は,アクシオン福岡で開催された「三和シャッターカップ 2019福岡県ドッジボール選手権」に参加しました。

福岡県ドッジボール協会さん
ドッジボール審判競技員の皆さん
対戦頂いたチームの皆さん
ありがとうございました。

【結果】参加 37チーム
第1位 飯倉シャイニングキッズさん
第2位 J.I.ヴィクトリーさん
第3位 泉ファイターズさん
第4位 柳川フィフティーンさん

全国への福岡県代表の切符は,「飯倉シャイニングキッズさん」が掴みました。

福岡県代表として,全国大会頑張って来てください。

応援しています。

* 自分は,大雨での災害対応の為,予選終了後に仕事に戻ったのでトーナメント戦が観戦出来なかったのは残念ですが..
DVDで上位チームの鑑賞したいと思います

【福重Fの結果】
○予選(Eリーグ 5チーム:上位2チームがトーナメント進出) 2勝0分2負 3位

予選落ちです。

福重Fの「夏の大会」は,トーナメントへ進出することなく終わりました。

昨年の「夏の県予選」は,予選1位で通過したもののトーナメント1回戦で敗退し終わり。
悔しさを持って終わった大会。

今期は,昨年よりも一つでも上に行こうと目指しましたが,思いは届かなかったです。

今期は,昨年の「夏の県予選」を経験した子ども達は,部員14名の内,約半分の子ども達。

他の子ども達は,今期入部した子ども達で,県予選のコートは初めての経験です。

5月初旬に,部員が12名揃いD1でのスタートがきれたものの,立て続けに新規部員がケガ,更に,昨年からいる部員も足の骨折するなど・・

人数が揃っても,全部員での練習が出来ない。練習試合に行ってもマイナスの状況が続く試合ばかり。

でも,そんな中でも,
・通常の練習日以外にランニングに付き添ってくれている指導者。

・県予選までにはケガを治そうと整骨院に通ってくれている保護者。

・毎朝,学校に登校する前に,学校近くの公園で自主練習している子ども達。

・時間を見つけて指導に来てくれるOBなど

前日の土曜日には,体育館が選挙準備で使用できない上に,予定していた外練習も雨で出来ない。

そんな中,子ども達を集めDVD鑑賞,ミーティングを指導者達はしてくれました。

今期の体制は,まだまだ形になっていないし,他チームに比べれば,素人チームといっても良いチーム状況です。

でも,みんなの「夏の県予選大会」へ向ける思いは十分に感じました。

当日には,全部員が揃ったことも,その思いの一つです。

ケガしている子どももいますが・・
全部員で県予選のステージに立つ事が出来たのは,本当に嬉しい事です。

こんな皆んなの思いがあるからこそ,どうしても予選を通過させてあげたかった。

でも,思いだけでは,予選という壁は越えられないです。

この壁は高過ぎです・・

試合内容は,色々と課題はあります。
でも,それは子ども達,誰一人の責任ではないです。

そこを切り変えてあげられなかった。
子ども達のテンションを上げきることが出来なかった自分の責任しかないです。

本当にごめん。

今大会では,いつもの大会と違い,朝から緊張しているのか?

いつもしないようなミスをする子ども達が多かった様に感じました。

これが,県予選の雰囲気なんですね!

年に各1回しかない「夏」「春」の県予選は,誰もが緊張するはずです。

でも,その緊張を「良い緊張」に変えていくのか?が試合内容・結果に出てきます。

良い緊張⁈

簡単に出来る事ではないです!

たくさんの経験するしかないです。

みんなは,練習試合や大会でたくさん経験させてもらっているはずです。

でも,まだまだ,その練習試合や大会での思いが足りないことかもしれないね。

そんなに経験してないよ?
そんな声が聞こえそうだけど・・

1つ1つの対外戦の中で,「みんなが,どんな思いを持ちチャレンジしていくのか?」
それが凄く大切な事になってきます。

これから,一つひとつ経験していこうね!

さて,子ども達は,今大会で沢山の事を学びました

・ちょっとした緊張が動きをぎこちないものにしてしまう。

・ちょっとした,油断や弱気が,強気なプレーに切り替えることができない。

・焦りが出れば周りが見えなくなり同じミスを繰り返してしまう

・声が出なくなってくると,集中力がなくなりがちになり,プレーも雰囲気も,消極的なものになってしまう。

など,自分達の足りない部分を実感させられたはずです。

しかし,それと正反対で,
みんなが一つ一つのプレーに集中し,声を出し,盛り上げて行けば,いつも以上のプレーが出来るようになる。
(最後の試合がそうだったよね)

試合内容は,良い方向,悪い方向に向かっていくのは紙一重です。

良い方向に持っていくには,どうしたら良いのか?

今大会通じて実感させられたはずだと思います。

その経験は,凄く良い経験です。
大切にしてほしいです!

「夏の福岡予選大会」は悔しいものになったけど,それは自分達が足りないものが沢山あったから,この結果になっただけです。

県予選が終わった今だからこそ,自分達の足りないものを皆で見つけ出すことが大切です。

そして見つけだしたものから,みんなで,一つひとつにチャレンジしてほしいです。

みんなに聞きたい!

今大会の結果はどうだった?
・悔しかった?
・自分やチームの力を出し切った?

各々,感じ方は違うかもしれない!

でも,既に「春の県予選」へのチャレンジはスタートしました。

その中で,大切なのは,自分達の「目的」を改めて明確にすること。
(全員が同じ「目的」をもつこと)

今大会の事を振り返り,悔しさを持つ事!
その「悔しさ」を必ず忘れない事が大切です。

みんなが,どこまで,その気持ちをもって,これから「春の県予選大会」に向けてチャレンジできるかです。

最後に,
保護者の皆さんへ
大きな声援ありがとうございました。

日頃からの,皆さんの声や温かい見守りは,子ども達は十分に分かっていますし,しっかり後押ししてくれています。

これからも,大きな声援,見守りを是非,よろしくお願いします。

指導者の皆さんへ
「春の県予選」に向かいスタートです!
沢山の壁があるはずですが,試行錯誤しながらも一つひとつ乗り超えていきましょうね。

子ども達は,可能性ばかりです!

でも,まだまだ自分を出し切っていない子ども達ばかりです。

子ども達一人ひとりが持っている,各々の可能性を十分に発揮できるようにしてあげたいですね!

これからも,子ども達,保護者,指導者がスクラム組んでいきたいですね!

よろしくお願いします

7月14、15日 福重F

7月15日(日)は,原田小学校体育館で開催された「松島エンジェルズさん主催」の練習試合に参加させて頂きました。

松島エンジェルズの皆さん
対戦頂いたチームの皆さん
審判頂いた皆さん
ありがとうございました。

【参加 7チーム】
○松島エンジェルズさん
○原田WINGSさん
○有住NEW STARSさん
○一撃さん
○須恵バクハツクラブさん
○バナナモンキーズさん
○福重ファイターズ

県予選1週間前,最後の対外戦です。

全 14試合と多くの試合をさせて頂き,沢山の刺激を頂きました。

内容は,課題ばかりが多く,県予選に向けて良いステップに!
とは行きませんでした・・

でも,課題があるから,色んな事を考えさせてくれるし,勉強させてくれます。

自分達の足りないところを沢山教えて頂きました。

それも,こうして対外戦をさせて頂いたおかげです。

貴重な経験を頂き感謝です。
ありがとうございます。

子ども達は,今試合の内容をどう考えるのか?

まずは,みんなで振り返ってみる事。
考えてチャレンジしていくしかないよね!

でも,一人だけわかっていても行動しても何も変わらないです。

みんなが,同じ認識をもたないとね❗️

県予選は直前です!

ただ,考えているだけで,当日を迎えてコートに立つのか?

少しでも,今できる事にチャレンジして当日を迎えるのか?

それは,本人達の気持ちです。
そして,この1週間をどう取り組むのか?

一人ひとりの気持ち,行動です!

県予選が終了してから,後悔するような事だけはしないようにしてほしいです。

自分は,常にチャレンジする気持ちだけを持ってますけどね!

翌日の7月16日(月・祝)は,福重小学校体育館にて,午前は,「体験教室」,午後は「通常練習」を行いました。

体験教室には,小学校1年生~6年生まで色んな小学校から8名の子ども達が来てくれました。

2時間と短い時間でしたが,凄く楽しい時間を過ごさせて頂きました。

参加してくれた子ども達が体験教室を通じて,ドッジボールの楽しさを少しでも感じてくれたなら凄く嬉しいです。

体験教室で,
・ドッジに興味をもってくれた子ども達
・関心をもってくれた子ども達!
が居たなら,ぜひ,また練習に来てくださいね。

待っています❗️

指導者,保護者,部員の皆さん
事前のチラシ配り,当日のお手伝いなど,本当にありがとうございました。

午後からは,通常練習です。

最近の練習試合を振り返りながら,基礎練習から実戦練習など約5時間みっちりと練習しました。

途中からは,OBの子ども達も来てくれて,部員達に『喝』も入れてもらったように感じます。

OBがこうして来てくれると,場の雰囲気も活気が出てきます。

更に,同じような話をしたとしても,自分から言われる事は素直に入ってこなくても,OBから言われた事は素直に入ってくることもあります。

OB達の存在は,大切です。
子ども達だけでなく自分も良い刺激をもらいました。

練習手伝ってくれて,ありがとう。

時間があったら,いつでも後輩たちを教えに来てくださいね

PS 
体育館の中は,めっきりと暑くなってきました。

今日の練習でも、体調不良で休みの子どもが、いたり,熱中症などに気をつけてほしい時期です。

多めの水分,着替え,熱中症対策など,各自で体調管理には,十分に気をつけてくださいね

7月7日 練習試合 福重F

7月7日(日)は,松島エンジェルズさん主催の練習試合に参加させて頂きました。

松島エンジェルズさん
対戦頂いたチームの皆さん
審判頂いた皆さん
ありがとうございました。

【参加 7チーム】
○松島エンジェルズさん
○あいあいモンキーズさん
○周船寺エンジェルズさん
○三日月ブラックドラゴンさん
○原田WINGSさん
○リッキーズさん
○福重ファイターズ

今回は全部員が参加です。
でも,まだケガが回復していない子ども達もいるので,様子を見ながら,少しずつ試合を経験させるようになった。

県予選直前なので,少しでも試合慣れさせてあげたいところですが,無理はさせられないです。

今回もそうですが,最近の試合は,色んな面で,試行錯誤しながら行っている状況が続いています。

さて,試合内容は,予選2クール行われ,トーナメントでは,その結果により下位チームから試合を行い勝ち上がっていく形式で行われました。

【福重Fの結果】
○予選
1クール 2勝0分4負,2クール 2勝2分2負
トータル  4勝2分6負 5位

○トーナメント 1回戦 三日月ブラックドラゴンさんに敗退

全体を通じて,課題ばかりで,前へ繋げるものは殆どなかったように感じます。

でも,先週の合宿から,チャレンジしている子ども達(今期入部)が出て来ている事は,見ていて凄く嬉しい瞬間です。

全体を通して見てみると,チャレンジしている子ども達がいる反面,「やろう」と思ってはいるけど,実行に移せずにその状況で足踏みしている子ども達がいる。

そんな,子ども達同士のちょっとし気持ちのズレがリズムをかみ合わなくしたり,動きにも繋がっているように感じる。

良い試合もあれば,全然かみ合わない,自分達のリズムを作れないままに終わる試合もある。

出来ていた事が,次の試合では出来なくなり,ミスばかりを繰り返している。

集中して試合していると思ったら,次の瞬間には,気の緩みが出ているのか,一気に弱気なプレーに変わっている。

そんな試合が最近,随所に見られる。
それが,結果になって表れている。

子ども達なりにも,
なぜ,こんな事になるの?
なぜ,思う通りにいかないの?
など,考えているはず。

でも,それは当たり前の事です。

ドッジボールは,相手がいて,常に活きたボールを基に試合が成り立っている。

そんな中で,みんなはドッジを行っている。

だから,5分間,ミスとチャンスを繰り返しながら,自分達のボールをキープし自分達のリズムを作って試合を進めていくことになる。

瞬間,瞬間にパターンが変わっていく5分間。

それをどうして自分達のペースに試合を進めていくのか?

それは,日頃の練習やこれまでの試合での経験などが凄く大切な事になってくる。

その中では,体力強化,観察や振り替えりを通した技術力の強化は大切な事です。

でも,その為に大切なのは「心(気持ち)」の強化です。

今の福重Fの子ども達は,口では「目的」とするものが有ると言う。

でも,それは全員が目的としたものではなく,中にはただの「言葉」でしかない子ども達もいる。

それなら,その「目的」に,たどりつく事が出来るはずがない。

みんなが決めた「目的」がどんなに高いものであっても,みんなで乗り越えていこうとする「気持ち」がなければ前へ一歩進むことも出来ないはずです。

例えになるけど

○ポジション決め。
自分はこのポジションをしたいと思うなら,思うだけでそのポジションに着くことは出来ない。

その「気持ち」があれば,その努力をしなければ絶対に掴むことは出来ないです。

「気持ち」とは
「・・・になりたい」
「・・・・に勝ちたい」
「・・・・・を達成する」
など自分が思い込んだのなら,その「気持ち」を大切に,行動に移しチャレンジしなければならない。

その「気持ち」があるから,体力を鍛えよう,試合や自分のプレーなどを振り返る事が出来る。

しかし,その「気持ち」が思っているだけのものならば,何も前へ進むことができないはずです。

今,福重Fの子ども達は,しっかりとした「気持ち」を持っている子ども達ばかりです。

でも,それを行動に上手に移しきれないままでいるように感じる。

それは,恥ずかしい,人に遠慮したり,怒られるのかもなど,考えすぎていたりするかしれない。

だけど,気持ちを移すのに,そんなに考えこまなくて良いんじゃないかな。

自分は思うよ!

みんなが思った事があれば,何も考えずに一歩前へ出たら良い,一言しゃべったら良いんじゃない。

何も考えずに気軽にやれば良いと思うよ!

それが,気持ちを行動に移すスタートになると自分は思います。

物事に正解なんか何もないよ!

もし正解があるのなら,自分が何度もミスし,考え,チャレンジする中で見つけたことがその人の正解になるんじゃないかなと思うよ。

それは,自分の「目標」に向かう事になるんじゃない!

チームにおいても同じです。

自分達の「目的」は高いものかもしれない。

でも,それをチーム全員が達成させようとする「気持ち」を持ち,みんなで何度もミスし,考え,チャレンジする。

その中では,間違っている事や戸惑うこと,時には言い合いになることもあるかもしれない。(あって当たり前です)

みんなで追いかけるチャレンジは,福重Fみんなの正解になるんじゃないかなと思うよ。

県予選を直前として,みんなに思ってほしい事。

思っていても行動に移さなければ,「後悔」するだけ!

行動に移すことが出来れば,「悔い」があっても次への諦めはないはず!

県予選が迫ってきました。

今のままで,迎えるのか?
一人ひとりが思ったことにチャレンジするのか?

それは,みんなの「気持ち」です

今,自分が,自分達が出来る事に,全力でチャレンジしてほしい。

そして,自信をもって,県予選のコートに立ってほしい。

それは,監督の願いです

PS
多くの事にチャレンジする事なんか出来るはずがない。

一人ひとりが,他の子ども達に負けない「得意」な事,「苦手」な事があるはず。

まずは,その「得意」「苦手」なものを各1つだけにチャレンジしたら良い。

得意なものは,更に誰よりも負けない自分の武器としてチャレンジする

苦手なものは,自分でやり方が分からなければ,周りの動きを見たり,聞いたりすることで,チャレンジ方法が見つかるかも知れないよ

6月29日〜30日 1泊合宿 福重F

6月29日(土)~30日(日)は,福重F 1泊合宿を福岡県立社会教育総合センターにて行いました。

例年は,3チーム程度で合同合宿をしていますが..

今回は,土曜日の体育館利用が他団体との合同利用で反面しか利用できない為に,福重Fのみでの合宿となりました。

当初は,1チームでの練習は,刺激が足りないでのはと思っていたものの,体育館反面を利用している「中学バスケ部」から礼儀,マナー,体力面など沢山の刺激を頂きました。

こうした,他競技と反面を利用した練習では,色んな発見を見出す事が出来て凄く有意義なものになりました。

特に,先輩学年(中学生)の振る舞いは,小学生の子ども達には新鮮に映ったはずです。

自分としては,ガッツリと練習したかったものの,当日の14:00~は,アクシオン福岡にて「三和シャッターカップ 2019福岡県ドッジボール選手権(7月21日開催)」の抽選会があり,自分と部員2名は,途中,抜け出して抽選会に行くことになりました。

その間,部員,指導者・保護者はガッツリと練習です。

「夏の小学生 福岡県予選大会」の対戦チームが決まりました。

福重Fは,Eリーグ(5チーム) 強豪チームが集まるリーグになりました。

正直言って,今の状況では,予選通過(上位 2位)は,かなり厳しい状況です。

でも諦めはしないです。
自分達が出来る事を「全力疾走」するのみです。

後悔をしても,「悔い」を残す事だけはしてほしくないです。

抽選会が終われば,既に県予選は始まっているからね!

さて,合宿の話に戻ります。

朝から夜まで練習。

ミッティングをした後には,全員が,一人ひとりの『思い』を言葉で表す事を目的として習字を行いました。

練習の時よりも大きな声で習字をする子ども達。
(逆やろ!と言いたいところですが・・
楽しんだら良いです)

書いた言葉には, 
・勝ちたい思いが強い子ども達
・守備を上手になりたい子ども達
・雰囲気を作っていこうと思ってる子ども達

など一人ひとりの思い,性格がしっかりと書き込まれています。

書いただけで終わらないで,その言葉を大切にしてチャレンジしてほしいです。

思いは,直ぐには,達成出来るはずかまないです❗️

でも,いつも忘れずに思い,チャレンジしていくことが出来れば,その思いは,時間がかかったとしても必ず達成できるはずです。

書いた「一言」を活力にして,チャレンジしてほしいです。

習字の後は,自由時間。

子ども達が何をしているのかは確認しなかったものの,ケンカしたなど聞かなかったんで,子ども達同士,楽しい時間を過ごしてくれたはずです。

(確認しなかったのは,翌日の準備,大人のミーティング?があったからですけどね・・)

【合宿 2日目(6月30日)】
福重F主催の練習試合です。

参加頂いたチームの皆さん
審判頂いた皆さん
ありがとうございました。

○ 参加 6チーム
・あいあいモンキーズさん
・有住NEW STARSさん
・金武ワンピースさん
・原田WINGSさん
・リッキーズさん
・福重ファイターズ

前日,遅くまで盛り上がった「大人ミーティング」で,指導者・保護者は,寝不足もありながらも,久しぶりの主催試合で朝早くには,起床してたみたいです。

また,当日合流の保護者達も,部屋の片づけ,朝の集いが終わった頃には,来てくれていました。

今回は,全保護者が来てくれて,オフィシャルなどの準備,進行をしてくれています。

今期初の主催試合であり,殆どの保護者にとっては,始めての経験でしたが,スムーズな進行が出来たと思います。

皆さん,本当にお疲れさまでした。

さて,試合内容です。

抽選日の翌日というのもあるのか?
参加チームの気持ちが入った試合が続きます。

特にトーナメントに入ってからは,Vポイントゲームが続き,凄く刺激を受けました。

そんな他チームに比べ,福重Fは,足りないものばかりです。

主催試合,合宿の2日目,抽選会の翌日。
朝から準備をし,進行してくれている保護者の姿を見て,子ども達に何かを感じてほしい。

子ども達は,どんな思いをもってチャレンジしてくれるのか?

自分自身,期待感をもっていたのが本音!
でも,結果は,思った通りにはいかないです。

○予選(2クールの計)2勝0分8負 6位(最下位)
○トーナメント 2回戦敗退

主催試合での,この結果は創部して初めての結果だし,12名揃わずに試合したのも主催試合では初経験です。

全13試合した中で,チャレンジしているなと感じたのは2試合のみ。

後の試合は,良い所が殆ど見つけられない状況です。

歯車がかみ合わないリズム感のないプレーが続く。

マイボールをキープできない
弱気で逃げている
攻めが守りに入っている
観察が出来ず,個人プレーなどが続く。

さらに,試合中に1名がケガで病院に行く。

更には,2クール目に入る前には,足が痛い子ども達がいて,9名での体制となった。(内1名は,ケガの為,初めから外野固定だっのでマイナス3の状況です)

先週の北部リーグから1週間。

練習では,色んなことにチャレンジした。
子ども達同士でも沢山話し合ってきたはず。

特に,合宿当日の朝まで,北部リーグの結果から主催試合を体操服を着てやるのかを話合い,
集合時間には,自分に,この合宿では,全員が全力でやるのでチームTを着て良いですか?
と言ってきた。

でも,試合になったら,そんな事は忘れたかのようにしか感じないプレーばかりが続く。

今の福重Fは,今期から入った子ども達も多く,1カ月で出来る事も決まっている。

厳し過ぎているのかもしれない。
でも,優しくして,緩くなれば,それなりの結果にしかならないしケガの原因にもなる。

今回の試合内容,結果を見ていて,子ども達の力を出す事が出来ていない。

自分の指導が足りないのを実感させられました。

自分自身,かなり凹んではいるが本音です。

どうしたら,子ども達の力を引き出して,チーム全体が『目的』に向かう事ができるのか?

今は,1歩進めば,3歩も4歩も下がってばかりで,試行錯誤ばかりを繰り返しの連続です。

でも,これがあるから色んな事にチャレンジできる。

やるしかないです!

県予選まで3週間。
今の状況では,試合内容だけでなく,ケガ人もいる状況での体制と,かなり厳しいものになっています。

でも,年1回しかない「夏小の福岡県予選」のコートに立つのなら,子ども達が,一つでも自信をもって上がる事ができるようになってほしい。

それだけです

PS
合宿では,団結を目的としてましたが,しっかりそれは、達成出来たと思います。

試合結果は,良くはなかったものの,一つひとつを通じて,前に進んでいる子ども達もいます。

特に,
トーナメントで変わった、くるみ。
守備で、予選終了前から、変わってきた、みいな。

試合終了後には、涙を見せた、ふうた。

それ以外にも、一人ひとりが、何かを感じ、新たなスイッチを押してくれているのを感じます。

自分を変える『スイッチ』を押す事は、簡単なようで難しいです。

それを押す事が出来るのは,自分が求めていく『目標』があるからです。

その瞬間を大切にしてほしいです。

最後に,体育館の中は,暑くなってきました。
みんな,体調管理には十分気をつけてください。

十分な水分補給は当たり前の事ですが,暑くなると集中力がなくなってケガをする原因にもなります。

無理をしても同じです。
きつくなったら休む。
これも大事な練習です。
(キツイから休むのは,違いますけどね)

指導者,保護者の皆さん。
合宿の事前準備,企画,進行など本当にありがとうございました。

試合では,不甲斐ないものになりましたが,これから一歩ずつながら進んで行きたいと思ってます。

これからも,子ども達の事。
福重Fの事を見守ってください

施設利用者の挨拶です!
朝の準備体操! 中学生の動きに刺激受けました(^^♪
練習開始です(^^♪
夕食 男の子 (^^♪
夕食 女の子 (^^♪
習字!  思いを大切にチャレンジだよ!
自由時間 (^_-)-☆
2日目! 練習試合
合宿 最後のミーティング!
みんなが仲良く! 元気にチャレンジあるのみ!

6月23日 北部リーグ 福重F

6月23日(日)は,行橋市 泉小学校体育館で開催された「北部リーグ」に参加させて頂きました。

北部リーグの皆さん
ドッジボール審判競技員の皆さん
ありがとうございました。

【参加 12チーム】
○ 北部リーグ 10チーム
・泉ファイターズさん
・KURATE-G3さん
・上毛キッズさん
・添田フレンズさん
・高蔵パワードリームさん
・大里柳ビッグソルジャーズさん
・長尾バトルサンダーズさん
・東朽網ライジングさん
・BIG WAVEさん
・若宮キッズさん

○ 招待チーム
・駅川ソレイユさん
・福重ファイターズ

北部リーグの皆さん。
呼んでいただき,本当にありがとうございました。

【結果】
第1位 駅川ソレイユさん
第2位 泉ファイターズさん
第3位 東朽網ライジングサンさん

【福重Fの結果】
・予選 4勝0分7負 8位
・トーナメント(予選順位 7~12位でのトーナメント) 第2位 (全体 8位)

当日の福重Fは,全部員 14名が参加です。

でも,3人が骨折しているため,実質試合が出来るのは11名(骨折中の1人は,外野固定状況です)

ベンチにいる機会の多い子ども達を入れての体制となりました。

この状況をみんなでカバーし合いながら,試合を進めてくれるものと期待はしていましたが・・

予選1試合目から,リズム感のない,歯車がかみあわない,単純なプレーばかりが続き,これまで練習してきたことを出しきれない子ども達。

パスミスや弱気な攻撃で簡単に相手チームにボールを渡し,相手チームのリズムで試合が進む。

そんな状況なので,声も出ない。
覇気も感じられない。

時には,相手アタッカーに対し逃げの状況になっている試合もある。(練習の時に投げてくれる中高校生のOB達のボールに比べてどうなの?)

リズム感のなさや単純なプレーは毎回あること。

でも,逃げるような「弱気」を前面に出したプレーは,この何年見たことがないです。

それだけに,かなり堪えたのが本音です。

更に,先輩たちの代から,切磋琢磨しながら対戦してきたチームとの対戦でも同様なプレーをしている。

何をしてる?というより,そんな気持ちなら,コートに立つ意味がない。

悔しいより,情けない気持ちしかないです。

先週のリーグ戦では3位となった。
その時のプレーとは全然違うものになっている。

先週話した,モチベーションを持って試合に来てほしい!

そんな言葉は既に忘れられたものになっています。

今大会の体制は,怪我している子どもや体調不良気味の子どもがいたりとベストな状況ではない事はわかる。

でも,そんな時こそ,自分達が出来る事を全力でチャレンジすること。

声をかけあい,カバーし合いながらプレーしなければいけない。

だけど,今大会のプレーは,どうだった?

オフェンス陣は,リズムを持った攻めをするのではなく,1球目からの真正面のアタックを続けていたり,中にはパスばかりを続けるアタッカー達もいた。

マイボールをキープしながら,試合の流れを読んだ強気なプレーなどは殆どなかった。

ディフェンス陣は,どちらかと言えば逃げている。

弱気な姿勢は,ベンチから見ていて感じられる位だから,相手チームから見たら十分に感じられたはずです。

相手リズムで試合が進むのは当たり前のことです。

パスミスやオフェンス陣達のワンパターンな攻撃で,相手ボールにしてしまい,それからは,相手チームのリズムで試合が進む。

終始,このような状況で試合が進み、今大会を終えた。

毎試合後には,子ども達同士のミーティングを行ったりしている。

沢山の言葉が出る。
でも,そこでの言葉は,子ども達同士がどう感じているのか?

その場だけわかる「言葉」にしかなっていないんじゃないのか?

自分は,その様に感じる。

何故,その様に感じるのか?

それは,試合後に結果(勝敗)だけをみて,感じたことを言っているだけだからです。

試合前に(練習時からですが),
こんな事をしようね!
こんな所に気をつけようね!
などの話し合いがあっている。

試合中に,ミスや良いプレー,気をつけることなどについて,コート内で声掛けが出来ている。

そんな,話し合いや声掛けが出来ていない状況なのに,試合後に結果だけを見て,そこだけの話合いをしていていても,みんなは,振り返ることやチャレンジする事が出来るようになるの?

だから,『言葉』にしかなっていないなと感じるし,その言葉でチャレンジする事は,難しい事だと思う。

でも,試合前(練習)の話し合いや試合中に声掛けが出来ていたのなら・・

試合後のミーティングでの話し合いの言葉は,事前や行動している時に声かけられている言葉なので,一人ひとりの感じ方は違ってくるはずです。

過程もないのに結果だけを言われても,その場だけは分かったとしても,ただの「言葉」でしかならないよね?

なら,心に入るものではなく,直ぐに忘れてしまうものにしかならないと自分は思う。

更に,ミーティングで話をしている子ども達が,自分の事を振り返らずに,他人の事しか話をしなければ・・

聞いている子ども達は,素直に聞くことは出来ないないはずです。

時には,部員の中では,えらそうに言うけど,あいつは言うだけで,自分では何もしてないや!などの愚痴も出てくることさえもあるかもしれない。(実際,過去に福重Fでありました)

それで,試合に向かう気持ちが出来る?
チームワークが固まるものになるの?
目標・目的に向かう事が出来るの?

汗をかいた言葉のキャッチボールが出来ていないのに,結果だけのアタックを打たれても意思疎通が出来るはずがないよね。

それなら,試合内容や結果も,そんなものにしかならないんじゃないかと思う。

なら,どうしたら良いの?

それは,一人ひとりが考える事です。

監督が言うのは簡単なことです。
(何度も話しているけどね)

言われたからするのなら,強制的なものにしかならないし長続きするはずがない

自分で考え,行動に移す!

そんな自主的な動きをしなければ,始まらないです。
今の自分を振り返ってみてほしいです。

それが,コートに立つ為に大切なものではないかと自分は思っています。

そうでなければ,今大会でもそうだけど,自分達の「目標・目的」を持つ事が出来る?

それに向かいチャレンジする事は出来ないはずです。

自分達がもっているチームの『目的』も言葉だけのものにしかならないはずです!

それがあれば,今大会も違っていたかもしれないね!

パスばかり回していたアタッカー達も強気でアタックしていたかもしれない。

逃げていたディフェンス陣も,『とっちゃる!』っていう強気なプレーが出来ていたのかもしれない。

今の福重Fは,新規部員が入り試合に出れるようになってはいるけど,他チームに比べたら初心者のチームです。

それは,他チームの子ども達は,みんなよりドッジの経験年数はあるからです。

だから,そう簡単には対等に対戦するのも厳しい事は,当たり前の事です。

でも,監督は,初心者の子ども達が多くても,対等に対戦できるチームにするつもりです。

その為には,一人ではできない!

みんなが,「目標・目的」を大切にしてチャレンジする気持ち,行動がなければ出来ないです。

全員が同じ気持ちになってチャレンジするしかないです!

今大会は,本当に,これまでやってきたことを出すことが出来ないもので,正直,『0』に戻った感じです。

県予選 1か月前で,前へ進めていない事は悔しいですが・・

逆にこの時期に,沢山の課題を貰えたことに感謝の気持ちです。

とことん落ちたと感じたのなら,『0』から追っかけていくだけです。

みんなで,目の前の壁を乗り越えていこうね

6月16日 リーグ対抗戦 福重F

6月16日(日)は,福岡市民体育館で開催された「第14回 福岡リーグ対抗戦ドッジボール大会」に出場しました。

主催の福岡県ドッジボール同好会さん
ドッジボール審判競技員の皆さん
対戦頂いたチームの皆さん
ありがとうございました。

昨年度は,九電記念体育館で開催されていた今大会も,九電記念体育館の閉館に伴い,今回は初の「福岡市民体育館」での開催となりました。

事前に主催者から,施設内の駐車台数が1台と制限があった事もあり,今回の移動は,地下鉄です。(九州内の大会では,初の公共機関での移動です)

いつもの車での移動と違い,どこかテンション高めの子ども達!

たまには,こういう移動も良いですね。

【結果】 参加 15チーム
第1位 柳川フィフティーンさん
第2位 畝刈マリンウェーブさん
第3位 福重ファイターズ

【福重Fの結果】
○予選 2勝1分1負 2位(Aリーグ 5チーム中)

○トーナメント
・1回戦 千早っ子クラブさん戦  10-5  勝

・2回戦 下原ニュースターズさん戦  8-7  勝

・準決勝 柳川フィフティーンさん戦 6-11 負

・3位決定戦 有住NewStarsさん戦  7-4  勝

第3位 久しぶりの上位入賞です。

嬉しい反面。

試合内容が,あまり良いものではない。
課題を多く持ち帰るものになりました。

さて,今大会の福重Fは,参加者は14名の全部員が参加です。

でも,1名が前日の練習でケガをしてベンチ。
更に,1名が予選での試合中に足を痛めてベンチと12名ギリギリでの試合です。

今大会を振り返ると,朝のみんなのモチベーションの低さ(全員ではないです)がそのまま試合内容に繋がったように感じます。

朝の開会式では,早めに観客席からコートにおりた子ども達が,一番最後に整列している。

更に,会場に入る前には,入り口で挨拶することなく整列しようとして,自分から叱られる場面があった。

こういう事は,今まで大会に来て,初めての事です。

自分自身,出来る事が当たり前に思っていただけに,改めて考えさせられるものになりました。

確かに,子ども達は,会場に入る前に下靴と上靴を履きかえたり,下靴の置き場所を探すのに時間がかかったのかもしれない。

会場に入ろうとしたら既に整列していたので,入った子ども達から挨拶もせずに,慌てて走ろうとしたのかもしれない。

これが,みんなにとって初の大会なら,どうして良いのかが分からずに焦ってしまい,このような状況になってしまった。

それなら,仕方ないかと思う所もあるかもしれない。

でも,そうではないよね!

今,福重Fには,新規部員も入り,大会の経験が少ない子ども達はいるものの殆どが昨年度からいる子ども達です。

これまで何度も大会に出場し,挨拶,礼儀の大切さを皆で理解し行動してきたはず。

部員には,開会式終了後,挨拶,礼儀の大切さについて話をした。

みんな,改めて考えてみようね!

礼儀,挨拶は,何事においてのスタートである事を理解してほしい。
大切にしてほしいです。

今回の様に,いつも出来ていることが,慌てたりして出来なかった。

それは,なぜ?

みんなの中で,どこか「気の緩み」があったからじゃない!?

自分は,そんな「気の緩み」が,今大会での試合内容に出ていたように感じます。

特に予選では,プレーやコンビネーションの歯車がかみ合わない部分が随所に出ていた。

それは,全員ではない!
良いプレーも沢山あった。

でも,少数の子ども達の気持ちや一つの行動が,チーム全体の雰囲気や行動に繋がって行ったのをプレーしていたみんななら感じたはずです。

予選では,試合後に何度も指導者から注意され,その都度,部員達は,子ども達のミーティングを繰り返しています。

しかし,一気に切り替える事は難しい事です。

歯車の食い違いを治すのは,そう簡単にはいかないです。

子ども達は,何度も同じミスを繰り返しています。

でも,予選終了前には,予選最初の試合に比べて少しずつながらもリズム感のあるものになってきたように感じるようになってきています。

トーナメントに入り,試合に向かう気持ちが前へ向いているのを感じられるようにはなってきた。

しかし,予選からの悪いリズムや簡単に相手チームにチャンスを与える場面は随所に出ています。

どの試合も僅差ながらも,久しぶりの上位入賞となりました。
(準決勝では,一方的に相手チームのリズムで完敗ですが・・)

今大会では,試合に向かう気持ちの大切さ。
モチベーションの大切さがどう試合に繋がっていくのかを,みんなが実感したはずです。

何の為に,大会があるのか?
その大会では,何を「目的」にしているのか?

それを一人ひとりが思い,チャレンジしなければ,モチベーションを持って大会を迎え,終える事が出来ないはずです。

そういうモチベーションを高めた大会であれば,結果がどうであったとしても,自分にとって,チームにとって,今出せる「10の力」にチャレンジ出来たはずです。

でも,ただ会場に来て,試合をしているのであれば,そういう行動はできないはずです。

いつもいう事です。
○ 常に,一人ひとりが「目標」を持ちチャレンジする事。

○ チームの「目的」を全員が理解し,全員でそれに向かいチャレンジする事。

大切にしてほしいです

PS
めっきり暑くなってきましたが,夜などは寒さを感じる日もあります。

練習、大会では,着替えや上着を持ってくるなど,自己管理お願いします。

また,最近ケガ人が増えてきました。

いつも以上に準備運動、クールダウンをしっかりやるように,何事においても集中するようにして体調管理には気をつけてくださいね

ケガをして辛いのは,本人。

でも,聞く度に自分が,それを回避出来なかったのか?

あの時に声をかけていたらケガしてなかったのでは?など

反省ばかりが続きます

開会式! 試合はここから始まっているよ
大会主催者、審判員さん
試合できる事、応援してくれる保護者など
感謝すること! は当たり前のこと。
それを表すのは『大きな挨拶』です
聴く姿勢!向かう気持ち!
があれば綺麗な整列になるはずです
上位入賞 おめでとう (^^♪
地下鉄での移動、たまには良いです !(^^)!

6月9日 筑紫グランプリ2019 福重F

6月9日(日)は、篠栗町民体育館にて『筑紫グランプリ2019』が開催されました。

主催は、福重Fが所属している『筑紫リーグ』です。

参加頂いたチームの皆さん
ドッジボール審判競技員の皆さん
ありがとうございました。

そして、筑紫リーグの皆さん
事前準備から企画、実行まで、本当にお疲れ様でした。

【参加 16チーム】
○ 招待チーム (8チーム)
・ 有住NEWSTARSさん
・ 飯倉シャイニングキッズさん
・ スクラムくまもとさん
・ シュネル鍋島さん
・ 鳥飼オリオンズさん
・ 大蛇キッズさん
・ 鳴見台ドッジ☆スピリッツさん
・ 一撃さん

○ 筑紫リーグ (8チーム)
・ うめちゃんズさん
・ あいあいモンキーズさん
・ 安徳フェニックスさん
・ 金武ワンピースさん
・ 福岡タートルズさん
・ 福津フェニックスさん
・ レッドファイヤーズ志免西さん
・ 福重ファイターズ

【結果】
○ グランプリリーグ
(予選 2リーグの上位4チーム : 計8チーム)

第1位 飯倉シャイニングキッズさん
第2位 あいあいモンキーズさん
第3位 スクラムくまもとさん

○ チャレンジリーグ
(予選2リーグの下位4チーム : 計8チーム)

第1位 鳥飼オリオンズさん
第2位 金武ワンピースさん
第3位 大蛇キッズさん

予選は,Aリーグ,Bリーグの2リーグで行われ(各リーグ 8チームの総当たり戦)

各リーグの上位4チームの計8チーム(4チーム×2リーグ=8チーム)が,「グランプリトーナメント」に進出

各リーグの5位~8位 4チームの計8チームが「チャレンジトーナメント」に進出です。

【福重Fの結果】
予選  Bリーグ  4勝 0分 3負  4位 (8チーム中)

ギリギリの4位で、トーナメントでは、グランプリリーグに進出です。

トーナメント1回戦
対戦相手は,飯倉シャイニングさん

開始早々から,相手チームのリズムで試合が進み完敗です。

もっと、格上のチームにがむしゃらにチャレンジしてほしかったのが本音です。

今大会の福重Fは、
予選から、リズムがつくれない。
マイボールを、キープできない。

練習でしてきた事をチャレンジできないなど課題ばかりを持ち帰るようになりました。

試合の内容以前に、試合に向かう気持ちの足りなさが動きや雰囲気の悪さに繋がっている。

それが,試合結果になっているのは当たり前のことです。

今大会では、子ども達は,体力、気持ち(試合に向かう)、試合の流れ(リズム)など沢山の足りないものを経験したはずです。

その貴重な経験を振り返り、どうチャレンジしていくか?

それは、まず1人ひとりの気持ちです。
しっかりと振り返ってほしいです。

いつも言うこと。
思う事は誰でもできる。
『はい』の返事は誰でもできる。

でも,思っているだけで,やろうと『チャレンジ』しなければ,一歩も前へ進むことはできないよ!

それなら,ただ,そこで立ち止まっているだけしかない。

ミスを繰り返し,振り返り,チャレンジする。この繰り返しです。

100%完璧な事は絶対にないです。

でも、あるのは、自分の『10の力』にチャレンジすることです。

みんなには,無限の可能性がある。

その可能性をいかすのも,そうでないのも。

一人ひとりの気持ち,チャレンジしかないです。

自分は,チャレンジする時に一番の壁は,「一人ひとりの気持ち」だと思う。

自分に負けない「強い気持ち」で,「自分を信じて」チャレンジしてほしいです。

さて,今期メンバー(14名,新規部員5名含む)になり約1カ月が過ぎました。

5月は,運動会など学校行事が毎週あり,今大会が3週間ぶりの対外戦となりました。

練習だけでは得られない経験は,対外戦を通じて経験することが多い。

だからこそ、沢山の事を、経験させてあげたい。

でも,この時期は仕方ないです。
学校,校区行事が最優先です。

これから,一つひとつ経験していけば良いです。

新規部員にとっては,約1カ月が過ぎ,ドッジの厳しさが少しずつながら分かってきたように思います。

まずは、体力,集中力の必要性を感じているはずです。

リズムが早く,まだまだ動きについてこれなかったり,ボールを怖がったりすることもある。

でもそれは当たり前の事です。

誰もが,初めはそうです。

一つひとつ,一緒にクリアしていけば良いからね。

最後に、100% 完璧はない!
ミスをする事が何よりも大切な事です!

でも、振り返り、チャレンジしなければ、そのミスは、同じ事を繰り返す失敗。

しかし、チャレンジすれば、可能性をあげるミスになるはずです

開会式!
今期メンバーの『絆』

どこまで、みんなの『絆』が高まるのか?

その為には、自分に負けない『強い気持ち』
遠慮しないで『自分を出し切る』ことだと思うよ (^_-)-☆

5月18、19日 福重F

5月18日(土)から19日(日)の福重Fは,
18日(土)練習試合
19日(日)BBQ交流会を行いました。

【5月18日(土)】
三日月小学校体育館で開催された「Team紅羽さん」主催の練習試合に参加です。

主催のTeam紅羽さん
三日月ブラックドラゴンさん
対戦頂いたチームの皆さん
ありがとうございました。

【参加 6チーム】
○ Team紅羽さん
○ 三日月ブラックドラゴンさん
○ シュネル鍋島さん
○ スクラムくまもとさん
○ 福岡タートルズさん
○ 福重ファイターズ

佐賀県,熊本県,福岡県チームが参加です。

普段対戦する機会が少ない他県チームの皆さん。

各チームのリズム感には,良い刺激をもらいました。

福重Fは課題を沢山持ち帰る事になったのは,当たり前の事です。

沢山の有意義な経験をさせて頂き,ありがとうございました。

さて,試合形式は,予選 2クールを行い,その順位によりトーナメント戦が行われます。

そのトーナメント戦です。
予選1,2位は,トーナメント1回戦で対戦し,その勝敗により組み合わせの山が決まるという内容です。

自分としては初経験。
楽しそうやと感心するとともに,次回,福重Fでも主催の時にはやってみたいなと思った次第です。

【福重Fの試合結果】
○予選 2位
○トーナメント 2位

結果だけをみれば,良さそうな感じがします。でも,内容は課題ばかりです。

特に悪いのは,
・マイボールをキープできないところ
・相手チーム名で試合しているところ

部員達は,この言葉の意味は理解できているはずです。

単純な2つの言葉だけど,その中には,

・単純なプレーや個人プレーになっていなかったですか?
・自チームの外野の動きや相手チームのカット,アタッカーなどの動きが見えていましたか?
・自チームの内野,外野との話し合いや連携が図れていましたか,自分だけがわかっているだけで,やろうとしていましたか?など

更には,
・試合に向かう気持ちは,強気でしたか?(諦めはなかったですか?)
・チーム内での声だし,声かけが出来ていましたか?
・一人ひとりが目標をもち「全力疾走」でチャレンジできていましたか?など

一人ひとりの考えや感じる所も違うので,それ以上の事もあるはずです。

自分から言いたい事は,
・ 何も目標を持たずにコートに立つな!
・「全力疾走」する事を諦めるならコートに立つな!

考え,ミスして。
チャレンジしてほしいという事です。

そうでなければ,自分達が持っている可能性を,自分で無駄にしているだけ。

そんな状況で試合をしているようであらば,今練習試合を振り返ることさえ出来ないはずです!

自分がいつも言う言葉。
「振り返れ! チャレンジしろ!」

これも,目標をもち全力疾走でチャレンジしている子どもとそうでない子どもとでは,

・試合前の「向かう気持ち」
・試合後の「振り返る気持ち」は全然違ってくるはずです。

一人ひとりが,自分の「目標」をもち,練習や練習試合,大会,どんな場面でも「全力疾走」でチャレンジしてほしいです。

話は,変わるけど。
今練習試合では,新規部員には,常にボールが集まっていました。

特に,試合終了前やVポイントゲームでのアウトは,本人達も悔しさを持ったはずです。
(持っていてほしいです)

ボールが集まってくるのは当たり前の事です。

誰もが初めはそうです!

誰もが初めは何度もアウトになる。
アウトになっても,外野からパスばかりして,内野に戻る事が出来ない。

そんな状況が続くのは当たり前の事です。
今は,それで良いです。

だけど,切り替わる瞬間(スイッチを押す瞬間)があります。

それは,多くの事を経験する事。
そして,周りに遠慮しないで,自分の性格が出てきた時です。

この経験が,みんなを一つひとつ成長するキッカケに繋がっていきます。

でも,ここで「怖い」など感じたら,この経験がムダなものになるからね!

キャッチボールできちんと捕れるなら,キャッチは出来るよ!

自信をもつこと。
自分に負けない「強い気持ち」をもって自分にチャレンジしてほしいです。

一緒にチャレンジしていこうね!
分からない事があれば,何でも聞いてほしいです。

・目標 とは: 
1人ひとりが,性格,体力,技術など違うはず。
だから持っている「目標」も違います。

自分の「目標」は,みんなに合わせることは必要ないです。

自分だけの「目標」にチャレンジしてください。

大切なのは,初めから「高い目標」を持つのではなく,自分が達成したい「目の前」の目標をもつこと。

高い目標をもっても,一気に達成する事は,できない。

まずは目の前の目標を達成する事からです

・全力疾走でチャレンジするとは:
自分の「目標」が決まったのなら,それに向かう事。

それは,「全力疾走でチャレンジする」事になるはず!

確かに,チャレンジをやり続けることは,難しいことです。(逆に,諦める方は,簡単なことです)

でも,自分が決めた「目標」ならミスを恐れずに,諦めない強い気持ちをもってチャレンジしてほしいです(ミスは沢山しろ!)

*みんな(従来部員)はこれまで,いくつもの目標にチャレンジしてきたよ!

例えば,誰もが入部して直ぐの頃は,ランニングやアップ練習がきつくて,靴ひもを何度も結びなおしたり,トイレに行ったりしながら,その場から逃げてはいなかった?

しかし,今はどう?
そんな行動している?

それは,自分の中で諦めるという気持ちから,「まだまだやれる」という気もちに変わって取り組んできたからこそ今があるんじゃない。

みんなは,そんな「目の前の目標」という壁を一つひとつ超えてきたからだよ!

ゴールはないです!
常に目の前に「壁」はある。

みんなで,ミスを繰り返しながら,その壁に,これからチャレンジしていってほしいものです。

キツそうな仲間がいたら,みんなで『まだまだやれるよ!』と声をかけてあげてほしい。

そんなチームになってほしいです

PS
練習試合で子ども達に言うこと。

同じチームと何度も対戦できる練習試合は,一人ひとりのチャレンジの場です。

それを予選クールで,どれだけチャレンジ出来たのか?

それが,トーナメントで活かせるものになる。

活かせられないのなら,大会で出来るはずがないよね

【5月19日(日) BBQ交流会】
今期初の交流会として,小戸公園でBBQ交流会を行いました。

保護者,指導者の皆さん
準備,企画,朝早い時間からの場所取りなど,本当にありがとうございました。

5月に部員が揃い,練習や試合では,一緒に行動しているものの,まだまだチームになっていないです。

今回のように,ドッジから少し離れての交流会は,子ども達の新たな面を発見できたり,更に子ども達同士が仲良くなってくれていました。

これを機会に,みんなが仲良く!
チームの団結が強くなったら嬉しいです。

今期のモットーは「元気で! 仲良く!」です。

さて,BBQ会場の小戸公園は,会場前が海。

集合時間,直ぐに子ども達は,海に入りびしょ濡れ状況で帰ってくる。

BBQでお腹が落ち着いたら,トランプ,公園で遊び。

更に,ドッジボールで中当てしている(どこでもドッジです)

途中には,スイカ割り。

10:00から日が暮れるまでしっかり遊びました。(曇り空でしたが,雨が降らなくて良かったです)

みんなにとって,良い交流会,思い出に残る1日になったはずです。

自分は,凄く楽しかったです。

みんな、ありがとう

おやじ 頑張っています (^^♪
マシュマロに夢中です!

これが美味しい😋
スイカ割り!
食べたら、遊べ!!

なぜ!? ドッジボールをもって遊んでいるの?
くもり空だったけど、雨降らなくて良かったです!

今期メンバー! (1名 休みです)
保護者と一緒!

めちゃ楽しかったです (^^♪
保護者代表!

Happy Birthday
もっと、もっと、手を突き上げろ (^_-)-☆